« 2002年10月 | トップページ | 2002年12月 »

2002年11月の投稿

2002.11.25

江戸東京たてもの園

ついに行ってきました、江戸東京たてもの園。
ちょっとお天気は悪かったのですが、とても楽しめました。

横浜駅で、増田彰久さんの近代化遺産の講座で仲良くなった近所に住むお友達と待ち合わせして、湘南新宿ラインにのって快適に新宿まで向い、中央線で武蔵小金井へ。

たてもの園前の公園では、紅葉が見事でしたぁ。
園内に入ってすぐ、ボランティアのおじさんに見所を教えてもらいました。
おじさんは、「約1時間半で一回りできるよー」と言ってましたが、結局私達は4時間近く園内にいました^^;
だって、楽しかったんだもの。

私達は、看板建築や「千と千尋の神隠し」のモチーフになった「子宝湯」があるゾーンから見学しました。
たてものも楽しいんですけど、詳細に再現されている当時の生活や文化を見るのも楽しかったです。
(化粧品を、こうやって作ってたのね~なんて感心しきり^^;)

子宝湯で、たてもの園近くにお住まいの妃菜子さんと連絡をとって合流しました。
妃菜子さんのサイトは、たてもの園の写真がいっぱいで、とっても楽しいです。
そん妃菜子さんが、案内してくれることになり私達は鬼に金棒*^^*

古民家では、ボランティアの方が囲炉裏に火をおこしてくださっていたので、しばし囲炉裏で歓談しながら暖まりました。

お昼は高橋是清邸ですませたのですが、茶房の床の間にクリスマスツリーが飾ってあって、ちょっぴり泣けました(>_<)

次に、前川国男邸などがあるゾーンへ。
楽しかったです~。
堀口捨巳設計の小出邸は、オシャレでモダンで素敵でした~。
特に、玄関先というか門から玄関へのアプローチがとっても気にいりました(^^)
あんな家に、住みたい・・・っ。

田園調布の家も、小さくてかわいらしいたてものでした。
あんなに洋風建築なのに、当時の田園調布には水道が引かれていなくて毎日井戸で水を汲んでいたと言うのがまたスゴイ・・・^^;;

春には桜がとってもキレイに咲くそうなのでまた春にお花見を兼ねていきたいなぁと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002.11.21

鎌倉散策

秋の鎌倉を散策しよう!・・・と、出かけてきました。
特別大きな目的はなかったのですが、古都の風情を楽しもうかなぁと・・・^^;

散策に行ったのは11月半ば。
まだ紅葉には早かったようです。
それでも、所々いちょうが黄色くなっていたり紅葉が見え隠れしたり・・・小さな秋がたくさんありました。

鎌倉には「景観重要建築物」があって、建物の前にはプレートがあります。
洋風建築も多く指定されているんですよ~。

まずは、北鎌倉の「小瀧美術館」へ行きました。
開館してまだ3年の新しい美術館で、アンティークビーズなど展示されています。
とにかくかわいい(^^)
アクセサリーを1つ購入してきました^^;

それから、今回一番楽しみにしていた「鎌倉文学館」へ。
感動!!
一歩、その敷地に入って緩やかな坂道を歩き始めたときから空気が違う気がしました。
ここは昭和11年旧加賀藩前田家第16代当主前田利為氏が建築した、別邸で、相模湾が一望できるすばらしい場所にあります。
真ん中に大きな切妻があって、大きいけどとってもかわいい洋館です。
本当に、ため息が出ました。

庭園には秋のバラが満開に咲いていて、バラ越しに見る旧前田家別邸はまた格別にステキでした。
文学館を後にして、お豆腐専門店でお豆腐料理を食べるべく向いました^^;
お店に向う途中、かなり旧そうな洋館の屋根を見かけ近寄ってみました。
下見板張りの、現役の住宅で表札もしっかりかかっていました。
とてもステキでしたよ~。
少し歩くと、鎌倉市長谷子ども会館があってこちらもなんだかスゴイでね~。

洋風トラスとでもいうのかなぁ???
とってもユニークな建物でした。

お豆腐のコース料理に大満足した後は、なんと人力車に乗りました。
ちょっと高いけど、普段入らない地元道を案内してくれてすっごぉく、楽しかったです。
裏道にも、ちらほら洋館がありました(^^)

今回は由比ガ浜方面へ行ったので、今度はまた違うところで鎌倉散策を楽しみたいなぁと思います。
しかし・・・写真ばかりがたまっていく。
更新しなくちゃぁ~(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002.11.11

旧三井守之助別荘見学会と旧マッケンジー住宅

2002年11月10日(日)寒いけど、とってもいいお天気の中、大磯と静岡へ行ってきました。

大磯に行ったのは、旧三井守之助別荘を考える建築関係者の会主催の旧「三井守之助別荘見学会」があったからです。
取り壊され、マンションになる予定なのですが保存運動があり、今回、見学会が開催されました。

大磯の駅前にありながら、高い塀に囲まれ外からはとても伺い知ることのできないところに、旧い洋館がありました。
1927年に木子幸三郎氏によって設計されたそうです。

外観は洋館ですが、室内は和室もいっぱいありました。
ステンドグラスが1階と2階で違うデザインでどちらもかわいらしかったです。
2階からは海も見えて、昔は本当にすばらしい景色が眼下に広がったんだろうなぁと思いました。

10時半から約30分ほど、見学させていただいて私はその足で大磯駅へ。
静岡に行くんですよ~。
旧マッケンジー住宅を見に(^^)

ヴォーリズ設計のマッケンジー住宅は、国の登録文化財になっていて無料の見学ができます。
JR静岡駅から車で10分くらいのとことにあります。

「え?こんなところに??」というような場所に、マッケンジー住宅の入口がありました。
私の想像では、ちょっと高台だと思っていたのですが(笑)

ほとんど貸し切り状態で見学ができました。
しかも、いろいろと説明してくださってとても感謝です。
すごーく、楽しい時間が過ごせました。
いずれ、HPに写真をアップしますね~^^;;
(こればかりッ)

マッケンジー住宅から、バス停3つほど散歩して登呂遺跡も見てきました。
登呂遺跡って、あんなに駅の近くにあるんですね~っ!

登呂遺跡近くのバス停からまたまた貸し切りで、静岡駅まで帰ってきて
新幹線で帰宅しました。
とってもほのぼのしたいい旅でした*^^*
「散歩」というには、ちょっとバタバタしていたかなぁ・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002.11.06

池袋洋館散歩~最終編~

やけに長くなってしまいました・・・^^;
ランチ終了後、志村先生による簡単な講義を受けてから池袋の郷土資料館をさあっと見学。
ここには、東京都の文化財ウィークのプログラムなど小冊子があったのでいただいてきました*^^*
もう、半分は終わっているんだけど^^;;

それから昨年改修された自由学園の明日館へ。
おなじみF.L.ライト設計の建物です。
とってもキレイに改修されていました。
あの独特の空間はやっぱりいいですね~。
以前、東久留米の自由学園を見学する機会があり、食堂など見せていただいたのですが、甲乙つけがたいです。
ちなみに、東久留米の校舎は遠藤新氏の設計。
ライトの作品を先生に解説していただきながら見学すると、本当にすごいなぁと感心しっぱなしでした。
デザインも気能も考えてあるんだなぁと・・・。
ライトはやっぱりすごいですね。
ライトデザインの子ども用の椅子もかわいらしかったです。

明日館の向かいには、遠藤新氏設計の講堂があります。
こちらを見学したあと、徳川黎明会へ。
さすが徳川家!!
誰もが目をみはる門構え&建物でした。
2階バルコニー部分には、これでもか!!というほど葵の御紋をモチーフにした飾りがありました・・・。
すごいなぁ・・・。
ため息しかでませんね^^;;
設計は渡辺仁さんだそうです。

冬の夕暮れは早くて、黎明会から目白駅まで散歩している間にすっかり夕日になりました。
天気が良くて本当に楽しいお散歩でした。
立教にはまたいきたいなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

池袋洋館散歩~立教編~

私が集合場所についたのは、11時40分。
集合時間まであと10分ですが、みなさん門の中に入ってうろうろしています。
門の中は、正面に本館、右側にチャペル、左側に旧図書館がありどれもレンガ建築。
しかも、基本設計はガーディナーだといわれています。
明治7年、ガーディナーもここに来たのかなぁ・・・などと勝手に感無量に^^;;

チャペルや食堂など、普段から一般に公開されている内部はいつでも来ようと思えば来られるのですが、今回はなんと言っても旧図書館に入れるということで、とっても楽しみでした。
(本当は、学生証がないとダメなのです)

時間になり、志村先生から立教の説明や池袋周辺の歴史の説明をうけ、大学の広報の方と一緒に見学スタート!!
チャペルのステンドグラスはとてもステキでした。
すごーく、広い空間が確保されていてステキでした。
(そのうち写真アップ予定^^;;)
旧図書館の内部も、構造はチャペルと一緒でした。
現在は「参考室」といって学生が調べものをする為の部屋として利用されているそうですが、味わいがあってすばらしい空間でした。
今回、やっぱり1番のお気に入りになりました。

それから、内部は超近代的になっている
2号館を見てから第一食堂へ。
これもガーディナーの基本設計。
とってもかわいい食堂でした。
煙だしもオシャレなかんじ・・・ひいきめかなぁ・・・^^;;

その後、J.H.モーガン設計の4号館の前を通りつつ構内を散歩しました。
その中で気になったのが「ライフスナイダー館」。
住宅っぽい建物で、けっこう旧そうなんですけど、いつ頃の建物かな・・・。
ライフスナイダーさんという方が日本聖公会の記録にあるのでそのかたと立教がなにか関係あったのかも知れませんね。

その後、立教大学に隣接していて最近立教に寄贈された江戸川乱歩氏の住宅を見学しました。
裏に大きな蔵があってなんだか怪人20面相が出てきそうでした^^;;
ここで、立教の広報さんとお別れしてちょっと遅めのランチを取る為レストランへ。
デザートのクリームブリュレがすっごーくおいしかったです*^^*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

池袋洋館散歩~なぜか、六本木編~

某デパートの友の会主催のイベントに参加してきました。
その名も「池袋洋館散歩」。
案内役は山川出版から発売になっている「建築散歩24コース 東京・横浜近代編」の著者でもある志村直愛さん。
なんでも、8年も前からこのデパートの友の会主催洋館散歩シリーズの案内をしているそうです。

今回尋ねたのは、立教大学・自由学園・徳川黎明会です。
文字にするとたった3ヶ所(笑)でも、けっこう歩きましたね~。
途中、友の会主催らしくちょっとオシャレなイタリアンレストランでランチをとり、楽しい時間を過ごしました。

私はなんと言っても、立教大学の旧図書館の中に入りたくて今回参加したのですが、覚悟はしていたものの周囲はご高齢のマダムばかりでした(^^)
私も結構、いい大人なのですが「建築の学生さん?」なんて聞かれるくらい(苦笑)
母親よりも年が上な方たちとの交流も、なかなか楽しかったです。

今回、集合は10時50分だったのに、1時間早く着くように家を出てしまった私・・・。
どこかで時間をつぶすのももったいないので、急遽予定変更!
六本木へ行きました。
え?何しにって・・・取り壊しになるという噂のガーディナー設計のスペイン大使館を一目見ようと・・・(笑)

ところがなにも調べていないので場所が分からない(笑)
六本木駅で下車して、交番で教えていただきました^^;;
歩くこと15分・・・(実は神谷町のそばなのですね)テレビ朝日横を通り抜けて、ホテルオークラ前を通過して到着しました。
(けっこう、道に迷いました^^;)

重厚な門構えのスペイン大使館には、確かに工事予定等の看板が・・・。
守衛さんに、写真を撮らせて欲しいと申し出ると当たり前ながら「警備の関係で外観のみもダメです」とのこと。
そりゃあそうですよね^^;

でも、「みなさん気になさっている大使公邸は今回取り壊ししないそうですよ」と言われました。
・・・本当かな?
はっきりしたことは分からないけど、警備さんは丁寧に対応してくださいました。
撃沈したけど、屋根が見れたしまぁいいやと思って立教へ向いました。

スペイン大使館もオランダ大使館も、写真を撮るどころか中に入るのもきっと無理でしょうね・・・。
ガーディナーの作品完全制覇は難しいかな・・・^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2002年10月 | トップページ | 2002年12月 »