« 北海道初の鉄道 | トップページ | 生命の建築:ガウディとジュジョール »

2002.12.25

豊郷小学校

2002年12月24日。校舎を取り壊そうとしていた豊郷町町長は、文部科学省を訪れて校舎を保存する意向を表明しました。

建築についても、法律についても行政に関することについても疎い私には、理解しきれないこともありますが今回の「保存」決定の裏には新校舎建設に関する補助金などの理由もあるようです。

結局、校舎は保存されますが「豊郷小学校」の校舎としては利用せず、新たに敷地内に新校舎を建設するというのが、町長の考えのようです。
報道を見る限り、町民の多くは「豊郷小学校」の校舎として利用して欲しいと望んでいるようで、この問題ままだまだ尾を引きそうです。

ヴォーリズが設計した校舎には、子供たちへの愛情が満ちています。
私は残念ながら豊郷小学校の校舎を見学したことはありませんが、横浜共立学園や近江兄弟社学園、などを見てもお分かりいただけると思います。

昭和の初めに作られた校舎だというのに、階段の踊り場にはベンチが備え付けられていたり、廊下の隅にゴミを捨てられる扉があったり、転んでその辺に頭をぶつけても怪我をしないように角は丸く処理してあったり・・・。
特に、今回問題になった校舎は小学校ということで階段にウサギとカメの装飾が施してあったり・・・。
ヴォーリズはきっと、そこで学ぶ子供たちの笑顔を想像しながら設計したのではないかと思うのです。

私は、豊郷町の人間ではないので校舎が保存されるだけでも充分嬉しかったりするのですが、町の人たちは親子3代であの愛情溢れる校舎で学びたいと望んでいる人も多くいると聞きました。
耐震に問題がなければ、私もぜひ校舎として利用して欲しいと思います。
今の小学校では、PC教育もあるでしょうし冷暖房の問題などもあるのかもしれません。
もちろん、ありのままで使ってもらえれば一番いいのでしょうが、利用する子供たちも満足できるように、ある程度現代的な改修はやむ終えないのではないかと思うのは、シロウトの浅はかさでしょうか・・・。

今回の騒動で、きっと豊郷小学校は文化財になるのだと思います。
文化財が母校の校舎だなんて、うらやましいなぁと思います。
生徒たちが誇りに思える校舎だと思うので、大切に保存・活用してほしいなあと思います。
たとえ、「校舎」にならないとしても・・・。

|

« 北海道初の鉄道 | トップページ | 生命の建築:ガウディとジュジョール »

おひさまキラキラ」カテゴリの記事

建築散歩・街歩き・お散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/6571296

この記事へのトラックバック一覧です: 豊郷小学校:

« 北海道初の鉄道 | トップページ | 生命の建築:ガウディとジュジョール »