« 木造校舎 | トップページ | 根拠のない大胆な発想 »

2003.03.03

お雛様と昔の生活

桃の節句目前の週末、2つの家の古い雛人形を拝見しました。
雛人形を見るのが目的だったわけではないのですが、季節柄飾ってあって、貴重な人形と対面することができました。

まず東京・文京区にある「旧安田楠雄邸」。
大正7年に建てられた近代和風住宅です。
現在は日本ナショナルトラストが所有していて、時折公開される建物です。
ひとつだけ、洋室があってサンルームに面した応接室なのですが、カーテンもカーペットも当時のままという貴重なお部屋です。

私が伺った日は生憎の大雨(>_<)
それでも、たまの公開日だけあってとてもにぎわっていました。
お抹茶を頂いて、同じお部屋にキレイに飾られた安田家のお雛様を見せていただきました。
立派な8段飾り・・・でもなんだか不自然。

あれっと思って観察してみると、最上段にお雛様とお内裏様が3組飾ってありました。
安田家の娘さんたちの分全部をそこに、置かれたそうです。
なるほど~。
年代は不明ですが、とても古く立派なお雛様でした。
近年、住宅事情もあり雛人形も簡略化されてこんな立派なひな壇を目にする機会も少なくなったので、かなり感激しました(^^)

次に旧安田邸へ伺った翌日、今度は打って変わって晴天の1日。
今度は横浜に新しく出来た「なつかし公園」内にある「旧柳下邸」へ行ってきました。
旧柳下邸は、大正8年~13年頃に建てられた洋館付き住宅です。
もとものこの地にあった建物で、土地は横浜市が購入し建物は寄贈され、公園として整備されました。
こちらにも、柳下家の雛飾りの他寄贈された古いお雛様が飾られていました。
特に大正時代のお雛様は古いながらも、とても品のいい顔立ちで正座をしてしばらく眺めてしまいました。
旧い家には日本人形がよく似合いますね。
なんだか背筋がピンとするような思いがした2日間でした。

ああ・・・。
でも、山手の西洋館にはやっぱり雛人形は似合いませんね^^;;

|

« 木造校舎 | トップページ | 根拠のない大胆な発想 »

おひさまキラキラ」カテゴリの記事

建築散歩・街歩き・お散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/6571315

この記事へのトラックバック一覧です: お雛様と昔の生活:

« 木造校舎 | トップページ | 根拠のない大胆な発想 »