« 2003年4月 | トップページ | 2003年6月 »

2003年5月の投稿

2003.05.23

まちの記憶

街を歩いていると、時々自分の記憶力のなさに情けなくなることがあります。
そんな気持ちになるのは、私だけでしょうか...。
それとも他の人も体験することでしょうか。

何気ない日常の風景。
町並み。
見慣れた建物がある日取壊されて更地になっていたりします。
そうすると、さて困った。
ここには何が建っていたんだっけ???

私はこういうことが非常によくあるのです^^;
確かに、旧い建物じゃないかもしれません。
だけど、いつも見る風景を作っていたはずの建物。
それがなんだったのか記憶にないのは、情けないな..とほほ。

いかにぼーっとした毎日を過ごしているんだろうと、自分の観察力のなさ、記憶力のなさにまいってしまいます。
だから、些細な風景でも写真に残しておきたいなって思います。
どうでもいい駅前の写真でも、30年たてば懐かしい風景に変わるかもしれません。
まちの記憶を自分なりに、残せたらなって思います。

実は、私の実家のある街の駅舎は近代建築の駅舎だったのですが、2年ほど前に火災で焼失してしまったんです。
何気ない駅舎。
特別旧いものだという意識は、利用していた頃はありませんでした。
焼失して、無くなってしまってから懐かしくて写真の1枚でもないかなぁって探したんですが、ちゃんと全景が写っているものは、高校の卒業写真にもありませんでした^^;;
残念です。
地元の友人たちにも「写真持ってる?」って聞いたのですが、誰も駅舎の写真は持っていませんでした。
写真、撮っておけばよかったなぁ...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.05.10

近江八幡のホフマン窯

ヴォーリズがこのよなく愛した町、近江八幡。
どんなところだろうと、ヴォーリズファンなら誰でも思うのではないでしょうか。
ましてや、ヴォーリズの作品が多数残っているのですからたまりませんっ。

そんな近江八幡市に、大正5年に作られたホフマン窯が残っています。
残っている...といっても、ただあるだけで朽ちていくばかりのような状態でした。

赤煉瓦が好きな私としては、やっぱりホフマン窯が見たいと思い、近江八幡へ行ったときに、タクシーに乗って見に行きました。
全国に4基しか残っていない、貴重なホフマン窯。
残して観光などに活用できるといいなぁって思いました。

そのホフマン窯が日本ナショナルトラストの「観光資源保護調査」の対象になったのです。
なんだかよく判らないけど、日本ナショナルトラストが調査して、活用方法を見出してくださるのでは...などと安易に考えております^^;;
また、近江八幡に行ったときには前よりちょっと元気なホフマン窯に会えると嬉しいなぁと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年4月 | トップページ | 2003年6月 »