« 2004年7月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月の投稿

2004.09.29

French Kitty


ロサンゼルス生まれのかわいい猫のキャラクター「French Kitty」をご存知ですか?
先週の土曜日、私は土曜出勤だったのですが、職場でお昼を食べながら「王様のブランチ」を見ていたら、
丸の内に新しくできたお店(OAZOではなかった!・・・う~ん、どこだったか忘れました^^;)に、French Kittyのショップができたと紹介していました。

Tシャツや絵本、文具なんかはかなりかわくてTVを見ていたメンバーはすっかりはまってしまいました^^;
そんなわけで、私の職場のPCの壁紙はただいまFrench Kittyになっています。

私は思わないのですが、職場の人々に「French Kittyはドシルちゃんに似てい」といわれます(笑)
単に、私が猫好きだと思われているからだと思うんだけど^^;;

確かに、うちには5匹の猫がいるし猫は好きなんだけど、特別猫だけが好きなわけじゃないんだすけどぉ・・・。
犬も好きですよ~。

さて・・・。
私をご存知なみなさま、French Kittyは私に似てるかなぁ?

kity.JPG

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.09.27

「Love Letter」の舞台


岩井俊二監督の映画「Love Letter」をご存知でしょうか。
中山美穂さん主演の淡く切ない恋物語です。
恋人を亡くした女性と、亡くなった恋人と同姓同名の女の子の役を中山美穂さんがひとり二役で演じています。
映画の大半が小樽で撮影されました。
主人公の1人である藤井樹の家として撮影されたのが、田上義也設計の「赤別荘」と呼ばれる住宅です。
現在も一般の住宅として使われています。
海を見渡せる高台にあって、白樺に囲まれたライト風建築。
本当に素敵な住宅です。
9月初旬に小樽へ行った時、ご縁があってこの赤別荘にお邪魔させていただきました。
室内には田上義也設計のライト風な椅子や備え付け家具、それに多くの著名建築家が訪れたときのお話など伺いました。
増田彰久さんが撮影した写真も、大きなパネルで飾られていました。
貴重な体験ができ感謝しています。
私は岩井俊二さんの世界観もとても好きなので、本当に嬉しかったです。
上の写真は、許可をいただいて庭から撮影したものです。
近いうちに写真を整理して「気まぐれ散歩」に室内写真も掲載したいなぁと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.26

ろうあ女性の集い

今日は午後から桜木町で「全神奈川ろうあ女性の集い」があったので行ってきました。
今日は、純粋に参加するだけでお手伝いなどは一切なし。
のんびり行ってきました。
こういった、ろう者のイベントには記念講演と福引がつき物。
福引は結構、豪華なものが当たったりするんですよ!

ですが、今日の私は時間がなかったので福引の時間までいられないため、福引の番号が書いてある半券を知人に渡してきました^^;;
連絡が来ないから、やっぱりなにも当たっていないんでしょう(笑)

今回の記念講演は、以前NHK「聴力障害者の時間」の司会や全日本ろうあ連盟本部事務所長など歴任された。大槻芳子さんで、テーマは「夢のつづき」。
大槻さんは横浜在住ですが、長く全国で活動されていたしその後病気のため車椅子の生活になったので、なかなか講演を見る機会がなかったのですが、今回ゆっくりとお話が伺えてよかったです。
大槻さんの手話、やっぱり素敵です。
とても読み取りしやすかったし、手話通訳や筆記通訳のことを気にしながら話すあたりはさすがになれているなぁと感心しました。
1時間半ほどの講演時間はあっという間に過ぎました。
いい勉強になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.09.25

秋のとーべん祭り

湯川とーべんさん主催のイベント「とーべん祭り」の秋バージョンが行われることが発表になりました。
☆11/10(水)秋のとーべんまつり
下北沢440 Tel/03-3422-9440
3500円/3800円(1order500円別) 18:30open/19:00start

電話予約:10/10(日)~ / 03-5481-4143(14:00-20:00)  限定80名
出演:岸田繁(くるり)、藤井一彦(THE GROOVERS)、田村直美、 五島良子、カジウラ・チエ、湯川潮音、湯川トーベン
とーべんさんのサイトはこちらです。

かなり豪華メンバー。
特に、湯川潮音ちゃんとゴシちゃんの共演はとっても楽しみです。
カジウラ・チエさんの声も好きだしなぁ...行きたいっ。

ゴシちゃん関係の話題をひとつ(笑)
今日、偶然仕事の帰り(今日は土曜出勤でした^^;)バッタリ、職場の最寄り駅近くの横断歩道上で友人2人にあいました。
2人とも、ゴシちゃんファンです。
掲示板には殆んど登場しないけど、私はお世話になっています*^^*
しかも、1人はたまたま遠方から遊びに来ていたところをばったり遭遇したのでした☆
なんだか、トクした気分です。
久しぶりに会ったのに、横断歩道上で「わぁ~~」ってすれ違いながら話しただけなんだけど(笑)
意表をついた場所で、知人に(まして仲がいい人とか好きな人に)会うのって嬉しいですよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.09.24

ほぼ日刊イトイ新聞

ほぼ日刊イトイ新聞」の「言いまつがい」コーナーが「今日のダーリン」と並んでお気に入りです。
なんだか、毎日更新される「言いまつがい」に日々爆笑しています。

なにをどう考えているのか、本当に情けない言い間違いってありますよね^^;
身近な(?)ところで、私は「鄙びた」をずーっと「萎びた」だと思っていました(苦笑)
「萎びた温泉」ってなんだかかなりあやしいですよね^^;;
まぁ、これは言い間違いというよりは間違えて覚えているだけなんだけど、「ほぼ日」の「言いまつがい」コーナーにはこんな感じですんごく面白い言い間違いや書き間違いが掲載されています。
1人で読んでいると爆笑しちゃってあやしい人になります^^;

そんなこともあり、今年は「ほぼ日手帳」を購入することにしました。
職場用の手帳、プライベート用の手帳と分けていましたが、ここ数ヶ月スケジュールは携帯のスケジュールに書き込む用になってしまい、イマイチ活用できていません^^;

「ほぼ日手帳」は1日1ページだから、仕事もプライベートも家計簿(つけるのかしら!?)ぜーんぶまとめて、1冊で使ってしまおうと思って2005年度版を申し込みました。
どうなることやら^^;

あと、最近はじめたこと(笑)
ソニー銀行に口座を開設してみました。
ソニー銀行のサイトを見た人はピンと来たかも^^;;
ポストペットのキャラクターが、口座管理をしてくれて目的別に貯蓄できる「ほしいもの貯金箱」というのがあるんです。
ソニー銀行は無店舗のネット銀行なので、ATMは三井住友や東京三菱が使えるそうです。
普通預金の金利は若干、高いらしい(笑)

ポスペと一緒に貯蓄することに、魅力を感じて口座開設をするのもどうかと思うんだけど^^;;
でも、楽しく貯蓄できたらいいなぁとか思っています。
キャッシュカードもポスペのイラストなんですよ^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.09.23

テストを受ける

今日は午後から、英会話スクールのレベルアップテスト...と、いうことで昨日の夜と今日の午前中は、ワークブックなど開いてみました^^;
無事、ライティングテストとインタビューテスト(ヒアリングとスピーチ)終了。
無事、レベルアップすることができました^^;;
いや~、テストはいくつになってもイヤですね(>_<)

そのあと、某所で偶然死海体験してきました^^;
偶然というか、「死海と同じ濃度のプールに入れますよ~」ということだったのですが^^;;
初めての体験でした。
いや~、スゴイッ!!!
塩分の濃度が濃いので、虫刺されあとのキズにややしみましたが面白いくらいによく浮くんですよぉ。
知ってはいても、百聞は一見にしかず!
いい体験でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.21

今日の出来事(笑)

今日は敬老の日。
どうもピンとこないけど、敬老の日なのです^^;
「祝日だから」という理由で9/15に結婚して、この日が結婚記念日だった知人が「結婚記念日が休みじゃなくなった」と嘆いていました^^;

今日は早くから起きて、大掃除^^;;
風が強かったけど天気が良かったので、お布団もクッションもなにもかもお日様にあてました。
気持ちがよかったぁ。

午後は英会話へ。
レッスンが終った後、レベルアップ試験の受験を進められ23日に試験を受けることになりました。
勉強しなければ...。

帰りにお気に入りのお店、LOUNIEでロングブーツを買いました。
まだまだ日中は秋という感じがしないのだけれど、足が小さい私は早めに購入しないとサイズがなくなってしまいます^^;;
そんなわけで、買ってしまいました。
とても歩きやすいので、通勤もOK!
私の勤務先は急な坂道を越えなくてはいけないので、歩きやすさは重要なのです*^^*

明日は、アメリカへ行っている夫が帰ってきます♪
夫は先週半ばから、遅い夏休みでアメリカへ行っていたのです。
日本食がなくては耐えられないひとなので、明日は肉じゃがだ~と思っています(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.09.19

西洋館と国府津館

明日は敬老の日。
長い間9/15が敬老の日だったのに、9月の第三月曜に変更になったことがピンときません^^;;
9月も半ばを過ぎたのに、まだ暑い1日でした。

今日は建物散策の友人たちと静岡県まで行ってきました^^;
想像よりは遠くなかった...かな^^;

ちょっとしたご縁があって、一般公開に先立って内部見学をさせていただけることになった西洋館へ行ってきました。
いやはや...想像以上に素敵でした。

yokan.JPG

午前中の西洋館見学のあと、東海道線の国府津駅まで戻ってきて昼食をとりました。
せっかくなので、明治21年創業の国府津館のランチプランを利用。
(予約を取ってくださった某Sさんありがと~♪)
海を眺められるお部屋で、のんびり食事をしました。
お魚おいしかったよぉ。

柳田国男など文豪にも愛された宿だということで、よく利用していた様々な著名人の書などが、たくさん飾られていました。
時間がのんびり流れている感じがとてもよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.18

パラリンピックのテーマ曲

今日からアテネで、パラリンピックが始まりました。
オリンピックに負けず劣らず、素敵な開会式でした。
パラリンピックの放送はNHK総合とNHK教育テレビでしか放送されないみたいです。

オリンピックのNHKでのテーマ曲はゆずの「栄光の架橋」でした。
毎日、聞き続けたため今でも頭の中を曲がまわります。
さらに印象的だったのは、男子体操団体の最後の種目で、アナウンサーが叫ぶ「栄光の架橋だ!!」で、着地を決めるシーン。
アテネ五輪の中でも、かなりの名場面だった気がします。

パラリンピック放送でテーマ曲が決まったのは、今回が初めてだそうです。
曲は「challenger」。
歌っているのは中学3年生の男の子、木下航志くん。
航志くんは、鹿児島に住んでいます。
時々、都内や横浜でライブをやることもあります。
現在、鹿児島の盲学校に通学しているそうです。
そう...彼は生まれながらに目が見えないけれど、スティーヴィー・ワンダーもびっくりなくらいの音楽センスを持っています。
♪そうさ夢じゃない♪という歌詞からはじまる「challenger」。
たくさんの人に、夢と希望を与えてくれる歌声です☆
まだ、航志くんの歌を聴いたことがない人がもしいたらぜひ、パラリンピックの放送を見てくださいね。

あの...。
余談ですが、パラリンピックとは別に「デフリンピック」というのもあります。
こちらも、4年に1度、IOCに承認を受けた、デフ=ろう者のオリンピックです。
次回は2005年、来年開催されます。
ちなみに、開催競技は全部で15競技です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

こいちゃん参加作品

こいちゃま掲示板で話題になっている「りぼん」という男性3人のユニット。
現在、インディーズ(IBASOU MUSIC/TEL0294-42-4479)から3枚のCDが発売になっています。
インパクトの強い、「ケロたん」のジャケットは、こいちゃま掲示板に画像を貼り付けようと思ったら失敗したので、画像のあるURLへリンクしました^^;

こちらでは、「コラボレーション」のジャケット写真です。
あともう1枚「バラッド」の曲が私はいちばん好きです。

松尾清憲さんのエンジニアの植月さんとこいちゃんのキーボードが楽しめるので、こいちゃんファンのみなさま、ぜひどうぞ☆

corabo.JPG


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.17

プロ野球のストライキ

明日、明後日のプロ野球は史上初のスト決行が決まったようです。
労使交渉決裂・・・と、いったところなんでしょうか。

私はあまりプロ野球を見ません。
なので、ストライキになっても1リーグになっても2リーグ制が維持されても、極端なことをいうと日本からプロ野球がなくなることになったとしても、冷静にニュースを見ていられると思います。

難しいことは良くわかりませんが、ナベツネさんがプロ野球の一時代を築いたこと、貢献度は評価できると思いますが、「読売新聞不買運動」まで巻き起こった、様々な暴言はやっぱりひどいと思うし、もうそろそろ隠居して若い人に任せるべきじゃないかなぁと、ぼーっと思っていました。
そうしたら、謎の辞任。
表舞台からいなくなっても影で影響力を発揮するんだろうなぁということは、おバカな私でも思いついたりします^^;;

ナベツネさんがいなくなっても、近鉄とオリックスの合併は決まりました。
赤字だから、経営ができないから合併したい・・・その気持ちはわかるんだけどどうして買いたいと言っているライブドアに身売りしないで、合併にこだわるのかが私にはわかりません^^;

しかも、来季パリーグ5球団にこだわるのはどうして?
私には選手会が無理を言っているようには聞こえないんですよね^^;

近鉄とオリックスが合併ならそれでもいいから、新球団の参入を認めて欲しいって要望しているのに・・・。
しかも、ライブドアは本拠地まで内定させているのになぁ。
楽天やシダックスまで名前が出ているのに、「2005年度はパ5球団」にこだわる、裏の事情はなんなのかな。

選手会は経営が大変なら、年俸を下げてもいいとまで言っているようですが、個人的には私は反対なのです。
確かに、私たち一般庶民から見ればすんごぉおい年俸だと思いますよ!
でも、プロ野球の選手って子供たちの憧れだから、スターはスターでいたほうがいいんじゃないのかなぁって思います。
子供が憧れるようじゃなければ、日本のプロ野球の未来は暗いような気がします。
しかも、選手生命はけして長いわけじゃないし、ケガをすればそれで何年も棒に振ることもあるわけだから、年報は高くてもいいんじゃないのかなぁ・・・。

経営陣の頭が固いなら、ファンのみなさんがストをして試合を見に行かないっていうのはどうなんだろうって、ずーっと思っていたんですが、どうなんでしょう。
ファンあってのプロスポーツ。
オーナーのみなさん、もうちょっと誠意を見せてくれてもいいのにね。

選手会長のヤクルトの古田捕手の、精神力はすごいですね~。
こんなに矢面に立って、神経すり減らしているはずなのにホームラン打ってきっちり仕事をするあたり、まさにプロだなぁと感心します。
あの集中力、私も欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.16

ボーリング大会

今日は手話サークルのボーリング大会でした。
ボーリング場の6レーンを予約して、参加者23名で盛り上がりました。
あ~、疲れたっ(笑)

私はボーリングはひじょーーーに下手です。
サークルの行事担当の私は、今回もあれこれ準備をしたのですが、そもそもボーリングは普通1レーン何名でやるのかさえ、良くわかっていなくて5名くらいかなぁと思っていましたが、予約のとき「3~4名がいい」と言われて、6レーン予約しました^^;;

本当にへたっぴなのですが、同じ班になったろう者がめちゃくちゃ上手で、下手な私の指導までしてくれたら、ストライクも3回だしました*^^*
いやいや・・・おどろきです。

今回の参加者には小学生が2名いました。
彼等の目には、手話はどう映ったのかな・・・。
手話に興味を持ってくれたならうれしいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.09.15

ヒトの視線

以前、ある方と討論になったことがあります。
「障害は個性か個性じゃないか」というので意見が分かれました。

私はどんな障害だってその人の個性だと思っています。
だけど、私の考えに真っ向から反対するその人は「障害はないほうがいいんだから、そんなの個性じゃない」といっていたような気がします。
もう、6年くらい前のことなのでよく覚えていません^^;

「障害者」という言葉を考えたとき、目が見えないとか耳が聞こえないとか、そういことが「障害」ではないというのが私の持論。
目が見えないとか、耳が聞こえないとか・・・そういった現象の為にちょっと超えなくてはいけない障害物を、持っている人のことを「障害者」と思うことにしています。
見えないこと、聞こえないこと、歩けないこと、そのものは障害じゃなく、その人の個性だと思います。

見えないから、研ぎ澄まされる感性があったり、聞こえないことから生まれる文化があったり、見える人・聞こえない人それぞれにだけ気づくことができる何かがあると思うし、その人の人格が形成されるにあたって障害を越えていくことは大きな影響があると思うのです。
すべてひっくるめて、人格が形成されたはずです。
先天性であっても、後天性であっても・・・。
胸が小さいとか、足が短いとか、目が単だとか、鼻が大きいとか、肌の色とか、そんなのと同じような個性だと思います。
本人が望んでも、望まなくても持っている個性。

昔、街中で手話で会話をしていると街行く人たちに、好奇の目で見られました。
そのヒトの視線に、傷つくことがありました。
賛否両論あるものの、ドラマの影響で手話の裾野が広がって多くの人に知られるようになった現在では、電車の中で手話を使っていても平気になりました。
こうやって少しずつ、バリアがなくなればいいなと思います。

今では、白杖を持った人や車椅子の人などなど町で見かけるのが珍しくなくなりました。
首都圏では、駅にもだいたいエレベーターがついているし白杖をもった方に声をかけて、誘導している姿もよく見かけるようになりました。
そういう光景を見ていると、都会の人も捨てたものじゃないなぁって思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

死刑執行

昨日、お昼のニュースを見ていると3年ほど前におきた大阪教育大付属池田小学校の児童殺傷事件で殺人罪等で死刑が確定していた死刑囚に対し、死刑が執行されたという報道がありました。
死刑確定から、1年足らずでの死刑執行に正直驚きと戸惑いを覚えました。

時々見かける死刑執行のニュース。
でも、その殆どは何年も前の事件で死刑が確定し、その後何年も何年も死刑囚として刑務所ですごした死刑囚への刑の執行で、中には事件そのものの記憶さえ私にはないような古い事件のこともありました。
ですから、今回のように事件の顛末が記憶に新しい死刑執行というのは初めてでした。

私は死刑に反対というわけではありません。
犯した罪の重さによっては、死に値する刑罰があってもいいのではないかと考えています。
死刑反対の意見をお持ちの方には、怒られそうですが・・・。
犯罪者の人権は守られるようですが、被害者や被害者の家族の人権はどうなのでしょう。
何も悪いことをしていないのに突然、未来を奪われた被害者や大切な家族を失ったその家族。

確かに、犯人が死んだからといって被害者が生き返るわけではなりません。
それでも、被害者家族の気持ちになると大切な子供の命を奪った犯人がのうのうと刑務所で、しかも税金で生きつずけることは苦痛以外の何物でもないのではないでしょうか。
しかも今の日本には終身刑がなく、無期懲役だと社会に戻ってくるでしょう。

犯した罪をなかった事にすることは不可能です。
たとえ、法的に罰せられて罪を償ったとしても・・・。
でも、自分が犯した罪を反省し被害者やその家族に謝罪することはできるはずです。
今回の事件で死刑囚は、反省の言葉も謝罪の言葉もないまま刑が執行されたといいます。
凶悪な犯罪を犯し、反省の弁もないまま刑が執行されたことに、正直戸惑いを覚えました。

心の中になんともいえない、しこりが残っています
罪もない子供たちがたくさん被害にあっているのだから、死刑執行は当然という思いと、どうしてこんな凶悪な犯罪を犯してしまう人間が育ったのだろうとか・・・。
人間の心を育てる環境のこと、心理状況。
もし、自分自身や自分の家族が凶悪犯罪に巻き込まれたとしたらどう考えるだろうか、などなどいろんな思いがこみ上げました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.09.14

murmure d'air

今日、仕事の帰りにお気に入りのブランドmurmure d'air で、バックを購入しました。
バックってどうして、いくつも欲しくなるんでしょう。
服装や用途に応じてついつい欲しくなってしまいます^^;
murmure d'airのHPにあるオンラインショッピングにはまだ載っていないんだけど、とてもかわいいバックがあって、大きさも手ごろで持っていないものだったので、買ってしまいました。
本当は、昨日もお店で悩んで辞めて来たものだったんだけど一晩考えて買うことにして、今日改めて行ってきました。
フォーマルにもカジュアルにも使えるデザインでお気に入りです。

バックを買ったら、歯ブラシを入れるポーチをくれました。
デザインがとってもキュート。
明日職場に持っていこうっと。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.13

マッサージに行こう☆

仕事の帰りにマッサージへ行きました。
首・肩・背中の45分コース。

私はリラクゼーションに関わることなら本当になんでも大好きで、リフレクソロジーにも月に一度は行ってしまうので、回数券を持っています。

肩こりにならないために、適度に運動したりゆっくりお風呂に入ったり気には掛けているけど、そーしても肩こりは良くなりません。
何がいけないんでしょ。
肩こり、ひどくなると頭が痛くなったり肩が上がらなくなったりします。
そこまでならないうちに、だましだましマッサージをするわけですが、根本的な解決にはならないのです^^;;

デューク更家氏のウォーキング教室に行って姿勢を直すべきかしら?
(某職場の人が体験入学へいったそうです)
それとも、骨盤のゆがみを矯正すべきかしら・・・と最近、思ったりしますが結局、なにもしないんだろうなぁ^^;;;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.09.12

神通研集会

今日は横浜ラポールで神奈川手話通訳問題研究会の集会がありました。
神奈川手話通訳問題研究会・・略して神通研(じんつうけん)。

朝から夕方まで1日、あれこれ話し合いなどしていました。
午前中、全体会のあと分科会。
私は手話サークル研究班にいるので、午前の分科会は記録担当、午後は7グループに分かれてテーマごとに話し合うのですが、1つのグループの進行担当だったので本当に1日忙しかったです。

でも、いつもは横浜市内のサークルと多く交流しているけど、なかなか川崎やその他の県域サークルの活動などを知ることがないので、とても勉強になりました。
自分の中に課題もできたし・・・。
やりたいことはいっぱいです。
でも、無理せず背伸びせずやっていきたいと思います。

聴覚障害者って、外見からは障害があることがわからないので「身体障害」というより「情報障害者」って言われるんですよ^^;;
色々な情報の多くはやっぱり「音」で入るから・・・。
その情報が不足する障害。
本当に、見た目に判らないぶん色んな問題を抱えています。
多くの人にそのことを理解してもらえたらいいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.11

9・11

フジテレビで午後9時から放送された特別ドラマ「9・11」を見ました。
アメリカの同時多発テロから3年。
このドラマは半ドキュメンタリーで、実際にあの事件でご主人を無くした方の手記に基づいてドラマ化されました。

私の周囲には、幸いなことに事件に巻き込まれた人はいませんでした。
それでも、当時崩れるタワーの映像を見ながら胸が締め付けられる思いでした。
どこの国でも、2度とあんなことは起こって欲しくはしません。

つい先日もロシアで小学校での立てこもりテロがありました。
300名にも及ぶ被害者がいて、子供も多く含まれています。
楽しいはずの学校が悲しい事件の場になりました。
イラク情勢も安定しませんが、戦争もテロもない「イマジン」の世界が現実になる日が来ればいいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.09.10

『夏の終わりを極上のポップスで』

今日は待ちに待った杉真理さん&須藤薫ちゃん&スイート・チリドックスのライブでした。
会場は大江戸線西新宿五丁目下車、すぐの「ライブホール・クロスロード」。
音楽の専門学校、東放ミュージックカレッジに作られた本格的ライブハウスです。
小さいけれど、ステージが見やすくて良かったです。
(単に席が良かったのかしら?^^;)

今日のメンバーは本当に豪華!!
往年(?)のシェリュブリュを彷彿とさせる、谷やん、しみちゃん、こいちゃん、そしていたるさん。
ヴォカールは杉さんと薫ちゃん。
こんなメンバーを揃えられたら、行かないわけには行きませんっ!!

こんな季節に薫ちゃんの生の歌声を聴いたのは何年ぶりでしょう?
薫ちゃんはクリスマスライブばかりだったので、本当に新鮮でした。
ライブの内容も、いつもとはちょっと違った趣向で、薫ちゃんの音楽のルーツを辿ってカヴァー曲を披露してくれたり、杉さんと薫ちゃんの夏の曲のメドレーがあったり、もぉ本当に良かったぁ。

8月のピカサも楽しかったけど、ディナーショーという性質上(?)ちょっぴり不完全燃焼だったぶん、今日は一気に解消しました*^^*
ああ・・でも、「素敵なサマーデイズ」も聴きたかったな*^^*

谷やん、しみちゃん、薫ちゃんも参加しての曲紹介コントもあったし(笑)、盛りだくさんでした。
こんな時期に薫ちゃんとのライブがあったので、今年のクリスマスライブは行われないのかとちょっと心配していましたが、12/10(金)!!いつもどおりSTBでライブがあります☆
去年は安部さんがゲストで、おととしは楠瀬さんがゲストで・・・今年はどうでしょう?(笑)
とにかく、本当にいいライブで元気をいっぱいもらいました。
みんなにも会えて楽しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.04

旧江戸川乱歩邸と土蔵の公開

今年の夏は記録的な暑さでした。
例年なら、日も長く晴天の多い8月は絶好の建築日和。
夏休みも利用してあちこち出かけられる季節なのですが、今年は暑くてそんな気になれませんでした^^;;;
そんなわけで、毎月1回は書き続けてきたこのコーナーも1ヶ月以上開いてしまいました。

8月唯一、近代建築にちなんだお出かけをしたのが8/19~24に公開された「旧乱歩邸・土蔵~幻城~公開」です。
東武デパート池袋店で行われた 「江戸川乱歩と大衆の20世紀展」 と同時開催でした。

旧乱歩邸と土蔵は豊島区が予算の都合で購入できなかったものを、敷地が隣接している立教大学が購入し、保存・公開したものです。
乱歩の息子さんが立教大学の名誉教授であることも、購入に踏み切った理由のひとつだと思います。

今回公開されたのは、旧乱歩邸の応接間と土蔵は入り口から見るだけ・・・だったのですが、その資料の多さと乱歩展及び土蔵の公開に訪れる人の多さに驚きました。
土蔵を見るだけで、1時間待ちなんていう日もあったようです。

以前、通りから垣間見えた土蔵の外壁は白だったのですが、調査の結果竣工当初は鼠色だったことが判り、当時の色に復元されての公開のたりました。
キレイに塗り替えられた外壁は、なんだか他人行儀に見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年10月 »