« murmure d'air | トップページ | ヒトの視線 »

2004.09.15

死刑執行

昨日、お昼のニュースを見ていると3年ほど前におきた大阪教育大付属池田小学校の児童殺傷事件で殺人罪等で死刑が確定していた死刑囚に対し、死刑が執行されたという報道がありました。
死刑確定から、1年足らずでの死刑執行に正直驚きと戸惑いを覚えました。

時々見かける死刑執行のニュース。
でも、その殆どは何年も前の事件で死刑が確定し、その後何年も何年も死刑囚として刑務所ですごした死刑囚への刑の執行で、中には事件そのものの記憶さえ私にはないような古い事件のこともありました。
ですから、今回のように事件の顛末が記憶に新しい死刑執行というのは初めてでした。

私は死刑に反対というわけではありません。
犯した罪の重さによっては、死に値する刑罰があってもいいのではないかと考えています。
死刑反対の意見をお持ちの方には、怒られそうですが・・・。
犯罪者の人権は守られるようですが、被害者や被害者の家族の人権はどうなのでしょう。
何も悪いことをしていないのに突然、未来を奪われた被害者や大切な家族を失ったその家族。

確かに、犯人が死んだからといって被害者が生き返るわけではなりません。
それでも、被害者家族の気持ちになると大切な子供の命を奪った犯人がのうのうと刑務所で、しかも税金で生きつずけることは苦痛以外の何物でもないのではないでしょうか。
しかも今の日本には終身刑がなく、無期懲役だと社会に戻ってくるでしょう。

犯した罪をなかった事にすることは不可能です。
たとえ、法的に罰せられて罪を償ったとしても・・・。
でも、自分が犯した罪を反省し被害者やその家族に謝罪することはできるはずです。
今回の事件で死刑囚は、反省の言葉も謝罪の言葉もないまま刑が執行されたといいます。
凶悪な犯罪を犯し、反省の弁もないまま刑が執行されたことに、正直戸惑いを覚えました。

心の中になんともいえない、しこりが残っています
罪もない子供たちがたくさん被害にあっているのだから、死刑執行は当然という思いと、どうしてこんな凶悪な犯罪を犯してしまう人間が育ったのだろうとか・・・。
人間の心を育てる環境のこと、心理状況。
もし、自分自身や自分の家族が凶悪犯罪に巻き込まれたとしたらどう考えるだろうか、などなどいろんな思いがこみ上げました。

|

« murmure d'air | トップページ | ヒトの視線 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

突然のニュースに私もびっくりしました。
私は死刑というのは残酷だと思います。
非常に冷静に人が人を殺す。法に基づいて裁判がおこなわれ、人間が人間を殺すことを判断し、係官が人の首に縄をかけて殺す。
私にはそんな残酷なこと理解できません。
もちろん罪も無い子供たちを無差別に殺したことは許せません。自分が親だったら感情的には犯人を殺してやりたいと思うでしょう。
でもいかなる理由があっても人が人を殺すことを私は認められないのです。

投稿: aki | 2004.09.17 09:01

★ akiさん
本当に難しい問題ですね。
どの立場で考えるのかで、まったく考え方がかわります。

被害者家族の立場で考えたら、死刑賛成。
加害者や加害者家族、人権など考慮して「人が人を裁いて命を奪っていいのか」を
考えたら、死刑反対。
私にはどちらが正しいか分かりません。
日本には終身刑がないので、終身刑があればいいのになと思います。
一番いいのは犯罪が起こらないことですね。

投稿: ドシル | 2004.09.17 13:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/1440592

この記事へのトラックバック一覧です: 死刑執行:

« murmure d'air | トップページ | ヒトの視線 »