« 死刑執行 | トップページ | ボーリング大会 »

2004.09.15

ヒトの視線

以前、ある方と討論になったことがあります。
「障害は個性か個性じゃないか」というので意見が分かれました。

私はどんな障害だってその人の個性だと思っています。
だけど、私の考えに真っ向から反対するその人は「障害はないほうがいいんだから、そんなの個性じゃない」といっていたような気がします。
もう、6年くらい前のことなのでよく覚えていません^^;

「障害者」という言葉を考えたとき、目が見えないとか耳が聞こえないとか、そういことが「障害」ではないというのが私の持論。
目が見えないとか、耳が聞こえないとか・・・そういった現象の為にちょっと超えなくてはいけない障害物を、持っている人のことを「障害者」と思うことにしています。
見えないこと、聞こえないこと、歩けないこと、そのものは障害じゃなく、その人の個性だと思います。

見えないから、研ぎ澄まされる感性があったり、聞こえないことから生まれる文化があったり、見える人・聞こえない人それぞれにだけ気づくことができる何かがあると思うし、その人の人格が形成されるにあたって障害を越えていくことは大きな影響があると思うのです。
すべてひっくるめて、人格が形成されたはずです。
先天性であっても、後天性であっても・・・。
胸が小さいとか、足が短いとか、目が単だとか、鼻が大きいとか、肌の色とか、そんなのと同じような個性だと思います。
本人が望んでも、望まなくても持っている個性。

昔、街中で手話で会話をしていると街行く人たちに、好奇の目で見られました。
そのヒトの視線に、傷つくことがありました。
賛否両論あるものの、ドラマの影響で手話の裾野が広がって多くの人に知られるようになった現在では、電車の中で手話を使っていても平気になりました。
こうやって少しずつ、バリアがなくなればいいなと思います。

今では、白杖を持った人や車椅子の人などなど町で見かけるのが珍しくなくなりました。
首都圏では、駅にもだいたいエレベーターがついているし白杖をもった方に声をかけて、誘導している姿もよく見かけるようになりました。
そういう光景を見ていると、都会の人も捨てたものじゃないなぁって思います。

|

« 死刑執行 | トップページ | ボーリング大会 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

以前、ボランティアで自閉症の子と遊びに行ったことがあります。
6年生の女の子でしたが普通に会話はできないんです。
どうやって接したらいいだろうって試行錯誤。でも一日一緒に居ると心は通じるものだと思いました。勝手に私が思ってるだけかもしれませんが。
そこのうちは高校生のお兄ちゃんとお姉ちゃんとその子の三人兄弟。お母さんに話を聞いたんですが、最初その子が生まれたとき、医者から「自閉症です」って言われてものすごくショックで家中が暗くなったそうです。でもいまでは家族のマスコット的存在。
その子のおかげで家の中が楽しくなるって言っていましたよ。
障害は、できれば無いほうがいいですね。でも前向きに考えれば個性ですよね。私の子供の頃、近所に障害者の方の施設があり、いつも障害者の方と接していました。義手の人、義足の人、いろいろな方がいました。でもそれがみんな普通の生活で。
一人でできることなら手は貸さないし、誰かが手伝わなければいけないときは、助けをだす。それは障害者でなくても人間として普通のことだと思います。
誰もが住みやすい世の中にしないといけませんね。

投稿: aki | 2004.09.17 09:27

★ akiさん
「自閉症」ってネームングが良くないですよね。
なかなか、本質が理解されていないのが現状なので「親の育て方が悪い」と思い込む人もいるので、自分の子供が自閉症だと言われると、大きな衝撃を受ける人が多いようです。
引篭もりや、自分の殻に閉じこもっているというイメージが付きまとうネーミングですよね。
先天性の障害だということを、もっと多くの人に知ってもらって、誤解されないようななるといいなと思います。

家族のマスコット的存在って素敵ですね。
自閉症の子は時折、本当に奇抜なアイディアを出したりしますよね(^^)
興味のあることを伸ばしてあげると、思わぬ才能を発揮することもあるので、
周囲が、障害を理解すればいい関係が持てるようになりますよね。

>一人でできることなら手は貸さないし、誰かが手伝わなければいけないときは、助けをだす。

そうなんですよね!
1人でできることも、「障害者だから」と勝手に理由付けてやってしまう人がいますが、それはありがた迷惑なんですよ。
時間がかかってもできることを自分でするのが、自立に繋がるし場合によってはリハビリにもなるんですけどね。

私の知人の全盲で盲導犬を連れている人は、電車に乗ったとき、席を譲られることに、戸惑っていました。
全盲でも、身体はいたって元気なので、お年寄りや妊婦さんなどのように体力がないわけじゃないから、空いている席があったら、「後ろが空いてますよ!」とか教えてくれる親切はありがたいけど、わざわざ席を立って譲られるととまどうそうです。

投稿: ドシル | 2004.09.17 13:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/1441520

この記事へのトラックバック一覧です: ヒトの視線:

« 死刑執行 | トップページ | ボーリング大会 »