« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月の投稿

2004.11.30

眠たい・・・。

いよいよ11月も終わりです。
明日から12月。
師走ですよ、師走!!

はぁ~っ・・・。
年を取ると1年って本当にあっといまですよね。
気がついたら、あっという間に桜の季節になってるような恐ろしさがあります^^;;;

今週からなんだか突然仕事が忙しくなり、ばたばたしています。
しかもなんだか眠たい・・・。
(夜更かししないで早く寝ればいいんですけど^^;)
そんなわけで、あまり意味もない文章を書いていますm(__)m

わが家にいる猫のうち、母猫のなつちゃん。
もともと丈夫な身体ではないのですが、最近特に調子が悪くて心配です。
食欲も落ちて、体重が激減。
家の中にいるのに野良猫以上に野良猫っぽい風体になりつつあります・・・。

そういえば、最近野良猫チャコちゃんがやってきません。
よく、ごはんを食べに現れてはうちの末っ子あらたに威嚇されて、大きな身体を小さくしながらごはんを食べる姿がなんともかわいかったのですけど・・・。
昨日からずいぶんと冷えてきたので、ちょっと心配。
ちゃんと冬を越せるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.28

関通研討論集会 in 神奈川

昨日、今日の2日間横浜ラポールで全国手話通訳問題研究会の関東ブロックの討論集会がありました。
不思議なのは、神奈川レベルの集会(神通研集会)よりも神奈川からの参加者がぐんと減ってしまうこと。
せっかくの関東レベルの集会なので、もったいないなぁとか思ったりして。
全国レベルの有名な通訳さんが一堂に会して、なかなかスゴイ状況でした。

全部で8つある分科会ですが、私はいつものように手話サークル分科会へ。
神奈川だけでも、地域差があるのに関東全域になると本当にいろんなことがまちまちで、勉強になりました。
埼玉県はスゴイなぁと感心したり、千葉はそういう状況なんだぁと勉強になったり、横浜の状況をお話したり・・・。
神奈川県は政令指定都市の横浜、川崎とそれ以外の県域という3つの地域で活動が違うのですが、千葉県や埼玉県はそれぞれ政令指定都市を持っていても、県としての活動があるんだなぁという印象が残りました。
あと、驚いたのは「サ連」(サークル連絡会)の手話での表し方が、埼玉県だけ独特でした。
でも、その方が表現しやすいなぁと思ったりして・・・。

語りつくせないくらい、勉強になりました。
今度は2月に全国集会。
楽しみです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.11.26

手話通訳を派遣する会社

今まで一般的に、手話通訳を依頼したいときって各自治体や情報提供施設等を通すと思いますが、岐阜にあるピュアパルスさんが、将来的には全国展開する予定で、民間事業向け手話通訳の仲介をはじめたそうです。
今は無料で利用できる手話通訳ですが、今後各自治体でも有料化になることを見据えての新規事業なんでしょうか・・・。

うーん、なんか複雑。
確かに、手話通訳者の仕事は大変で、その他の語学(英語や韓国語などなど)の通訳に対してその能力に見合った報酬が支払われるのに、手話通訳は「通訳」の部分より「手話」という聴覚障害者の言葉の方がクローズアップされて、技術より福祉やボランティアのイメージが先行しているので、ややこしいことになっています。

手話通訳の派遣を有料化して、民間の事業者が紹介業を始める・・・。
手話通訳者の技術向と地位の向上に繋がるならいいけど、本当に通訳が必要なヒトが気軽に利用できなくなってしまうのは困ると思うし・・・。
なんだか考えがまとまらないまま、ここに書いているので支離滅裂ですみません。

手話が広まるのは嬉しいです。もっと、多くのヒトに知って欲しいと思います。
それと同時に、手話ができても通訳ができるとは限らないことも理解して欲しいなと思います。
手話通訳は日本語力、手話の表現力、そして日本語と手話の変換能力、その他状況判断力など、瞬時にたくさんのことを見極める技術が必要なのです。
たぶん、手話に限らず多くの「通訳」に共通することなんだと思います。

あーん、ますます支離滅裂。
自分の中で消化し切れないことを書いちゃだめですね^^;

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2004.11.25

クリスマスリース

今日は手話サークルの行事で、「クリスマスリース」を作りました。
仕事の都合で、開始時間に間に合わなかったのですがなんとか無事完成(^^)
明日から、玄関に飾ろうかなぁと思います*^^*

たくさんの葉やどんぐりや松ぼっくりなどなど・・・。
材料を手話や指文字で表しながら説明してくれた、今日の進行担当のみなさま、お疲れさまでした(^^)/

risu.JPG


| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・ひとつ屋根の下で・・・。

コメントの投稿はなかったものの、意外に反響のあった「ひとつ屋根下
で・・・。」という、先日の私のつぶやき。
調子にのって続編です^^;;

やっぱり職場で話題になったことなのですが、2人の休日がずれた場合、朝起き
るのはどうしてる?・・・と、いう話題になりました。

例えばわが家では私が土曜日出勤することがよくあります。
夫はお休みで、特別早起きするような用事はない・・・こんなことはよくあります。
それでも、夫は早めに起きて一緒に朝ごはんを食べるのが普通です。
わが家の暗黙のルールというか、習慣というか・・・。
単にひとりで食事をするのがイヤだという話もありますが^^;;
逆に、2人とも休日で夫が朝早くからなにかで出かけるときは、私も早起きして
朝食作って、一緒に食べてから見送ります。

お互い自由にやりたいことをやって休日を過ごしているけど、家族の基本になる
「食事」だけは、なるべく一緒に取るようにしているというのが、こだわりかも。
夕食も平日、休日問わずほとんど一緒に食べています。
(けっこう意外がられるのです)
まぁ、これからの忘年会シーズンなんかは夕食を一緒に食べる日もちょっと減りますけどね^^;

「休日でも、夫が出かけるときは早起きしてご飯作るよ~」と言うと、職場ではまた驚きの声が・・・^^;;
私以外の皆様は、ダンナさんが休日出勤の時などは「寝ていていいよー」と言わ
れるので、そのまま寝ているらしいです。
なるほど。

私の職場では一時期、「うちのスタイル」話が花盛りだったことがあります。
わが家は朝食は和食派ですが、毎日パンというヒト、朝食をとる妻ととらない夫というヒトもいました。
いろんなスタイルがあるものですね。
お弁当を作るのはご主人が担当のおうちもありました。

あと、面白かったのはスポーツ好きのご主人なんだけど、奥さんの方はぜーんぜん判らないし興味もないから、まったく何もしらないというヒトもいました。
私が、F1やK1やMLBの話をすると「うちの夫もよく見てるけど、私は興味がないから判らないし、みないのー」と言っていました。
平日、時間を共有しない分週末は「何して遊ぶ?」って感じで恋人のように2人でお出かけすることに、ご主人も付き合ってくれるのだそうです。

どれが良いとか、悪いとかはないと思うのです。
ひとつ屋根の下で暮らしている2人が気持ちよく生活できるなら、それがその家のスタイルだものね。
・・・なぁんて、これから結婚を考えているヒトへのメッセージなのでした☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.24

『思い出のスターダスト』


サザンオールスターズの『思い出のスターダスト』という曲をご存知ですか。
この「Bar Star Dustnenn」というお店が横浜の瑞穂埠頭の通じる橋のたもとに実在します。

以前から、行ってみたいと思っていたいたのですがなんとなく入りにくい・・・。
理由はふたつ。
ひとつは私があまりアルコールを飲まないから。
もうひとつは、もともと外国人船員向けバーだったから・・・。

ちょっと薄明るいネオンがなんとも哀愁があって、「港町」のムードをかもし出しているこの辺りは、「あぶない刑事」のロケでも使われた場所です。
(ここで、あぶない刑事のことよく書いているような気がしますが・・・^^;)

古き良き時代の横浜を垣間見ることができる気がします。
横浜港に面しているので、マリンタワーからみなとみらいのビル、そして横浜駅方面までぐるっと見渡せるこの場所で、大きく変貌してきたヨコハマを見据えてきたであろうこの建物は今からちょうど50年前に建てられたものだそうです。
50年前の1954年。
今とはずいぶん、横浜港の景色も違うでしょうね。

お店の内部はこじんまりした感じでした。
もともとが外国人向けのお店なので、カウンターは高くてテーブル席は普通より低い印象です。
店内には、看板猫がいて人懐っこくってとても可愛かったです。

乾きもののおつまみと少しばかりのソフトドリンク。
そのほかは種類が豊富なアルコール。
ビールもウィスキーも、カクテルも種類は豊富でした。
アメリカのバーと同じように、商品と引き換えにテーブルで代金を払うしくみです。
今でも、ドル払いOKだそうなので海外旅行のあともし、ドルが残っていたら使ってみてもいいかもしれません^^;

店内で目を惹くのは、レトロなジュークボックス。
カーペンターズやグレンミラーなどなど懐かしい名曲が並んでいました。

ゆっくりと時間が流れている感じです。
もし、横浜へ建築散歩でお越しの際は夜、しめくくりにスターダストまで足を伸ばすのはいかがでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.23

ヨコハマな風景

今日は午前中、久々に英会話へ行きました。
ずっと、ばたばたしていたので本当に久しぶりでなんだか新鮮でした。
午後から久しぶりに夫と山手散策へ。
「失われた近代建築」というCGの個展を見に岩崎ミュージアムへ行きました。
何度も前を通ったことがある岩崎ミュージアムですが、中に入ったのは初めて。
常設で、ガレの作品がたくさんあってびっくりしました。
どうやって作ったんだろうと思うくらい、素敵なガレの作品を見て心の洗濯・・・といった感じです*^^*
個展の方も素晴らしかったです☆

夕方、食事をしたあと初めて「Star dust」に行きました。
昔、「あぶない刑事」のロケが行われたこともある、ちょっとお洒落なAmerican Barです。
ネオンがイイカンジで、窓からは横浜港がぐるっと見渡せます。

VFSH0047.jpeg

窓からはマリンタワーやみなとみらい、更に横浜駅前のベイシェラトンまで見えるので、まさにヨコハマという感じの景色です。
昔は、外国人船員で賑わう、お洒落だけど普通のヒトはちょっと入りにくいお店だったらしいですが、今では日本人も多く利用しているみたいです。
Jukeboxがあったり、看板猫ちゃんがいたり、とっても楽しかったです。

店内にはサザンオールスターズとGLAYが来店したときの写真が飾ってありました。
サザンの曲に『思い出のスター・ダスト』というのがあるのですが、その曲はこのお店にちなんで作られたのだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.22

ひとつ屋根の下で・・・。

私は夫と5匹の猫と、ひとつ屋根の下で日々生活しています。
猫が5匹もいると賑やかです。
みんなそれぞれ性格が違うので、悪さをしたときの叱り方もその猫に合わせて変えたりします。
気まぐれなイメージが強い猫ですが、意外と素直だったり名前を呼ぶととんで来たりもします。

先日、職場でお休みの過ごし方の話になりました。
集まっていたのは、だいたい同じ年頃(30代前半)で子供がいなくて、夫婦二人で暮らしているヒト数名。

私以外のヒトは、休日は殆ど必ずダンナさんと一緒に過ごすそうです。
それを聞いて、ちょっとビックリしちゃった私なのでした。
わが家が変なのかな???

うちは、個人主義(?)なのでお互い勝手にそれぞれの趣味や付き合いで予定を入れます。
休日の前の日なんかに「明日は予定あるの~?」なんて会話するのが定番(笑)

お互い、なんの予定もなかったら「じゃあ一緒に出かけよう」ってことになったりもします。
2人で一緒に出かけたいようななにかがあるときは、前もって「○日は空けておいてね~」と予約します^^;

私の場合、週末は手話関係の行事やライブや久々の友人と会うとか、街歩きをしたいとか、美容院に行きたいとか平日じゃできないいろんなことをする日だし、夫は夫で仕事とは別に母校でテニスの指導なんかしていたりするので、練習へ行ったり、試合へ行ったり、後輩たちと会ったり色々やっているので忙しい(笑)。
だから、お互いそれぞれの予定が入って忙しい休日なのです^^;
(わが家の場合、休日以外の予定も勝手に入れて事後報告なんだけど。)

そんな話をすると、職場でびっくりされました。
みんなの話を聞くと、映画もディズニーランドもご主人と日程を合わせて2人で行くみたい。
私は友達と行ってしまう・・・^^;;
だって、夫はあまり映画を見たがらないしディズニーランドの人ごみも嫌がるんだもん。

それに毎日会ってお話しているし、平日の夜に出かけたりもするしこの先何十年も一緒にいるんだもん。
週末は、都合があえば一緒にいましょ・・・くらいでもぜんぜんOK。
変かな?変わってる??

お互い信頼しあって尊重しあっているからこその関係だと思っているだけどなぁ・・・。
そうじゃないと、手話サークルやその他仕事以外の会議で遅くなったり、週末は手話関係の学習会やお手伝いにいったりなんてできないものね。
手話に興味もないけど、私がやっていることに干渉もしない・・・そんな状態がとてもありがたかったりします^^;

うーん。
家族や夫婦のカタチもさまざま。
共働きはみんなうちのようだと思っていたので、意外でした^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.21

ドイツの手話

ドイツ便り」という、私のお気に入りのBlogがあります。
管理人のSommerさんは、日本人のDeafで、つい先日ドイツへ留学しました。

ドイツで初雪が降った日、彼女がドイツで出会ったドイツ人のDeaf。
ASLは日本でも比較的目にすることはできるけど、私はドイツの手話は書籍でさえ見たことがありません。
(ドイツ語で筆談できるのもスゴイけど^^;;;)

ドイツ便り」を見ていて、なるほどと思ったのがドイツの手話で表す「日本」(笑)。
昔の日本人は目が細かったから・・・?
なるほど。
でも、日本列島を表して通じないのは不思議~なんて思いました。
イタリアと同じくらい、独特な国の形だと思っていたんだけどなぁ。

聴者同士は、国が違うと別になんにも相通じるものがないけれどDeaf文化というのは、国境を越えるというか、国境をなくしてしまうんだなぁと感心してしまいました。
そういえば、早瀬久美さんご夫妻が海外のろう学校を訪ねたときのことが『ここのろ耳』に書かれていたけれど、ろう文化というか、Deafだから理解しあえるものというのがあるんだろうな。
たぶん、どんなに手話を学んでも聴者が踏み込めない領域というか・・・。
まさに、「ろう文化」なんだと思います。うまくいえないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.20

結婚式☆

今日は手話サークル仲間の挙式&披露宴でした。
11月とは思えない、ぽかぽか陽気は2人の日頃の行いのなせる業かなぁ。

新婦の母校の教会で挙式をして、その後市内のホテルへ移動して披露宴でした。
どちらも、手作りで温かくて愛がいっぱいの本当に素敵な式と披露宴でした。

いつもより緊張顔の新郎といつもと以上に、優しい笑顔の新婦。
本当に幸せそうでしたぁ。
幸せのおすそ分け、いっぱいもらってきました☆

今回、聴覚障害者と聴者の結婚式だったのですべてにおいて手話通訳が付きました。
聖書の手話通訳や賛美歌の手話通訳、祝電や来賓者の挨拶の通訳・・・・などなど、きゃ~~~~大変っ!
司会者の隣に、手話通訳がいましたが後ろの方の席だとそれが見えなくて(円卓だったこともあるけど)、結局テーブルにろう者がいるところでは、あーだこーだとそれぞれ通訳の練習な感じになっていました(笑)

ホテルの披露宴だけど、オリジナリティがあって本当に良かったです。
今日の気持ちを忘れずに、末永くお幸せに*^^*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.19

幸せのカタチ

つい先日、誕生日を迎えました。
今年もまた、ひとつ大人になりました(苦笑)。

私の誕生日はしし座流星群とヴォジョレーヌーボーの解禁日にほど近いせいか、
意外に覚えていてくれるヒトが多くて、毎年掲示板や、メールでお祝いのメッセージをくれます。
そんな仲間や友人がいて、幸せだなぁって思います。

毎年、誕生日を迎えると思うのです。
「幸せのカタチは様々だなぁ・・・」と。

モノに囲まれて、欲しいものが手に入ることを幸せと感じるヒト。
物質的な豊かさより、心の豊かさに幸せを見つけられるヒト。
家族や仲間など、人間関係に幸せを見出すヒト。

色んな幸せがあります。
震災があったり、遠くの国では戦火が絶えなかったり、残酷な事件があったりもする世の中ですが、この時代に生まれたからこそ、出会えたたくさんのヒト。

偶然、ここを読んでくれているあなたも、違う時代や違う文化に生まれたらこのページにたどり着かなかった・・・と、思うと同じ時代に同じ言語を共有できることに感謝したくなったりしませんか?

どんなに欧米化が進んでも、私は日本人だし日本が好きです。
お米も、おそばも、すきやきもジンギスカンも好き。
和食だけじゃなく、着物も好き。
日本人に生まれて良かったです。

広い世界で、ただ1国、非核三原則があり戦争をしない平和で文化的な国。
この時代の日本に生まれて幸せです。
いろんな幸せのカタチがあるけれど、「平和」は万国共通の幸せじゃないのかな?

いつか、地球から戦争がなくなりますように・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.16

どんな曲かな~☆

11/10にあったとーべん祭り。
ものすごい盛り上がりだったようです。
行けなくて残念。

でも、ちょっといいニュース。
ゴシちゃんこと五島良子さんが、ケミストリーに曲を書いたらしいのです。
どんな曲かな~?
次のアルバムに入るのかな?

ケミストリーといえば、去年は柴田淳ちゃんが曲を提供していました。
ゴシちゃんの曲はどんな風に、彼らに歌われてたくさんいるだろう彼らのファンの耳に届くのかな・・・。
想像するとわくわくします。

今年はもう、ゴシちゃんの歌を生で聴けないと思うけど、今年はいい年でしたよ!
7月にゴシちゃんのお誕生日会を兼ねたライブイベントを、あれこれ準備して無事開催できたんだもん。
ゴシちゃんやマネージャーさん、中野督夫さん、CHAKAさんさらにはtakataさん(中野さんのご友人)などなどたぁ~~~っくさんのヒトに協力していただいて実現した、私のひとつの夢でした。

あれ以来、生でゴシちゃん観てないんだけど最高でした。
思い出しただけで、いいイベントができたなぁって思います。

ずっと前に、ライブが終ったあとゴシちゃんが耳の聴こえない子供がいる場所で歌を歌って、歌の響きを伝えたいって言ったことがあります。
私はそのとき、「じゃぁ、そのときは私が手話をつける~」なんて大きなことを言った記憶があります^^;;

ゴシちゃんの歌、たくさんのヒトに聴いて欲しいなぁ。
ケミストリーのライブにゲスト出演とかして、ケミストリーファンにもゴシちゃんを知って欲しいなぁって思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.15

気分が滅入ったときは・・・。

日常生活とか、仕事とかいろんなことで落ち込んだり、後悔したり・・・。
そういう経験からヒトは学習して、成長していくのだと思います。
何も行動しなければ、失敗の確率も経るし自己嫌悪にもならなないのかもしれないけど、
それじゃ、成長しない・・・。

成長するためにはチャレンジしてみること、大切だと思うのです。
で、後悔してもいいと思う。
やらないで、後悔するよりやって後悔する方が前向きで、好きです。

で、落ち込んだり悩んだりしたときはどうするか?
私の場合、仕事の悩みだと谷村有美さんの古いアルバム「Docile」を聴きます^^;
そう、私のHN「ドシル」の由来のアルバムです☆

不思議と仕事以外のことでは、ダメなのです。
仕事で落ち込んだり反省しているときはこのアルバム。

それ以外の時は、杉真理さんの「スターゲイザー」。
数ある杉さんのアルバムでなぜ、スターゲイザーなのか判りませんが・・・。
多分、私が子供のとき初めて買ったアルバムだからだと思います^^;
当時、小学生か中学生くらいだったのでカセットテープで、「スターゲイザー」を買いました。
今では、CDで再発買になったものを持っていますが、カセットも当時のものを持っています^^;;;

そのころ、杉さんと並んで好きだったのがなぜか谷山浩子さん。
懐かしいなぁ・・・。
子供が好きそうな、童話的な歌が多かったんですよね~。

そんな谷山浩子さんが、今度「恵津子の部屋」のイベントに登場するんですねぇ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.13

こころのバリアフリー

「なぜ、手話を覚えたいの?」先日、私の属する手話サークルでそう問いたくなる出来事がありました^^;
今度サークル内で行う行事の案内チラシを、手話暦2年半くらいの方に初めて作っていただきました。

作られたチラシには、「行事の問合せ先」として自分の名前と電話番号
希望者が参加申込をする欄には、参加者の氏名と連絡先として電話番号を記入する欄が設けられていました。
私、このチラシを見て久々に怒ってしまいました。
(やや、怒りすぎだったかと反省。)

誰のための行事?
手話サークル会員の聴者だけ参加する行事?
もしそうなら、サークルの名前でチラシを作る必要なんてないと思います。

手話サークルは「聞えるヒトと聞えないヒト」の交流の為に行事を行っているのに、どうしてFAXやメールアドレスの連絡先がないのでしょう・・・。
聞えないヒトはどうやって申し込むのでしょう?

キツイこと、いっちゃったけど・・・。
でも、やっぱり一般のヒトでじゃなく手話サークル会員なんだもの気がついて欲しかったです。
手話の技術より、こころのバリアフリーが大切だと思います。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2004.11.12

Yellow Sabumarin

今日、仕事帰りに横浜スカイビルに行きました。
そうしたら、びっくり!
入口にYellow Sabumarinが飛んでいました。
ただ今、館内ではTHE BEATLESにちなんだ展示をしているから、入口にもディスプレイされていたようです☆
エレベーター内のBGMもTHE BEATLESの曲でした。

vfsh0044.jpeg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.11.10

定期健康診断

今日は職場の定期健康診断でした。
いつもしっかり朝ゴハンを食べる私は、お腹がペコペコになりました。
自分が食べられないのに、夫の朝食を作る切なさといったら・・・(笑)。

私が受診したメニューは、生活習慣病検診ほど細かなことはしないのですが(だってバリウム呑みたくないー)、腰の骨で骨密度を計るものまで含まれています。
前の時は骨密度、いい感じだったのですが今回は、同年代の平均よりやや低くなってしまいました・・・(泣)。

もちろん、まだまだ若いので(笑)正常値なんですけど、平均以下なのはショックー。
これから年をとったら骨粗鬆症にならないようにカルシウムの吸収、がんばります*^^*
1時間半くらいで検診が終った後、お腹が空いては仕事にならない!!・・ってことで、軽食たべちゃいました。

検診の問診のときに、インフルエンザの予防接種も受けました。
これで、今年の冬は安心かなぁ?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.11.09

CDショップ

昨日、久々にCDショップへ行きました。
インターネットでの通信販売が普及する前は、最低でも週に1回は立ち寄っていたのに・・・。

昨日行ったのはタワーレコード。
ずっと、買おう買おうと思って買っていなかったブライアン・ウィルソンのアルバムを買いました。
U2の新作もかなりいいらしいですよ!
U2のアルバムは日本盤は3枚セットで来週発売だそうです。

若かりし頃は^^;;、ジャケット買いもしたものですが最近はそんなこともしなくなりました。
まぁ、店頭へ殆ど行かないんだからジャケット買いもできないんだけど。

ここ数年は、欲しいCDはHMVとか新星堂のHPから通販で申し込んで家に配達してもらいます。
昼間は仕事などでいないことが多いですが、宅配BOXに入れておいてくれるので、かなり便利。

昔よりCDの売り上げが下がっていると聞いて久しいですが、都心の場合この通販がひとつの原因かも・・・なんて思います。
田舎だと便利ですよね~。

発売日に近所には入荷しないCDでも、さっと購入できるんだもん。
ネット通販がないと不便になるヒトも多いでしょうね。

久々に行ったCDショップはかなり楽しかったです☆
久々に試聴もしたし、杉さんのCDはどこにあるかな?とか、柴田淳ちゃんも揃ってるかな?とか、一通りチェックしたりして^^;;

便利だけど、やっぱりネットで買うよりお店で買うほうが楽しいなぁと思いました。
来週はU2を買いに行こうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手話サークルわかば

横浜で活動している手話サークル「わかば」がYahoo!ボランティアのページに紹介されました。

私が活動しているサークルも、同じように月4回活動していて交流会や行事などを取り入れています。
こういう形が手話サークルの理想だなぁって思います。
ろう者と聴者が楽しみながら、お互いの文化交流ができる雰囲気のサークル。
いいですね!

同じ横浜市内にこんなサークルもあるんだなぁと勉強になりました。
サークルはただ勉強の場じゃないんだってこと、この記事を通して判ってもらえたらいいななんて、他力本願に思ったりしちゃいました。

ただ、「サークルの活動」と「手話通訳」という仕事の線引きがはっきりされていないのが、気にないますが・・・^^;;
取材した方も手話や手話通訳に詳しい方じゃないので仕方ないのかなぁ?
でも、「サークル活動」という部分ではとても、素敵な特集だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

災害時要援護者

[自由席]手話の証言 街を強くするものは…

11/7付け読売新聞関西版です。
阪神淡路大震災のときの聴覚障害者の様子を記録した「負けへんで――聴覚障害者救援活動の記録」からいくつか紹介されています。

勉強不足で、お恥ずかしいですがこの記事を読んではじめて「災害時要援護者」という言葉をキチント認識しました。
様々なハンディキャップを持つヒトのほか、お年寄りや乳幼児などのことをこう呼ぶのだそうです。

聴覚障害者は見て判る障害ではないので、災害時は聴覚障害者のほうも「自分が聞こえにくい」ということをアピールすることが大切だと思います。
車椅子なら、通行に不自由していたら手伝ってくれるヒトがいると思うし、視覚障害者なら見かけた誰かが誘導してくれるでしょう。
でも、外的にはなんの障害も見られない聴覚障害者は難聴者だとかろう者だとかいうことを、発信しないと知らないヒトには「災害時要援護者」だということは伝わりません。

災害発生時に突然アピールするわけにも行かないので、やっぱり日ごろから地域の中で知ってもらうことが必要なんだと思います。
手話通訳者がいつも近くにいるとは限らないから・・・。
遠くの通訳者より近くの理解者、でしょうね。

手話じゃなくても、いいと思います。
地域に聞こえないヒト、聞こえにくいヒトがいることがもしわかったらちょっと気にとめて欲しいなって思います。
もしその人が困っていたら、メモでもいいしゆっくりはっきり口を動かすことで短い情報を伝えることができるヒトもいます。
手話はろう者の言葉だけど、ろう者は手話しか判らないわけじゃないから・・・。
「伝えよう」って気持ちが一番大切なんだと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.11.08

ショックです・・・。

被災者を食いものにする「おれおれ詐欺」から、トラックバックをいただきました。
記事を書いているのは神戸の焼き鳥屋さん。
神戸といえば阪神・淡路大震災の被災地でもあり、きっと今回の新潟県中越地震のことも私が思っている以上に被災者のみなさんの気持ちなど理解されている地域だと思います。

上の記事を読んでいただくとわかるのですが、新潟県中越地震の被災者が「オレオレ詐欺」の被害者になったという話題です。
手口は、被災者の安否情報を利用したというもの・・・。

手話通訳者や手話サークルのヒトを名乗って聴覚障害者に対する「オレオレ詐欺」を行うという手口にもびっくりしましたが、地震で精神的にも経済的にも参っているヒトにこんなひどいことするなんて!!
安否情報であっても、個人情報は流せない世の中になったのかと思うと切なくなります。

レトルトカレーを1000円で販売するなんて問題外!!
追い出されて当たり前。

大きなニュースにならないところで、結構重大な様々な事件が起きているんだと思うと悲しくなります。
阪神・淡路大震災の時も多くの人がニュースにもならず、でも人生が変る位大きな出来事に遭遇していたんでしょうね。
日本中が「がんばろう、中越」って応援や様々な支援をしていて、被災地では協力しあっているはずなのに、他県ナンバーで進入してお米などを盗もうとするヒトがいたり、「オレオレ詐欺」の被害が出たり・・・。
なんか、うまく言葉にできないです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

アロマ教室

三原ろうあ協会主催 アロマテラピー教室というblog記事を拝見しました。

ちょっと目からうろこ。
すごくステキ~☆
うちのサークルでもやりたいなぁとか思っちゃいました。

10年くらい前、私はアロマテラピーにハマりました^^;
凝りだしたらトコトン凝る性格(苦笑)。
アロマのスクールへ行って、「アロマコーディネーター」という資格を取得しま
した。
エッセンシャルオイルは奥が深いんですよね。

最近は、エッセンシャルオイルを使う生活はしていますが、凝っていた頃のよう
にリップクリームを作ったり、歯磨き粉を作ったりなんてことはしなくなってし
まいました^^;
これから冬に向けて、エッセンシャルオイルを使ったバスソルトなんか作ると、
お風呂から出たくなくなるんですよねぇ~。
私はユーカリ、ベルガモッド、オレンジ、ペパーミントなどの香りが好きです。
あとよく使うのはティツリー。
手放せないオイルのひとつです。

ろう協主催でアロマ教室なんて素敵だなぁ。
でも、言葉が難しいので手話通訳は大変そう・・・。
サークルの行事でやるには、ちょっと難しいかなぁ。

アロマとは関係ないけど^^;;
昨日は、松尾さんのライブ。
杉さんゲストで、小泉さんもいて小室さんもいてプチBOXですね☆
2年前(?)のスターパインズカフェでの興奮再び・・・オリジナルBOXライ
ブ見たいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.06

隣花苑は素敵♪

横浜観光というとみなとみらいや山手の西洋館などが思いつくかと思います。
でも、横浜にも小京都があるんですよ。
本牧にある「横浜三渓園」。
ここはまさに小京都。
その昔、原三渓さんが日本のあちこちから様々な時代の建物を移築してきたことによりできました。
四季折々の植物も楽しめるし、園内にある大きな大きな池には、鴨や鯉やカメがたくさんいます。
夏には、ホタルの夕べがあったりします。

横浜三渓園の隣に原三渓の曾孫が運営しているちょっと高級なお店があります。
隣花苑」といって、建物は足利時代の古民家を昭和5年に移築してきたものです。

今日、その隣花苑へ初めて行きました。
ランチで8000円也(>_<)
高いですーー。
でも、上は1万8000円みたい(笑)
ランチですよ、ランチ!!
完全予約制。

今月は私のお誕生日があるので、夫が連れて行ってくれました。
当日周辺は忙しいので(笑)、2人が時間が取れる週末が今日だったからなんですが、
お料理は美味しいし、お庭はキレイだし、天気も良くて建物は素敵でもぉおおお、
本当に良かったです!

rinka.JPG


写真は、入り口すぐの囲炉裏の部分。
ほぼ全室個室になっていて、お庭に面してして心地いい風が入ってきて気持ちよかったです。

和を楽しめる横浜観光。
三渓園だけでも楽しめますが、時間が許すならすぐ横の隣花苑もオススメです☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.05

安部恭弘さんは罪作り☆

11月も半ばが徐々に近づいてくると、続々と12月のライブの案内が届きます。
12月は毎年毎年、どのライブを諦めてどのライブへ行こうかと悩むのです。

今年はBOXやピカデリーサーカスがないので、10日のスイートベジルでの須藤薫ちゃんと杉真理さんの恒例!クリスマスライブ以外、今のところ予定がありません。
・・・というか、忘年会や手話サークルのクリスマス会なども考慮すると悩んでチケットを買えないでいたりもします。

小泉信彦さんと木戸泰弘さんがまたまた出演する19日の安部恭弘 X'mas Special Electric Live。
行きたいけど、この日は新横浜のラポールというところに「あしたを拓く」という舞台を見に行く予定なので断念。
こいちゃんの今年の見納めだったような気もしますが諦めました。
でね、今年はもう安部さんのライブへ行けないなぁと思っていたらなんと、今日ファンクラブからDMが来たではありませんか。

12/17(金)銀座ガスホール。
安部さん&鈴木雄大さん!!
しかもゲストは村瀬由衣さんと浜田美樹さんだって~。
由衣さんの生の歌、もう何年も聴いていないなぁ・・・行きたいなぁ。
でも、17日は行けないよぉおお(泣)
まったく、安部さん罪なヤツーーーーーっ。
ぐすん。

安部さんと雄大さんが一緒だと本当に本当に楽しいライブになること請け合いです。
今年の草月ホールでのライブ良かったなぁ・・・。
またあんなライブ見たいです。

今年の私のライブ納め、もしかしたら10日になってしまうのかな^^;;
いつになく早めのライブ納めになるかもしれません。
ゴシちゃんのクリスマスライブ・・・なんてないかしら*^^*

明後日は松尾さんのライブですね。
ゲストは杉さん。
新潟県中越地震を体験した杉さんは、きっとMCで地震のお話をされるんでしょうね。
これまた行けそうにない状況ですが、行かれるみなさま楽しんできてくださいm(__)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)

災害とプライバシー

私の朝はFMヨコハマの「モーニングステップス」で始まります。
毎朝、猫の餌を用意したり、朝食の用意をしたりしながらラジオに耳を傾けています。
その日のニュースや天気予報、電車の運行状態などラジオからまず情報を入手するのが日課です。

そのFMヨコハマのニュースアナウンサーに北島浩子さんという方がいます。
北島さんのコラムがFMヨコハマのサイトで不定期(たぶん)で掲載されています。
タイトルは「ヒロ★コラム」。
このコラム、ラジオからだけでは伝わってこない北島さんの鋭い感性にはっとさせられることが多くあって、私は毎回更新を楽しみにしています。
11/3付けで更新されたコラムはNo.228で「嘆いたあとにできること」。

新潟県中越地震のことと、もしスタジオで大きな地震が起こったら・・・ということを書いています。
このコラムを読んでまったくその通りだなぁと思いました。
理性的にモノゴトを考えられる自分がいるのは、大げさに言うと人間の尊厳が守られているから・・・。
プライバシーが守られ、清潔を保ち、食事も排泄も自由にできるから。

私は汚いトイレが嫌いです。
なので、ドライブ中にものすごぉおおくトイレに行きたくなってもぜーったいに公園のトイレ等公衆トイレには行きません。
うちの夫には「上品ぶってる」と怒られます。
(ちゃんとしたトイレがあるところに車を停めるのは彼のシゴトになっちゃうので^^;;)。

以前は、駅のトイレも嫌いでしたが最近はずいぶんキレイになりましたよね。
病院でもトイレで選ぶ病院ランキングの本があるほどですから、何かを選ぶときトイレを重要視する人は私だけじゃないと思います。
中学生が進学する高校を決めるとき、トイレがキレイかどうかは重要なポイントだというアンケート結果があって、トイレを改修した私立高校が以前ありました。

そんな私たちが災害時、トイレが足りなくなってしまったらものすごいストレスだと思います。
その状態が、現実に新潟で起こっているんだと思うと、なんとも言いがたい気持ちになります。
トイレが利用できても、断水で水が流せないから汚物が流れないということも聞きます。
その状態を想像すると、よっぽど昔の「汲み取り式トイレ」の方が便利だなぁなんて思ったりもしますが、日常街中で汲み取りをする車が走っている状況は想像したくないような気もします。

そんなことを考えていると、もしも災害が身近で起きたとき私はちゃんと私らしく行動できるのかな・・と不安になります。
自分がどんな精神状態になるのか想像がつきません。

昨日また、新潟で震度5の地震がおきました。
震源地は長岡市の近くで、若干小千谷市から離れているようですが心配です。
本当に月並みで申し訳ないのですが、1日も早くあたりまえの日常が被災者のみなさんに戻ってきますように・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.11.04

手話サークルのあり方。

ここを見ているヒトで手話に関わりのあるヒトがどれくらいいるのか判りませんが、ちょっと愚痴らせて^^;;
今日はサークルの会議でした。
私たち役員はろう者と共に歩くサークル運営を目指しているんですね。

判りやすく言うと、ただ手話の学習の場としてサークルが存在するんじゃなくて災害があったら地元のろう者に情報を提供できるとか、聴覚障害者との交流を通して「聴こえないこと」を知ってもらうとか。
だから、学習会以外に様々な行事をやっていたりします。
地元のろう協主催の飲み会や旅行に参加するのもそのひとつ。

聴こえる私たちから見ると、聴こえないヒトはどうやって目覚ましセットして起きてるのかな?とか、玄関に誰か着たらピンポ~ンの音は聴こえないのにどうしてるのかな?とか考えたことありますか?
色んな便利なものがあるのですが、そんな簡単なことも普通は知られていないから、手話に興味を持ったヒトにはただ、手話を覚えるんじゃなくてそんな聴こえないヒトのことを知って欲しいなって思うんです。

でも、役員の考えている通りにはいかないんですよね^^;;
来年どーしよーーー。
と、役員一同で悩んできました。

でも、クリスマス会の準備もあるので気合をいれなくちゃー。
手話って聴こえるヒトの言葉じゃないんだよーって声を大にしていいたいっ。
聴こえないヒトの言葉なんです。
聴こえるヒトの都合で使うんじゃなくて、聴こえないヒトに合わせないとね。

・・・以上、愚痴でしたm(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.02

ライブドアにエール

仙台を本拠地にした、プロ野球の新規参入問題は、大方の予想通り、楽天に決まりましたね。

私はライブドアも楽天もどっちが好きとか嫌いとかはないのですが、どちらかというと長いものにも巻かれなさそうな、ライブドアを気持ち応援していたかなぁと思います。

選ばれた楽天にはがんばってプロ野球を盛り上げてもらいたいです。
ライブドアは参入出来ませんでしたが、心からエールを送りたいです。

だって、堀江さんが「近鉄買いたい」って言い出したことは、大きな起爆剤になったと思うから…。
ライブドアがいなかったら、1リーグになってたかも知れませんね。
言い出しっぺになったライブドアは偉いと思います。
参入できなくても、プロ野球に与えた影響は大きいのではないでしょうか?
そんなわけで、エールを送りたいなぁなんて思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

風邪をひきました。

暑かったり寒かったり、過ごしにくい天候が続いています。
それも原因のひとつだと思いますが、風邪をひいてしまいました。
・・・情けない。

新潟の被災地では風邪が流行しているみたいです。
関東より更に寒いし、狭い空間にたくさんの人が集まっているのだから
当然といえば当然なのですが・・・。

私の職場でも風邪がはやりつつあります。
流行に敏感(?)な私は、早速風邪をもらいました^^;

来週、健康診断とインフルエンザの予防接種を控えているので、早く体調回復
しなくちゃ~と、思って珍しく速攻でクリニックへ行き抗生物質などなど貰って
きたのですが、すっかり風邪のようです・・とほほ。

明日の祝日、ぶらっと大阪へ行ってヴォーリズ展を見学しようかと思っていましたが、あきらめました。
家でおとなしくしていることにします。

風邪の予防の基本といえば、手洗い・うがいですが電車内や職場などなど不特定多数の人と接触すると、風邪をブロックするのは難しいですねぇ。
もっと免疫力を高めなくては・・・と、思っています^^;;

あさっては手話サークルの会議です。
今年のクリスマス会はなにしよう・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »