« 結婚式☆ | トップページ | ひとつ屋根の下で・・・。 »

2004.11.21

ドイツの手話

ドイツ便り」という、私のお気に入りのBlogがあります。
管理人のSommerさんは、日本人のDeafで、つい先日ドイツへ留学しました。

ドイツで初雪が降った日、彼女がドイツで出会ったドイツ人のDeaf。
ASLは日本でも比較的目にすることはできるけど、私はドイツの手話は書籍でさえ見たことがありません。
(ドイツ語で筆談できるのもスゴイけど^^;;;)

ドイツ便り」を見ていて、なるほどと思ったのがドイツの手話で表す「日本」(笑)。
昔の日本人は目が細かったから・・・?
なるほど。
でも、日本列島を表して通じないのは不思議~なんて思いました。
イタリアと同じくらい、独特な国の形だと思っていたんだけどなぁ。

聴者同士は、国が違うと別になんにも相通じるものがないけれどDeaf文化というのは、国境を越えるというか、国境をなくしてしまうんだなぁと感心してしまいました。
そういえば、早瀬久美さんご夫妻が海外のろう学校を訪ねたときのことが『ここのろ耳』に書かれていたけれど、ろう文化というか、Deafだから理解しあえるものというのがあるんだろうな。
たぶん、どんなに手話を学んでも聴者が踏み込めない領域というか・・・。
まさに、「ろう文化」なんだと思います。うまくいえないけど。

|

« 結婚式☆ | トップページ | ひとつ屋根の下で・・・。 »

手話いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/2024306

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツの手話:

« 結婚式☆ | トップページ | ひとつ屋根の下で・・・。 »