« ライブドアにエール | トップページ | 災害とプライバシー »

2004.11.04

手話サークルのあり方。

ここを見ているヒトで手話に関わりのあるヒトがどれくらいいるのか判りませんが、ちょっと愚痴らせて^^;;
今日はサークルの会議でした。
私たち役員はろう者と共に歩くサークル運営を目指しているんですね。

判りやすく言うと、ただ手話の学習の場としてサークルが存在するんじゃなくて災害があったら地元のろう者に情報を提供できるとか、聴覚障害者との交流を通して「聴こえないこと」を知ってもらうとか。
だから、学習会以外に様々な行事をやっていたりします。
地元のろう協主催の飲み会や旅行に参加するのもそのひとつ。

聴こえる私たちから見ると、聴こえないヒトはどうやって目覚ましセットして起きてるのかな?とか、玄関に誰か着たらピンポ~ンの音は聴こえないのにどうしてるのかな?とか考えたことありますか?
色んな便利なものがあるのですが、そんな簡単なことも普通は知られていないから、手話に興味を持ったヒトにはただ、手話を覚えるんじゃなくてそんな聴こえないヒトのことを知って欲しいなって思うんです。

でも、役員の考えている通りにはいかないんですよね^^;;
来年どーしよーーー。
と、役員一同で悩んできました。

でも、クリスマス会の準備もあるので気合をいれなくちゃー。
手話って聴こえるヒトの言葉じゃないんだよーって声を大にしていいたいっ。
聴こえないヒトの言葉なんです。
聴こえるヒトの都合で使うんじゃなくて、聴こえないヒトに合わせないとね。

・・・以上、愚痴でしたm(__)m

|

« ライブドアにエール | トップページ | 災害とプライバシー »

手話サークル」カテゴリの記事

コメント

手話のこと・音楽のことなどなど、楽しく拝見させて頂いております。
サークルの役員会でお悩みとのこと。
お察し申し上げます^^;
わたしが参加してるトコは、お教室感覚の人が多くて困ってます。
つまんなかったり面倒だったりすることには参加してくださらない。
みんながそんな風だったら、サークルなんて動かないのに…
ちょっと想像してくださればわかることなのにね。
わたしも愚痴っちゃいました、ごめんなさいー

投稿: haduki | 2004.11.08 18:12

☆hadukiさん
わぁ~、書き込みありがとうございますm(__)m
愚痴りたくなりますーー(笑)
でも、愚痴った後はまた前向きにがんばろうって思います♪

お教室感覚ですかぁ・・・。
そういうサークルが増えているらしいと聞くのですが、その波に飲まれないようにがんばっています^^;;
ただ「手話を教えて欲しい」ヒトはカルチャーセンターや市の手話講習会へ行くといいのになぁって思います^^;
地域のサークルの役割は、学習だけではないことを伝えていかなくては~と、思っています*^^*

投稿: ドシル | 2004.11.08 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/1867426

この記事へのトラックバック一覧です: 手話サークルのあり方。:

« ライブドアにエール | トップページ | 災害とプライバシー »