« 手話の「8」 | トップページ | 『あしたを拓く』 »

2004.12.17

『大奥』

私はあまり連続ドラマをみません。
毎週同じ曜日の同じ時間にTVの前にいることがなかなかないからです^^;;

昨日、「大奥 第一章」の最終回でした。
毎週見ていたわけではないのですが、最終回だけ見て意外に楽しんじゃいました^^;;

今でこそ、明治時代あたりの歴史に魅力を感じますが学生時代は、明治時代はキライな時代でした。
だって登場人物が多すぎて年号も人間関係も覚えるのが大変だったんですもの・・・。
私が好きな時代は下克上の戦国時代でした。
特に織田信長が大好きで、当時は山岡荘八さんの小説を読みましたよ~。
「徳川家康」は、何巻まであったんでしたっけねぇ・・・^^;;

徳川時代なら、最後の将軍・慶喜の生き方に興味がありました。
変った所では、綱吉にも興味津々。

「大奥 第一章」に話を戻すと、家光時代の大奥のお話で今でも年配のOLさんのことを「お局」といいますが、その語源となった春日局にスポットを当てたものでした。
大奥で一時代を作り上げた春日局の栄枯盛衰と、家光の寵愛を受けた側室の間に生まれたのが後の綱吉となるようです。

時代劇ですが、若い役者さんばかりだし大奥の煌びやかな衣装がまた、目を引きます☆
最終回だけで、これだけ楽しめるなんてなんとなく得した気分。
歴史ドラマなら、連ドラでもついていけそうです^^;;;
第二章は年明けにはじまるのかしら???
今度は少し多めに見てみたいですが、いつの時代の大奥なんでしょうね・・・。

武将の正室、側室というとお濃とねねが思い浮かびます。
大奥じゃなくても、あの時代の女性を主人公にしたドラマならちょっと見て見たいなぁなんて思いました☆

|

« 手話の「8」 | トップページ | 『あしたを拓く』 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/2298374

この記事へのトラックバック一覧です: 『大奥』:

« 手話の「8」 | トップページ | 『あしたを拓く』 »