« SCAI THE BATHHOUSE | トップページ | 全通研討論集会 »

2005.01.31

芝浦・協働会館のいまむかし

先日、港区景観を考える会主催の港談会「芝浦・協働会館のいまむかし」参加してきました。
協働会館は、芝浦に残る昭和11年竣工の旧検番。
目黒雅叙園創始者の細川力蔵さんが、建てました。
今回の港談会には、その細川力蔵さんのご親族の方(今も芝浦近郊にお住まいだそうです)と、協働会を長く見守ってきた「協働会」から2名の方が出席されて、それぞれの立場で貴重なお話をしてくださいました。

細川力蔵さんの功績や人となり、協働会に参加している地元にお住まいの女性は、子供の頃協働会で踊りのお稽古をしていたことや、当時の町並みのお話。
更には、協働会が現在までどのように活動してきて、どういう経緯でこの建物の保存に関する運動に発展してきたのかなど、わかりやすく丁寧にお話してくださいました。

それに対して、参加していた地元町内会の方たちなどからの意見や今後のことなど、活発に発言がなされました。

地元としても協働会館を残したいという人も多いようですが、それぞれの地域で事情もあり、諸手をあげて保存に賛成!!・・とは行かないようです。

地元の方の多くは移築保存ではなく現地保存を望んでいるようでした。
当然、協働会でもそれに向けて活動していたのだと思いますが、東京都港湾局では、今年度中もしくは来年度のはじめにでも取り壊しをすることにしているそうで、東京都としては移築先が見つかれば移築保存して構わないけれど、見つからなければそのまま解体するという意向のようです。

そこまで話が進んでいるので、地元の方たちが本気で現地保存を希望するなら、要望書などを地元住民として至急出さないと、どうにもならないような気がしました。
地元でできること、地元じゃないけどその建物が好きでなんとか保存したいと願う人・・・。
それぞれの立場でそれぞれがんばって、お互い強力し合えば協働会館は現地又は、移築保存のどちらかでなんとか生き残れるかもしれません。

今後の動向がとても気になります。

|

« SCAI THE BATHHOUSE | トップページ | 全通研討論集会 »

おひさまキラキラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/6571401

この記事へのトラックバック一覧です: 芝浦・協働会館のいまむかし:

« SCAI THE BATHHOUSE | トップページ | 全通研討論集会 »