« お買い物☆ | トップページ | 宿泊拒否の続編 »

2005.01.08

手話通訳に思うこと。

その昔、有線のリクエストにはまったことがあります。
毎日、毎日、同じ曲(ピカデリーサーカスだったんだけど^^;;)をリクエストしました。
最初リクエストしたときは、CDが無いということでしたが、毎日それでもリクエストすると曲がかかるようになりました。

リスナーの要望があったから、CDを入手したのでしょう。
「聞きたい」と思っている人の何パーセントが「リクエスト」という行動に出るのか判りませんが、業界の人が色んなデータを元に確率の計算をすると、1件リクエストがあったら例えば30人その曲を聴きたい人がいるとかなんとか、そんな感じの計算があるらしいです。

同じように、私は6年くらい前に毎日、毎日ネスレへ電話したことがあります^^;;
「CMソングは誰が歌っているんですか?」という電話です。
当時、五島良子さんが歌っていました。
私は五島さんのファンなので、歌っていたのが五島さんなのは知っていました。
でも、CMの画面にクレジットが出ていませんでした。
曲の評判がいいと、CD化されたりまたCMソングに起用されたりするので、私は毎日「歌っているのは誰ですか?CDにならないんですか?」と電話をしました。

私が電話した以外に、本当にネスレ始まって以来の反響だったということでそのうたはCD化されました。
「OPEN UP」というタイトルです。

さて、手話通訳。
各地域に情報提供施設があって、手話通訳者を派遣しています。
ろう者は申込みをして、通訳を派遣してもらいます。
ろう者の中には、「こんな個人的なことじゃ、通訳を派遣してもらうのはムリだから自分で探そう」ってお友達などにお願いする人もいると思います。
そういった人間関係も大切なことだけど、あきらめる前にぜひ、情報提供施設へ申請だけはしてみてください。
横浜だったらラポールですね。

今回ダメでもまた次も・・・何度も申請して欲しいのです。
「申請する」という行動は無駄にはならないから・・・。
そういうニーズがある、ろう者はこういったときに通訳を必要としている・・という情報やデータが残ります。
そうしたら、今はダメなことでも将来通訳が利用できるようになるかもしれません。

当事者に言われなければわからないことはたくさんあります。
ぜひ、情報提供施設へ要望を出し続けて欲しいと思います。

私が有線へ電話し続けたように、ネスレへ問合せし続けたようにデータが残って望みが叶うことがあるかもしれませんから・・・。

|

« お買い物☆ | トップページ | 宿泊拒否の続編 »

手話いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/2509195

この記事へのトラックバック一覧です: 手話通訳に思うこと。:

« お買い物☆ | トップページ | 宿泊拒否の続編 »