« 三信ビルのその後 | トップページ | 協働会館の保存について »

2005.03.18

小さなつづらと金の斧

年度末のドタバタも何とか落ち着いてきた今日この頃。
私の周りでは、色んな学会や研究集会へ行く人々が増えます^^;;

なんかよく判らないけど、そんな関係で出張していたある方がお土産を買ってきてくれました。
その時の会話(笑)

Aさん:お土産を買ってきましたが、大きいのと小さいの、どっちが良いですか?
わたし:お得なのは”小さなつづら”だから小さい方にする~。
Aさん:小さい方?正直ものには銀の斧より金の斧。大きな方をあげましょう。
わたし:え?大きな方でいいの?「小さな方がトクだから小さい方がいい」って言ってる段階で欲があるんだけど(笑)
Aさん:なるほど(笑)

・・・と、いうアホらしい会話をしていたら傍で見ていた人々に笑われてしまいました^^;;
あの楽しさを文字で伝えるのは難しい~~~~っ。
本当に、テンポがよく面白い会話でした^^;

久々に色んなむかしばなしを思い出しました。
うちの本棚を眺めてみたら「手話で話そうイソップ物語」が出てきました。
昔、イソップ物語を手話でやりましたよ!!
「北風と太陽」なんかけっこう表現がおもしろいです。

久々に初心に帰ってやってみようかなぁ・・・。

|

« 三信ビルのその後 | トップページ | 協働会館の保存について »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

その会話、そばで聞きたかったなぁ(⌒0⌒)

『イソップ物語』サークルでやってみようかな?
『手話で話そうイソップ物語』って本も見てみたいっす。そんなのがあるんですねぇ

投稿: みきぼう | 2005.03.22 16:11

★ みきぼうさん
アホな会話、生で聞いて欲しかったですよ(笑)
くだらない続きがあって、この場にいなかった人にこの話をしたら、そのヒトが「結局小さい方はなんだったのかな?」というので、「小さい方を見ると、きっと浦島太郎みたいに年を取っちゃうんだよ」・・という会話になったのでした^^;;;

「手話ではなそうイソップ物語」は結構古い本なのですが、今でも売ってるみたいです~。
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30472039
↑セブンアンドワイで検索したら出てきました。
(表紙の画像はないですが・・・^^;;)

投稿: ドシル | 2005.03.22 21:42

ドシルさん。
『手話で話そうイソップ物語』
さっそく注文してみました。
ついでに「おじょうひんな書店」にならべました(笑)

さてさて、こちらから失礼しますなんですけど、『ようこそろうの赤ちゃん』の感想、親の会のサイトの、どちらへ寄ればいいんでしょう?

投稿: おじょうひん。 | 2005.03.22 22:14

★ おじょうひん。さん
全国ろう児をもつ親の会のサイト内に感想コーナーがあるわけではないのですが、「いろいろ言いたい広場」か「ろう学校へのメッセージ」などにお寄せいただくか、署名のついでに感想などを送ってもいいと思います。
http://www.hat.hi-ho.ne.jp/at_home/

もし、興味があったらぜひお願いします。

投稿: ドシル | 2005.03.23 14:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/3349425

この記事へのトラックバック一覧です: 小さなつづらと金の斧:

« 三信ビルのその後 | トップページ | 協働会館の保存について »