« 東京ステーションホテル | トップページ | 懐かしい少女マンガ☆ »

2005.04.10

近代建築でのお食事

古い建物を再生してレストランにすることは、最近ではあまり珍しくありません。
明治・大正・昭和20年までに建てられた「近代建築」と呼ばれる西洋館が好きな私は、そういう古い建物を取り壊すのではなく、改築して再生しているところで食事をするのが好きです。
レストランだけでなく、銭湯がギャラリーになったり色々な事例がありますが、なかなかアイディアいっぱいで楽しいです。
まぁ・・・いい事例ばかりではないのですが^^;;

先日、東京ステーションホテル内のフレンチのお店・レストランばらへ行きました。
私はランチでは3度くらい行った事がありますが、ディナーは初めてでした。
やっぱり夜の方が、モダンな雰囲気が全面に出ているような気がしました。

年に何度か集まって建築散歩や街歩きをするメンバーがいるのですが、その中のひとりの女の子が結婚して山形へ行くということになったので、お祝い&送別会を行いました。
(他のメンバーの長男お披露目&お祝いを兼ねてました*^^*)

私たちが食したコースは以下のメニューです。
*一口のお楽しみ
*野菜のテリーヌ
*コンソメスープ又はポタージュスープ
*九州産尾長鯛のポワレ 香草風味グラニテ
*仔羊ロース肉のグラタン ナヴァール風
*季節のサラダ
*デザート
*コーヒー又は紅茶

おいしかったです☆
東京駅の現在の姿は、辰野金吾がもともと設計したものと異なります。
大正12年の関東大震災で、一部2階になってしまったためです。
今度、創建時の3階に戻そうというお話がでていて、どうやら実現しそうです。
今の東京駅は、もともとの姿ではないからバランスが悪いとか色々言われますが私は結構好きだし愛着があります。
ステーションホテル内がどんな風になるかわかりませんが、今の哀愁あるモダンな雰囲気がピカピカにならないことを祈ります。

|

« 東京ステーションホテル | トップページ | 懐かしい少女マンガ☆ »

建築散歩・街歩き・お散歩」カテゴリの記事

コメント

ドシルさん 地震大丈夫?

投稿: みきぼう | 2005.04.11 09:22

★ みきぼうさん
ありがとうございます~。
大丈夫です・・・。
っていうか、ニュースで地震を知りました(汗)
うち、揺れなかったです。
ニュース発表では震度3だったんですが。

投稿: ドシル | 2005.04.11 09:40

今、気が付きましたが、東京駅が二階建てになったのは大震災ではなく、戦災復旧のときです。ドームも角形に変わりました。円いドームが約30年、角形が63年ということになり、景観保存の上では角ドームの方が見慣れているの元のドームに戻すのは必ずしも賛成出来ません。

投稿: きょうごく | 2008.12.31 12:50

>きょうごくさん
この記事自体、もう何年も前に書いているので記憶もあいまいですが、おっしゃる通り、震災ではなかったかも知れませんね。
来年もよろしくお願いします☆

投稿: ドシル | 2008.12.31 18:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/3643678

この記事へのトラックバック一覧です: 近代建築でのお食事:

» 大改修を経て東京ステーションホテルが生まれ変わるとのこと  [徒然結婚準備 「ぽこログ!!」]
結構,気に入っていたのだけど,東京ステーションホテルは2006年3月に一時的に営業をストップすることから,ここで式を挙げることは断念することになった. ブライダルフェアなのに,ブライダル会場のだけでなく, 東京ステーションホテルの中を紹介してくださった. 1ホテルの部屋 2ホテルのロビー この東京ステーションホテル,日本近代化のなかで西洋風建築を数多く手がけた辰野金吾によって設計されたルネッサンス様式の赤煉瓦建築です.この際,約890万個もの煉瓦が使用されて建てられ... [続きを読む]

受信: 2005.10.25 00:48

« 東京ステーションホテル | トップページ | 懐かしい少女マンガ☆ »