« 真実はどこにある? | トップページ | 銀座・歌舞伎座建て替えへ »

2005.04.22

昨日のサークル☆

今日はクラス分け学習会。
初級にろう者と役員がひとりセットになってフォローしながら単語など勉強しました。
中級は通訳士さんの指導のもと、一切口話なし手話のみで色々な話をしていまし
た。

なんか、いい感じに進行して学習に裂く時間が大幅にオーバーしちゃって各種お知らせをする時間がなくなってしまいました^^;;
でも、いい傾向です☆

初級グループで「ローソン」の手話表現で「聾+損」で表すと説明しているのが聴こえてきました。
しばらく様子を見ていたけど、補足説明がないので思わず遠くから手話で口出しちゃった私です^^;;

『「聾+損」を使っていいのはろう者であって、私たち聴者が使うのは良くないけど、ろう者の手話を見ていてこういう表現が出ていたら「ローソン」のことだよ。』と、補足説明してもらいました。
確かに手話辞典には「ローソン」の表現で「聾+損」と載っています。
でも、書いたのは緒方さんと米内山さんというろう者です。

あとで聞いたら、説明していた本人も「抵抗がある表現だけど本に載っているからそのまま話したけど、そうだよねぇ・・・」と言っていました。
私は「その抵抗がある気持ちを、初級のヒトに説明してよぉ」と言いました^^;

その説明をしていた彼女は私よりも手話歴が長いし、ASLも判ってるし、ろう者の友だちもたくさんいるんだけど、ちょっと説明を遠慮したみたいです。
彼女の感じる違和感を初心者に伝えることは、とても大切なことだしそこから「気づき」があったりするんだけどね。
私も彼女の考え方なんかから、たくさん勉強させてもらっています。

「手話ができる」と「手話通訳ができる」も違うけど、「手話指導ができる」もまた違いますね、当たり前なんだけどね^^;;

|

« 真実はどこにある? | トップページ | 銀座・歌舞伎座建て替えへ »

手話サークル」カテゴリの記事

コメント

「手話ができる」と「手話通訳ができる」も違うけど、「手話指導ができる」もまた違いますね>
そうなんですよね!でも、長くやってるってだけで、なんとなく全部やらなきゃいけない感じになっちゃって・・・(泣)
向き不向きがあると思うんですけど?それともやっぱり経験が大事なのかな?


投稿: みきぼう | 2005.04.23 09:31

★ みきぼうさん
あ~ん(泣)
今日は学習会へ行って来て、へこんで帰ってきたところですぅううう。
うーーーーっ。
がんばらねばぁ・・・。
(独り言愚痴、シツレイしました^^;;)

向き不向きはあるとは思うんですよね。
でも、経験と努力で補えるんじゃないかなって思うんです。
みきぼうさんのキャラクターは手話指導にむいている気がしますよ*^^*

投稿: ドシル | 2005.04.23 15:49

「手話ができる」と「手話通訳ができる」も違うけど、「手話指導ができる」もまた違いますね>

これってかなり重要ですね。
それぞれの立場・経験は全く違う所にあると思います。
手話が出来ると通訳も出来るように思えるけど、聾者と手話でしゃべっている時って、日本語に変えていないんですね。それで、突然今なんて言ってたのって聞かれると、日本語が出てこない事があります。通訳する時は、通訳モードで手話を見ていないと通訳は出来ないのです。

指導は教師的立場な分けで、人前で順序立てて話すのが苦手な人は、手話指導はむずかしい事じゃないかな。
ろう者に手話の先生をお願いしても、断る人が多いのは人前で話す事に慣れていないんでしょうね。

健聴者でも人前で話すとなると緊張する人は多いですよね。

「手のひらに人の字を書いて舐めてから」

よし!

投稿: TOSHI | 2005.04.25 01:18

★ TOSHIさん
本当に、3者は似て非なるものですよね・・・。
ネイティブサイナーだからって手話指導がうまいかというとそうじゃないですもんね。

私の場合音声言語の日本語で人前で話すのは、ぜ~んぜん問題ないんですが、
人前(知らないヒト)で手話で話すのは、めちゃくちゃ緊張します・・・。
(知っているヒトだけの前ならヘーキなんだけど^^;;)

投稿: ドシル | 2005.04.25 11:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/3806496

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日のサークル☆:

« 真実はどこにある? | トップページ | 銀座・歌舞伎座建て替えへ »