« 近代建築でのお食事 | トップページ | 今日のサークル »

2005.04.12

懐かしい少女マンガ☆

みきぼうさんのところで、ひょんなことなら同世代マンガ話に花が咲きました*^^*

少女マンガ、懐かしいです。
今のようにポータブルなゲームやインターネット、DVDや携帯電話など無かった私の子ども時代は少女マンガと少女小説(いわゆるコバルトシリーズとか^^;;)はとっても身近な娯楽(?)でした*^^*

私のマンガ人生は「なかよし」の『フォスティーヌ』にはじまります。
「なかよし」といえば『キャンディ・キャンディ』が人気でしたが私が買い始めた頃はもう終っていたような・・・。
かなり子どもだったのでよく覚えていません^^;;
「なかよし」からいつの間にか「りぼん」へと移り変わり、中学の時は「別冊コミック」や「別冊マーガレット」、「ララ」などを友達とそれぞれ担当を決めて購入して回し読みしたりしていました^^;;

川原由美子さんの『前略ミルクハウス』が大好きでした☆
川原由美子さんって、杉真理さんのファンだったのをご存知でしょうか?
マンガに「まさみち」くんが出てきたこともあります*^^*
今はどうされているのかな・・・?
もし、杉さんのライブへいらしていたりしてすれ違っていたりしたらすごいなぁ。

あとは、クラスの女子がみんな大好きだった紡木たくさん。
『ホットロード』や『瞬きもせず』、『彼の手も声も』などなど名作がいっぱいです。
今思うと、紡木さんの作品は横浜や湘南が舞台のものが多かったですね。
私が高校生の頃は、横浜に住むことになるとは夢にも思っていなかったのでマンガの中の世界に土地勘がなかったけど、今読み返したら違った楽しみがあるかもしれませんね。
あとは、松本美緒さんの『彼女の彼』にもはまってましたね~。

前後しますが、『ガラスの仮面』や『王家の紋章』も大好きでした。
『ガラスの仮面』は高校を卒業するまでずーっと買っていましたが途中で断念。
どうやら、今でも続いているらしいです!
月影先生もご健在で、まだまだマヤちゃんは亜弓さんと紅天女を争っているようです・・・^^;;

『王家の紋章』には子供の頃ものすごく影響されて、「大人になたら考古学者になるぅ」と言ってたことがありました(苦笑)。
いやー、お恥ずかしい(笑)

少女小説は赤川次郎さん全盛の時代に、新井素子さんや氷室冴子さんの作品を読んでいました。
あと、大和真也さんとか・・・。
大和さんの作品に『水曜日には雨が降る』という小説があって、この小説を書く時にずーっとかけていたのが大滝詠一さんの「雨のウェンズディ」なんだそうです。
私はそのことをあとがきで読んで、さっそくEPを買いに行きました。
当時、もう杉さんのファンだった私ですが大滝さんの曲を聴いたのはそれが最初でした。

ああ・・・懐かしいなぁ。
ひとり盛り上がってしまいました(笑)

|

« 近代建築でのお食事 | トップページ | 今日のサークル »

想い出あれこれ」カテゴリの記事

音楽・観劇・映画・読書」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、初めまして!!
みきぼうサンのトコや「しゅわわわ輪」では、お名前を拝見してるのですが…。
懐かしいアニメマンガや少女小説作家がたっくさん出て来て、同世代だから語れる部分だったりするのかもしれないけど、久々に読みたくなったので、今度、読んでみようかな…って思ってます。
これからも手話だけに限らず、色んな面でヨロシクお願いします。

投稿: きよきよ | 2005.04.12 23:53

★ きよきよさん
ようこそです~。
本当に(笑)思わぬところから、すっかりタイムスリップ状態にまりました^^;;
くらもちふさこさんや槇村さとるさんとかもいましたよね・・・。
コバルトシリーズも、読みふけりましたねぇ(遠い目)。
手話ともどもどうぞよろしくお願いします~♪

投稿: ドシル | 2005.04.13 14:33

子供の頃活字は赤川次郎さん・椋鳩十さん・ホームズと落語全集でした。(笑)
マンガは相当小さい頃から少年マンガ少女マンガ問わず読んでました。今も現役マンガ読みなので、雑誌・単行本買いまくってます。なので、最近活字本につぎ込めなくて...
同年代って、同じ場所で過ごしてなくても共通のマンガや本を読んでるんだよね〜。にゃはは

投稿: kakizo | 2005.04.13 18:58

川原由美子先生は「観用少女(プランツ・ドール)」という作品を少し前に出しています。
文庫版を持っているのですが、すごく不思議な作品です。
甘いミルクとお菓子と愛情で「育つ」という美少女人形に振り回される人間模様を描いた作品です。
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30794212

これは結構オススメです(・∀・)

投稿: 妃な香 | 2005.04.13 23:20

懐かしいタイトルが並んでますねぇ
内容は曖昧なものも多いですけど・・・(笑)
今、読み返してみたら、そのころの思い出がよみがえってくるかな?

投稿: みきぼう | 2005.04.13 23:42

★ kakizoさん
そうですね~。
住んでいた地域が違っても、TV番組やマンガって同世代で盛り上がりますね~。

★ 妃な香さん
へ~。
川原さん今もがんばっているんですね~。
キャンディ・キャンディのいがらしゆみこさんは著作権の問題で訴えられたりして、色々もめていますが、子ども時代の夢、壊さないで欲しいなぁなんて思います^^;;

★ みきぼうさん
すみませんね・・・^^;;
もうちょっと大きくなってからは「動物のお医者さん」とか好きでしたけどね。
子どもの頃影響を受けたものって、忘れませんね。
マンガでも小説でも歌でも・・・。

投稿: ドシル | 2005.04.14 11:59

うわ~すごい懐かしいタイトルがずらり・・・。
遅ればせながら、コメントを。

紡木たくさんの「瞬きもせず」私も愛読していましたよ~!!高校時代だったかな。「ぶち」っていう山口弁の響きになんだか憧れて、使ってみたり。よくクラスメートとまわし読みしてました。「動物のお医者さん」とか「ガラスの仮面」、あと思い出したのに多田かおるさんの「いたずらなKiss」とか・・・。多田かおるさんって若くして亡くなっていたと最近知って結構ショック。

投稿: Raum | 2005.04.25 02:27

★ Raumさん
多田かおるさんってお亡くなりになっているんですか???
知りませんでした。
すごいショックです・・・。

Raumさんも同世代ですね*^^*
離れていても、こうして同じ本や映画TV番組などで共通の話題があると
嬉しくなります☆

投稿: ドシル | 2005.04.25 11:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/3676332

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい少女マンガ☆:

» ガラスの仮面 [【ガラスの仮面】]
ガラスの仮面『ガラスの仮面』は、「花とゆめ」(白泉社)1976年 1 号から連載されている美内すずえの漫画。愛読者の間ではガラカメと呼ばれる。情報元:Wikipedia... [続きを読む]

受信: 2005.05.13 03:43

« 近代建築でのお食事 | トップページ | 今日のサークル »