« 昨日のサークル☆ | トップページ | 小久保選手と高橋選手 »

2005.04.22

銀座・歌舞伎座建て替えへ

4月21日の「朝日新聞」の記事によると、銀座の歌舞伎座の建て替えを検討しているこ松竹が発表したそうです。

吉田五十八設計の唐破風の玄関が特徴的なシンボリックな意匠は、目をひきます。
建て替えの大きな理由は老朽化によるところが大きいそうです。
そういえば、学生時代歌舞伎座へ行った時床がきしむ音がしたなぁ・・・。
でも、そんなところが結構趣があったりするんだけど。

どうなるんでしょうね。
2002年に登録文化財に登録されたばかりなのに、わずか3年で建て替え話が浮上するなんて!
なんとも切ないものがありますね。

|

« 昨日のサークル☆ | トップページ | 小久保選手と高橋選手 »

建築散歩・街歩き・お散歩」カテゴリの記事

コメント

ずっと一度は行ってみたいと思ってた歌舞伎座に去年始めて行きました。演目は中村獅童の丹下左膳です。

いつもの会場とは違って建物は歴史を感じさせるし、ちょうちんとかがぶら下がってるとこが、いかにも舞台を楽しもうって感じがしてよかったです。

幕が開く前に弁当を予約して幕間に食堂に行って食べるのも楽しかった(^^)。

福岡の嘉穂劇場も雰囲気いいです。桝席になってて「ざぶとん」しいて観劇します。ここは台風で被害を受けて存続が危ぶまれたんですけど、たくさんの方の援助で先日復旧しました。

投稿: non | 2005.04.23 12:52

★ nonさん
歌舞伎座に行かれたことあるんですね~。
さすがです♪
しかも中村獅童の丹下左膳なんてステキ。

あの趣、なくしたくないなぁ・・・。
まあ今の雰囲気を周到しつつの建替えらしいんですけど。
嘉穂劇場は地震の被害はなかったのでしょうか?
福岡の建物、色々心配なのがあります・・・。

投稿: ドシル | 2005.04.23 15:52

コメントが飛びましてすみませんでした
嘉穂子ちゃんは(嘉穂劇場の事)全く無傷でした
なぜでしょうか?
それは水害後耐震工事つき大修理工事がなされたので無事だったのです
歌舞伎座様については文化庁よりお知らせがありましたので書きこして置きます
外観は戦前の三つ屋根の超豪華版に戻し中は今を踏襲した物とするとの事
舞台設備については電動・手動両者とするとの事
2000年10月公演での回り舞台の故障による大トラブル直径18メートルの盆です(動力モーターの故障イカレター
)客が見てる前での故障ほどかっこ悪いものはなくいざって時は手動出来る様にするそうです(今までも)出来ていたことだ
が???????
判りましたでしょうか?
ではまた

投稿: 舞台研究会事務局より | 2006.03.03 11:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/3809532

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座・歌舞伎座建て替えへ:

« 昨日のサークル☆ | トップページ | 小久保選手と高橋選手 »