« トイカメラ | トップページ | 無謀な挑戦! »

2005.06.13

Lost In Translation

週末、『Lost In Translation』を観ました。
ソフィア・コッポラ監督の日本でロケをした映画です。
アカデミー賞で話題になったのと、「外国人の視点で見た東京」の風景に興味があったので、観たいと思っていました。

作品としてはとても叙情的。
ハリウッド映画のような動きがあるわけではなく、淡々と描写される異国へ来た2人のアメリカ人の心情を描写している感じで、まるでフランス映画のようでした。
作品の好き嫌いは好みで分かれそうな気がしました。

ロケは殆どが東京で、一部京都が出てきます。
舞台になるホテルもクラブもコッポラ監督が来日すると、訪れる場所ばかり出そうです。
アメリカ人の目に映る日本の町並みや文化・・・そして、言葉が通じない国での不安が表現されていました。

一部、「え~っ!日本人はそんなんじゃないよー」ってとこもあったけど(笑)
まだまだ、誤解の多い国なんでしょうかねぇ^^;;;;;

|

« トイカメラ | トップページ | 無謀な挑戦! »

音楽・観劇・映画・読書」カテゴリの記事

コメント

僕も見ました。
何だか微笑ましいような・・・身近なような恋でしたね。
あは。。。

投稿: Mじい | 2005.06.14 03:05

『Lost In Translation』よさげだね!!

「日本人の日本知らず」っていうのかな?
意外と外国の人の方が、日本についてよく知っている事もあるし。^^;)
もちろん、誤解もあるけどね〜。
日本を客観的に観察するのには、面白そうな映画だよね。
チェックしときますわー♪

投稿: KINTA | 2005.06.14 08:46

★ Mじいさま
身近なような恋だった・・・???
いや~、問題発言ですー(笑)

★ KINTAさん
KINTAさんはどんな感想を持つのかな~。
ぜひ、ご覧ください*^^*
映像に映る東京の風景が、妙に他人行儀です~。

投稿: ドシル | 2005.06.14 16:18

私も観ました〜。
こういう風に撮られると新宿の街も素敵ですよね。
日本映画の中だとつい歌舞伎町を思い浮かべちゃいますが。
私が解せなかったのはヒロインの旦那さんが豪華な
パークハイアットに長期滞在できるようなカメラマンには
どうしても見えなかったことと(笑)、私なら異国で
ほったらかされても、もうちょっと観光を楽しむよな〜
というところでした。

投稿: KANA | 2005.06.16 11:05

★ KANAちゃん
あはは(笑)
確かに~っ。
そんなすごいカメラマンには見えなかったわぁ。

そうそう。歌舞伎町もちょっとエキゾチックに見えたりして^^;
NYなんかも、地元の人が外国映画で見ると視点が違うのかなぁ?

投稿: ドシル | 2005.06.16 15:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/4536544

この記事へのトラックバック一覧です: Lost In Translation:

« トイカメラ | トップページ | 無謀な挑戦! »