« 若貴兄弟に思うコト。 | トップページ | 壊れかけたワーゲンは何色? »

2005.06.23

風化させてはいけない記憶

敗戦から60年・・・。
日本は平和憲法のもと半世紀以上、戦争を行っていません。
それでも、日本にはまだ戦争を体験したかたが残っています。

イラクに自衛隊が派遣されたり、憲法を変えようという動きがある昨今。
世界で唯一の被爆国であり、敗戦から這い上がってきた国に生まれた私たちはその歴史やわずかな記憶を風化させてはいけないのではないかと思います。

おりしも今日、沖縄では沖縄戦の慰霊祭が行われました。
沖縄戦では軍人より一般市民の犠牲が多く出たといいます。
犠牲者の数は判っているだけで20万656人。
当時の日本軍は、沖縄を捨て駒にして本土を守ろうとしたため多くの犠牲が出たという話も聞きます。
今、私たちが平和に暮らしているのはそういった多くの犠牲があったから・・・。
私たちは、長崎・広島のことと合わせて沖縄戦のことも知っておくべきだと思います。

NHKのサイトに「平和アーカイブス」というのがあります。
自分の国の歴史に比較的無頓着な私たち。
多くの犠牲の上に、今の平和と自由があることをもう一度考えて行きたいです。

沖縄戦中、旧日本軍は同じ日本人の民間人を多く殺害しました。
女性や子供に手榴弾を投げつけました。
沖縄戦の犠牲者は米軍に殺されただけではありません。

戦争は正常な精神状態を奪い、多くのヒトに深い傷跡と癒えない悲しみを残すだけ・・・。
世界中あちこちで戦争が起こり、たくさんのヒトが苦しんでいるのにどうして戦争の火が絶えることはないのでしょうか。

|

« 若貴兄弟に思うコト。 | トップページ | 壊れかけたワーゲンは何色? »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

明日から2、3日旅に出ます。大戦中に日本人・日系アメリカ人が収容されたいたキャンプ、minidokaというところがあるのですが、昔と同じルートをたどり、同じようなふるいバスにのって、経験者と一緒に旅をするというもの。私の修論のテーマが古い日本人街にある道の活性化というものだったので、今回参加することにしました。

一度このキャンプにいた方と話をすることがあったのですが、ものすごく強い方で(現在89歳です!)、そうした不条理な状況を受け入れながらも、今はそんな中でも支えてくれた人達に対する感謝しか思い出さないようにしているそうです。

日本で起こったたくさんの悲劇(そういえば、わたしが小さいころにはナツになるとおじいちゃんおばあちゃんが学校にやってきて戦時中の経験をあはなすというイベントがありました)、そうして逆に新たな人生をちかってやってきた国でどちらにも属しきれず排除されてしまった悲しみ、明日からの旅でいっぱい考えたいことがあります。

投稿: やまなし | 2005.06.24 01:58

★ やまなしさん
もう出発したかしら・・・?
貴重な経験になるでしょうね。

それにしてもスゴイ修論のテーマです。
アメリカにも日本人や日系人が収容されていたキャンプが残っているんですね。
知りませんでした。
実りある旅になりますように・・・。

投稿: ドシル | 2005.06.24 11:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/4676634

この記事へのトラックバック一覧です: 風化させてはいけない記憶:

« 若貴兄弟に思うコト。 | トップページ | 壊れかけたワーゲンは何色? »