« 忙しかったゾ 3連休 | トップページ | 夏休み »

2005.07.19

スタンダード石油社宅(ソコニーハウス)の保存について

建築散歩」のTOPページで紹介していますが横浜・本牧に残るA・レーモンド晩年の秀作である「ソコニーハウス」と呼ばれる旧スタンダード石油社宅。

この建物が現在解体の危機に直面しています。
つい先日の神奈川新聞でもそのことが取り上げられていました。
(残念ながらWeb版には未掲載でした)

A・レーモンドといえばF.L.ライトと共に帝国ホテル建設時に来日した米国人建築家として有名です。
横浜には伊勢佐木町に不二家が残っています。

「ソコニーハウス」は戦後の作品にはなりますが、築後50年経過しています。
本牧の高台に位置し、創建当時は海を一望できたと思います。
(今はどうなんでしょう?私有地のためどうなっているのか私には分かりません^^;;)

以前は同じ土地に数棟あったようですが、現在はマンションが建設されたので残りはあと2棟程度のようです。
マンション建設のときはその価値さえもわからなかったのでしょう。
昔と違い、今では登録文化財制度ができたり地域住民も日本中あちこちで昔の日本の町並みなどを回顧するような状況にあります。
そんな中降ってわいた、「ソコニーハウス」を解体して墓地を作る計画。

現地を知る私としては「あんな民家いっぱいのところに墓地~!!」と、ビックリです。
ソコニーハウスのことがなくても、あの場所に墓地はイヤかも・・・。

墓地話が出る前から横浜近代建築アーカイブクラブでは、建物の老朽化等を危惧していたようですが、墓地計画もあってか地域住民などによる保存する会が立ち上がったようです。
現在、保存会のサイトがあるのかどうか不明ですがもし判ったらまたご紹介したいと思います。

|

« 忙しかったゾ 3連休 | トップページ | 夏休み »

おひさまキラキラ」カテゴリの記事

建築散歩・街歩き・お散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/6571407

この記事へのトラックバック一覧です: スタンダード石油社宅(ソコニーハウス)の保存について:

« 忙しかったゾ 3連休 | トップページ | 夏休み »