« 青天の霹靂 | トップページ | 知的障害者福祉作業所主催!音とアートのコラボレーション »

2005.08.24

『インドの風に吹かれよう』

インドの風に吹かれよう』という本を買いました。
著者は谷口太聖さん。
4年前に当時大学院生の青年が自主制作した旅行記です。

iyaniguchi


著者の谷口さんが16歳~22歳までに体験した国内外の旅行について、感じたことや出会った人々、楽しいエピソードなどが綴られています。
若々しくて、コミカルな文章は旅行好きなヒトの共感をえると思います。

どうして、私が4年前に出版された自主制作の本を購入したのかというと、たまたま、著者と面識があったからなのです。
実際の谷口さんは、控えめで優しくて、礼儀正しい好青年。
私の中ではアクティブなイメージはなかったので、こんなにたくさん旅をしているような印象はありませんでした。
まして、その経験を出版しているとは・・・。
なので、この本を見つけたときはビックリしました。

ここをご覧になっている、谷口さんのお知り合いのあなた!
こんな本を出しているって知っていました?
スゴイね~。
私は、ただただ彼の文才、洞察力、観察力等に感心しました。

著者を知らない方にもぜひオススメします。
旅の醍醐味ってこうだなぁって思いました。
まぁね、女性としては「どうなの~っ!」っていう場面もありますが^^;;;
それはそれで、楽しみながら読ませていただきました。

私も昔は無知ゆえに、今考えるとオソロシイことを海外でやったりしましたが、その経験は日本で生活する中で、なんだか役立っている気がします。
(度胸がついたとか、用心深くなってとか含めて^^;;)
きっと、既存のツアー旅行では味わえないたくさんの感動と現地の文化やヒトの温かさを感じているんでしょうね。

23歳以降の旅行記も、ぜひ出版して欲しいなと思います。
きっと「少年」の頃とはまた違う豊かな感受性と観察力で、ステキな旅行記になることでしょう(^^)

|

« 青天の霹靂 | トップページ | 知的障害者福祉作業所主催!音とアートのコラボレーション »

音楽・観劇・映画・読書」カテゴリの記事

コメント

私もローマで全財産、すられてしまい、
観光客にたかりながら過ごした経験があります。
いやはや…すごいね。
でも旅行って何か怖いものと対峙するように思います。そうして成長するのだろうけれど…

うん。旅に出たいなぁ…。

投稿: 希理子 | 2005.08.25 12:11

★ 希理子さん
スリにあったんですか~。
それは大変でした(>_<)
旅をすると、なんとなく成長した気になれますよね。
そこに行かなければ出会えなかったであろう人たち・・・。
私もこの本を読んで、旅がしたくなりました。
昔のように、時間も勇気もちょっとないけど^^;
私はコワイ思いをしたことはないけれど、今考えるとゾッとする
経験は色々あります^^;;;
ああ・・無知ってある意味幸せなのかしら!?

投稿: ドシル | 2005.08.25 12:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/5615714

この記事へのトラックバック一覧です: 『インドの風に吹かれよう』:

« 青天の霹靂 | トップページ | 知的障害者福祉作業所主催!音とアートのコラボレーション »