« 知的障害者福祉作業所主催!音とアートのコラボレーション | トップページ | ジタバタ....(>_<) »

2005.08.26

旧モーガン邸のコト。

J.H.モーガンという建築家がいました。
横浜にはとてもなじみのある建築家です。
山手111番館やベーリックホール、外人墓地の門柱、関東学院中学校の校舎などを設計しました。
横浜以外では立教大学や東北学院大学にも、モーガン設計の校舎が今も残っています。
アメリカ生まれで大正9年に仕事で来日して以降、彼はたくさんの作品を日本に残し、そして日本人女性と結婚して、晩年は神奈川県藤沢市でひっそりと暮らしていました。

そんな彼の自邸が今も残っていて、ずっと市民のみなさんによって作られた「旧モーガン邸を守る会」が中心となって保存運動が行われていたのです。
私も建物の見学会を兼ねた庭の草むしりに3年位前に参加したことがあります。
昭和6年に建てられた旧モーガン邸。
建物は老朽化してきますが、土地の所有者にとって土地は資産価値があるわけでどうしたら保存できるのか、模索していました。

それが、このたび(財)日本ナショナルトラストと藤沢市で土地開発公社が土地を取得したことが発表になりました。(藤沢市のHPをどうぞ)
競売にかけられていたのですが、なんとか入札前に日本ナショナルトラストと藤沢市が動いてくれて本当に良かったです。
今後は整備され、12月ごろには一般公開されるもようです。
電車ではちょっと行きにくい場所なんですが、緑いっぱいでいいところです。
現地で保存されて、市民のためのスペースとして活用されるのは歴史的建造物のいい保存事例になると思います。
保存され、みんなに愛される・・・そうあって欲しいです。

さて・・・。
東京港区の協働会館の保存問題。
こちらは、今後どうなるんでしょうね。
旧モーガン邸のように名のある建築家が住んでいたわけではありませんが、芝浦の町の歴史を物語る貴重な建築です。
なんとか現地保存・・・無理なら移築保存できるといいな。

|

« 知的障害者福祉作業所主催!音とアートのコラボレーション | トップページ | ジタバタ....(>_<) »

建築散歩・街歩き・お散歩」カテゴリの記事

コメント

代官山や原宿のアパートはなくなってしまったけれど、
モーガン邸、いい形で残るといいですね。
素敵なお話をありがとう。
何だか胸に染みましたよ。ぐっと…

夏の暑さを忘れるような、
静かで穏やかな世界。
そんなものを久々に味わいました。

投稿: きりこ | 2005.08.29 09:39

★ きりこさん
代官山や表参道・・・同潤会アパートのことですね。
無くなりましたね・・・。
江戸川や大塚も。
震災復興だけどおしゃれな集合住宅でした。
モーガン邸は残ってよかったです。

投稿: ドシル | 2005.08.29 11:11

私の母校、関東学院中学校の名前があったので寄らせていただきました。本当に由緒と趣のある建物です。もう学校に通っていた頃からずい分経ちますが、当時も雨が降ると雨漏りがしてしまう建物でした。たまには母校に顔を出してみようかな?では失礼します。

投稿: なお | 2005.09.20 02:27

★ なおさん
コメントありがとうございます。
ぜひ、久しぶりに母校を訪問してみてください(^^)
重厚な校舎が温かく迎えてくれますよ(^^)

投稿: ドシル | 2005.09.20 07:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/5656709

この記事へのトラックバック一覧です: 旧モーガン邸のコト。:

« 知的障害者福祉作業所主催!音とアートのコラボレーション | トップページ | ジタバタ....(>_<) »