« 『医療場面における手話通訳に関する要望』のコト。 | トップページ | 生ハムとチーズと赤ワイン♪ »

2005.08.03

手話による服薬指導などなど。

きよきよさん「夏期研修」という記事を見て、サークルの活動で画期的な勉強会をしているなぁと感心。
すごいなぁ。
大きなサークルならではという面もあるけれど、うちのサークルでも工夫してこういった研修のような勉強会ができるといいな。
この記事を読んで思い出したことがあります。

今から12年前、「薬事日報」だったか「薬局新聞」だったかを読んでいたら熊本県内のある薬局で手話による服薬指導を行っている・・・という記事が掲載されていました。
手話による服薬指導のためのマニュアルも作成しているとのこと。
さっそく、新聞に掲載されていた連絡先に問い合わせをしてFAXでそのマニュアルを送っていただきました。
(今でも持っていますが、FAX送信日時が1993年になっているので12年前どはっきり判るのです^^;;;)

届いたマニュアルはB4版3枚程度のもので、手書きのイラストで服薬に関する説明の手話が描かれているものでした。
イラストのイメージは、「わたしたちの手話」のイラストみたいな感じでした^^;

内容は、薬を「食前にお飲みください」「食後にお飲みください」「食間にお飲みください」の説明や、「薬をかまずにお飲みください」などなど基本的なものから、「頓服薬」についての説明みたいなちょっと込み入ったものまでありました。

きよきよさんの記事に「食後にお飲みください」のお話が出ていましたが、ろう者に限らず、年配の方々(時々若い人でもあるんだけど^^;)が誤解しているのが「食間」のお薬の飲み方。
食事の間=食間。
つまり、朝食と昼食の間、昼食と夕食の間というように食事と食事の間の時間のことなのですが、食事の途中で飲む薬だと勘違いされている方がいます。
手話で「食間」って言っても判らないので、より具体的に表現した方がいいですよねぇ・・・。

当時、そんなことも思いつかない私。
マニュアルには普通に「食事+間」の手話表現のイラストがありました。
たまたま、顔を会わせる機会があった現在手話ニュースキャスターの谷田道子先生にそのマニュアルを見ていただいたとき、そのことを指摘されました。
それと同時に、言われたのが「マニュアルの手話は熊本の方言手話が多いので、関東では殆ど通じないでしょう」でした^^;;
手話の難しさに戸惑いました。

12年前といえば、医薬分業が盛んにさけばれて活発化し始めてきた時期です。
熊本の薬局がどういった経緯で、手話による服薬指導マニュアルを作ったのかわかりませんが、当時はとっても画期的だったと思います。
地元のろう者の中には医療機関でもらった処方箋はその薬局にもってくというヒトも多かったのかもしれません。

この薬局、今はどうしているんだろう・・・。
ちょっと気になります。

|

« 『医療場面における手話通訳に関する要望』のコト。 | トップページ | 生ハムとチーズと赤ワイン♪ »

想い出あれこれ」カテゴリの記事

手話いろいろ」カテゴリの記事

コメント

「方言手話」ですか!
いやー、手話にも方言があるんですねー!
目から鱗が落ちる思いです。
なるほどー。

投稿: うめなお | 2005.08.03 14:21

薬と言えば・・・

私達医療従事者とクライエントの認識の差を思い知らされるのが・・・

(聴者の方でしたが)薬を包装シートごと内服されてしまった方すら居ること。
医療従事者は『そんなことは常識』という“思い込み”があるから説明をつい省いてしまうんですねぇ・・・

『私の常識は貴方の常識ではない』って事なんですよね・・・

投稿: 叫び | 2005.08.03 16:01

★ うめなおちゃん
手話は地域の文化に根付いている言語なので音声言語以上に地域色が濃いですよぉ。
これから手話を勉強するなら、米沢の手話もちょっとかじると面白いかも*^^*
ちなみに、音声言語では同じ「英語圏」のイギリスとアメリカですが、イギリス手話とアメリカ手話はぜーんぜん違います^^;;;

★ 叫びさん
そうそう!
「かまずにお飲みください」と言ったつもりで「そのままお飲みくださいね」と言ったら、PTP包装のまま錠剤を飲んだヒトがいる話は昔からよく聞きます(>_<)

あと、坐薬は「座ってのむ薬」って思っている場合があるとか^^;;;
聴こえる、聴こえない関係ないですよね・・・。

投稿: ドシル | 2005.08.03 19:23

TBありがとうございました。
あの記事にTBしてくれてる方のBlogを観られたかどうか???ですが、彼女のトコにも私が書いてないコトも書いてくれてますので、良ければ観てみて下さいネ!!

それにしても、今回の研修会では、ホントに「あ、そっか」っていうのを再認識したのでした。

投稿: きよきよ | 2005.08.06 01:25

★ きよきよさん
コメントありがとうございます。
見ましたよぉ。
きよきよさんのとこのTB先。
本当にスゴイ。
ああいう内容を拝見すると、うちでもなんかやろーって思います♪

投稿: ドシル | 2005.08.06 08:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/5277673

この記事へのトラックバック一覧です: 手話による服薬指導などなど。:

« 『医療場面における手話通訳に関する要望』のコト。 | トップページ | 生ハムとチーズと赤ワイン♪ »