« 祈念と記念 | トップページ | 『インドの風に吹かれよう』 »

2005.08.22

青天の霹靂

ちょっと気持ちが回復したので、記事にしてみようと思います。
悲しいことはあまり書きたくないのですけど・・・。

交通事故のニュースは毎日TVや新聞に出ています。
でも、マスコミが取り上げるのはほんの一部なんですよね。
私がどんなにネットで探してもどうしても見つけられなかった交通事故が先週ありました。

先週金曜、北海道に住む叔母が交通事故で他界しました。
北海道のローカルニュースではちょこっとだけ取り上げられたそうです。
私が聞いた第一報は、母からの電話で「交通事故で重体らしい」。
それを聞いて北海道新聞やHTB、STVなど地元放送局のサイトを見ましたがどこにも状況は掲載されていませんでした。

結局、数時間後に叔母は息を引き取ったそうです。
原因を聞いたら、犬の散歩中に後ろから来た車にはねられ頭部を強打し、そのまま、意識が戻らなかったそうです。

車はとても便利だけれど、凶器にもなることを判っているはずなのですが、日々の生活中で運転する側も、歩行者側もつい忘れてしまうときもあるような気がします。
被害者の人生も被害者の家族の人生も、加害者になったヒトの人生も大きく変えてしまいますね。

叔母の他界は、青天の霹靂でした。
叔母の冥福を心から祈ります。

|

« 祈念と記念 | トップページ | 『インドの風に吹かれよう』 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

叔母様のご冥福、心よりお祈りいたします。

まず、交通事故と言う突然さ。
私の義姉も交通事故で亡くなりました。
兄はそれを機に、鬱病になり、
大変な思いをしています。
まだ続いていて、そういった支えを、
突然として亡くしてしまう悲しみが捉えます。

私の姉のニュースも無論、報道などありませんでした。悲しいけれど、乗越えてゆく強さは、
子供たちが受け継ぎ、子供たちは思春期の多感な中、
自分たちで家事を分担し、母親のいない生活に慣れていったように思います。

ドシルさんもツライと思います。
あまりのことに落胆することも多いように感じます。
どうか元気を出してくださいね。
そして寄り添う猫達に癒されていってください。
祈るような気持ちで見守っています。

投稿: 希理子 | 2005.08.22 17:23

まずは、叔母様のご冥福を心よりお祈りいたします。

私も通勤する上で、車を使います。
自分が注意して運転してても、後ろからおかま掘られたりと
いうように状況もあって、注意しててもどうにも出来ない時も
あるけど、やはり、運転する以上は、気をつけて運転したい
ものですよね。

そんな私ですが、数年前になりますが、仕事を終え、会社を
退社し、駐車場までの道のり(片道約10分)を先輩たちと歩き
ながら向かってて、信号が赤になり止まったのですが、青になった
方の信号を、同じ会社の男性が渡り始めた頃、1台の車が左折しようと
して、その彼を巻き込んでしまったのです。
(左折しようとした車の信号は赤でした)
その現場を観たけど、最初、誰もが何が起こったのか状況を把握出来ず、
ましてや、社員だとは思わず…。
私も先輩も、何をどうしていいのか分からず、一先ず、会社に電話し、
救急車を呼んでもらって、落ち着きを取り戻した頃に、社員だった事が
判明し、そこから、会社にもどり、社員サンのお宅へ電話する人、病院に
ついていった先輩、会社待機組&自宅待機組にわかれ、各々の任務を遂行。

この様に、実際に目の辺りにしてしまった事で、その月になると思いだされ、
また、仲良くしてもらってた男性先輩だったので、突然として亡くなってしまった
事で悲しみはいつまでも残ってます。

まだドシルさんも辛いとは思いますが、お気持ちを落さないで下さいネ!!
遠くからですが、御悔やみ申しあげます。   ー合唱ー

投稿: きよきよ | 2005.08.22 18:58

叔母さまのご冥福を心よりお祈りいたします。

私は身近な人が交通事故で亡くなったということがないので、正直びっくりしました。

でも、いつ加害者、被害者になるかわからない、本当に車を運転する者として肝に銘じておかねばならいと思いました。

ドシルさんの気持ちを思うと、何と言ってよいかわかりません。叔母さまも天国で見守って下さってると思います。それに答えられるようドシルさんらしく頑張って下さい。叔母さまもそれを望んでおられると思います。

投稿: みきぼう | 2005.08.22 21:38

★ 希理子さん
ありがとうございます。
希理子さんはお義姉さんを事故で亡くされているのですね。
本当に突然で、ただただびっくりしました。
叔父や従姉妹たちのことを考えると、切ないです。
加害者は74歳のお年寄りだそうで、ますます悲しいです。

★ きよきよさん
ありがとうございます。
もし目の前で交通事故が起こったら・・・。
確かにパニックしそうです。
叔母の場合、運転していたのは74歳のおじいさんで、しかもスピード違反だったらしく、おじいさんの家族もやりきれないだろうなと思います。

★ みきぼうさん
ありがとうございます。
大人になると、だんだん悲しいことが増えますね。
あまり悲しい経験、増やしたくないんだけどな・・・。
私たちも、被害者にも加害者にもなりえますよね。
そうならないよう、気をつけましょう。
で、私らしくがんばります!

投稿: ドシル | 2005.08.22 23:36

叔母様のご冥福を心よりお祈り申しあげます。
突然の御不幸胸中御察しいたします。
人の命を重いもの。しかしはかないもの。
命を大切にする気持ちを持ち続ける事が遺された者の使命ですね。

投稿: 叫び | 2005.08.23 23:13

★ 叫びさん
コメントありがとうございます。
命を大切にする気持ちを持ち続けること・・・そうですね。
大切なことですね。

投稿: ドシル | 2005.08.24 12:43

叔母様のご冥福を心よりお祈りいたします。

突然の不幸は後からずしりと、気持ちを重く悲しくさせるのではないかと思われます。
ドシルさんも、気持ちをしっかりもって頑張ってください。

投稿: 妃な香 | 2005.08.24 23:28

★ 妃な香さん
ありがとうございます。
いろんな事故ありますね。
何をやってても、どんな環境でも自分らしく精一杯がんばります。

投稿: ドシル | 2005.08.24 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/5584129

この記事へのトラックバック一覧です: 青天の霹靂:

« 祈念と記念 | トップページ | 『インドの風に吹かれよう』 »