« カテゴリー「おひさまキラキラ」のコト。 | トップページ | またまた障害者自立支援法案。 »

2005.10.26

「町」の読み方

2003年に「おひさまキラキラ」に掲載した記事で、もう一度多くの方に聞いてみたい記事だったので、リニューアルして新しくアップしてみます。
当時、読んでくださってご意見をいただいた方もいらっしゃいますが、再度ご覧ください*^^*

************************** 以下、当時の記事のままです。

先日新聞に興味深い記事が載っていました。
なるほど~っと、納得した私なのです。

それは何かというと、「市町村」の「町」の読み方なのです。
(市内にある「町」じゃなく「市」と対等の「町」の方です^^;)
北海道に住んでいたころは、由仁町(ゆにちょう)のように「町」は「ちょう」と読みました。
だから、「ちょう」と読むのが自然に身についていたんです。

大学時代は都内に住んでいましたが、特別区(23区内)在住だったため「町」についての読み方を考えることはなかったのですが、神奈川へきてから、悩むことが多くなりました^^;;

例えば「葉山町」は「はやままち」で「まち」と読みます。
でも横浜市内にある山下公園などで有名な「山下町」は「やましたちょう」。
あれれ・・・???
「ちょう」と「まち」があるーーー。
聞くと、神奈川では市町村の「町」は「まち」、市町村内にある「町」は「ちょう」と読むのだそうです。
ふむふむ・・・。

ここで、冒頭に書いた新聞の記事にもどるのですが、その新聞によると、北海道では「森町」だけが「まち」と読む以外はすべて「ちょう」で、関東の市町村の「町」は例外なく「まち」と読むのだそうです。
市町村の「町」の読み方は昔から、その地域に根づいた読み方をしていいということになっていて、地域差があるのだそうです。

これですっきり。
確かに東京の「日の出町」は「ひのでまち」と言いますね~。
なるほどなるほど。
私の違和感も解消されたのでした。
でも、何新聞に書いてあったのか忘れちゃったんですよね^^;;

さて・・・。
ここをご覧のみなさまの周辺の「町」はどっちで読むのでしょう?

|

« カテゴリー「おひさまキラキラ」のコト。 | トップページ | またまた障害者自立支援法案。 »

おひさまキラキラ」カテゴリの記事

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

これ、とてもためになりますね。
ちなみにね。私の住んでいる渋谷区の本町は、
「ほんまち」と読むのに、お隣の中野区の本町は、
「ほんちょう」なんです。ややこしいでしょう?
こういうのって、カタログ通販のときなど、
妙に苛立ったりもするのですが、
ドシルさんの記事を読んで、なんだかほっとしました。

投稿: きりこ | 2005.10.26 15:14

★ きりこさん
ほえ~。
渋谷区はほんちょうで、中野区はほんまち。
めんどくさーーーい。
でも、仕方がないのでそれぞれなれるしかないですね^^;;
「本町」ってきっと全国各地にあると思うけど、どっちの読み方が多いんでしょうね~。

投稿: ドシル | 2005.10.26 19:22

つきつめて考えたことなかったですが、確かに。

今、気づいたのですが、自分でもおもしろいと思うのは、読み方を自然に直していったことです。
まさに私がいるのは「葉山町」。ここに移った頃は、なんとなく「ハヤマチョウ」って思ってて、住所にフルガナつける時もそういう風にしてました。
でも、誰に直された訳でも、注意された訳でもないのですが、「どーも、ハヤママチというらしい」、と、感じていつ頃からか直してました。こんな風に新住民も地域の慣習になじんでいくんですね。

投稿: ゆき丸 | 2005.10.26 21:35

大阪市内では「本町」は例外なく「ほんまち」やで。
地下鉄にも「ほんまち」駅があるし、
次の駅は「堺筋本町」やし、近くに「内本町」に「西本町」があるんやで。
これ、みんな「ほんまち」って読むんや。

東京へ行くと「ほんちょう」と読むのを聞いて「うわ、ほんちょうやて。けったいやなあ」と思ったで。

横浜から「京都駅・梅田経由上本町駅ゆき」という高速バスが走ってるんやけど、
このバスの行き先は「かみほんちょう」やのうて「うえほんまち」ですわ。
横浜に住む友人が「うえほんまちって読むんだねえ。へんなの」って言ってたんを思い出したな。

でも、大阪府や奈良県は市町村の「町」は「ちょう」っと読んでるんやで。

という具合にしゃべりことばで書いてみました。「本町」は「ほんちょう」より「ほんまち」がええなあ。

投稿: yamatojin2005 | 2005.10.26 22:46

「まち」と「ちょう」面白いね。
横須賀の海や山で猿みたいにして遊んで育ったので、まだ、どうも横浜は「ハイカラ」で、私の中の猿は今のところ、引っ込んでいます、というか、隠れてる。
私には、横須賀が「ちょう」で、横浜が「まち」なのかな、まだ。
ゆき丸さん、なじむって私には、
表面的には簡単でも、ふたあけてみるとまだまだ、ってことがあるなあって、感じてます。
暮らすということにおいて、ね。

投稿: りこさん | 2005.10.27 00:01

わ~い。
反響ありありがとうございます。

★ ゆき丸さん
北海道育ちの私たちにとっては「ちょう」がなじんでるですよね^^;
私はしょっちゅう、夫に「まち」って訂正されていました。
「葉山まち」「寒川まち」をよく「ちょう」って読んで直されるから今度は「三ツ沢上町」を「みつざわかみまち」と言って直されたり^^;;

今はもう大丈夫です♪
こうやってなじんでいくんですね*^^*

★ 大和人さん
しゃべりことばバージョン、ありがとうございます。
印象がかわりますね~。
関西弁、いいなー。
大阪市内では「本町」以外の「町」も「まち」って読むほうが多いんでしょうか?
大阪府にある市町村の「町」はどっちで読みますか???

★ りこさん
横須賀生れの方の感覚はわからないけど、北海道から見ると、
横須賀も横浜もかわらないですよん。
ものすごぉく近いし(笑)
私は猿島なんか好きで遊びに行ったりもします*^^*

投稿: ドシル | 2005.10.27 10:21

こんばんは。

大阪府と奈良県だけやけど、
市町村名としての「町」は「ちょう」やね。
例外はあらへんな。近畿地方のほかの県もおんなじやと思う。

大阪市内やけどなあ…、
ミュージックフェアの塩野義製薬本社は
「中央区道修町」って書くねんけど、「どしょうまち」って読むねん。
でもな、安倍晴明ゆかりの「阿倍野区王子町」は「あべのくおうじちょう」やねん。
でな、どっちもあってええやんって結果になるんやわ。

…と話し言葉バージョンで書いてみましたが、
実際には江戸時代から大阪の都心だったところは「まち」と読むところが多く、
江戸時代に町外れだったところは「ちょう」
と読むところが多いです。
ただ、フィーリングで読み方を決めているところもありそうなので、
改めて不思議な気がしてます。

投稿: yamatojin2005 | 2005.10.27 22:14

★ 大和人さん
江戸時代から大阪の都心だったところは「まち」と読む辺り、なにか歴史的な理由があるのかな・・と考えたくなりますね~。
調べるときっと興味深いんでしょうね~。
ありがとうございました*^^*
#旅ブログ立ち上げたんですねぇ。

投稿: ドシル | 2005.10.28 13:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/6571312

この記事へのトラックバック一覧です: 「町」の読み方:

« カテゴリー「おひさまキラキラ」のコト。 | トップページ | またまた障害者自立支援法案。 »