« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月の投稿

2005.11.30

お気楽な長作

vfsh0054.jpg

すっかり寒くなってきましたねぇ~。
今年の秋はなんだか短かった気がします。
夏から一気に冬が来た感じ・・・。

私は通勤のとき、イチョウ並木の下を歩くのですが昨日、今日でいっぺんに葉っぱが落ちて道が一面黄色に染まりました。
サクサクと鳴る葉の音を聞きながら歩くと、あわただしい朝なんだけどちょっだけホッとしたりします。

わが家の5匹の猫たちも、家に引きこもるようになって来ました^^;
ちょっと出かけてはすぐに帰ってきます。
外は寒いですから・・・^^;

それぞれお気に入りの場所があって、猫ベット独り占めのなごみちゃんや玄関先の猫タワーの下を独占のチャコちゃん。
リビングの箱に入っているクロちゃんに電気ストーブ前から離れないあらた(笑)。

写真の長作のお気に入りはソファの上です。
長ちゃんはソファの上で伸びたりひっくり返ったりしながら、全然猫らしくなく寝ています^^;;
ホント、日々お気楽な顔をしています(笑)
こんな顔を見ていると私も、本気で猫になりたいと思ったりします(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.11.29

本当のVIPってスゴイ!

今日は仕事で貴重な体験をしました。
ある企業のVIPを招いての講演のちょっとしたお手伝いをしました。

講演会があるのは珍しいことではないのですが、本当にその業界では超有名な方らしくノーベル賞級の方なんだそうで、とにかく周りの空気が違いました。

そんなVIPの方は、公用車の高級クラウンでもちろん運転手つきで登場。
秘書さんももちろんご一緒です。

私は玄関までお出迎えすることになり、着慣れない(笑)スーツを着てお車の到着を玄関で待っていました。
車から降りてきた初老の紳士は、そんなにすごぉ~いヒトとは思えないほど気さくなとても良い方でした。
ああ・・・。
本当に偉いヒトって、オーラはあるけど気取らなくて感じがいいのよねぇと改めて感心しました。

講演自体は私にはよく判らないし(苦笑)、私の本務ではないので聞かなかったのですがお帰りになるときにまたまたお見送り。
お迎えは私1人でやって、講演会場までご案内したのですがお帰りは数名でお見送りしました。

専属運転手さんの気配りとフットワークにも感動したし、一流の秘書さんの立ち居振る舞いや運転手さんや関係各所へのタイミングの良い連絡にも感動。
更には、講演中も後ろでノートパソコン片手にメールチェックや返信などなどルーティンワークをこなしているあたり、見とれるほどかっこよかったです☆

突然ですが、ミュージシャンも同じですよね!
大物ほどフレンドリーだったり優しかったりしますよね~。
「エラソウ」にしているヒトってやっぱり「エラソウ」なだけで本当は偉くないんだ~~~と、思いました。
本物のVIPって本当にスゴイです。
良い勉強になりました♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.11.27

川聴協福祉講座「手話サークルってなぁに?」

北鎌倉から電車を乗り継ぎ、通研研究班の定例会会場へ遅刻して合流しました。
定例会の後、午後からみんなで川聴協の福祉講座「手話サークルってなぁに?」に出席しました。

私にとって川崎の学習会は未知の世界。
横浜とはやっぱり雰囲気が違ってとてもいい刺激を受けました。

福祉講座は今年度3回目だそうで、参加者も100名近くいて大いに盛り上がりました。
午後1時半~3時過ぎまで講演会があり、その後15名くらいずつのクループに別れて、講演内容についての意見交換や手話サークルに求めることは何かなど話し合いました。

神通研集会再び・・・みたいな感じでしたが雰囲気がまったく違い、改めてサークルに対する考え方は多種多様だなぁと痛感しました。
価値観の違いといえばそれまでなんだけど・・・。
いい勉強になりました☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

油壺から鎌倉

今日はSpecialな早起きをして、油壺まで行きました。
油壺マリンパーク近くに現存する、東京大学臨海研究所の戦前の建物を見に行くのが目的でした。

天気がよく、海も綺麗でとっても気持ちが良かったです☆

葉山の海に面したデニーズのテラス席で、セーリングするヨットを眺めながらのモーニング(笑)
これも気持ち良かったです☆

今日、お昼から神通研の研究班定例会がありるので、北鎌倉で車から降ろしてもらって電車で定例会会場へ!
…ただいま向かっている電車の中ですf^_^;

北鎌倉は紅葉が見ごろのせいか、ものすごーい人で溢れていました。
写真は北鎌倉で降りた人の渋滞風景です(>_<)
上りは空いていて良かったです〜。

vfsh0061.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.25

手話サークルのクリスマス会

どこの手話サークルももう準備に取り掛かっているころでしょうね~。
クリスマス会!

手話劇をやるところも多いと聞きますが、私が所属するところでは今まで手話劇をやったことがありません。
夜のサークルなので、練習時間が少ないというのもあるけれど「手話劇」をやる土壌だないサークルのように思います。

昨日はベテラン通訳さんによる基本的な手話表現の学習だったので、勉強の進行はそちらにお任せして、役員はクリスマス会の打ち合わせをしました。
用意する料理や発注先、お菓子や飲み物の準備など予算や参加見込み人数を算定しつつみんなで考えました。

今年のゲームは、初めてやるゲームなのですが手話がわかるヒトもわかからないヒトも楽しめると思いますよ~。
小物のアイディアとルールを考えるのに、役員一同で知恵を絞りましたから*^^*

今年最後のイベントです☆
がんばらなくてはーー。

で、翌日はSTBで杉さん&薫ちゃんです♪

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2005.11.24

松尾清憲さんFCの集い

先日、音楽のマエストロ松尾清憲さんの5回目のファンクラブ「Bridges」ファンの集いが開催されました。
今年は「松尾清憲デビュー25周年記念パーティー」という大きなテーマのもとでの開催です*^^*
Bridges主催のパーティはアットホームだけど、とても手が込んでいて本当にステキなので、過去4回一度も欠席せず参加してきました。

ファンの集いのせいもあると思いますが、松尾さんも通常のライブより大サービス!で、参加者一人一人と言葉を交わしてくれたりもします(^^)

毎年土曜日に開催されるので、今年はもし土曜日開催だと参加するの難しいなぁとあきらめていたら、日曜日開催!!
参加できるーーと、喜んだのもつかの間。
どうにもこうにもスケジュールが調整できずにやむなく初めて欠席いたしました(>_<)

でもでもっ!
参加したみんなの感想をあちこちで見ると、BOXの秘蔵映像初公開なんかもあったらしく超お得なパーティだったみたいです☆
松尾さんファンのみならず、BOXファンには涙が出る映像だったんじゃないのかなぁ・・・いいな。

そんなわけで、参加できない悔しさ(?)をお祝いのメッセージと共に、ブリザードフラワーつき電報にぶつけてみました^^;;
8241

無事、パーティ会場に届いたみたいで良かったです。
お花は直径12センチほどの小さなもの。
でもま、気持ちですから^^;;

最近はいろいろなかわいい電報がありますね♪
ミッキーとミニーの電報もなかなかかわいいです☆
みなさまも、大好きなヒトのお祝いや家族へのサプライズなどに電報いかがですか*^^*
・・・って、私はNTTの回し者ではありませんが^^;

私は過去に、ゴシちゃん出演のイベントや友人の誕生日にぬいぐるみ電報を贈ったことがありますが、そろそろネタバレ気味~。
なんか新しいサプライズを発見したいなぁと思います(^^)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.11.23

「横浜うかい亭」に行ってきました☆

「勤労感謝の日」の本日。
関東地方は比較的温かい、良い天気の1日でした。

今日は大和市にある横浜うかい亭でランチを楽しんできました♪
これが今年の私のお誕生日プレゼントです^^;;

vfsh00531


うかい亭は八王子に本店があるのですが、基本的にどこのお店も古い建物の建材を再利用して店舗に使っているのです。
社長さんが古い建物やガラスが好きらしく、箱根にある箱根ガラスの森というのも趣味が高じて(?)開いたそうです。

横浜うかい亭は基本的には鉄板焼きのお店です。
建物は昔、オランダ商人が住んでいた洋館を移築してきたそうですが、どの程度建材が使われているのかわかりません。
外観は瀟洒な洋館ですが、内装はフロアごとに印象が違ってびっくりでした~。

天井は太い梁がそのまま見える状態で、とても日本的。
でも、ところどころにステンドグラスがはめ込まれていたり(笑)
ガラス好きな社長さんらしく、箸おきはベネチアガラスでできていました。

ランチでほぼ1人1万円也(^^;
コースは色々あるんですけど、下は6千円くらいだったかな?
でも、お料理はとってもおいしかったです。
魚介類もお肉もデザートも、おいしくて大満足でした。

建物的にはやっぱり、オリジナルを忠実に復元している小笠原伯爵邸の方がステキ。
だけど、大和市(最寄り駅は田園都市線の中央林間だと思う)の住宅地に突然あらわれる洋館はなかなか良い感じでした。
ランチもディナーも要予約です☆

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005.11.22

構造計算書の偽造

千葉県の一級建築士による構造計算書の偽造事件、みなさんもすでに耳にしていると思います。

この建築士が関与した構造物で、耐震基準に満たない建物がマンション名やホテル名など公開されましたね。

ニュースを見ていて、思ったのは「本当にこの建築士だけ偽造していたの?」ってことですよねぇ・・・。
地震大国ニッポン。
いつ地震がきてもおかしくない状況で、震度5強に絶えられないマンションを6000万円で購入・・・本当に泣くに泣けないお話です。

我が家はというと、今回の事件では対象になっていない物件ではありますが本当に大丈夫なのかなぁと考えてしまいました^^;;
この事件で、自分の家やマンションが耐震基準に対してどれくらいの水準なのか興味を思った方も多いのではないでしょうか?

通常、耐震基準を満たしているものを1とした場合今回の事件の対象になっている建物は、どれも基準を満たしていなくてひどいものでは0.3なんて数値のものもあったそうですね・・・。
本当に、いつつぶれてもおかしくないらしいです。

こんな計算書、こんな数値があると知ったら自分の家のこと知りたくなりますよね~。
販売会社に問い合わせするヒトもいるんじゃないのかなぁと思いました。
私もうちのマンションがどれくらいの数値か知りたいなぁと思ったけど・・・。
知らぬが仏だったりして・・・。

もし、自分の家も0.7とかで基準に達していなかったらどうしますか?
すぐ引越しします?
知りたいような、知りたくないような・・・。

家を買うには、構造についての知識や柱の太さのチェックもする必要があるんでしょうかね^^;

食品業界は偽装したりウソの産地ラベルを貼ったり・・・。
建築業界はコストを下げるために建材だけではなく耐震構造まで偽造したり・・・。
なんだか、寂しい世の中です。

それでも、私たちは自給自足して自分ですべてを作って、家も自分で建てるわけにはいかないから、やっぱり専門家を信頼して生活していかなくてはいけません。
そんな信頼を裏切らない、本当の意味でのプロフェッショナル、職人気質の技術者がもっともっと増えて欲しいと思うし、自分の仕事に誇りをもてるヒトが多い社会になって欲しいなと思います。
どんな仕事も、誰かの役に立っているのだから・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005.11.21

一緒に暮らそう

私がHN「ドシル」と名乗るようになって8年目。
その由来のひとつに谷村有美さんの7枚目のアルバム『Docile』があります。
その次にリリースされた『愛する人へ』というアルバムのなかに「一緒に暮らそう」という曲があります。

この曲は、一見ラブソング風・・・。
でも、実際は鹿児島で暮らすお母さんを東京へ呼んで一緒に暮らそうという内容を歌っているんだそうです。

そういうことを考える年齢になってきましたね・・・。
私の母も昨年の春、父が他界したあと北海道で一人でくらしています。
「横浜にきたら?」と声をかけても「北海道が好き」の一点張りでした。

でも、最近ちょっとだけ軟化。
とりあえず、冬の間だけでもこっちへ来て春になったらまた北海道へ行ってもいいんじゃないのかなぁと思っています。
もちろん、ずっとこっちにいたっていいし・・・。

どうなるかわからないけど^^;
北海道はもう雪が降っています、かろうじて根雪にはなっていないようですが・・・。
住めば都。
雪深い、北海道だって長く住んでいれば愛着もあるし離れたくない気持ちもわかるけど、両方を知っている私としては雪がない冬の方が楽に暮らせるよ、って思います。

この冬、母は横浜に来る予定です。
いつになるかわからないけど^^;;;

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005.11.18

BankART1929のコト。

仕事のあと、横浜銀行協会で行われる文化庁の方による文化財や歴史的建造物の保存・活用のレクチャーに出席させていただきました。
BankART1929のスクールの一環です。
BankARTとは旧第一銀行の建物を拠点に歴史的建造物の活用と文化芸術の創造を行っているプロジェクトです。
以前は、旧富士銀行も使っていましたが東京芸大大学院が旧富士銀行を校舎に使うことになってから、以前日本郵船資料館だった倉庫を活用してBankART Studio NYKとなりました。

そんな訳で、初めて横浜銀行協会の中に入りました。
昭和11年竣工で、外観はテラコッタで装飾されて豪華な印象ですが内部はかなりシンプル。
会議室がいくつかあって、あとは理髪店や囲碁将棋室のようなところがありました。

古い椅子や作り付けの書棚なども残っていました。
先生のお話も楽しく伺って、満足して帰ってきました(^^)
歌舞伎座の建て替えの話題や東京駅の復元などなど・・今、旬のお話もチラホラ・・・。
知らなかったのですが、文部科学省の建物は新しくなるんですねぇ。
でも、文化庁の古い建物は残るそうです~。

BankARTでは、様々なイベントを行っていますので建物ファンの方以外にアートに興味のある方は楽しめると思います。

・・・協働会館、どうなるのかなぁ。
活用事例の資料を見ていて、協働会館がとっても気になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

刺激的な友人たち

今日のニュースで、最も幸せな日本人像を調べた世論調査の結果が話題になっていました。
もっともポイントが高かったのは「30代、都会暮らし、専業主婦」なんだそうですね。
大昔のTVCMのコピー「亭主元気で留守がいい」は今も健在なのかしら・・・^^;;;

専業主婦ではありませんが、私は自分ではけっこう幸せだと思っています(^^)
仕事は楽しいし、色んな社会活動にも参加できているし、趣味も楽しんでいるし・・・。
夫も猫(?)も理解あるし・・・。

そして周囲には、私の好奇心や向上心を刺激してくれる仲間たちがいます。
本当に刺激的でタフな人がそろっていて、私もがんばろ~って思います。

仕事をしながら教職課程を取り直し、2週間休暇をとって教育実習へ行ったヒト。
介護福祉士として働いていたのに、退職して看護師を目指すことを決めたヒト。
(看護学校合格、おめでとう☆)。
英語の翻訳の仕事をしていて、更にASL(アメリカ手話)をがっばっているヒト。
山形の温泉旅館に嫁ぎ、若女将しながら地元の小学校で国際交流に奮闘しているヒト。
自分の好きな建築家の作品を残したくて勉強して、保存運動をがんばっているヒト。
仕事をしながら、夜間のPSW(精神保健福祉士)養成校に通っているヒト。

私の周りにはがんばっているヒトがいっぱいいます。
だから、私ももっとがんばりたいって思えるし色んなことが楽しいなって思えます。

今年も残り1ヶ月ちょっと。
私にとって、近年稀に見るほどライブへ行った回数が少ない1年でした。
でも、その分手話に関わる時間はたくさん取れた充実した1年だったと思います。
12月になったら、新しい手帳を使ってやる~。
来年は、手帳に英語の日記を書いていこうと決めました。
・・・3日坊主になりませんように^^;;;

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005.11.17

こっちの世界へようこそ(^^)

学生時代からの友人から、おめでたいニュースが届きました。
11/14に無事、男の子を出産したそうです☆
おめでとう。

彼女も私も彼女の子供も11月生まれ。
なかよくしましょう(笑)

11月半ばが出産予定だったから気になっていたんだけど、こういうのって万が一のこともあるから、聞きにくかったりするのです・・・。
彼女とはmixiでも繋がっているので、日記を気にしていたつもりだったんだけど出産の記事を見逃していましたm(__)m

生れて初めて「母」となった日にお祝い言いたかったなぁ・・・と、後悔。
私は彼女の結婚式のときのスピーチで、旦那様に彼女に対しての「保証書」を読み上げました(笑)
その中には「もしも故障のときは、修理のためお預かりします」のような文面も入れたんだけど(笑)

ママになったらもう、修理の必要はないかしら*^^*
でも、時には息抜きって必要だよね~。
ママになっても遊ぼうね。
私は、子守も得意だわよ(笑)

でもって、彼女の赤ちゃんへ。
こっちの世界へようこそです。
君がこっちにやってきてまだ数日。
今まで聴こえていた音以外に色んな音があることが、少しずつわかってきたころかな?
おなかすかして、ぎゃ~ぎゃ~泣いているかな。

あんまり、ママを困らせないでね~。
修理の受付をしたら、なかなか返さないわよ(笑)
元気に大きくなってね。
もうちょっとしたら、餃子の町に会いに行くからね。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2005.11.16

長い1日

今日は仕事をお休みして、授賞式へ行って来ました。
そう・・・サークルで受賞した表彰が今日あったのです☆
記念品も頂いてきました。
記念講演がとっても面白かったです。
お話の内容もとても良かったし、話し方もうまくて感心しました。
手話通訳者が3名いて交代で通訳している様子、言葉の選び方、手話の表現方法などを凝視してしまいました^^;;
3人いるとそれぞれ特徴があって、見ているだけで勉強になりますね~。

この表彰式関係でほぼ1日終了。
いい経験になりました。

夕方から地元ろう協の役員会があってそちらに参加。
忘年会や新年会のことなどなど細かなことを決めました。
結果、1日手話三昧(?)

家に帰ったら、「手話通訳問題研究」が届いていました。
おじょうひん。さんや叫びさんがコメントをくださっていましたが、「ドシル」の投稿載っていました。
ああ・・こんなこと書きました。
そうでした!
今号のクロスワードまだやっていないので、これからやろうっと。

お仕事お休みだったけど、休んだ気がしない1日でした^^;;;
でも、楽しかったです。
表彰式って、ドキドキしますね(笑)
なんでしょう、あの緊張感。
表彰していただいたことに恥じないように、今後も日々精進したいと思います♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.15

「黒田清子さん」の誕生

生まれてからずっと苗字がある私には、本当に別世界で想像もつかないのが「皇室」から嫁ぐということ。

清子内親王こと、紀宮さまが今日黒田家に嫁ぎ戸籍に生まれて初めて苗字ができ、「黒田清子」さんが誕生しましたね~。
おめでとうございます。

民間から皇室に嫁ぐのも大変でしょうがその逆もまたしかり。
大変だろうなぁなんて思っています。
どう大変かの想像さえもつきませんが・・・。

ミュージシャンの鈴木結女さんは、学生時代からの清子さんのお友達だそうで、結婚をお祝いしてオリジナル曲を贈られたそうですね。
意外な繋がりでビックリ。
結女さんといえばパワフルな歌声が印象に残ります。

今日の披露宴はどうだったのでしょう?
天皇・皇后両陛下と同じテーブルでご会食されるというスタイルだと今朝のニュースで見ましたが・・・。
週末のワイドショーで見られるかな…。

最近、明るいニュースが少ないですが日本中がほんわかする話題でしたね。
皇室の名簿(?)のようなものから清子内親王の名前が削除されるのは明日の午前中なのだそうです。
ですから、今夜だけは「清子内親王」でもあり「黒田清子さん」でもあるそうです。
日本でもっとも有名な、都庁職員の妻ですね~。
同じ30代ということで、陰ながら応援しています☆

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005.11.14

ファミレスで思ったコト。

先日、ろう者2人と私の3人ででファミレスで食事をしました。
話題は他愛もない話でプロ野球のコトが中心で、ロッテは強いとか(笑)
(そのときには、まだアジアシリーズは終了していなかったんだけど、本当に強いですねぇ)。
バレンタイン監督は、指導者としてすばらしいとかそんな話をしながら食事をしていました。

最近は電車の中で手話で話していても好奇の視線を感じることもないし、ファミレスなんかでも同じで普通にそこに「手話」がある感じなんだけど・・・。

たまたま、隣のテーブルについた年配の男女3名のうちのひとりの女性が手話が珍しかったのか興味があるのかわからないけど、チラチラとこちらの様子を気にしている様子でした。
なんとなーくだけど、あまり好意的には感じない視線。
かといって悪意も感じないんだけど・・・。

やっぱり手話はまだまだ珍しいのかなぁ・・・と、思ってしまいました^^;

そういえば、手話とは関係ないんだけど東京の千駄ヶ谷にあるJAL ACADEMY
ご存知の方、いらっしゃるかな?
JALの教育機関らしいのですが、ここで英語教育やマナー教育をしているようです。
一般の人も受講可能だし、通常の会社の社員教育の一環で利用することも可能です。
時々、JAL ACADEMYの受講生の方と同じ電車の同じ車両になると受講生同士で英語で会話をしています。(もちろん、日本人同士)。
4人、5人といると結構圧巻。
比較的大きな声で英語のスピーチの練習をお互いにチェックしあっているみたいです。
そういう時、車両内の人たちは「見ていないふり」を装ってはいるんだけどなんとなくどこか好奇の目で見ているように気がします。
自分じゃ気がつかないけど、私もそのひとりかも^^;

日本って単一言語の国だから、日本語以外での会話には敏感に反応するのかもしれませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.11.12

高橋ひろさんの訃報

今日、ニュースをみてびっくりしました。
シンガーソングライターの高橋ひろさんが11月4日に多臓器不全で都内の病院で亡くなったそうです。
まだ41歳。
いったい彼の体内で何が起こったんでしょうか・・・。

チューリップファンの方なら、高橋ひろさんをご存知かもしれませんね。
1987年から2年間だけチューリップのメンバーでした。
財津さんや姫野さん達とは年齢も離れていますし、キャリアの違いもあったかもしれませんが私は高橋ひろさんの歌声、好きでした。
・・・とは言っても、私はチューリップ時代の彼をしらないのですが。

私がよく聴いていたのは1994年ごろのソロアルバムです。
久しぶりに聞いてみようかな・・・。

ご冥福をお祈りします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「マジカルアイ」にはまっています・・・。

最近、「マジカルアイ」シリーズにはまって、数冊購入しました。

高校生の頃は苦手で、なかなか見えなかったのですが最近は図を見て数秒で絵が浮かんできます。
見えるようになると楽しくて楽しくて・・・止まりません(笑)

先日、定期健康診断だったのですが問診を待つ時間も「マジカルアイ」で遊んでいました^^;
本当にこれで視力アップするのか疑問ですが^^;;
まぁ、楽しいのでしばらくはまってみようかと思います。

視線の合せ方が2種類あって平行法は得意なのですが交差法が苦手で、これから交差法の練習をがんばろうかと思います(笑)
気のせいかもしれないけど、「マジカルアイ」をやるようになってからの方が手話の読み取りが楽な気がします~。
・・・そんなこと、ありえないかしら?^^;;;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.11.11

『春の雪』

行定勲監督の『春の雪』を見てきました。
原作は三島由紀夫の「春の雪」。

大正時代の貴族社会の物語なので、旧前田侯爵邸が松枝侯爵邸として使われていました。
ちなみに、帝国劇場の階段として登場したのは「東京国立博物館」でした^^;
時代が時代だけに、洋館が好きなヒトも楽しめます(^^)
他にも「どこかで見覚えがあるステンドグラス・・・」とかあったけど、イマイチ建物は判りませんでした。

主演の竹内結子さん、美しかったです~。
伯爵令嬢なので、着物やドレスもステキでした。

肝心のストーリーはというと・・・。
テーマの根底に「輪廻転生」がある三島作品なのですが、基本的にはこの時代の男性は身勝手だなぁ・・・というのが第一印象^^;;
だって妻夫木聡さんが演じる松枝侯爵子息の「清様」が、もっと素直でもっと大人だったら悲恋になんてならず、2人の恋は成就して、周囲にも祝福されて幸せだったでしょうに・・・と、思ってしまうのです。

映画としては、映像がとっても美しく難しい三島作品をよくもこんなに判りやすくイメージも壊さずに映像化してくれました!・・といった感じです。
「チャーリーとチョコレート工場」ももちろん楽しくいい作品ですが、日本の四季の美しさも楽しめる「春の雪」もなかなかいいですよ。
「清様」に少々腹が立ちますけど^^;;;;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.09

チョコレートコロッケの作り方。

姫ちゃまやみきぼうさんの義妹さん(?)のために、チョコレートコロッケの作り方を聞いてみました。
いくつか方法があるようなのですが、興味のある方はお試しください。

でも、正確な分量がわからないんだけど・・・^^;;

1.好みのチョコレートを包丁で細かくカットする。

2.生クリームをおなべに入れて弱火で温める。(沸騰させないのがポイント!)

3.2の温まった生クリームを加えチョコレートを溶かす。
  少々チョコレートが固めの方がいいらしいです。
  (ここで、お好みでマッシュポテトを加えてもOKだそうです)

4.3を手に取り小判型に整える。

5.4の表面にパン粉をまぶす。
  (このとき、うまくパン粉がつかなかったら薄く表面に卵をぬってからパン粉をつけてもOK)

6.さっと油で揚げる。
  揚げすぎ注意!

・・・さぁ、みなさまいかがでしょう?
もし作ったら感想をお聞かせください☆
  

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.11.07

白血病

昨日、歌手の本田美奈子.さんが亡くなったというニュースが飛び込んできました。

原因はみなさんご承知の通り「白血病」。
簡単にいうと血液のガンですが、厳密に言うと「血球のガン」のことですね。
血球を作る細胞である、造血幹細胞が骨髄の中でガンになって無制限に増殖をすることが原因の病です。

有名なのは骨髄移植
でも、本田さんはドナーを探すのが大変な骨髄移植ではなく「さい帯血移植」という方法を選んで手術を行い、成功したものの白血病が再発し亡くなってしまいました。

私が子供のころ、本田さんがベストテン番組をにぎわせていたのを覚えています。
その後、TVで見かけなくなったなぁと思っていましたが10数年前に新橋演舞場で上演されていた「ミス・サイゴン」で彼女の歌声に再会しました。

舞台を見る前は、正直「歌はうまかったとはいえ、元アイドル主演のミュージカル・・・。大丈夫かな?」という気持ちがありました。
「ミス・サイゴン」のストーリーには興味があるけれど、キャスティングに不満がないとはいえませんでした。

でも、そんな気持ちもすぐに吹っ飛びます。
なぜなら、「ミス・サイゴン」での彼女の歌も演技も本当にすばらしく感動しました。
「ミス・サイゴン」は本田さんの演技だけではなく演出も本当にすばらしい作品でした。
情けない話ですが、あの作品をみてからベトナム戦争というものを深く考えるようになりました。

「ミス・サイゴン」以来、本田さんの出演する舞台を見たことはありません。
CDも聞いたことがありません。
でも、亡くなったニュースを聞いたときとてもショックでした。

私の中では「さい帯血移植に成功したということは完治に近づいた」という認識があったので、再発していたなんて想像もしませんでした。

あの華奢な身体から出る力強い歌声を、もう聞けないのかと思うと残念です。
闘病生活は10ヶ月だったと聞きます。
きっと壮絶な闘病生活だったのだと思います。
まだ、38歳。
やり残したことも多々あるだろうとうは思いますが、ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2005.11.06

『AKI CHALLENGE』

知的障害者福祉作業所ライフステージ主催のAKIくんのアートと多くのミュージシャンのコラボレーションライブ、『AKI CHALLENGE』へ行ってきました。
場所は下北沢。
久々に行った下北は相変わらず、賑わっていました(^^)

今回のイベントはとってもステキなイラストを書くAKIくんと、AKIくんを支援するミュージシャンのコラボレーション。
ライブは3部に分かれていて、演奏中も舞台上でAKIくんが作品を書いていて、1部に1作書き上げて行きました。
音楽に合せて描くものも色彩も変わっていて、本当にステキな作品ができましたよ。

個人的には2部の鳥の絵が好きです(^^)
今日の出演者は以下の通りです。
会場で配布されたプログラムの転載です。
敬称略です

1部
1、Go-Aloud! (Vo・G・B・Dr)
2、コヤマタケシ(Vo・G・B・Dr・Key ゲスト大谷レイブンG)
3、BONZ (山本圭右G・山本耕右B・向山テツDr)
休憩・セッティング15分間

2部
4、カジウラチエ(カジウラチエVo・山本圭右G・湯川トーベンB・向山テツDr)
5、パンチの効いたブルース (長見順G・かわいしのぶB・グレースDr)
6、五島良子 (五島良子Vo・中野督夫G・湯川トーベンB)
休憩・セッティング15分間

3部
7、フォークロックス
(中野督夫G・湯川トーベンB・永井ルイG、Key・向山テツDr・ゲスト村田和人G)
8、村田和人
(村田和人Vo,G・山本圭右G・湯川トーベンB・向山テツDr・小板橋博司Per)

午後3時半から8時くらいまでの長丁場でしたが、あきさせない演出で本当に楽しかったです。
3部の村田さんはさすがの貫禄。
ピュアミュージック祭りのときとは一味も二味も違いました。
やっぱりギターの弦は切っていましたが^^;;

でもって、我らがゴシちゃん。
久々に「RONIE」が聴けて感動しました。
あと、ケミストリーに提供した「ココロノドア」も聴けてとっても嬉しかったです☆

このイベント実現の為ご尽力されたライフステージのみなさんやボランティアのみなさんお疲れ様でした!
おかげでとってもHappyなライブを楽しめました。
また、こんなステキな企画があるといいなと思います。

ロビーには石井竜也さんからの大きなお花もAKIくんに届いていましたね。
そういえば、AKIくんは石井さんの番組に出演していたなぁと思いながらお花を眺めました。
TV局のクルーも入っていたようですがどこで放送されるのかな・・・ぜひ見たいです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.05

耳鼻科に指文字ポスター!?

先日「Deaf Journal」を読んで、目からうろこだったこと。
「Deaf Journal」をご存知ない方にわかるように書くと、「手話でいこう」の著者の1人「ねこ」こと、秋山なみさんが発行しているものです。
この「Deaf Journal」の内容をまとめたものが「手話でいこう」になります。
「Deaf Journal」は今も続いているので、今後「手話で行こう」の続編を期待したりして・・・*^^*

それで、Vol.207にはねこさんが健康診断へ行った時の話題が掲載されていました。
健康診断のとき、耳鼻科の医師がイチバン聴覚障害に対して理解がない・・という話題^^;;
他の診療科の医師は筆談に快く対応してくれるのに、耳鼻科の医師の多くは口話の読み取りを期待するらしいです。
「書いてくれないと理解できない」うったえて、やっと紙と鉛筆を持ってくるくらい、「聴こえない」ということに理解がないみたい。
まぁ、いい先生もいらっしゃるんでしょうけどね。

で、そんなねこさんが次に眼科に行ったら眼科には「盲導犬」のポスターや弱視を支援するツールの展示会のポスターがが貼られていたそうです。
なので、耳鼻科に指文字ポスターがあったっていいのにねっていうお話でした。
〆の言葉は『耳鼻科外来に指文字表を貼るキャンペーンをしませんか。』でした。

ああ・・。なるほど。
私は耳鼻科には縁がないのですが(花粉症でもないし、めったに行きません^^;)、耳鼻科外来に指文字表とか、「聴こえないってどんなこと?」みたいなパンフレット、聴導犬ポスターやパンフがあったらいいなぁって思いました。

私の知人で、某TV局の技術の仕事をしている男の子が数年前突発性難聴になりました。
耳鼻科に行ったらストレスのせいだろうって言われたそうです。
今はもう聴力も回復していますが、当時は音声技術の仕事だったので音が聞こえないなんて職場では言えなくて、自分は指示する方に回って機械操作は後輩にやらせて難をしのいだそうです。
彼にとって「聴こえない」ことは仕事をするうえで致命的でした。

そんな時、耳鼻科に手話のこと指文字のことなんかがあれば、少しは不安の解消になるかなって思いました。
まぁ、個人差はあるとは思いますが・・・。
なので、耳鼻科外来に指文字ポスターを貼るキャンペーンいいじゃないですか*^^*
・・・理解のある耳鼻科のドクターいるといいなぁ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

祐天寺とカラオケと...。

友人が、祐天寺で個展を開いているので行ってきました。
前に行った時は、散々道に迷ったけど、今回は大丈夫☆
バッチリたどり着くことができました。

作品は抽象画なんですが、カラフルでかわいい作品が多いです。
絵心のない私には、羨ましい限り(>_<)
自由に絵で表現できたら、もっと楽しいだろうなぁ。

そうそう(笑)
昨日、超久しぶりに夫とカラオケに行きました。

THE BEATLESやビリー・ジョエル、大滝詠一さん作品や杉真理さん、五島良子さん、柴田淳ちゃん、谷村有美さん、飯島真理さん等歌い散らしてきました。
でも、松尾清憲さんの歌が入っていませんでした(>_<)
残念!松尾さんを歌うにはどこに行けばいのかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.03

ほぼ日手帳2006が届きました。

VFSH0050

文化の日、みなさまいかがお過ごしですか?
文化の秋・・・とはいうものの、文化とは縁遠くばたばたした週の真ん中の祝日を過ごしている私です^^;;
本当は某S工業大学の文化祭へ足を運んだり、友人の個展へ行く予定でしたが^^;;;

ところで、9/7に「ほぼ日手帳」というタイトルで、手帳の注文をしたことを書きましたが、本日ついに(?)「ほぼ日手帳2006」が届きました*^^*
写真、見にくいと思いますが^^;;
今年はサーモンピンクのナイロンカバーにしました。
思った以上にオレンジに近い発色でした。
12月までは、今年の「ほぼ日手帳2005」を使って新年から替えようと思っています。

来年はどんな使い方にしようかな・・・。
ちなみに今年は、日々のスケジュールを記入する欄の横のフリースペースに毎日の食事メニューと簡単家計簿を記入して1年間使ってきました。

意外とおととい食べたものが思い出せなくなりつつある昨今(老化現象!?)、栄養バランスを考える上でも自分の体調を客観視する意味でも(体調が悪いと、夕飯のおかずを手抜きするので^^;;)いい感じでした。
今年も同じように使おうか、もっと違った活用をしようか検討中です☆

そういえば、『ほぼ日手帳の秘密』という本が発売になっていますね~。
いろんなヒトの活用方法を見るのも参考になるかもしれませんね。

ちなみに私は、3色ボールペンで黒は仕事のこと、青はプライベート(ライブや友人の待ち合わせ手話や建物関係の予定などなど)赤は締め切り至急の案件などと使い分けて記入しています。
ここをご覧の方でほぼ日手帳ユーザーのみなさま、もし活用方法でいいアイディアがあったら伝授してくださいませ*^^*

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2005.11.02

大丸心斎橋店

昭和8年にW.M.ヴォーリズの設計で建てられたアールデコ様式の可憐な百貨店。
大丸心斎橋店が建て替えを検討しているというニュースが少し前の日経新聞に掲載されました。

外壁は残すらしいですけれど・・・。
売り場面積を増やすらしいですが、せっかくの古くて味わいのあるアールデコの内装を増床部分にも取り入れるのかしら・・・?
着工は2011年らしいので、まだまだ色々もめそうです。

大阪の人たちに「大丸さん」の愛称で親しまれている大丸心斎橋店。
その雰囲気が変わってしまうのは寂しい気がします。
まぁ・・・私はヴォーリズファンだということもありますが^^;;

でも、やっぱり関東でいうと日本橋三越、横浜松坂屋などが増改築でもとの歴史ある建物が失われてしまったら魅力は半減してしまうかなぁ・・と思います。
歴史的建物の魅力を生かして、ただ新しくてピカピカしている建物とは一線を画して上品なイメージを販売戦略に取り入れていって欲しいなぁと、思います。

札幌の大丸百貨店はピカピカだし広いし品揃えも良くて、札幌へ行くとよく立ち寄りますが建物が醸し出す空間の魅力は、心斎橋店の方が何倍もステキです(^^)

daimaru01

写真は、大丸心斎橋店内の階段です。
昭和8年の設計だけど、おしゃれでセンスがいいです~。
私はヴォーリズ建築の中でも特に階段が好きです。
エレベーターもステキですけどね*^^*
ぜひぜひ、この魅力は残して欲しいです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.11.01

筑波技術大学開校のコト。

昨日付けの朝日新聞に『耳や目が不自由な学生に 4年制の「筑波技術大学」誕生』という記事が掲載されました。

「技短」の略称で親しまれ、多くの卒業生を輩出してきた筑波技術短期大学が来春から4年制大学になります。
大学名は「筑技術大学」です。
来春から授業を行うべく、10/1から開校し準備が進められているようです。
在校生は「短期大学部」の学生となります。

学部は産業技術学部と保健科学部の2学部でそれぞれ学科が2学科ずつあります。
秋葉原からつくばエキスプレスが開通したこともあり、都心からの通学も比較的楽になりましたね~。

こういう大学も必要だとは思うけど、本当は自分が学びたい大学の学部・学科で自由に学べる、大学選択の自由があり、どんな大学のどんな学部・学科でも聴覚障害者、視覚障害者の学生へ支援が当たり前になるほうがいいのになって思います。

いろんなことが、欧米化してきた日本だけれど情報保障が当たり前という考え方が浸透することがあるのかしら?

私はアメリカという国が好きなわけではありません。
銃社会も嫌だし、食文化も好みに合わない・・・。
だけど、「権利」を主張するエネルギーはスゴイなって思います。
ADA(American with Disabilities Act)なんかもあるし・・・。

アメリカでは耳が聞こえなくても電話できるんですよ。
PCなどとモデムが一体になっているTDD(Telecommunication Device for the Deaf)が広く利用されているので、聴こえないヒトは文字を用いてリアルタイムで電話ができるみたい。
FAXやメールと違って、一方通行ではなくリアルタイムでの双方向コミュニケーション。

あとはリレーサービスっていうのかな。
聴こえないヒトは文字打って、その内容を間に入っている交換手さんみたいなヒトが音声で、聴こえるヒトに伝える・・その相手が話した内容を交換手さんが文字にして聴こえないヒトに伝える・・・。
そんなサービスも当たり前にあるみたいです。

その辺りのことは、私は経験したことがないので姫ちゃんに詳細を教えてもらいたいなぁとか思うけど(笑)

いいところはどんどん取り入れて、日本でも普及して欲しいなぁ。
手話通訳者養成の大学や社会的な保障も含めてね^^;;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »