« BankART1929のコト。 | トップページ | 構造計算書の偽造 »

2005.11.21

一緒に暮らそう

私がHN「ドシル」と名乗るようになって8年目。
その由来のひとつに谷村有美さんの7枚目のアルバム『Docile』があります。
その次にリリースされた『愛する人へ』というアルバムのなかに「一緒に暮らそう」という曲があります。

この曲は、一見ラブソング風・・・。
でも、実際は鹿児島で暮らすお母さんを東京へ呼んで一緒に暮らそうという内容を歌っているんだそうです。

そういうことを考える年齢になってきましたね・・・。
私の母も昨年の春、父が他界したあと北海道で一人でくらしています。
「横浜にきたら?」と声をかけても「北海道が好き」の一点張りでした。

でも、最近ちょっとだけ軟化。
とりあえず、冬の間だけでもこっちへ来て春になったらまた北海道へ行ってもいいんじゃないのかなぁと思っています。
もちろん、ずっとこっちにいたっていいし・・・。

どうなるかわからないけど^^;
北海道はもう雪が降っています、かろうじて根雪にはなっていないようですが・・・。
住めば都。
雪深い、北海道だって長く住んでいれば愛着もあるし離れたくない気持ちもわかるけど、両方を知っている私としては雪がない冬の方が楽に暮らせるよ、って思います。

この冬、母は横浜に来る予定です。
いつになるかわからないけど^^;;;

|

« BankART1929のコト。 | トップページ | 構造計算書の偽造 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

お母様のこと、ご心配ですよね。
私も兄貴たちと絶縁してまでの母との二人暮らし。
今でこそ兄とも仲直りをしましたが、
母も私をようやく頼ってくれるようになって、
とても嬉しく思います。
一緒に住んでみると、こんな風に母は老いていたんだなぁと、
思うところも十分あってね。時々、無性に泣きたくなったりします。
離れている分、大変かも知れませんが、
横浜にいらっしゃるの。きっと楽しみだと思いますよ!
存分におもてなししてさしあげてくださいね。

投稿: きりこ | 2005.11.21 19:45

そうだね〜 こっちに暮らすと北海道の冬の厳しさ、大変さ不便さが余計分かるから心配だよね。何かあってすぐ行けないのももどかしい。

うちは、ドシルさんと逆の状況で父が北海道で一人暮らし。
雪がちらつく地元を思い、ちょっとしんみり。

投稿: ゆき丸 | 2005.11.21 19:55

★ きりこさん
どうもありがとう♪
母は不安と楽しみ、どっちが多いのかな・・・。
子供の近くにいるのは安心かもしれないけど、私は日中いないしね^^;;
地元のお友達と離れるのは寂しいだろうなと思います。
でも、やっぱりそろそろ近くにいたほうがいいと思う今日この頃です^^;;

★ ゆき丸さん
ゆき丸さんちはお父さんが北海道在住でしたかぁ・・・。
うちの父はクモ膜下で倒れて10日くらいで、意識戻ることなくそのまま逝ってしまったので、本当に突然の出来事でした。

なので、母は看病で疲れたりはなかったけど突然の喪失感はかなりあったみたい。
1周忌が終って、ちょっと落ち着いたけど、冬に1人で置いておくのはやっぱり心配・・・。

投稿: ドシル | 2005.11.21 21:03

うちも昨年、父が長い介護の末他界しました。
母と暮らすために今の住まいにうちらが横浜に転居したのです。ハズが発案して。
でも、横須賀とここと、いくらでも行き来ができる距離ででも、母は一人で暮らしてる。幸い兄夫婦が5分とかからない距離に住んでるので、行き来するのもまたよし、
と思ってもいるようです。
口で言うほど簡単じゃないのが、同居なんだなぁって。
思うけど、私はいつでも来て、なんだけどね。

投稿: りこさん | 2005.11.21 21:29

★ りこさん
みんな意外と色々抱えてるねぇ^^;
そうなんですよねぇ。
うちの母も、近くにいたい気持ちはあるけど
一緒にはあまり暮らしたくないみたい(笑)
1人でのほほんと勝手気ままに暮らしたいらしー(笑)

投稿: ドシル | 2005.11.21 21:50

昨年、父方のおじさんが亡くなった後、おばさんはずっと一人暮らしをしていて、その理由を聞いたときはやはり「住み慣れたところが一番いい」と言ってました。
でも、子供達は心配してまめに実家に通っているからこそ安泰できるのだろうと思いましたよ。
ウチは実家と隣同士(しかも住所は同じ)なのでいざ両親のどちらかが亡くなったとしてもスープの冷めない距離なのでちょっと安心してます。
つーか、実家で生活してるし…(^^;。
しばらく我が家は安泰ですわ。

投稿: うみっち | 2005.11.22 12:33

★ うみっち
私なんかは18歳で故郷を離れて、その後は学生時代、就職してから、
更には結婚して・・・などなどふわふわ引越ししているので、
「どこに住んでも適応できる」という妙な自信があるけど・・・。
そうじゃないと、なかなか地元を離れることってできないよね~。
親とスープの冷めない距離って、いいね(^^)

投稿: ドシル | 2005.11.22 12:43

さてさて、結構レスが多くてずっと読んでいたのですが、
母親というのは娘といるのをやはりわりに好みますよね。
私の母も一時期、一人暮らしだったわけですが、
本当に心細かった様子ですよ。
親だけに、母だけにみせないものはたくさんあるけれど、
今、一緒に暮らすようになって、太ってきて、ぐっすり眠ってくれて、
母なりの幸せを感じてくれていればと思います。
ぜひドシルさんも悔いのない決断をなさってくださいね。

私も父が19歳の時に亡くなりましたが、
喪失感を乗り越えて母は頑張った訳で、
そこをドシルさんのお母さんも経験なさっている訳だから、
やはり特別な思いがあると思います。
若造の私が言うことでもありませんが…。

ぜひ、素敵な思いをさせてあげてください。
まず、横浜と猫ちゃんを気に入ってもらえるといいですね☆

投稿: きりこ | 2005.11.24 00:40

★ きりこさん
温かいコメント感謝です(^^)
ありがとうございます。
母も横浜を気に入ってくれるといいなぁって思います。

投稿: ドシル | 2005.11.24 13:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/7247250

この記事へのトラックバック一覧です: 一緒に暮らそう:

« BankART1929のコト。 | トップページ | 構造計算書の偽造 »