« チョコレートコロッケの作り方。 | トップページ | 「マジカルアイ」にはまっています・・・。 »

2005.11.11

『春の雪』

行定勲監督の『春の雪』を見てきました。
原作は三島由紀夫の「春の雪」。

大正時代の貴族社会の物語なので、旧前田侯爵邸が松枝侯爵邸として使われていました。
ちなみに、帝国劇場の階段として登場したのは「東京国立博物館」でした^^;
時代が時代だけに、洋館が好きなヒトも楽しめます(^^)
他にも「どこかで見覚えがあるステンドグラス・・・」とかあったけど、イマイチ建物は判りませんでした。

主演の竹内結子さん、美しかったです~。
伯爵令嬢なので、着物やドレスもステキでした。

肝心のストーリーはというと・・・。
テーマの根底に「輪廻転生」がある三島作品なのですが、基本的にはこの時代の男性は身勝手だなぁ・・・というのが第一印象^^;;
だって妻夫木聡さんが演じる松枝侯爵子息の「清様」が、もっと素直でもっと大人だったら悲恋になんてならず、2人の恋は成就して、周囲にも祝福されて幸せだったでしょうに・・・と、思ってしまうのです。

映画としては、映像がとっても美しく難しい三島作品をよくもこんなに判りやすくイメージも壊さずに映像化してくれました!・・といった感じです。
「チャーリーとチョコレート工場」ももちろん楽しくいい作品ですが、日本の四季の美しさも楽しめる「春の雪」もなかなかいいですよ。
「清様」に少々腹が立ちますけど^^;;;;

|

« チョコレートコロッケの作り方。 | トップページ | 「マジカルアイ」にはまっています・・・。 »

音楽・観劇・映画・読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/7040683

この記事へのトラックバック一覧です: 『春の雪』:

» 邦画「春の雪」にタイの若手俳優が出演 [白田麻子のアジアな毎日  Asia Entertainment Diary]
以前からこのブログに書いてきましたが、今週土曜日公開のこの映画に、タイの若手人気俳優が二人出演しています。ひと足お先に試写を見てきました。付き合いもあって、2回も。 春の雪公式サイト (ブログの制作日誌には2人の話も、ちょっと書いてあります。)  ひとりは、アヌチット・サパンポン(「風の前奏曲」・「メコンフルムーンパーティー」  もうひとりは、スイニット・パンジャマワット(「快盗ブラックタイガ�... [続きを読む]

受信: 2005.11.11 22:15

« チョコレートコロッケの作り方。 | トップページ | 「マジカルアイ」にはまっています・・・。 »