« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月の投稿

2006.04.30

今年度初!研究班定例会☆

4月最終日の今日。
通研研究班の今年度1回目の定例会を開催しました。
新規入会者1名&見学者もいて、今度の神通研集会の打合せや地域の情報交換などなどワイワイがやがや行いました。

横浜からの参加は私ひとり。
他は川崎や県域のみなさま。
だからこそ、地域情報から得られるエネルギーはスゴイなぁと思うのです。

色んな話が出たけれど、
「手話の習得は、それ自体が目的ではなく手話を使って、手話を母語とするろう者の文化やそれを取り巻く背景。更には、遠い昔行われた手話やろう者への差別や今でも残る誤解をも知っていくことが大切だよね」
という話になりました。

手話ができるようになることは、ほんの入り口。
そうだよなぁ・・と改めて思いました。
だから、サークルの役割も手話の学習ではなく、交流を通してろう者の生活や歴史・文化を知ることなんですよね(^^)

本当は、聾学校でもろう者の歴史を学んで欲しいのだけれど・・・と、最近思ってしまいます。
運転免許の取得が認められたのも、欠格条項が廃止されたのも、正当に財産分与されるようになったのも、ろう学校で手話が使えるようになったのも、苦労して戦ってきた、先人ろう者がいたことを、忘れないで欲しいと思います。
今、「あたりまえなこと」が「あたりまえじゃなかった」時代があったことを・・・。
劇団あしたの会の「あしたを拓く」、また横浜で講演してくれないかなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.29

手話学習のアイディア☆

今週も無事終了。
サークルでは今年度2度目の学習会でした。
昨年まで30数年使ってきたサークル独自のテキストから新しい本に替えて、今年度はスタートしました。
テキストを使う学習は月2回。
で、今週ははじめてテキストを使っての学習。

テキストの内容をどう肉付けしていくか、レベルがまちまちな会員がみんなで楽しめるロープレなどあれこれ打ち合わせして進めました。
新しい会員から積極的に質問がでたり、ろう者からも自然と色々な手話表現が出てきていい感じになりました。
(・・・と、私は思った^^;;;)

今週は自分のサークル以外にふたつのサークルへ顔を出してきました。
・・・よく考えると、去年も同じ頃他のサークルへ行っていたような(汗)。
この時期になると、煮詰まるみたいです(苦笑)

横浜市は全部で18区に分かれています。
私の住んでいる区にも他にサークルはありますが、他の区へ行くと参加しているろう者の顔ぶれも違うので、隣接するお隣のふたつの区へそれぞれ顔をだしてきました。
いつも、お世話になり感謝です☆

ふたつとも私が参加しているサークルとは、雰囲気が違います。
ひとつは、中途失聴者が多い為、サークルで学習している内容も日本語対応手話が中心。
お茶を飲みながら、楽しくお勉強している風景は手話サロン!
なんともほのぼのしています。
毎回、学習会というより交流会ですね。
ほとんど初心者がいないので、毎回交流会でみんなが楽しめるみたいです。

もうひとつはサークルというより、手話学習教室。
おもしろいのは、ろうの年配の女性の参加者が多いこと。
参加者の半分くらいはろう者でした。

「手話教室」なのに!?って驚くでしょう?
それがね、面白いの~。
ろう者は日本語の勉強ができちゃうのです。
今度、うちのサークルに持ち帰ってやってみたいなぁって思いました。

どんな方法かというと、ちょっと難しい(?)日本語の単語について一人ずつその意味や使い方を手話で説明するのです☆
たとえば、「猫舌」っていう単語があったら「熱い食べ物苦手なことを、『猫舌』といいます」みたいな感じです。
で、手話表現するヒトが『猫舌』の手話が判らなかったら、ろう者が教えてくれるの。
あと、食べ物の名前なんかもありました。
野菜など、調理方法を手話で説明したり・・・。
印象的なのは、ろう者がものすごく楽しそうだったり、知らない日本語を見てその意味や使い方を聞いて「へぇ~」と感心していたりするのです。
そんな訳で、年配の女性ろう者の参加率が非常に高いみたい。
なんか、目からウロコでした。

日本語の意味の説明って聴こえる私たちにとってもとっても大切で、日ごろよく使うけどきちんと意味が説明できないものなんかもあったりして・・・^^;;;
私もとても勉強になりました。
毎週通いたいくらい!
機会があったらまた参加させていただきたいなぁと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧モーガン邸の公開情報

みなさま、G.Wの予定は立ちましたか~?
このG.W期間中に、藤沢市にあるJ.H.モーガンの旧自邸が公開されます(^^)
まだ、御覧になったことがない方はぜひどうぞ~。
ついでに、足を伸ばしてA.レーモンド設計のグリーンハウスや遠藤新設計の旧近藤邸行くといいですよ~。

今回の旧モーガン邸の公開は藤沢市の主催だそうです☆
以下、「ようこそ!旧モーガン邸へ」からの転載です。

***************************

日程 5月5日、6日、7日
時間 午前10時から午後3時半

庭園と建物を公開します。建物は10~15人ずつ15分程度でご案内します。
建物が傷んでいますので、壁や家具にさわらないようお願いします。
モーガン邸の現状をご覧いただいて、是非とも修復募金にご協力ください。

駐車場はありませんが、自転車・バイクはとめられます。

***************************

旧モーガン邸の詳細及び、場所については「、「ようこそ!旧モーガン邸へ」内コンテンツのこちらを御覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.28

NASA-アメリカ航空宇宙局-

先日、仕事でNASAへ行っていた知り合い(殆ど話したことがない^^;)が帰ってきました。

みなさんにとってNASAはどんなイメージですか?
私にとっては、まったく縁がない大きな大きな組織で現実離れしていてどちらかと言うとSFの世界に近い感じの、未知の場所・・・です。

そんな場所に、仕事で知っているヒトが行ったというのがまたなんとも不思議。
そのヒトがNASAにいたのは多分、2ヶ月くらいです。
そういえば行くって行ってたけど、帰ってきたんだね~・・って感じでした。
目の前のヒトがNASAへ行ってきた・・それだけでなんだか宇宙へ行ってきたかのような錯覚に陥る、おばかな私^^;

NASA帰りくんがおみやげに買って来てくれたのが、NASAのロゴ(NASAのHPにある紺の丸いヤツ)のステッカー同じくNASAのロゴのピンバッヂ、更に同じマーク入りの鉛筆です。

・・・。
これは本当に、NASAで売っているのかしら???・・・と、思ってしまった私^^;;
なんだか、今のご時世どこかのネットショップで売っていそうなグッズです(笑)
アメリカでは一般のヒトに身近な施設で、一部見学なんかもできて、売店でこんな感じのグッズが売っているのかな?なんて思いました。

よくわからないけど、ちょっとだけ身近になったNASA。
そういえば私、NASAの日本語名称を正しく言えないかも・・と、考えました。
考えたところ、PICESとごちゃごちゃになっていることに気がつきました。
NASAは「アメリカ航空宇宙局」ですね^^;;
しっかり、覚えておこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.26

朝から「ぎゃ~っ!!」なコト。

今朝、私はいつもより家を出るのが遅くなり焦っていました。
焦って準備をし、戸締りをしていざ出勤!!
・・・と、玄関でパンプスを履いたら「ぎゃ~っ!!」。
本気で叫びました(汗)

何があったかというと、私のパンプスの右側に足を入れたら濡れていたのです(>_<)
しかも、踵が少々高くなっている分液体がつま先の方にたまっています。
その液体が、黄色いのです。

ああ・・・。
そういえば、玄関あたりにあらたが閉じ込められていたのです。
猫用トイレがあるのは別の部屋。
ううう・・・っ。あらたぁ~~~~~。
トイレに行けないからって、私のパンプスにおしっこしたなぁーーーー。
しかも、いつもより遅くなって急いでいるっていうのにぃいいい。

仕方がないので、急いでストッキングを脱いで足を洗って(笑)新しいストッキングに履き替えて、違う靴を履いて出勤しました^^;;
あのパンプス、もう履けない(泣)

今度から玄関近くにも猫トイレを用意しようかしら・・・と思いました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.04.24

言葉にこだわる。

今日は職場内でとある通訳さんによる講演がありました。
今日は午後3時から会議があったので、楽しみにしていた講演は半分くらいしか聴けなかったのですが、少しでもお話を伺えて良かったと思います。
講演者は、ある外国語(英語外)の通訳として活躍している日本人女性です。

「通訳」はふたつの異なる言語を翻訳してコミュニケーションの橋渡しをするわけですから、それぞれの言語の背景となる文化も知る必要があります。
そんなことは判っているのですが、通訳者ってやっぱりスゴイ。

私は英語が苦手だけれど、状況に応じて通訳まがいのことをしなくては行けないシチュエーションになることがあります。
だけど、やっぱりあれは「通訳」ではないなぁとしみじみ思いました。

では手話での通訳はどうでしょう?
手話どころか正しい日本語が使えているのかさえアヤシイ・・・。
もっともっと「言葉」に敏感にならないといけないなぁって思いました。

先日、TVを見ていたらある女優さんが脚本に書いてあるト書を見て演じ分けることができるかどうか・・というのをやっていました。
ト書には「高笑い」「馬鹿笑い」「大笑い」とあり、それを演じ分けるというもの。
その女優さんはちゃんと演じ分けて、日本語の微妙なニュアンスの違いを理解していると、金田一教授からお褒めの言葉をいただいていました。

私は女優ではないので演じ分けることはできないけれど、この3つを手話で表したら???(謎)
広辞苑を引くと、

「高笑い」・・・あたりかまわず大きな声で笑うこと。
「馬鹿笑い」・・・みだりに大声で笑うこと。
「大笑い」・・・大声で笑うこと。ひどい物笑いの種。

と、なっています。
「みだりに大声で~」の「みだり」って???・・・と考え出すと、本当に悩んでしまいます^^;;
過敏になりすぎる必要はないのかもしれませんが、もうちょっと日本語にこだわってみようかなと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.23

1日1手話単語?

この週末は地元ろう協の定期総会がありました。
私はどうにも都合がつかず出席できませんでしたが、今までろう協の総会に呼ばれたことがなかったのでちょっとびっくり。
それでも、サークルから思ったよりも参加者がいたようです。
ろう協の総会はどんなことやるのかしら・・・来年は出席できるといいなぁ。

さてさて・・・。
最近私の職場では密かな(?)手話ブームが起こっています。
きっかけは、たまたま女性二人が話していたところへ私が行ったときに「そうだよね?」みたいな感じで同意を求められた私が「なに?」という声と一緒に人差し指だけを立てて左右に振る「なに?」という手話をつけてしまったこと^^;;

それを見たひとりが「80年代アイドルの振り付けみたいだけど、なぁに?」と言ったので、手話の説明をすることになり、その日以来、1日1単語何がしかの手話単語を説明しています。
単語を覚えただけでは手話をやっていることにはならないのは、100も承知。
毎日1語覚えているヒトも、本気で手話を身につけようと思っているわけではないと思うのですが、どんなきっかけでもいいので手話に興味を持ってくれるのはうれしいなぁと思っています。

そんな些細なことから始まった輪ですが、最近は興味を持つヒトが増えて「今日はどんな単語をやったの?」なんて仕事の合間に聞きに来る人もいます^^;;

学生時代手話をやっていた・・なんて人もいて「またやりたいなぁ」と言い出すヒトも。
サークルを紹介するのでぜひぜひ!・・という感じです*^^*

私が手話に関わっていることは、みんな知っているはずだけど今まで積極的に手話のことを聞かれたことがないので、ちょっとびっくりしました。
いつまで続くかわかりませんが、少しでも多くの人が興味をもってくれたらいいなと思いますし、単なる興味本位の「手話単語」だけではなく、言語としての手話の魅力や手話を母語とするろう者の環境や文化にも目を向けてくれると嬉しいです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006.04.21

今年度初の学習会

私の所属する手話サークルでは先週は総会だったので、今週は今年度初の学習会でした。

年度初めだし、サークル見学に来た方もいたので仕切りなおしということで自己紹介からスタートしました。
でも!ただの自己紹介ではつまらなーい。
・・・と、いうことで「サイコロトーク」ならぬ「くじ引きトーク」会を行いました。

くじに「家族のこと」「好きな動物」「学校の思い出」「自分の長所」「手話をはじめたきっかけ」などなど多種多様なお題があって、それについて個々に手話で説明するという形です。

普段の学習ではわからなかった色々なことがでてきましたよ~。
「へ~~~、そんな部活があるの!」とか「へ~!そんな動物飼っているの!」などなど(笑)
なかなか盛り上がりました。

見学者も楽しんでくれたようで、一安心です。
あと、今までの学習方法だとあまり話さなかったヒトが積極的に自分のお話をしてくれたりもしたので、時々この「くじ引きトーク」をやってもいいかも・・と、思いました。
たぁ~くさんお題を作ったので、まだまだ余っています(笑)
もっと新しいことができたらいいな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.04.20

人生の砂時計

Jibun

『自分を磨く方法』【アレクサンダー・ロックハート (著)/弓場 隆 (翻訳)】という本を読みました。
有隣堂で大量に平積みされていた本です。
POPカードには「ヤンキースの松井選手が、恩師に贈られて大切にしている本」と書いてありました。

自己啓発本は数多く出回っていて、私はあまりそういった類の本は読みません。
人生ずーっと勉強だと思うし生涯学習は大切だと思うけれど、自己啓発のマニュアル本のようなものには興味がありませんでした。

でも、『自分を磨く方法』という本はかなりオススメです。
読みやすいし、難しいこと書いていなくてポジティブな考え方、あきらめないことの大切さ、目標設定は具体的に・・・といった、わかりやすいことをわかりやすい例えで書いています。

特に、今の季節新入社員や新入生などなど何かを新しくスタートさせるヒトに読んで欲しいなぁと思いました。

ほんの少しの努力で成し遂げられることばかりしてきたなら、
        あなたは今以上に成長することはないだろう」


「勇気とは、恐怖心を抱いていないことではなく、
    恐怖心を抱いていても行動する度胸があることだ」

この本を読み終える頃には、がんばろう!って気持ちが沸いて来ます。
難しいことをやろうとしないで、ただ毎日前向きに、正直に生きることの大切さが凝縮されています。

今はまだまだ、できないことがいっぱいだけど、できるようになるために努力すること、あきらめないこと。
いつか必ずできるようになると、自分を信じることを忘れないでいよう・・・そう思いました。

ヒトはみんな生まれたトキから人生の砂時計がスタートします。
砂が落ち続けている間は、いくつになっても新しいことを学び成長したいと思います。
そうしたらきっと、砂が落ちてなくなるときには自分の人生に誇りが持てるような気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.19

『コミュニケーション技法』のコト。

20代半ば過ぎ。
私はある学校で『コミュニケーション技法』という科目を受け持っていたことがあります。
集中講座でやった年と週1回半期でやった年があったと記憶しています。
授業というよりは、みんなで体を動かすことが多い内容でした。

今思えば画期的な内容だったのかもしれません。
学校がオリジナルに用意したテキストを元に、何人かのインストラクターが学生達に「気づき」を学ばせる科目でした。

「教える」のではなく、「気づかせる」ことがテーマでした。
その学校の学生は「対人援助職」をめざしています。
介護福祉士やMSW(医療ソーシャルワーカー)、ST(スピーチセラピスト)、医療秘書、児童福祉施設職員などなど・・・そんな職業をめざす学生達に、「コミュニケーション」について考えて気づいてもらう、そんな授業です。

たとえば「伝言ゲーム」。
今では時々、サークルなどで行われる「手話伝言ゲーム」の音声版。
だいたい、8名1チームくらいで文章を伝言をして最後のヒトが黒板にその内容を書くんだけど、1度目は聞いて伝えるだけで2度目は必要に応じてメモをとってOKというルールで行います。
どちらが正しく伝わるかは一目瞭然。

他には「ブレンストーミング」を体験してもらうこともやりました。
ブレンストーミングは別名「発想法」とも呼ばれていて、会議などでアイディアを出し合う時に、「誰かの発言を否定しない」のがルールです。
「そんなの無理だよ~」「現実的じゃないな・・・」など否定するヒトがいるといいアイディアは生まれないという考え方です。

1グループにあるテーマを与えて、みんなで解決方法を考えてもらって、出てきたアイディアの中でどれがいいかを相談する・・という作業を学生たちにしてもらいます。
そういう作業の過程が大切・・という授業です。

この『コミュニケーション技法』の中で「ブラインドウォーク」もやりました。
2人一組で、ひとりがアイマスクをしてもうひとりがガイドヘルプをしながら、最初は校内を歩き、次に屋外を散歩します。
アイマスクをしているヒトは、最初は恐怖感があるけれど、ガイドヘルプの声を信じ、自分がわかりやすいタイミングを言うなどして信頼感を育てます。
余裕が出てくると、小鳥のさえずりや木々のにおいなど目で見えない分、視角以外の感覚が研ぎ澄まされてくるのを感じることができます。

手話通訳はコミュニケーション保障に関わる業務ですよね。
私が『コミュニケーション技術』を受け持っていたころ、手話通訳をしようなんて夢にも思っていなかったのですが、このテキストに出てくる訓練内容や「気づき」って手話通訳者にものすごぉく大切なことだなぁと思い出して、当時のテキストを引っ張ってきました^^;;
ひとりではできないことなので、今度サークルでやろうかな・・・。

手話でブレンストーミングなんてどうかしら!?
ブラインドウォークの替わりに耳栓して街へ出るとか・・・。

こうして自分の関わってきたことを考えると、私はとても人間が好きなんだなぁと思います。
モノを作る達成感より、ヒトとかかわりコミュニケーションすることが好きなんだと思います。
コミュニケーションの方法はなんでもかまわないんだと思うんです。
通じる喜びと情報を共有できる喜びがあれば私は社会的に幸せを感じることができるような気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.18

ゲルマニウム温浴

先週末はなんだかとても疲れました。
土曜はラポール、日曜は通研学習会と手話三昧。
楽しかったけど、妙な疲労感^^;;
明日はろう協の会議に参加して明後日はサークルと、今週は忙しいので今週を乗り切る(?)ために、「ゲルマニウム温浴」へ行ってきましたぁ。
岩盤浴と迷ったんだけど、体内の毒素が出そうな(笑)ゲルマニウム温浴にしました。

私の場合、代謝が悪いらしく期待したほどの汗はでませんでしたがたった20分で体の芯まで温まり汗も出てくるのでいい感じです*^^*
ゲルマニウム温浴だけでもOKなんですが、ものすごぉく疲労感があったので、首・肩マッサージと足つぼまでやってしまいました^^;;;
すごぉく気持ちよかったです☆
しかも、帰りにサマンサタバサでカバン買ってしまいました^^;;;

代謝を良くするため、すこし通おうかなぁ・・でも、そんな時間ないよぉーー。
岩盤浴にも興味があるのですが、横浜や都内でオススメの場所があったらどなたか情報ください*^^*

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.16

ふぐちり♪

今日は神通研の「茶話会」がありました。
全部で何名くらい参加者がいたかな・・・?
25名くらい???30名くらい???
主に神通研初心者や非会員を対象にしていて、お茶を飲みながら地域の情報交換をする感じです。
初めて神通研の学習会に参加するヒトも多かったみたいです。
初めて参加するときは、ドキドキしますよねぇ。
敷居が高く感じるというか・・^^;;
でも、まぁ私みたいなのでも気楽にやっていますので興味のある方はぜひ一度、学習会へお越しください*^^*

茶話会の後、同じく茶話会に参加していた友人とちょっとお茶をして近況報告(笑)
すごぉく久々に会ったという訳ではないのですが、ゆっくりお話できて嬉しかったぁ*^^*

今日の横浜はちょっと肌寒く、夜は夫と共にふぐちりを食べにいきました*^^*
わが家のお気に入りのふぐ料理屋さんがあって、すごーくリーズナブルにふぐ料理をいただけるんです。
寒い日はなべがいいよね~と、桜も終った4月半ば過ぎにふぐちりを堪能いたしまし♪
おいしかったぁ。
明日から1週間、またがんばりましょ~。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006.04.14

サークルの総会

4月前半2週に渡って2005年度の定期総会を開催しました。
普通は1回で終わる・・・よね?^^;
うちの場合、通常の定例会の時間帯に総会も行っているので(夜のサークルだし)なかなか結論がでなかったりして2週に渡ることが多いです。

2005年度の会計報告や活動報告をして、2006年度の役員決定を行いました。
他のサークルのことはわからないのですが、学習方針などは普通役員が決めるのかな?

うちのサークルでは会員数が比較的少ないこともあり、どういう風に学習やろう者との交流を進めるかや、役員の役割分担の詳細などについても会員のみなさんと話し合って進めています。
今年は若干、役割分担の内容を変更しました。
学習方法も会員の主体性を重視した方向でいこうと思っています。

どうなるかなぁ・・・。
楽しみ半分、不安半分です。

毎年総会の季節になると、誰が役員をやるとかサークル活動の時はかならず手話をつけて発言するとか、どこのサークルでもあるような問題が出てきます。
そして繰り返し毎年対策を考えます。
今年も耳栓を活用する方法を採用したいなぁと思う今日この頃。
あとは、ろう者が集いやすいサークルにするための方法を考えていきたいなと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.04.13

聴覚障害者の運転免許制限撤廃へ

今日、大きなニュースが飛び込んできました。
長い間、多くの聴覚障害者にとって普通に社会生活を送る中でぶち当たる大きな壁というか差別問題である、運転免許取得に際しての制限が2008年を目処に撤廃される方向であることが、各誌で報道されました。

昔は、残存聴力に関わらず免許の取得が認められませんでしたが、それがかわって10メートルの距離で乗用車のクラクション程度の音(90デシベル)が聴こえることが免許取得の条件となっています。
補聴器があれば聴こえるという人は、免許証に補聴器が必要なことを表記されます。

でも、日本以外の先進諸国ではそんな差別は殆どありません。
ミラーの数を増やすなど、視覚に対する安全策を講じることで聴力に関わりなく免許が取得できます。

今回、遅まきながら日本も聴力の制限がなく免許取得が可能になりそうです。
毎日新聞の記事によると、警視庁はクラクションやサイレンが聞こえない場合の車線変更など聴力がなくても安全が確保できるか実地検証や試運転を重ねて今回の結論に達したそうです。

聴力検査がなくなり、補聴器の着用義務がなくなります。
その代わり、諸外国同様に広角ミラーの設置や緊急車両(救急車やパトカーなど)の対策として(音が聞こえないから?)ステッカー表示の義務などを検討しているようです。
緊急車両対策だけではなく、一般ドライバーがむやみにクラクションを鳴らすことがないようトラブル防止も兼ねて、ステッカーを義務ずけるようですが・・・。
ステッカーは必要かしら?(謎)
初心者マークみたいな感じで決まったマークを作るのかな?

とにかく、早く制限が撤廃されるといいなと思います。

| | コメント (13) | トラックバック (1)

2006.04.12

春眠暁を覚えず・・・?

今週に入り、眠たい日々が続いています^^;
なんでだろー。
特別睡眠不足なわけではないと思うし、睡眠の質が悪いとも思えないのだけれど・・・。

私は一度熟睡するとなかなか起きられません(>_<)
目覚ましは朝6時10分にタイマーセットしてその後5分おきになるようにしていますが、だいたい2度目のアラームまでは気がつかないで寝ています^^;;;
寝ているときに大地震が来たら、知らずに寝ているタイプだと思われます。

実際、何年か前に寝ているときに地震がありました。
「地震だ」と目は覚めましたが、起き上がれない・・・(汗)
「まぁ、いいや寝ていよう」と思って再び寝込んでしまったのでしたぁ。
なんとなぁく、仕事もサークルも締め切りに追われる今日この頃。
1日の~んびり家で猫と遊んでいたいなぁと思います(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.09

『障害者の権利条約について』と鎌倉散策

今日は神通研の2005年度総会が鎌倉で行われました。
総会そのものは午後からでしたが、午前中に記念講演が行われました。
講師は、日本手話学会会長でアジア経済研究所新領域研究センターの森壮也さん。

テーマは『障害者の権利条約について』ということで、難しそうだなぁと思いつつ、現在国連で議論が進められているという障害者の権利条約について興味があったし、森さんの手話が直接見られるのがとっても楽しみでした。

鎌倉はちょうど今日から鎌倉祭り。
鎌倉駅を降りる人の数はものすごい人数でした^^;;
幸い、総会会場が若宮大路側ではなかったので人の波に飲まれることなくたどり着けました。

森さんのお話は、まったく予備知識がない私でも理解できるように噛み砕いて、わかりやすく権利条約について経過を説明してくださったのでとても勉強になりました。
サマランカ宣言のスタンダードルールなども、私の中ではいまいち整理しきれていなかったのですがスッキリしました。

私が小さなことでくよくよしている間に、世界は大きく動いているし沢山のヒトのためになることをしようと尽力しているヒトがたくさんいるんだなぁと、改めて国連の動きや条約、規約などができる経過などを知って感動しました。

障害者の権利条約の中には、「手話は言語である」と表記されているそうです。
また先日、デフニュースで流れましたがニュージーランドでは自国の手話が公用語であると認められている現状があります。
日本でも、日本の公用語は日本語と日本手話・・・なーんて表記される日がくるかもしれません。
・・・来るのかな?
来るといいなと思います。
※障害者の権利条約に関して参考までに、こちらのサイトをどうぞ。

鎌倉へ行ったついでに御成小学校の古い校舎と旧安保医院をふらっと見てきました。
旧安保医院は現在「鎌倉風致保存会」が活用しているので一般公開されていて、どなたでも館内の見学も可能です。

御成小学校は日曜日だったので、地域に一般開放というかたちで体育館などを開放していた為、敷地内に入ることができました。

Kamakura01

校舎の中までは開放されていなかったのですが、敷地内からじゃないと見られない校舎のファサードを見られて大満足でした*^^*
・・・結局、鎌倉まで行って鎌倉祭りの会場へは一歩も近寄らず帰ってきましたけど^^;;
流鏑馬など見ごたえがあるらしいです。
人ごみは嫌いだけど、流鏑馬は見てみたいなぁ・・・なんて思いながら帰ってきました(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.04.08

新顔の猫☆

春になると何匹か、見慣れない猫がわが家のバルコニーにやってきます。
ついでにエサをあげているうちに、懐いて時々現れる子もいれば1度きりの子もいます。
大抵はうちの猫とケンカして、いなくなっちゃったりするんだけど^^;;

今年も初顔の猫ちゃんがやってきました。
初めての登場だったので、写真を撮れなかったのですがお腹は白いけど背中側は茶トラのメス(だと思う)猫でした。
顔はチャコちゃんに似ているので、チャコちゃんの姉妹かもしれません。
丁度、珍しく缶詰をあけたときに登場したので残った缶詰をあげたら喜んでいました。

それにしてもどうして猫の通り道のようになるのか、不思議です^^;;
そういえば、最近見ないけど以前は台湾リスもやってきたなぁ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.04

「すみません」より「ありがとう」

先日、仕事帰りの電車の中。
私が立っていた目の前に、一人の男性が座っていました。
青い汚れたつなぎを着ていて、自動車の整備工かなにかの職人さんかしら・・といった雰囲気ですが、茶髪で無精ひげをはやしたちょっぴり強面のヒトでした。
彼は、黙々と携帯をいじっていました。

私が乗車した駅の次の駅で、若いお母さんが乗ってきました。
小さな子供を4人連れていて、なんだか大変そう。

そのうちのひとりの3歳くらいの女の子が、座席の端の金属のポールのような手すりに、つかまりました。
気配を感じた、職人風のお兄さんの視線が携帯画面から離れて子供の方へ。
「ジャマだなぁって思ってるのかなぁ・・・」と思って見ていた私。
女の子とお母さんは満員電車の中で、ちょっとだけ離れていました。

すると、職人風のお兄さんがすっと席を立ちあがり、目の前に立っている私にちょっとだけ申し訳なさそうな顔をして子供を席に座らせてあげました。
優しい~。
子供は喜んで、窓側に顔を向けて座っていました。
その子の弟らしい2歳くらいの子もよちよち大人たちの足元をかいくぐってやってきて、2人で座っていました。

お兄さんが子供に席を譲ってくれたのを見たお母さんは恐縮しながら、「すみません」と言っていました。
まだ、若そうなお母さん。
電車で騒ぐ子供をいさめたりしかったりしながら、足元には他にも子供が抱きついていて、なんだか大変そうでした。

私もそうなんだけど、日本人はつい「すみません」を「ありがとう」の代わりに使ってしまいますね。
「すみません」より「ありがとう」の方が状況に合っているはずなのについ、使ってしまう「すみません」。

英語で「Excuse me」と「Thank you」は同じニュアンスでは使えないし、日本手話での「すみません」と「ありがとう」も表現が違います。
日本人が便利に使う「すみません」だけど、「ありがとう」にも「ごめんなさい」にも使えて便利な単語だけど、外国人にはなかなか理解しがたいみたいです^^;;

感謝の気持ちを表すなら「すみません」より「ありがとう」。
スマートに「ありがとう」が使えるようになりたいです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006.04.03

松尾清憲&パリテキサス

昨日と打って変わってあいにくの空模様。
松尾さんのライブがある日はなぜか「ブリティッシュなお天気」になりますね(苦笑)。

今日は松尾清憲&パリテキサスのライブが吉祥寺の吉祥寺MANDA-LA2でありました*^^*
いつもの松尾さん、小泉さん、武藤さんとゲストは鈴木さえ子さん。
更には一部、チェロとビオラが入って本当に素敵でした。
ストリングスで「愛しのロージー」のイントロが流れるとちょっといつもと違った感動がありました。
個人的にはストリングスで、「ハローシェイクスピア」を聞きたいなぁと思いました。
その時には、ぜひメンバーのみなさまはアマデウスな衣装とカツラをどうぞ*^^*

チケットを取ってくれた友人のおかげで整理番号がものすごぉく早くて、超ステージまじかな席で堪能させていただきました。
松尾さんの昔の新年会などのお話などなど笑いどころも満載でしたね(^^)

さえ子さんの歌声も相変わらずステキでした*^^*
シネマの再結成があるせいかどうかわかりませんが、客席には色んなミュージシャンがいらしていました。

久々のライブはとっても楽しかったです。
ご一緒したみなさま、どうもありがとう~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.04.01

さくら日和

今日はものすごぉおくいいお天気だったヨコハマ。
みなさんお花見しましたか?

私は昨日の夜は、夫と夜桜ドライブを楽しみました。
横浜市内には何ヶ所か桜の名所があるので、ライトアップされている桜を見て回りました^^;;

今日は今日で母とポカポカ陽気の中、桜並木の下を2時間くらい歩きました。
縁日のように屋台が出ているので途中、童心(?)に帰って買い食いしたり(笑)
明日は天気が悪くなるようなので、今日は一番のお花見日和かもしれませんね。

それにしても・・・。
お花は数多くあるのに、どうして桜を見るとHappyな気持ちになれるのかなぁ?
コスモス畑を見てもこんなにわくわくした気持ちにはなからいけれど、桜を見ると浮かれた気持ちになりますね。

今日から新年度!
新しい1年も気合を入れてがんばりまぁす☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自由が丘の「BABBO ANGELO」

今日はすでに4月1日ではありますが^^;;
年度末、仕事の帰りに友人達と納会を兼ねて自由が丘へ行きました。
私はあまり自由が丘に詳しくなりませんが^^;;

以前「アド街ック天国」でも紹介されたらしいカトレア通り沿いにある「BABBO ANGELO」へ行きました。
本格的なイタリアンが楽しめます。
料理はもちろんおいしいけれど、何がすごいって店内にイタリアのサッカー選手のユニフォームがかざっってあったり、店内の一番奥にはF1のフェラーリの1999年から2004年までのM.シューマッハ仕様の帽子やF1でフェラーリがピットン中の写真などがパネルに入って飾ってあるのです~。
ちょっと感動しましたー。

デザートの盛り合わせも豪華で嬉しかったし、お誕生日や結婚祝いなど主役がいる時はその主役用にお皿にイタリア語でお祝いメッセージをチョコレートで書いてデザートも盛り付けてくれたりもしますよー。
狭いけれどとてもいいお店なのでオススメです。
とても人気があるらしく、予約をした方がいいみたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ココログの不具合

3月28日に私が利用しているブログ「ココログ」のフリー(無料)以外のメンテナンスが行われました。
今まで時々行われていたメンテナンスと違い、ココログ機能のバージョンアップを行ったらしく、様々なバグというか不具合が出ています^^;;

ちょっと前に私が使っていた桜のテンプレート。
このテンプレートは、メンテナンス後キレイに表示されなくなったので今のチャイナ風に変更しましたが、改善されたらしいので、また戻しました^^;
今日から4月!関東では桜が見ごろですしね~。

「折り紙の記憶」という記事が不具合で(ココログが重たかったので私が連続して投稿する格好になったんだと思いますが^^;;)4件続けて投稿されてしまい、すぐに削除をかけたのですが半日くらい画面に反映されませんでした^^;;;
なので、もしも削除してしまった記事の方にコメントを下さった方がいらしたら記事ごと削除してしまっている可能性があります。
一応、イチバン上の記事を残したはずなんですが・・・。
もしも、「コメントしたのに消された~~~~」という方がいらしたら、ご一報ください。
私の方で、スパム以外のコメントを意図的に削除することはありませんので・・・。

今回の大々的なメンテナンスで便利なツールが増えるらしいのですが個人的にはココログユーザー(ベーシックタイプ)のブログに必ず「ココログからのお知らせ」が掲載されるようになったことが不満です(汗)
ブログを見ているヒトには、ココログからのお知らせは関係ないのになぁ・・・。

無料(ココログフリー)を使っている場合、広告などが入るのは納得できますがプロバイダー使用料にベーシックタイプは含まれているサービスなので、「ココログからのお知らせ」を必須にしないで欲しかったです(泣)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »