« 旧モーガン邸の公開情報 | トップページ | 今年度初!研究班定例会☆ »

2006.04.29

手話学習のアイディア☆

今週も無事終了。
サークルでは今年度2度目の学習会でした。
昨年まで30数年使ってきたサークル独自のテキストから新しい本に替えて、今年度はスタートしました。
テキストを使う学習は月2回。
で、今週ははじめてテキストを使っての学習。

テキストの内容をどう肉付けしていくか、レベルがまちまちな会員がみんなで楽しめるロープレなどあれこれ打ち合わせして進めました。
新しい会員から積極的に質問がでたり、ろう者からも自然と色々な手話表現が出てきていい感じになりました。
(・・・と、私は思った^^;;;)

今週は自分のサークル以外にふたつのサークルへ顔を出してきました。
・・・よく考えると、去年も同じ頃他のサークルへ行っていたような(汗)。
この時期になると、煮詰まるみたいです(苦笑)

横浜市は全部で18区に分かれています。
私の住んでいる区にも他にサークルはありますが、他の区へ行くと参加しているろう者の顔ぶれも違うので、隣接するお隣のふたつの区へそれぞれ顔をだしてきました。
いつも、お世話になり感謝です☆

ふたつとも私が参加しているサークルとは、雰囲気が違います。
ひとつは、中途失聴者が多い為、サークルで学習している内容も日本語対応手話が中心。
お茶を飲みながら、楽しくお勉強している風景は手話サロン!
なんともほのぼのしています。
毎回、学習会というより交流会ですね。
ほとんど初心者がいないので、毎回交流会でみんなが楽しめるみたいです。

もうひとつはサークルというより、手話学習教室。
おもしろいのは、ろうの年配の女性の参加者が多いこと。
参加者の半分くらいはろう者でした。

「手話教室」なのに!?って驚くでしょう?
それがね、面白いの~。
ろう者は日本語の勉強ができちゃうのです。
今度、うちのサークルに持ち帰ってやってみたいなぁって思いました。

どんな方法かというと、ちょっと難しい(?)日本語の単語について一人ずつその意味や使い方を手話で説明するのです☆
たとえば、「猫舌」っていう単語があったら「熱い食べ物苦手なことを、『猫舌』といいます」みたいな感じです。
で、手話表現するヒトが『猫舌』の手話が判らなかったら、ろう者が教えてくれるの。
あと、食べ物の名前なんかもありました。
野菜など、調理方法を手話で説明したり・・・。
印象的なのは、ろう者がものすごく楽しそうだったり、知らない日本語を見てその意味や使い方を聞いて「へぇ~」と感心していたりするのです。
そんな訳で、年配の女性ろう者の参加率が非常に高いみたい。
なんか、目からウロコでした。

日本語の意味の説明って聴こえる私たちにとってもとっても大切で、日ごろよく使うけどきちんと意味が説明できないものなんかもあったりして・・・^^;;;
私もとても勉強になりました。
毎週通いたいくらい!
機会があったらまた参加させていただきたいなぁと思います。

|

« 旧モーガン邸の公開情報 | トップページ | 今年度初!研究班定例会☆ »

手話サークル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/9818581

この記事へのトラックバック一覧です: 手話学習のアイディア☆:

« 旧モーガン邸の公開情報 | トップページ | 今年度初!研究班定例会☆ »