« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月の投稿

2006.05.31

障害者自立支援法。

4月から一部施行されていて10月からは、本格的にスタートする「自立支援法」。
この法律について、手話サークルでもお勉強会をしたいねぇという声が出ました。
しかも、会員からではなく講師から*^^*

発端は、サークル学習の時個々人で例文を作成し自分以外のヒトがその文章を手話表現する練習をしたときのこと。
私が作った文章に「自立支援法」という単語を盛り込んだから^^;;;

もし、この法律について聴覚障害者にどんな影響があるのかをサークルで説明するとき誰が担当するの???
資料はいちばん判りやすい、市役所などにあるパンフレットがいいのではないかという意見がありました。
今後、サークルに手話指導に来てくださっている講師とも相談したいなぁ。

手話通訳に関わる部分や、通訳者養成講座についてもこの法律の余波で不確定な部分が多いですね。
特にろう者の生活に直接大きく影響する、手話通訳の有料化問題については殆どの自治体では今までどおり無料とするところが多いようですが(平成18年度に限り)、来年度以降はどうなるかわかっていません。

必要最低限の場所(病院や市役所、ハローワーク、金融機関、駅などなど)には手話通訳者を設置して欲しいなぁと思います。
対人援助職、サービス業のヒトは手話覚えようよぉ。

なんでもアメリカがいいというわけではないけれど、やっぱりアメリカのADA法はスゴイと思うし尊敬する法律です。
日本では何ができるのかなぁ・・・?
自立支援法のコト、私も勉強させていただきますm(__)m

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.05.30

手話通訳のコト。

もう10年以上前になるでしょうか、私は手話に出会いました。
現在、日曜日の手話ニュースキャスターをされている谷田道子さんがある専門学校で手話講師をしていた頃、仕事の関係で見学へ行ったことがあります。

高校生くらいの頃から手話には興味がありましたが、学ぶ機会もろう者との出会いもなくなんとなくテレビや本で手話を見るくらいでしたが、初めて本当に目の前で動く「手話」を目にしました。

谷田さんの専門学校での授業を拝見する少し前に、ある新聞に掲載された熊本の薬局での手話による服薬指導マニュアル。
これをFAXで送っていただいたのですが、今でも大切にしてあります。
今度、サークルへ持っていこうかと思っています。

ただ漠然と手話に興味を持ち、その後聴こえない学生さんとの出会いがあったり色々なことがありましたが、どの過程でも手話通訳をやりたいなんていう思いはありませんでした。
ただ、手話を覚えてお話がしたいという気持ち。

いつだったか、TVで「ろう文化」について放送されているのを見ました。
同じ日本で生まれ育っても、ろう者と聴者では文化が違うのだと・・・。
見た目は同じなのに何が違うの?「ろう文化」ってなんだろうと思いました。
言語と文化は密接な繋がりがあります。
「ろう文化」を知るにはろう者の言語である手話を習得する必要があるんだなぁと思いました。
それが、サークルに入って「ろう者と共に歩むサークル運営」に関わり始めたきっかけです。

その頃も、「通訳なんて雲の上のコト」でした。
ちょっと手話ができると通訳もできると思い込んでいるヒトが多くいますが、英語が話せるからといって通訳もできるかというとそうではないのと同じです。

たくさんの日本人が、英語やハングル(韓国語・朝鮮語)更には中国語をなどを学んでいますが、通訳になるために外国語を学んでいるヒトの人口はごくわずかだと思います。
そしてその外国語で日常会話がある程度できるようになったからといって、通訳ができるわけではないのと同じで、「手話ができる」と「通訳ができる」はまったく違う・・・。
言い尽くされてきたフレーズです。
通訳なんてできるわけがないと思っていたし、やる気さえもありませんでした。

でも、サークルでの活動が長くなってくると自然と簡単な通訳のお願いをされたりすることが増えてきます。
中でも、情報提供施設では通訳派遣できない領域に関する通訳をお願いをされることが多いです。
命にも財産にも関与しない、趣味や個人的学習での情報提供。

聴こえないヒトは、「聴こえない」というだけで学ぶ自由も社会参加の自由も制限されることがあります。
通訳がいないと、参加しても内容がわからないからです。
あらゆる場面に手話通訳や要約筆記がつけば、聴こえなくても自由に参加できるようになるのに・・・。
今の日本では、聞きたい講演があっても学びたい学習会があってもまずは通訳を探すことから始めなくてはいけない不自由があります。

このように、情報提供施設では派遣できない領域の通訳を必要としているヒトがたくさんいます。
きちんとした通訳ができなくても、話の内容が少しでもいいから理解したいので通訳して欲しいといわれると、考えさせられました。

自分には通訳ができるほどの技術はないし、全日ろう連では「正確な情報保障をするために、手話通訳ボランティアは好ましくない」という意向があります。
要するに、情報が正しいかどうかわからないのにそんな情報を与えられてもろう者は困るから、通訳はきちんとした通訳技術を持ったヒトに行ってもらいたいということです。
そんなことから、どんなに「通訳技術がなくてもいいから、通訳をして欲しい」といわれても、抵抗がありました。
そんな安請け合いをしてはいけないという気持ちが強くありました。

では、私には何ができるのか考えたとき、「手話通訳の勉強をすればいいんだ」という結論に達したのです・・・安易?

技術がないから正しい情報提供ができないなら、自分がその技術を習得すれば、解決できると思っちゃったんですね。
それからが大変だってことにも気がつかないで^^;;

たぶん、どんな言語でもそうなんでしょうけれど「通訳者」になってからの方がはるかに勉強することが多いのだと思います。
勉強して勉強して、経験を積んで失敗も自分の糧にしながら成長できないと、ふたつの文化と言語の橋渡しを続けることはできないような気がしています。

今は、自分の日本語力のなさにため息が出ることもありますが、ひびしょうじんの毎日です☆
通訳をしてもしなくても、語学学習にゴールはないなぁと思う今日この頃です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.05.28

旧福沢小学校

旧福沢小学校

南足柄へ行ってきました☆
目的はいくつかありましたが、私が楽しみにしていたのは、丸太の森に移築された旧福沢小学校の校舎を見ることです。

現在の南足柄に「福沢」という地名はありませんが、その昔福沢諭吉がお世話になったヒトを訪ねて来たことから「福沢村」と名付けられた地域があり、そこにできた小学校が福沢小学校になったそうです。

南足柄と言えば、金太郎のふるさとです。
金太郎グッズもたくありました。
みなさんは金太郎の物語を覚えていますか?
私は金太郎が、熊にまたがっているところくらいしかイメージできなくて、結局どんなお話だったのかすっかり忘れていました^^;;
今回、ちょっと調べて驚いたのが金太郎は実在の人物だったということです。
坂田金時というヒトの幼名が金太郎だそうで、坂田金時は源頼光に仕えた武将で怪力で知られていたそうです。
後のヒトが脚色しているところも多々あるとは思いますが、童話の中だけのヒトではないんだなぁと思うとなんだか不思議な気持ちがしました。

それから、大雄山最乗寺にも行きました。
最乗寺は山のずーっと上のほうにまでお宮があってとにかく階段を上りました!
最乗寺の広い敷地の中にはいたるところに天狗の飾りや像があり、天狗が履いていたとされる高下駄も大小さまざま置いてあります。
一般的なお寺とはちょっと雰囲気が違います。
今日はちょうど、神輿祭りと日だったのでお祭りに参加している人たちでとても賑わっていました。

自然がいっぱいの南足柄、とっても楽しかったです☆
運転しっぱなしの夫は疲れたみたいですけど^^;;;;

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.05.26

CHARLIE AND THE GREAT GLASS ELEVATOR

邦題は「ガラスのエレベーター 宇宙に飛び出す」という物語の原題が「CHARLIE AND THE GREAT GLASS ELEVATOR」です。

ん!?CHARLIE?とチャーリーにピンと来た方はスルドイ。
ティム・バートン監督作品で話題になった映画「チャーリーとチョコレート工場」(原題CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY)の続編の物語です。

「CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY」は映画でしか観たことがありませんが、たまたま前に買って放置していたペーパーバックが続編だったことが判って、数日前から読んでいます。

もちろん前編英語で、時々謎の単語も出てきますが基本的には単純な文法の連続なので読みやすくて楽しいです。
チャーリーとチョコレート工場」の続編と言っても、工場のお話は完結しているのでその後におこった事件のお話です。
まだ半分も読んでないのですが、邦題の「ガラスのエレベーター 宇宙に飛び出す」から判る通り、ガラスのエレベーターで飛び出すお話で、チャーリーやウォンカ、おじいちゃんの他にもうひとりのチャーリのおじいちゃんとおばあちゃん2人も登場しちゃいます☆

こちらも映画化してくれないかなぁ~?
完全読破したら、また感想など書きたいと思います。
・・・先は長い^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.24

カミナリ~。

今日は変なお天気でした(>_<)
夕方、非常に激しい雷雨に見舞われは首都圏。
本当に、稲妻がピカピカと光って一瞬昼間のように明るくなりました。
雨も集中豪雨のようで、傘をさしてもずぶぬれになるような状態@_@

そんな中、今日は7時過ぎから地元のろう協の役員会がありました^^;
みんなずぶ濡れで大変(>_<)
私は雨が激しくなる前に会場に入れて、帰るときも比較的小降りだったので大丈夫でしたが、ホントに雨が激しくて着替えに家に帰ってしまったヒトがいたほどです。

会議の方は特に問題もなく、順調に進みました。
今年もろう協と合同の行事を何かできたらいいなと思いちょっと提案しました。
毎週はサークルに顔を出さない地域のろう者でも、大きな行事のときの交流がきっかけでサークルに顔を出しやすくなることもあるので、地域のろう者とサークルの交流、更にはサークル以外の地域住民のみなさんも一緒に楽しめて、「聴こえないコト」でおこるさまざまな情報障害について、理解を深めてもらえるような「何か」ができたらいいなぁ。

まぁ・・・「何か」は何?と言われると困るのだけど^^;;;
明日は良いお天気になるようです☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.23

人事異動

私の勤務する職場では6月1日に一部、人事異動があります。
その内示と通達が今日ありました。

私は基本的にひとり職場の専門(?)職なので人事異動はありません。
(将来的には判らないけど)。
でも、ちょっと私の仕事に影響がある上司ではないけれど管理職(になるんだと思う)の異動があることが判り、仕事の捗りに影響があるかなぁ・・とちょっぴりブルーになった1日でした^^;

まぁ、どんなヒトが後任でも私は私らしく仕事をするだけなんだけどね^^;;;
異動になる方の異動先を見ると栄転!といった感じなのでたぶんご本人も喜んでいることでしょう☆
明日、お祝いの言葉でもかけてみようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.21

風邪が治らない^^;;

風邪をひいてかれこれ一週間ちょっと。
ピークは過ぎたものの、まだ治らないでぐずぐずしています。
最初はのどが痛くなり、そのうち声が出なくなり、そのあとには鼻水が止まらなくなり、今は咳が止まりません^^;;

微妙に熱があったり、頭痛がしたりそんな感じの1週間でした。
そんな症状を薬でごまかしながら仕事や日常生活を送っていたのですが、土曜の夜からさすがにちょっとダウン。

そんなわけで日曜にあった、神通研まるわかり学習会も研究班の定例会もお休みしてしまいました。
「ビデオで見る世界通訳者会議in南アフリカ」というテーマの講演会があったので、行きたかったなぁ・・・残念。

とは言うものの、最近本当に頭痛がひどくて悩んでいます(>_<)
昔から、肩こりが原因と思われる偏頭痛はよくあったのですが、風邪を引いてからの頭痛はちょっとヒドイ。
ううっ・・なんとかしなくては。
頭痛対策などあったら、どなたか教えてくださいm(__)m

私の場合、クモ膜下出血で父を亡くしているし母も脳ではないけれど動脈瘤ができているのがわかっているので、体質的には動脈瘤ができやすいと思われます^^;
予防はできないかもしれないけど、脳ドックなど受けてまめにチェックしたほうがいいんだろうなぁと思いつつなにもしていないので、今年の健康診断は脳ドックを受けてみようかなぁ・・・。
閉所恐怖症ではないので、CTスキャンの機械に入ってもヘーキだと思うのだけれど、何ぶん未経験なのでどんなものか良くわかりません^^;;

去年、夫が脳ドックを受けて「あまり受けたいものじゃない」というようなことを言っていたような気がします^^;;;;

話は変わりますが、杉さんのファンクラブからお知らせが来ましたね~。
今年の夏はピュアピュージック祭りのほかにSTBで薫ちゃんと杉さんのライブもあるんですね~。
すごいなぁ~。いいなぁ~。
STBでは今回も小泉さんが出演しますね☆

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006.05.19

ソフトバンクモバイル

ソフトバンクが携帯電話事業参入にあたり、現在のボーダフォン日本法人を買収したことはすでに報道されていまよね。
私はジェイフォン時代からのユーザーなので、かれこれ10年になるお付き合いです。
NTTドコモやauのサービスがいいなぁと思うことがあってもとにかくずーっとボーダフォン(ジェイフォン)です。

ボーダフォンがソフトバンクに買収されてどうなるのかなぁ・・でも、ジェイフォンからボーダフォンに変わったとき同様、そんなに面倒なことはないんだろうなぁと漠然と思っていました。
でもって、本日ボーダフォンからお知らせが届きました。

10月1日を目安に現在の社名「ボーダフォン」から「 ソフトバンクモバイル株式会社」(SOFTBANK MOBILE Corp.(英文表記) )に変更になるそうです。
ロゴもソフトバンク・フォークスと同じような黄色の2本線。
「ボーダフォン」の手話表現が定着して久しいですが、「ソフトバンクモバイル」はどんな手話表現になるのかな?
ちょっと楽しみです。

私の現在使っている携帯電話の機種はかれこれ2年前のものになります。
vodafoneのロゴ入りです。
今の機種の前の電話はJ-phoneのロゴのものでした。
そろそろ機種変更したいけれど、秋ごろまで様子を見ようかなぁと思います。

最近の携帯電話、本当にスゴイですね。
ワンセグ対応の携帯にはアクオスのケータイまで登場してビックリです。
vodafone905SHがシャープの人気TV「アクオス」ケータイらしいです。
キレイにTVが見れるんでしょうね(^^;
携帯電話はどこまで進化するのかな?

「ソフトバンクモバイル」が誕生する今年の10月には、携帯電話の番号を変更しないまま他社携帯に新規契約ができるサービスも開始になりますね。
新しいサービス開始で、携帯電話会社の勢力図がどう変わるのか判りませんがやっぱりドコモが強いのかな?
昔はろう者は殆どJ-Phoneでしたが(メール受信が無料で標準装備だったから)、最近はドコモやauのヒトも多いですよね(^^)

電話番号が変わるのも面倒ですが、メールアドレスが変更になるのも面倒なので私はきっと他社には変更しないだろうなぁと思います。
ソフトバンクに社名が変わっても、当然従来の「*.vodafone.ne.jp」のドメインはそのまま使えるそうです。(転送してくれるのかしら???)

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2006.05.18

早瀬憲太郎さんの講演会

今日は横浜市聴覚障害者協会女性部主催の講演会へ行って来ました。
講師はスマイルフリースクール理事長の早瀬憲太郎さん。
そう・・・初めてのろう者薬剤師の早瀬久美さんのご主人です。
つい先日、那須英彰さん主演,、監督がおおだてのぶひろさんの映画「迂路」が、トロント国際ろうフィルム&アートフェスティバル2006大賞を受賞しましたが、その製作を担当したのも早瀬憲太郎さんです。
奥様の久美さんは脚本協力という形で参加されたそうです。
そんな早瀬さんの、カナダから帰国してすぐの講演会となりました。

テーマは「私の生い立ち」でした。
家族のこと、奈良ろう学校のこと、天理高校のこと、現在の仕事と映画制作のことなど話題は盛りだくさん!!
とても判りやすい描写がいっぱいの手話で本当に楽しい講演会でした☆
時間を忘れてお話に見入ってしまいました。

もっともっとお話の続きを伺いたかったくらいです。
また、機会があったらぜひお話を伺いたいなぁと思います。

映画「迂路」の受賞については早瀬久美さんのブログにその様子が書かれていますので、ご覧ください(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.17

「手話が趣味」に想うコト。

私は大きな志があって手話の勉強を始めたわけではありません。
なんとなく興味があって手話を始め、手話が魅力的な言葉だと思い、その言葉のネイティブであるろう者の文化に興味をもって、ろう者ともっともっと自由に手話でコミュニケーションを取りたいという欲がでてきました。
知れば知るほど奥が深くて魅力的な言語だと思います。

それでも、通訳者になろうなんて思っていませんでした。
ただ、手話で話せればいいと思っていました。
あることがきっかけで通訳技術を身につけたいと思うようになったのですが、その話はまた別の機会にします。

そんな、ごく平凡に手話を始めた私がとても抵抗があるのが「趣味で手話をやっています」というひとことなんです。
(趣味で手話をやっているヒト、不愉快に思ったらごめんなさい。)
手話の学習を始めて、3ヶ月くらいの初心者の言葉ならまぁ許容範囲。
手話を始めるきっかけはなんでもいいと思っているので、趣味のひとつで「手話学習」があってもまぁ・・・いいかなと思えます。(抵抗がないわけではないけど)
でも、手話を知り手話独自の文法があること、ろう者の大切な言葉であることを知った後も「趣味は手話」と言われると反発に近い感情が芽生えてしまいます。
どうしてなのか判りませんが・・・。

「手話」を「英語」に置き換えてみます。
『趣味は英会話』・・・抵抗はないけど私の中では違和感を感じます。
『趣味は語学学習』これなら、抵抗なく受け入れられるのだけれど・・・。
例えば、「ダーリンは外国人」のトニーさんのように言語の種類を問わず語学を学ぶのが好きなヒトがいるのは判る気がするのです。

「趣味は旅行なので、英語や中国語を勉強しています」これも納得。
まぁ・・英語が趣味なヒトがいてもいいけれど私の中では違和感があるということです。
たぶん、言語の習得はそれだけが目的ではなくて習得することは手段であってその先に目的があるべきなんだと思うんです。
文化を知りたいとか、その言語圏でコミュニケーションを取りたいとか・・・。

他の音声言語だと「違和感」なんですが「手話が趣味」って言われると不快感を感じてしまうのはなぜなんでしょう?
はっきりとした理由は、自分でもわかりません。
手話が差別され排除されそうになってきた歴史があるからココロに引っかかるのか、無意識に福祉と関連付けてしまうのか判らないけど嫌なキモチになるのです。

差別された言語ということで考えてみると、近年、北海道ではアイヌ語講座がラジオで放送されています。
アイヌのヒトたちは北海道で今の日本人(大和民族)に差別されて来た歴史があります。
アイヌ語は文字を持たない音声のみの言語です。
「私の趣味はアイヌ語学習です」もし、そういうヒトがいたらやっぱり私は違和感を覚えます。でも手話に対するほどの抵抗感はありません。

「手話に興味があります」といわれると嬉しいのに「手話が趣味です」といわれると抵抗を感じる・・・その真相は自分のことながらわかりません。
ネイティブサイナーのろう者でも「手話が趣味」でも気にしないヒトもいるのかもしれません。
今度、周囲のろう者に聞いてみようかな・・・。
「手話が趣味」って言われたらどう思うのか・・・。

少なくても私の周りの手話に関わる聴こえるヒトたちは「手話が趣味」というヒトがいると違和感や抵抗を感じると言っていました。
「許せない」とか「憤りを感じる」まではいかないけれど、なんと言うか悲しい気持ちになるというか切なくなるというか・・・。
みなさんの周りはどうですか?

手話に関わっていないヒトはどうですか?

| | コメント (15) | トラックバック (1)

2006.05.16

『美の壺』-6月2日(金)-

毎週金曜日午後10時からNHK教育テレビで放送されている「美の壺」という番組をご存知でしょうか?
谷啓さんがナビゲーターを勤めている美術番組で、製作スタッフは「新日曜美術館」のメンバーだそうです。

6月2日のこの番組に建築写真家の増田彰久さんが登場します。
どのくらいの時間登場するのかは判りませんが、楽しみです。

増田さんといえば先月発売になったばかりの本があります。
建築のハノイ―ベトナムに誕生したパリ 』(増田 彰久・大田 省一【著】)

Hanoi_1

以前、東京大学の藤森先生とベトナムの本を出されたことがありますが、今回は以前の作品とはまた違って読み応えがありますよ(^^)
増田さんは今年、日本建築学会文化賞を受賞されましたし長年、西洋館や近代化遺産を建築家とは違った視点で記録してきた功績が実を結んだ感じです。

本当に建物を魅力的に撮影されるので、近代建築に興味がない方も増田さんの写真には引き込まれると思います。
ぜひ一度、ご覧ください(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.15

インターネット歴・・・?

Windows95が発売になって、世間が騒然となった頃私は初めてインターネットのホームページというものを目にしました。
当時はまだ、職場でもPCがひとり一台という時代ではなくてみんなで使っているPCが何台かある程度。
文書作成はワープロ・・・なんていう時代でした。

職場のシステム開発の人たちだけが、ひとり一台PCを持っていました。
それも今のようにノートPCとかではなく画面の分厚いハードディスクも大きなものでした。
そんなシステム担当の人が初めて見せてくれた「インターネット」の世界。
なんとも不思議でびっくり仰天したことを覚えています。
職場の中で何人もで、PCを取り囲んでインターネットの説明を受けました。
私にとってはインターネットだけではなく、スクリーンセイバーさえもものすごい技術のように思えました。

1年後、職場で安く買えたのでノートPCを買いました。
富士通のFMVでした。
安く買えたといっても、当時22万円くらいしたと思います。

しばらくはインターネットに接続することもなく、ただWordやExelを使ったりゲームをしたりしていただけで、猫に小判状態。
1998年になりるとPCがひとり一台あるのはごく当たり前の状態になっていましたし、インターネットも接続されてメールを使ってやり取りすることが比較的一般的になってきました。
私の職場でも大きなPCルーム(Mac)ができたりして、私もMacを使って遊んだりしていました。

そんなおりにある人からいただいた1冊の本。
「HTML辞典」でした。
世間では義務教育でもPCを取り入れようとか、デザイン学校ではイラストレーターやフォトショップを学んでCGのコースがあったりとか、ホームページ製作を学ぶ人が大学や専門学校でも増えてきた時代です。
好奇心だけは旺盛な私。
猫に小判だった自分のPCを自宅でネットにつなぎ、夏休みにHTML辞典を見ながらホームページを作ってみました(笑)
それが「Docile's Garden」(懐かしいヒトには懐かしいでしょ?笑)
今から、8年も前のことになります。

当時はみんながダイヤルアップだったし、午後11時からのテレホーダイの時間には回線が重くなったりと色々不便もありましたね~。
今となってはとっても懐かしいですけれど・・・。

今だから笑えるけれど、テレホーダイに入る前に私は1ヶ月の電話代が10万円を超えてしまったことがありました(>_<)
ホームページの更新作業に夢中になったり、杉さんのファンサイトを見つけて喜んだり、そんなことをしていて「オフライン」というのを知らなかったのでずっと繋ぎっぱなしにしてしまい、驚きの電話代になってしまったのでした^^;;
いやいや・・・高い授業料でした(苦笑)。

今は便利ですね。
ブログなんて当時、思いつきもしなかったです。
ホームページ製作ソフトを初めて使ったときも簡単でびっくりしましたけど、HTML辞典とにらめっこしながら、パズルを完成させるようにタグを打ったこともとてもいい思い出だし、とてもいい勉強になったと思っています。
あの頃、カウンターが動かないとか背景がちゃんとうつらないとか、IEは大丈夫だけどネスケでは表が崩れるとか、いろんな試行錯誤をしたし、知識のない私に色々教えてくださったみなさんにとても感謝です☆
みんなのおかげで、今の私がいます。
この8年、内容のない「Docile's Garden」時代からお付き合いいただいているみなさん本当にありがとうございますm(__)m

あのサイトがあったから「ゴシちゃんランド」も「関ちゃんカフェ」も「こいちゃま茶房」も生まれたと思います。
「建築散歩」もそうかもしれません^^;;
ホームページ製作が大変だと思ってたら「建築散歩」は作らなかったでしょうね。
「建築散歩」もたくさんの方にご協力いただき完成したサイトです。
W.M.ヴォーリズ氏の肖像を提供していただいたり、年表を確認していただいたり、時には一般公開していない建物を見学させていただいたり・・・。

「ゴシちゃんランド」も丸7年。
5周年の年には、ゴシちゃんとファンの交流会的なイベントを企画・開催が実現できました。
メッセージを下さった、中野督夫さん・CHAKAさん、貴重な映像をご提供くださったゴシちゃんのマネージャーさんには本当に感謝しています。
次は10周年記念でなにかできたらいいな・・・と思います。

いつもどうでもいい話題ばかりで恐縮ですが、このブログも末永くよろしくお願いしますm(__)m

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.05.14

大掃除☆

今日は雑排水溝の掃除をしに業者さんが来ることになっていました。
お風呂と台所と洗面所と洗濯機の排水溝をお掃除してくれます。
年に1度、管理組合が委託しているので来てくれるのです。
お掃除してくれると、本当にキレイになります☆
でも、業者さんが来るということはその周辺を最低限キレイにしておかなくちゃ~~ということで、朝から大掃除でございます(汗)

そうなんです・・・。
いつもきちんとしておけば、こんなときに大掃除しなくてもいいんだけど・・・。
そうは言ってもなかなかねぇ^^;;@言い訳。

そんな訳で、お掃除を始めたら止まらない(笑)
水周りだけじゃなく、各部屋大掃除をしはじめて午後にはくたびれてしまいました^^;;
無事、業者さんも来てくれて排水溝もキレイになりました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.12

風邪ひいたかも・・・(>_<)

暖かかったG.Wが終ったら、今度は蒸し暑かったり寒かったり・・・。
今年はどうしてこう寒暖の差が激しいのでしょうね^^;;;

数日前、職場でひとり風邪をひいているヒトがいたのですが今日から私の喉も怪しくなってきました。
電話にでても声がかれてきたりして・・・。
マズイっ。
さっそく葛根湯を飲んで早期処置。
このまま治まるといいんだけど。

そんな状態だったけど、夜は英会話へ行って来ました。
私は初めて会うインストラクターばかりでした。
・・・というか、私がいかな過ぎなんだけど^^;;

通勤電車の中でヒアリング力アップのために教材のCDをMP3にして聞きながら、英語で聞いた内容を日本の手話に変換するという大それた試みをやってみたけれど、1センテンスでお手上げ(>_<)
日本語の聞き貯めだって難しいのに、英語で聞き貯めるなんて無謀もいいとこでした(汗)
でもちょっと面白いなぁと思いました。
10年くらい経ったらまた練習に挑戦してみたいものです。

連休明けでちょっとシンドイ1週間も何とか終了。
来週もがんばろうっと。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.05.11

本日の定例会

先週はG.Wでサークルの定例会はお休みでした。
今週は予定ではテキスト学習でした。
ところがオープニングトーク(?)のG.Wに何をしたか・・というお話で思いのほか盛り上がり、ろう者もいつもより多く参加してくれたので見慣れない手話の読み取り会などやっていたら、テキストを使う間もなく終わりの時間になりました^^;

夜のサークルは時間が短い~。
昼間のサークルは、時間があればたっぷり手話三昧ができていいなぁ。

よく言えば臨機応変!
悪く言うと、学習スケジュールが確定していないのがうちのサークルのいいところだと思っているので、まぁいいやーと思っています。
たくさんろう者が集うサークルになるといいなぁ。
読み取り大変だけど、独特な手話を読み取れたときの感動は言葉にしがたい喜びがあります。

来週は講演会です(^^)
楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.05.09

ソコニーハウス(旧スタンダード石油社宅)解体の危機

アントニン・レーモンドの晩年の傑作、ソコニーハウスの保存をめぐる活動について2005年9月22日にご紹介しました。(こちらの記事です。)

「旧スタンダード石油社宅とその景観を救う会」やJIAからの要望書が横浜市に提出されるなど活発な動きを見せていました。
当初、ソコニーハウス(旧スタンダード石油社宅)を解体して墓苑にするというお話でしたが、これは白紙になりました。
その後急展開でリクルートコスモス社が住宅地として整備し分譲するため、このゴールデンウィーク明けにも解体作業が始まるのでは!?とドキドキしましたがここでまたまた急展開があったようです。

5月7日付け神奈川新聞に関連記事が掲載されました。
神奈川新聞のブログ「カナコロ」を見ると「本牧の代表的な米国式住宅に解体計画浮上/横浜」という記事が掲載されています。

また「よみがえれ、本牧ロマン」では以下の情報を掲載しています。

■ 解体工事の危機迫る!  (06.5.8更新)

4月17日リクルートコスモス社による戸建住宅の開発構想書が提出されてから11日めの4月28日(金)より住民説明が開始されましたが、当日夕刻近隣住民に配布された資料の中に5月8日(月)より既存建物である社宅2棟の解体除去工事を開始するとの通知文が入っており、突然の話に非常に驚かされました。
 ゴールデンウイーク期間中を狙ったたいへん巧妙な作戦で、実質的に活動できる日は2日しかありませんでしたが、すぐさま横浜市の関係部局や関係市会議員、マスコミ等に働きかけました。
 救う会としては、4月27日に社宅の保存と敷地の保全を訴える3度目の要望書を横浜市長、都市整備局、教育委員会等に提出しておりましたので、市教育委員会からリクルートコスモスに対して、レーモンドの社宅は国の登録有形文化財に値する価値のある建物であるから保存するよう、5月1日付で申し入れをして頂きました。これを受けて、2日夕方、リクルートコスモスはとりあえず「8日の解体工事は中止する」とし、月曜日以降、教育委員会とリクルートコスモスの間で協議に入るとことになっています。しかしリクルートコスモス社は依然、建物解体の意向を変えておらず、レーモンドの社宅は非常に危機的な状況にあります。


(以下略)ここまで引用。


mixiにもアントニン・レーモンドのコミュニティがあり、ソコニーハウスの話題が出ていますね。
確かにレーモンドの戦後の作品ではありますが、解体後にいくら悔やんでも取り返しはつきません。
もう一度、レーモンド作品の文化的価値を検討していただけるといいなと思います。

今後、横浜市教育委員会とリクルートコスモス社がどういった協議をしていくのか気になります。
専門家を交えて、なんとか保存活用されるようになるよいいなぁと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.08

贈り物

昨年の暮れお友達から、突然ウォーキービッツが届いてびっくりしました。
かわいくて、色々ペイントして遊びました。

なんとか、この突然の嬉しい贈り物に仕返し(?)したいと思ったもののなかなかいいものが見つからなかったのですがやっとやっと念願かなって仕返しができました♪
仕返し商品は「ミニドロッピースリーピング」。
枕をもってグーグー眠る動物のシリーズです。
小さな体で、体を揺らしながら寝息を立てる姿がキュート☆

私の友人はひつじが大好きなので、何の予告もなく突然ひつじを送りつけました☆
持っていたらどうしよう~~と、一抹の不安を抱きつつ発送したのですがとっても喜んでくれたみたいで良かったです。

Hishuji

贈り物を選ぶのって、なんだかわくわくドキドキして楽しいですよね*^^*
受け取る相手の笑顔を思い浮かべながら、どれがいいかなこっちの方が喜ぶかな、こんなの持ってるかも・・・なんてあれこれお店を観てまわるのはとても楽しいです。
私もとってもとっても迷ったけど、このひつじちゃんに出会ったとき「これだぁ!!」って思いました。
ひつじ以外にもくまとうさぎと犬がシリーズであるので、各動物が好きとかコレクターの方にはオススメですよ~♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.05.07

連休最終日

G.Wがあっという間に過ぎて行きました・・・。
明日から社会復帰しなくてはいけません^^;

今日は最終日ということで、夫とふたりだらだらと1日過ごしました(笑)
久々に映画『イマジン』を観ました。
昔観た時の印象とちょっと違いました。
だいたい同じイメージなんだけど、高校生くらいではわからなかった心理描写とでもいうのかなぁ・・・そういうのがわかったような気がしました。
単に、私がジョンやビートルズのことを昔より背景も含めて理解してきたからかもしれません。

当時のショーンを見て、「ハリーポッターみたい!」と思ってしまった私です^^;
私がジョンの年齢を超えたら、また観ようと思いました。

昨日はあきる野の方にある祖父と祖母のお墓参りへ行きました。
都内とは言っても自然がいっぱい!!
のどかです。
今年は祖父の33回忌、祖母の23回忌です。
祖父の想い出は私にはありません。
祖母のことはなんとなーく覚えています。
祖母が都内に住んでいたので子供の頃は時々、北海道から上京してきました。
だから都内の大学へ進学したいと思ったのかもしれません。

祖父の葬儀の記憶はないけれど、祖母の葬儀の記憶はあります。
あれから20年以上経つのかと思うと恐ろしい・・・。
当時から杉真理さんの音楽が好きだった私。
趣味嗜好が変わらないことも恐ろしい・・・。

明日から仕事。
現実に戻ってがんばります☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.05

みなとみらい

今日もいい天気の横浜。
ちょっと風が強いです。

今日は埼玉からいとこが来たので、人ごみ覚悟でみなとみらいへ行きました。
どこで食事しようかあれこれ迷ったけど、なるべくひとが来なくて食事のおいしいところがいいなぁと思い橙家へ行きました。
ちょっと判りにくい場所にあるので、うそのように空いていました。
窓側の席がいいので、念のため電話で予約しましたけど・・・。
みなとみらいはそこかしこでライブやパフォーマンスが繰り広げられ、とっても賑わっていました。
本当は中華街へ行こうか迷ったけど、この時期の中華街はイモ洗い状態で大混雑なのでやめておきました^^;;;

ここでおいしいご飯を食べながらあーだこーだと近況報告。
とっても楽しかったです。
明日はみんなで、都内にある母方の祖父母のお墓参り行くことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.03

ゴールデンウィーク♪

G.W中とはいえお仕事の方もたくさんいらっしゃると思いますが、お休みの皆様は満喫していますか~?
私は、仕事から解放されやりたいことをやって満喫しています☆

昨日は雨でしたが結局チャングムの誓い展とHABUさんの写真展へ行ってきました。
HABUさんの写真展は本当に良かったです!
喧騒とした空気から離れて、いろいろな表情の空を見られるのってとっても贅沢。
もちろん杉さんの音楽もステキで、HABUさんの写真を更にステキに演出していました(^^)
ゲストノートに杉さんと小泉さんの名前を発見しましたよ。

今日は朝から英会話へ行って久々に充実のレッスン。
楽しかったです。
午後から某Sちゃん参加の第54回ザよこはまパレード(国際仮装行列)を見に行きました。
ばっちり携帯動画で撮影してまいりました*^^*
今度某Sちゃんに会うときに見せてあげようっと。

パレードの後、出かけていた夫と合流してランチへ行き、そのままドライブへ行きました。
天気が良かったのでドライブ日和でした☆
5月28日午後7時からTVKで今日のパレードとスーパーエキシビジョンの様子が放送されます。
TVKが見られる地域の方、ぜひご覧ください*^^*

#某Sちゃん、もし家で見られないなら録画しておきますよぉ♪

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2006.05.02

写真展『空の色』と『チャングムの誓い』展

G.Wの谷間に平日の今日。
雨ですね・・・。
昨日は30度を越えた首都圏ですが、今日は涼しい上にけっこう大降りの雨と雷が響いています。

4月29日から青山のベルコモンズ10階で開催されているHABUさんの写真展『空の色』。
今回も杉真理さんがこの写真展のために書き下ろした曲が使われています。
5月7日までなので今日、行ってこようと思っているのですがこのお天気(>_<)
外が雨でもHABUさんの写真で青空や夕焼けをみたら気持ちも明るくなれるかしら・・・?
でも、どうせならHABUさんの写真を見終わって外へ出た後も青空や星空が広がっている方がいいなぁ・・・なんて思って、今日行こうかどうしようか迷っています。

それから、日本橋三越にも行きたいなぁ。
小泉さん出演の絹子ちゃんLiveが行われた越後屋ステーションは終了しましたが、今日から12日まで、韓国の大河ドラマ(?)『宮廷女官チャングムの誓い展』が新館7階ギャラリーで開催されています。
大人気のドラマなので混みそう~。
実は、昨日職場で招待券をいただいたのでなんとかG.Wの間に行きたいなぁと思っています。
雨が弱くなるようだったら、今日行こうと思います。

明日は第54回ザよこはまパレード(国際仮装行列)お友達が出場するので、観に行く予定です*^^*

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.05.01

アクセス解析。

今ではさまざまなHPやブログでも使われていて、珍しくなくなったのが「アクセス解析」。
HPの開設やブログの開設をしたことがある方なら、殆どの方がご存知ですよね。

初めて「アクセス解析」が登場したときは、本当に感激しました。
なんてスゴイものを作るんだろう・・・と。

ご存知ない方のために簡単に説明すると、そのHPにどうやってたどり着いたのか、どんなPCの人なのか、プロバイダーはなにかなどがわかるシステムなのです。

たとえば「Yahoo! Japan」で「手話」で検索してきたMacを使っているプロバイダーはぷららのヒトで、このページの訪問は2回目。
・・・な~んてことがわかるのです。
私の管理するページではそれぞれアクセス解析をつけています。
どんな単語で検索してくるヒトが多いとか、Google利用者が多いとかわかります。
私はHPで商売をしているわけではないので、アクセス解析を更に活用して売り上げアップ!とかはないですけれど、知らない方がリンクしてくれているのをアクセス解析から知ったり、IPアドレスもわかるのでまぁ色々と便利です(笑)

このブログでもアクセス解析を自分でつけましたが、近い将来ココログの機能としてアクセス解析が標準設置になるようなので、どんな解析ができるのかちょっとした楽しみでもあります。

みなさんはどんな風にアクセス解析を活用してるのかなぁ?
ちなみにこのブログは話題がぐちゃぐちゃなので「松尾清憲」「ヴォーリズ」「ドシル」「手話」「手話サークル」「小笠原邸」「神通研」「もったいない」「杉真理」など検索単語は多岐に渡っています(笑)

建築のサイトだと、大学や研究機関の方が見ている率が高いので調べ物などをしていてたどり着くんだろうなぁと想像しています。
でも、どのサイトを見ても最近はYahooBBを使っている方が多いような気がします。

まだADSLなわが家としては、YahooBBやテプコ光など魅惑がいっぱいです(笑)
そうそう、先日ウメさん姫ちゃまにご紹介いただいたサクサクビデオチャットできるSightspeedに登録してみました。
ろう者にも勧めてみようと思います☆
しばらくはADSLでがんばります^^;;

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »