« ダイエット方法。 | トップページ | コンタクトレンズ »

2006.06.24

Fortnum&Mason

わが家は紅茶党です。
私は特にミルクティが好きで、夫はストレートで飲むのが好きみたいです。
大好きなケーキを食べるときは、ウエッジウッドのティーカップに紅茶をいれて、スージークーパーのお皿にケーキを乗せて食べることが多いです^^;;

最近の私は、宿泊を伴うような出張がなくなりましたが以前は(特に20代半ばの頃)年に2回は海外出張がありました。
紅茶や烏龍茶を良く買ってきた想い出があります。

私の職場は、比較的海外出張をするヒトが多い職場ではないかと思います。
毎回、いろんなヒトが色々な国のお土産を買って来てくれます。
ここ1年のお土産で一番のお気に入りが、イギリス出張の時のお土産で、Fortnum&MasonのWILD STRAWBERRY( Fruit Flavour Tea)という紅茶です。
缶も赤くて図柄にワイルドストロベリーの絵が描いてあってかわいいです。

Fm_strow_1

乾燥させた苺の実がふんだんに入っていて、とってもいい香りがします。
紅茶の味と苺の香りがいい感じに調和して、気持ちが落ち着きます。
この紅茶、お気に入りで毎日職場で飲んでいたので一缶125gがあっという間になくなってしまいました。
日本でも買えないかなぁと思って、あちこちのデパートを見ましたが店頭では見つかりませんでした。
日本のネット通販で1缶2,700円というのを見つけたけれど、まだ買っていません^^;

あと、中国土産で頂いた中国緑茶がとても香りが良くて口当たりも滑らかでおいしかったです。
こちらは、北京大学近くの百貨店の中にある量り売りのお茶屋さんで購入してきてくれたそうで、あまりにおいしかったので誰か北京へ行くときにはまた買って来てくれないかなぁと思っています^^;;

みなさまお気に入りのお茶があったらぜひ、教えてください(^^)
まぁ・・・湿気の多いこれからの季節はつい温かいお茶よりも冷たいものに手が伸びてしまいますけれど・・・^^;;;

|

« ダイエット方法。 | トップページ | コンタクトレンズ »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

最初に入った職場をやめる時、ウエッジウッドのカップ&ソーサー(ピーターラビットの)を頂いたんですが、その時は『ウエッジウッドが何やら?』って感じだったんだよね~(笑) 

その後・・・

以前の職場では『フォション』の紅茶をよく飲みました。
家では、リプトンのティーパックですけど(笑)

投稿: みきぼう | 2006.06.24 16:07

母はよくハロッズを買ってきてますね。
身近なところでおすすめは、「カレルチャペック」。
http://www.karelcapek.co.jp/
紅茶好きな方はご存知かも。
クッキーと一緒に、ちょっとした餞別とかに使ったりします。

私は珈琲党なんです。
喫茶店でおいしく飲める確率は紅茶より珈琲の方が高いし。

投稿: 妃な香 | 2006.06.24 22:20

★ みきぼうさん
ウエッジウッドのピーターラビット、いいじゃないですか(^^)
かわいいですよね♪
そういえば、昔異動するときピーターラビットのぬいぐるみをもらったことがあります^^;;
なんでぬいぐるみだったんだろ~(笑)

フォションの紅茶も時々買いますよぉ。
マリアージュフレージュの紅茶もおいしいですよ*^^*

★ 妃な香さん
カフェめぐりが趣味ですもの、やっぱり珈琲ですよね(^^)
街歩きして、みんなでお茶しても珈琲を注文していたような記憶があります・・・。
私は職場では時々コーヒーメーカーで珈琲を入れますが、家では飲まないんです・・・謎ですね~(笑)

投稿: ドシル | 2006.06.24 22:54

すでにご存じかも知れないけど、私は『lupicia』を飲んでますよ。
http://www.lupicia.com/

種類も豊富だし、お使いモノとしても使えるし、私もよく使ってます。

投稿: きよきよ | 2006.06.25 12:12

★ きよきよさん
へ~っ。
lupicia、知りませんでした。
本当に色んなお茶がそろっていますね!
ありがとうございます。
今度お茶を買うとき、利用してみますね*^^*

投稿: ドシル | 2006.06.25 18:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/10646211

この記事へのトラックバック一覧です: Fortnum&Mason:

« ダイエット方法。 | トップページ | コンタクトレンズ »