« 補聴器の日!? | トップページ | 激動の1週間 »

2006.06.08

エレベーター事故

先日、都内で起こった痛ましい事故。
シンドラー社のエレベーターが誤作動して、男子高校生が亡くなりました。
本来、動くべきではないエレベータの扉が開いた状態でエレベータが動いたことにより、天井に挟まれての圧死でした。

問題なのは、事故原因がはっきりしていないことではないでしょうか。
そもそも、日本では日立や三菱、オーチスなどのエレベーターは見ますが「シンドラー社製」のエレベーターは見たことがありません。

21年前に日本で発売を開始し、現在国内では1%ほどのシェアしかないようです。
ところが世界的に見るとシェアは2位ということで驚きました。
日本では、入札で決定する公共施設や学校などで採用されていることが多いらしく、そのことからも不特定多数の方が、シンドラー社の製品の乗り合わせる可能性があることになります。

県営・市営住宅、市役所、警察署、消防署、学校などなど・・・みなさんの周りのエレベーターはいかがですか?
今まで、気にならなかったのについチェックしてしまったヒトもいるのではないでしょうか。
会見や報道を見る限り、シンドラー社側に誠意が感じられないような気がします。
ニューヨークや香港でも誤作動による死亡事故が起こっていたことまでわかってきました。

公共施設は安く作ることも大切ですが、信頼できる業者なのかどうか確認するのも重要ですよね。
難しいことだとは
アメリカでは100件にも及ぶ訴訟を抱えているこの会社、今後きちんと事故原因を究明してくれるのか、日本国内では、同型のエレベーターがどこに設置しているのか情報開示をしていただけたらいいのにな・・と思います。
まぁ・・そんなことをするとパニックするヒトもいるかも知れないので難しいところですが、単純に「シンドラー社」が悪いのか、同社製品であってもたまたま同機種に事故が多いのか、そういった情報を開示することは必要ではないかと思います。

とりあえず、大切な将来有望な高校生の命が亡くなってしまったという事実を受け止めてきちんとした対応と保障を行って、再発防止につとめてもらいたいと思います。
シンドラー社のエレベータを使っている東京工業大学では、今頃学生も教職員も大騒ぎなんだろうなぁ・・・と、TVを見ながら思いました。

|

« 補聴器の日!? | トップページ | 激動の1週間 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

これを聞いて思い出しましたよ
某ビルの低層階のエレベータはシンドラーでは
ありませんが、いつの間にやらメーカ名が消えて
いました。

閉じこめなどは1回だけ聞いたのですが
それよりフローコントロールが悪くて
なかなかこないのでぶーぶーだったので
消したのかな

投稿: はす | 2006.06.09 07:31

足が不自由で毎日エレベーターに毎日乗っているだけに怖い。
駅や街に設置されているエレベーターなんかメーカーまで気にしてないし・・・
安さより、効率より安全を重視して欲しいです。

投稿: じょんた | 2006.06.09 08:22

★ はすさん
あのぉ・・・。
メーカー名が消えているってどんな状態!?
意図的に消したってことですよね^^;;
いやだー。

★ じょんたさん
システムやコンピュータの誤差動って、本当に怖いですよね。
足が丈夫なワカモノだって、たった1階上り下りするのにエレベーターを
使っている今日この頃です。
まして、必ず利用する必要がある方(足が不自由とか、超高層階に居住しているとか)にとっては、早く解決して欲しい問題ですよね。

投稿: ドシル | 2006.06.09 15:14

うちの会社はシンドラーではないですが(某日本製)、過去に変な作動をしたことがあるらしいです。
16F建てのビルなんですが、10F以上に行こうとしたら突然止まってすーっと1Fへノンストップで降りたらしいです。
定期的に点検もしてるのですが…。
私も10F以上のフロアで勤務しているので、どうしても乗らないとならないし、おっかないですね( ゚Д゚)

投稿: 妃な香 | 2006.06.09 23:03

うちの旅館のエレベーターは、あんまり聞かないメーカーですよ(^_^;)

「クマリフト」
っていうメーカーの、
「コグマ」(表示は「KOGMA」)
っていう名前なんです。・・・かわいい・・・

投稿: うめなお | 2006.06.10 07:49

★ 妃な香さん
1階までノンストップで降りてくるって・・・。
そのスピードにもよるけど不安だし恐怖ですよね(>_<)

★ うめなおちゃん
ホント、かわいいね~*^^*
熊が乗っても壊れないってことかしら?(笑)
それとも、熊がエレベータを動かしているのかなぁ???(笑)

投稿: ドシル | 2006.06.10 10:34

ドシルさん

最初は書いてあったんですが、削られて無くなりました。
ちなみに低層と高層はメーカーが違ってまして。高層のほうが
アナウンスが丁寧だとかいうことがありましたが

なお、コンピュータはそう簡単には誤作動しません(笑)。
間違ったプログラムを書く人間がいてその指示どうり
動くんです。フェールセーフってのが取りにくい構造
なんですよ。コンピュータやブレーキが原因になるなら
機械的にでもドアが開いていたら動かないようになって
ないといけないと思うんですけどね

投稿: はす | 2006.06.10 22:39

★ はすさん
なるほど!
そうでしたぁ。はすさんはエレベーターとは関係ないけど、コンピュータがご専門(?)ですよね(^^)
まだまだ、この事件尾を引きそうですね。
それにしても・・・。
同じビルでも、高層と低層でメーカーが違うんですね~。
今度、色んなビルを注意してみてみよう!

投稿: ドシル | 2006.06.12 00:16

ブレーキが1系統しか無いでしょう.
航空機は制御系は3系統以上,鉄道もある事故を
教訓に現在はブレーキを3系統持っています.
それに比べてたった1つの系統しかなく壊れても
フェールセーフに倒れないようですね.

そう考えると怖いですね.

投稿: はす | 2006.06.12 00:57

★ はすさん
あのぉ・・・専門用語が多すぎて理解不能^^;;;
1.1系統ってことはブレーキがひとつの方法でしか利かないってこと?
2.フェールセーフってなぁに?
(1つ前のカキコでも思ったのだけど、聞くの忘れましたm(__)m)

投稿: ドシル | 2006.06.12 00:59

そうです。1つ壊れたら終わりじゃ困る訳です。
エレベータがもし、いま報道しているブレーキしか無ければ
それが壊れたら絶対に止まらないじゃないですか
機械って絶対に壊れる訳です。いくら点検をしてもね

フェールセーフは壊れたら安全側に倒れることをいいます。
鉄道信号は壊れると赤になるように設計されています。
最近は赤=安全といえないのではという議論もあるようですが
一応そうなっています。飛行機はエンジン止めちゃうと
落ちちゃうので別の概念がありますがエレベータはなにか
あったら止まるべきでしょう。実際、自分の故障じゃない場合(火災、地震)は動きはちょっ
と違うけど止まってドアが開くようになっているはずです
でも、自分が壊れた場合は想定されてないのかなと思います

一応、本当はブレーキにバックアップはあるかも知れませんが
報道からみるとなさそうに感じるので

投稿: はす | 2006.06.12 02:07

★ はすさん
なるほど。
ありがとうございます。
勉強になりました。

確かに、飛行機もエンジンが1つ2つ止まってもまったく運航に支障はないと
いいますよね。
危機管理として、いくつかの方法や故障の場合は安全な方向で止まるというのは大切なことですよね。
今まであまり考えたことがなかったけど・・・。

投稿: ドシル | 2006.06.12 10:22

念のためのコメントですが

エンジンが止まったら『運行には支障』があります.
『安全には問題がない』ということです.
一般にエンジンが4つの場合,離陸時は1つ,巡航時は2つの
エンジンが故障しても安全には問題がないです.
2つの場合は,離陸時,巡航時に1つ故障しても安全に問題は
ありません.ただし、2エンジン機は空港から60分以上の
距離の海上を巡航することはできません(航空機と航空会社
が認定されれば延長は可能でいまは最大207分までかな?)

よく言われる機長とコパイは別の食事を取る等の多重化は
機械だけでなく人間にも及んでいるのが飛行機の世界です

投稿: はす | 2006.06.13 01:00

★ はすさん
ありがとうございます(^^)
「運行に支障がない」と「安全に支障がない」ではニュアンスが違いますよね^^;
なるほど。
飛行機、けっこう乗りますが(はすさんほどじゃないけど)かなり無頓着な私です^^;;;;

投稿: ドシル | 2006.06.13 09:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/10445768

この記事へのトラックバック一覧です: エレベーター事故:

» シンドラーのリスト [沖縄観光]
第二次世界大戦中のシンドラーは多くの人々の命を救いましたが、 今日のシンドラーは多くの人々の命を脅かしていますね。 どこまで増えるのでしょう、このリストは・・・。 [続きを読む]

受信: 2006.06.14 14:42

« 補聴器の日!? | トップページ | 激動の1週間 »