« エレベーター事故 | トップページ | 全国ろうあ者大会IN静岡 »

2006.06.09

激動の1週間

本当に、今週1週間は激動でした。
いや、激動っていうか私の体力が落ちたのかしら^^;;;

なんとも手話にどっぷりと浸かった1週間でした。
サークルや会議や学習会etc...手話を見ない日はなかったかも(汗)

先日、東京都聴覚障害者連盟で発行している「手にことばを」の初級テキストが新しくなったので、取寄せてみました。
とても見やすくて良い感じです。
サークルでも機会があったら、初心者向けに使えたらいいなと思います。
そんな打合せをしながら、昨日も夜遅くまであーだこーだとろう者数名とお茶をしながら話しました。

そのとき、エレベータの事故の話も出たのですがエレベータに閉じ込められた時、インターフォンで外部と話せないろう者はどうやってその事態を外部に連絡すればいいのでしょう?

エレベータの扉に窓がある場合は、誰かに気づいてもらえる可能性がわずかにありますが、窓がない場合はどうでしょう???
携帯で連絡する?
でも、エレベーターの中って圏外のことも多いですよね。
エレベータ内のインターフォンが、TV電話みたいになっていたらいいのになって思います。

聴こえないヒトで、エレベータに閉じ込められた経験がある方がもしいらしたら、ぜひ体験談をお聞かせください。
新潟中越地震の時の時間帯だと、そんな経験があるろう者がいるかもしれませんね。

話題が飛びますが、今月末にサークル主催の懇親会を行います☆
申し込み状況は上々で、ただいまろう者と聴者がぴったり半分。
今、入門で挨拶や自己紹介をがんばっている手話初心者のみなさんが、当日は実践で多くのろう者に、自己紹介したり名前を聞いたりして、コミュニケーションをはかってくれるといいなと思います☆

初めて会うろう者に、手話が通じた感動をぜひぜひ味わって欲しいです♪

|

« エレベーター事故 | トップページ | 全国ろうあ者大会IN静岡 »

手話いろいろ」カテゴリの記事

コメント

エレベーターというと、前に落ちた試験内容が、改修工事の際のうろう者の質問と要望、これを思い出します。
受けたその日におちたことを確信したのですが、内容を読み取れたかたがたの会話から、エレベータにガラス窓とかモニターのようなものがあれば、非常のときも対応できるから、ぜひ設置してほしいというものだったようで、がっくりうなだれて帰宅したわがマンションには、
ガラスはもちろんですが、中が見えるモニターが最上階と一階に設置されていまして。なんだか、二重にがーんときてしまって。
こういう、自分の身近にある仕組みにめをむけるとこからはじめなきゃなと
反省したのを思い出します。
「ここが変だよ、いまの社会」と題して、ろう者に聞きたいところだなぁ。

投稿: りこ | 2006.06.15 22:34

★ りこさん
「ここが変だよ、今の社会」面白いかもー。
きっとろう者にはたくさんの「不便」があふれているんでしょうね・・・。

りこさんとこのエレベーターはさすがだなぁ。
うちは窓はついてシースルーっぽいけど、モニターはありません^^;

職場のエレベータはメインが3基あるけど窓はないです・・・。
旧館のエレベーターは車椅子も乗れないよぉ(泣)

投稿: ドシル | 2006.06.15 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/10452388

この記事へのトラックバック一覧です: 激動の1週間:

« エレベーター事故 | トップページ | 全国ろうあ者大会IN静岡 »