« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月の投稿

2006.07.31

マトリョーシカ

私は高校まで北海道で育ったせいか、旧ソビエト連邦・・・現在のロシアに興味があります。
一度は行ってみたいという想いが、どこかにあります。
特に、聖ワシーリイ寺院は実際に見てみたいです。

私が子供の頃住んでいた家にはペチカがありました。
暖炉ではなく、ストーブと繋がっている壁式ペチカでした。
残念ながら写真が見つかりません。
ペチカのある居間は、私のお気に入りの場所でした。

学生のとき、第二外国語でロシア語を取ろうと思ったのですが取れなくてスペイン語を取りました。
ロシア語はいまだに一度も勉強をしていないので、スペイン語と似ているのかどうかも判りませんが^^;;;
確か、日本人には発音しやすいからという理由でスペイン語を取った様な気がします(>_<)

私の勤務先には、時々ロシア人がやってきます。
ロシア人が日本へ渡航する際には査証の手続きがあれこれあってめんどうです^^;;
ロシア系アメリカ人なんて言う人も時々います。
そんな人たちがお土産にくれるのがマトリョーシカ。

色んな種類がありますが、お土産用の工芸品の中には中に人形ではなくウォッカが入っているものもあったりします。
今、私のオフィスの机の上にはちょっと大きめのマトリョーシカがいます^^;;
この子の中は、元はウォッカでしたが今は他の青いマトリョーシカを入れて保存しています^^;;

Matochan_1

お土産用なので、手書きのお顔ではないようですがお目目パッチリでなかなか愛嬌があるでしょう(^^)
仕事の合間に、この子を見ながら働いています^^;;

マトリョーシカの後ろに、とぼけた熊がいるのがわかります?
本来、メモを持たせるものらしいのですが私はジャマなマウスのケーブルを持たせています^^;;;
ちなみに熊が座っている椅子は、本当は携帯電話を置くものらしいです・・・。
何もかも本来の役割を果たしていないのですが、まぁそれなりにそれぞれの使命を全うしています(笑)

さて・・・。
私がロシア訪問できるのはいつのことでしょう?
まぁ、気長にね^^;;;;

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006.07.30

『迂路』上映会&受賞報告会

今日は桜木町で、那須英彰さん主演のデフムービー『迂路』の上映会がありました。
映画の上映時間は1時間弱くらいで、その後トロント国際ろう映画&芸術祭で最優秀賞などを受賞したことについての報告会や、トロントでの映像の上映会も行われました。

監督の大館さん他映画の出演者のみなさんからのお話もちょっとづつあったりして、楽しかったです。
司会は早瀬久美さんでした。

会場には小学生くらいの子供も来ていましたが、映画の内容はちょっと難しかったかな?と、思います。
デフムービーは効果音もBGMも、映像に付随する足音やドアを叩く音などなどすべての音がありません。
なので、会場内のちょっとした音や話し声なども気になったりすることがあるので私の必殺技(?)耳栓をしながら鑑賞させていただきました(^^)

私は映画の専門家ではないので、偉そうなことはいえませんがカメラの撮影角度・・・いわゆるカメラワークが非常によく、主人公の心情などをカメラのアングルで表現している部分があり、感心しました。
手話がセリフとして自然に存在する感じだし、かといって「聴覚障害」がテーマというわけでもなく違和感なく手話が目入る感じです。

個人的には、主人公のお父さんの会社の部下の表情の変化がとても気に入りました*^^*
次回作にも期待しています☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.29

はまっています^^;;;

ここ1週間ばかり「皿打 Sara-da」というのにはまっています。

これは手話仲間のsoraちゃんが少し前にmixiで紹介していたのですが、やってみたらすっかりはまってしまいました^^;;;

キーボードを正確に打てば、ゾロゾロ登場する小人(?)をやっつけて食料を守れるというゲーム感覚でできるキーボード練習です。
はじめはのろのろ登場する小人ちゃんたちですが、後半はワラワラとやってきて思わず熱くなってしまいます。
最後に得点がでますので、みなさまぜひチャレンジしてみてください。
ちなみに私は11200 POINTくらいが限界です^^;;;

ちゃんとしたブラインドタッチじゃないのがよぉおおく判ります(汗)
みなさまもぜひ!お試しくださいね。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006.07.28

ブログも役立つ!?

今週のサークルは、いつもより参加者数が少なかったけれどその分、みんなが手を動かしていたような気がします。
講師をお招きしてのテキスト学習を行ないましたが、一昨年出産した聾の女性が赤ちゃんを連れてサークルに遊びに来てくれました。

赤ちゃんは1歳半くらい。
久々に会えて嬉しかったです*^^*
「ベビーサインや手話を覚えた?」と聞くと「おいしい」だけは覚えたとのこと。
1歳半くらいでも、味はわかるのねぇ~^^;;;

定例会中に私もだっこさせてもらいました。
とにかく人見知りしないので、誰のところへいっても泣いたりしないので頼もしいです(^^)

本当に久々に遊びに来てくれて嬉しかったんだけど、顔を出そうと思ってくれたきっかけのひとつにブログがあったようなのです。
色々な事情で、サークルに来られなくなる人もいますが時々、思い出してインターネットで検索してくれるのはとても嬉しいです。

定例会の後、みんなで近くのファミレスへ行きました。
ちびっこはお子様メニューとにらめっこ。
また、時間のあるときに遊びに来てくれるといいなぁと思います。

なんだか、疲れていたのですが元気ももらいました(^^)
8月もがんばろうっと。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.07.27

東京国際フォーラム

先日書きましたが、有楽町の東京国際フォーラムで開催されたHITACHI uVALUEコンベンション2006に行ってきました。

今日は仕事もそこそこに、暑~い中いざ!有楽町へ!
・・・気合を入れすぎて、予定よりかなり早く到着しました^^;;

私の一番の目的は「手話でご案内する展示会場の見学ツアー」です。
私が申し込んだのは15時スタートの回でした。
でも、私が会場に到着したのは13時半ごろです^^;;;

展示会には久々に行きました。
せっかく早くついたので、下見を兼ねてぶらぶらしようと思い会場に入りました。

まず驚いたのは、事前登録者の入場がとてもスムーズなこと。
色々な展示会に行きましたが、大概は事前登録者であっても名刺が必要だったりして手間がかかるものです。
ところが、さすがですね~。
ただの紙切れにしか見えない登録証が、カードリーダーでピッ!とデータを読み取って簡単に入退場ができる仕組みになっていました。
飲み物のサービスや抽選会もすべて、それでできるという優れものでした。

「手話でご案内する展示会場の見学ツアー」でも回るのですが、やっぱり個人的に見ておきたかったので手話アニメーションや「聴覚障害者向け胃部X線検査システム」を見に行きました。
そこでろう者スタッフの方から、説明を受け始めた時、べぇぇさんが私を発見してくれて久々にお会いできました*^^*
ありがとうございます♪

全日ろう連の手話辞典をまるごと手話アニメーションで見ることができる手話アニメーションソフト「MimehandII」は動きはスムーズだし、3Dだから色々な角度から手話が確認できるし、手の動きだけではなく眉の動きや目の動きもしっかりついていてびっくりしました。
すごいなぁ~。
しかも、単語だけではなく「今日はいい天気ですね」のように文章を入力しても、手話に翻訳してアニメーションが表現してくれるからオドロキです。

とにかく「手話でご案内する展示会場の見学ツアー」が始まるまでの間、色々な会場を巡って楽しみました。
いよいよ、15時が近くなり集合場所へ行くとツアーに参加される方がたくさん集まっていました。
ろう者スタッフも大勢いて、あちこちで手話が飛び交い楽しかったです。

ツアーの途中、日立製作所の年配の社員らしい方が他の方に説明している言葉が聞こえてきました。
『時間を決めて、こうして聴覚障害者向けの手話での説明ツアーを行っているんですよ。ボクはまったく判らないけれど、手話で非常に丁寧に具体的な商品説明をしているそうですよ。』ですって。

大混雑の会場内での「手話でご案内する展示会場の見学ツアー」は、スタッフのみなさんは色々気を使って大変だったと思いますが、本当に楽しかったです。
日立の商品の手話表現のプリントはさっそく、サークルで使わせていただきます*^^*

買い物に便利なシステムや交通関係のシステムなどなど「へぇ~」ってものがとにかくいっぱい!!
何より感心したのが、日立のTV「Wooo」だっていう自分がちょっと情けないけど^^;;;

とにかく、スゴイ!
画像はきれいだし、録画は簡単・大容量でデッキ要らずだし字幕も簡単につくしすごいなぁと思いました。
あと、今日学習したのは「プラズマ」と「液晶」のそれぞれの長所!
感心することばかりでした。

本当に勉強になりました☆
またこういう機会があったらぜひ参加したいなぁと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.26

横浜海岸教会

みなとみらい線日本大通駅から程近い、開港広場に面して建っている横浜海岸教会。
この教会の歴史は、明治4年にアメリカ人宣教師J.H.バラとS.R.ブラウンが建てた日本で最初のプロテスタントの教会堂に始まります。

当時の教会堂は残念ながら関東大震災で倒壊し、現在の教会堂が再建されたのが昭和8年。
こんな歴史がある建物なので、当然横浜市認定歴史的建造物に認定されています。
鉄筋コンクリート造3階建ての真白い壁の教会は、近年ではビルに囲まれていますが印象的な三角の鐘塔が特徴的で、ゴシックを基調としたかわいらしい外観は観光客の目にもとまるでしょう(^^)
すぐ近くには大桟橋や山下公園もあり、中華街もそう遠くはありません。

夜はライトアップされて、昼とは趣が変わります。
正面から撮影した写真は、いろいろなところで見ることができるのでちょっと違った角度からの写真を掲載してみました☆(クリックすると大きくなります)

Vfsh0039


上から見ても、かわいらしいですよね(^^)
ここでの結婚式はとても人気があるようですよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.25

術後3ヶ月検査の結果

1ヶ月ほど前、手術後初の細胞検査を行ないました。

細胞診の結果、一応(!)異常なしとのことでひとまず安心。
病変部位はすべて切除できた模様だけれど、切除面の状態がまだはっきりしないので、すべて切除できているかどうか確定ではないといういや~なお言葉をいただきました^^;;

切除面がはっきりしないというのは、レーザー切除のため表面が焼けて(?)いるので、その部分が正常なのか病変部位なのか特定が難しいということのようです。
まぁ、一般的には大丈夫だろうということでしたが、大事をとって今度は4ヵ月後に再検査とあいなりました。
・・・めんどくさいけど仕方がない(>_<)

今日は検査結果を聞くだけだったので、思いのほか早く終わってしまい、仕事は午前中お休みをとったので、ちょっとのんびりしてしまおうと思って、骨盤矯正へ行きました^^;;

とっても久しぶりの骨盤矯正。
私の場合、骨盤のゆがみで左足の方が7ミリ短いといわれました(汗)
一応、矯正してもらいましたがこまめに通わないとすぐ戻ってしまうんですよね^^;;
次はいつ行けるかなぁ・・・・?

とりあえず、スッキリしました☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

HITACHI uVALUEコンベンション2006

7月26日~27日の2日間、東京国際フォーラムで「HITACHI uVALUEコンベンション2006」が開催されます。
難しいことは良くわかりませんが・・・^^;;
(株)日立製作所の事前登録制の展示会だと思います。
色々なセミナーや講演会があるようなので、通信やIT関係の方たちにとって先駆的なお話が聞けるのではないかと思います。
専門的過ぎて、私はタイトルを見ても良くわからなかったりしますけれど^^;;

日立製作所といえば、手話アニメーションの開発などで有名ですよね。
今回の展示会でも「手話でご案内する展示会場の見学ツアー」というのが開催されます。
日立製作所社員の、ろう者が交代で手話で展示会場を案内してくださるのだそうです。
興味津々!
展示会場といえば新しい言葉や商品名、技術の名前など色々出てきますよね。
果たして、手話の説明についていけるかどうか判りませんが行ってきたいと思います。

1ヶ月ほど前に事前申込をして、先日受講票(?)が届いたので今からドキドキしています。
特に手話で説明していただけるゾーンの中に「聴覚障害者向け胃部X線検査システム」というのがあります。
聴覚障害者向けの検査システムってどんななんだろ~。
楽しみです。
感想などはまた、後日ご報告したいと思います☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.24

研究班とサークルのコト。

なんだか慌しい週末でした。
8月27日に行われる神通研集会前、最後の研究班定例会がありました。
当日の流れをしっかり頭にいれておかなくては・・・大丈夫かなぁ。
自分に自信がなかったりして^^;;;;
神通研集会の参加申し込みは8月10日です☆
分科会は以下の通りですので、ぜひぜひご参加ください。

第1分科会 「手話サークル」
第2分科会 「手話講習会のあり方」
第3分科会 「聴覚障害者と医療」
第4分科会 「入門ゼミナール」
第5分科会 特別分科会(手話通訳養成と派遣制度の改革)

第4分科会のみ、非会員も参加可能です。

研究班の定例会では、集会の打ち合わせの他いつものように地域の情報交換をしました。
来月、私の所属するサークルでも講演会を行いますが、それぞれの地域のサークルで色々な企画があり、スケジュール調整が大変!
時間の許す限り、参加して勉強したいなぁと思います。
各サークルのみなさま、よろしくお願いしますm(__)m

先週、今週とサークルでは声だし禁止学習を行いました。
回数が重なるごとに、みんな慣れてきたようです。
先週と今週はダイヤル・サービス(株)が無料で発行している小冊子『聞こえないってどんなこと?』を使って、この冊子に出てくる言葉の意味を手話で説明するということを行いました。
ノーマライゼーションやバリアフリー、要約筆記などなど・・・。
その意味を説明するために、具体的に情景描写などしてみんながんばっていました。

特に「バリアフリー」から発展して、「みんなの考える聴覚障害者のバリアフリーとは?」なんてことを話し合えたことも良かったような気がします。
あとは「中途失聴者」の説明から、日本手話と日本語対応手話のお話になったりろう者からも聴者に使う手話とろう者同士の会話で使う手話を使い分けているお話などが出ました。

週に1度サークルでしか手話を使わないヒトにどれくらい、理解してもらえたのか不安もあるけれど、こうやってサークルで話し合うのは大切だなぁなんて思います。
もうちょっと、学習だけじゃなく色々な行事にも参加してもっともっとろう者と交流してくれるヒトが増えるといいんだけどなぁ。
サークルの醍醐味は学習より交流だけど、どこのサークルも人手不足なのは一緒ですね^^;;;;

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.07.23

詩子ちゃんのライブ 第2弾

Tapiola_3

詩子ちゃんの久々のライブ第2弾のお知らせです☆
8月6日(日)午後7時より、杉並区阿佐ヶ谷のシンフォニーハウス「タピオラ」行います。
お茶、お菓子付きのライブで要予約(03-3223-0069 )です。

小さなお店でのアットホームなライブなので、お早めにご予約くださいね~。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.22

夫婦時間-おふたいむ-

横浜市内のケーブルテレビに加入している方なら見ることができると思いますが、「夫婦時間」と書いて「おふたいむ」と読むタイトルの番組があります。
※参照ページ「iTSCOM」の番組紹介「夫婦時間-おふたいむ-

時々ちらっと見ることがあります。
私の憶測ですがこの番組のコンセプトは、団塊の世代が定年退職後にゆったりとした夫婦の余暇を過ごせるように夫婦で楽しむ時間の過ごし方を提案しているのかなぁと思ってみています。
確かに、何十年も一緒に暮らしていると時間をもてあましそうですよねぇ^^;

iTSCOMの番組紹介を見ていただくと判るのですが、特別年齢を限定しているわけではありません。
でも、なんとなくちょっと懐かしい雰囲気の場所の紹介が多いかなっと思っています。

ここ数年昭和ブームというか回顧ブーム的なところがあるので、夫婦に限らず若いカップルのデートにもいいのかもしれません。
神田の古本屋さんあたりは、若いヒトが訪れるかどうかは謎ですが^^;;;

今はつい、ネットで本も買ってしまいますが神保町あたりは学生時代よく足を運びました。
古本屋さん独特のにおいがなんだか懐かしいです。

数年前に、夫と近代建築関係の本を探しに行ったきり神保町へは行っていませんが、久々にあの辺りを歩きたくなってしまいました。
みなさまもぜひ、お散歩の参考にしてみてください(^^)

梅雨が明けると暑くて散歩なんかしたくなりますけど^^;;;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.21

デフリンピック・女子バレー日本代表

松井さんがデフリンピックのコメントを下さったので、改めて記事にしたいと思います。

オリンピックやパラリンピクはみなさん聞いたことがあると思いますが、同じように4年に1度のスポーツの世界大会「デフリンピック」というのがあります。
「Deaf」は英語で耳が聴こえないことを意味します。
聴こえないヒトたちのオリンピックが「デフリンピック」です。

前回の大会は昨年オーストラリアで行われました。
日本人選手も活躍したんですよ~。
次の大会は2009年の台湾大会です。

7/18付けの神奈川新聞に掲載され、神奈川新聞のブログ「カナログ」にも掲載されていますが、女子バレーデフリンピック日本代表の監督に就任した県立平塚ろう学校の吉田浩司教諭が、渡航費などの捻出のため、「デフリンピック応援Tシャツ」を作成したそうです。

パラリンピックと比較して知名度が低いので、スポンサーがつきにくいようで、資金不足なようですので、もしここをご覧になったどこかの企業の社長さんや広報などご担当のみなさまがいらしたら、ぜひご協力お願いしますm(__)m

Tシャツや支援についてのお問い合わせは以下の通りです。
県立平塚ろう学校の物井さん宛 FAX0463(32)1646
連絡の際は、氏名と返信先ファクス番号などを記入してください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.20

ウィーンのおみやげ

夏が近づくと海外出張が盛んになってくる私の職場では、先週1週間ウィーンへ出張していた方が帰ってきました。
おみやげにモーツアルトのチョコレートを買って来てくれました。

Amade

モーツアルトチョコレートというと、オーストリアの定番のお土産な印象がありますが、実際のところどうなんでしょう?
モーツアルトチョコレート以外に、オーストリア土産が思い浮かばない私です^^;;;
オーストリアに行ったことがないもので・・・(汗)

モーツアルトの顔がずらっと並んでいるのを見ると、ちょっぴり気持ちが悪いです。
でも、おいしいチョコレートですよ(^^)

モーツアルトといえば今年は、モーツアルト生誕250周年なのだそうです。
そんなわけで、モーツアルト生誕250周年記念のサイトもあります。(Link*)

私はクラッシックのことは全然判りません。
クラッシックでは何が好きかと聞かれたら、チャイコフスキーとモーツアルトと答える程度です^^;;;

チャイコフスキーの「くるみ割り人形」はバレエを観たこともあって、子供のころから好きでした。
モーツアルトの曲はオペラで歌われることが多い気がするのですが、どうなんでしょう?
「フィガロの結婚」や「魔笛」は有名ですよね。
モーツアルトの曲はクラッシックの中でもPOPな感じでとっつきやすい気がします。

モーツアルチョコレートをに描かれた、モーツアルトの顔をを見ながら「ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト」という作曲家の生涯を考えてみたりしました。

今年は生誕250周年ということですが、モーツアルトのお墓は墓碑もなく遺骨も共同埋葬のため、どこに埋まっているのか判らないそうです。
今は巨匠の扱いですが、当時は一般庶民の扱いだったので葬儀も庶民と同じように行われたため、このようなことになったようです。

ちょっぴり寂しい気もしますが、その当時それがごく自然な埋葬方法だったのだとしたら、特別扱いされるよりいいのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.19

雨。

雨の日本列島、各地で土砂災害などの被害がでています。
みなさんの地域はいかがでしょうか。

確か昨年のこの時期、水不足が懸念されていた四国地方。
今年は九州、中国地方とあわせて大雨に見まわれているようですが大丈夫でしょうか。

ここ数年、異常気象が当たり前のように続いています。
地球温暖化に伴う気候の変化だとしたら、「異常気象」なんて言っていられなくなってしまいますね。
雨が降らなかったり、大降りになってしまったり・・・これが当たり前になってしまうなら、私達人間はどう対処していけばいいのでしょう。

私の住む神奈川県でも今週は雨が続いています。
予報では土曜日まで雨のようです。
雨は「恵の雨」というように、日照りが続いている時などには作物に潤いを与えたり、人間にとっても飲料水などになる命をつなぐもののひとつだと思います。
でも、「恵の雨」も多すぎるとちっとも「恵」じゃなくなってしまいます。

今年の夏は全国的に水不足で悩むことはなさそうですが、大雨により作物被害など深刻なものも多く、今後の予報も気になるところです。

私の住むマンションの落し物のなかに、大きな大きな照る照る坊主が届いていました。
白いタオルで作られた照る照る坊主。
数日前に届いたようですが、誰も受け取りに来ていないようです。
いつ作られたのか判りませんが、お天気にできずに捨てられちゃったのかな・・・。
ちょっと寂しげに見えました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.18

お中元はどう?

みなさんは個人でお中元やお歳暮を贈ったり、いただいたりする習慣はありますか?
デパートでは、相変わらずお中元商戦真っ盛りではありますが、わが家にままったく縁のないお話です。

夫の職場も私の職場も上司などにお中元・お歳暮を贈る習慣はありません。
(年賀状も職場内では送らない申し合わせがあるくらい^^;;;;)
とにかく、必要のないことは排除してしまおうという感じなのです。
(日本に古くからある文化だとは思うのですが・・・・汗)

とは言うものの、わずかですが職場には取引のある企業などからお菓子や飲み物がお中元として送られてきます。
個人宛に届くわけではないので、お菓子などはみんなで分けてしまいます。

今では、各企業も経費削減などもあり「お中元・お歳暮廃止」に前向きな企業も多いのではないでしょうか?

うちの職場でも、10年くらい前は本当にたくさんのお中元が届いたのでクジを作って、誰がどの品を持って帰るか大抽選会ができましたが、今ではそんなに多くの品が届くわけではないので、届いた先から開封してその場で頭数で分けてしまうことが多いです。

そんなわけで、個人的にお中元・お歳暮選びで頭を悩ませたり、お礼状を書くのが大変だったりした経験はありませんが、そういった慣例が根強い業界でお仕事をされている方や、社内でも上司にお中元などを送る習慣が残っている方たちは本当に大変だろうなぁなんて思ったりします。
そんな会社、もう残っていないのかな?
でも、日本のどこかに残っているからお中元・お歳暮商戦もあるしCMでも洗剤やエコナなどなどギフトを意識したものがあるんでしょうね。

みなさまの周りはいかがでしょう?
地域差もあるのかなぁなんて思います。

昔は、お世話になった人のお宅へ伺ってご挨拶がてら顔を見せてお中元を手渡ししたんだろうなぁと思うと、いい文化だなって思うのですが現代社会のように宅配便で配達するのは、やっぱり味気ないかな・・・・。
バレンタインデーの「義理チョコ」的なお中元・お歳暮は廃止して、本当にお世話になった方へ、年に1度か2度お土産を持ってご挨拶に伺うっていうのがいいのかなぁと思ったりします。

・・・何年も顔をあわせていない皆様、夏休みには会えるといいなぁ^^;;;;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.07.17

横須賀散策

海の日の今日、昨日までの暑さはおさまったもののお天気もあまりよくありませんでした。
だけどせっかくなので、ブランチを目的に夫とぶらっと横須賀へ行ってきました。
道は比較的すいていて、あっという間に横須賀市に到着。
久里浜や衣笠などドライブしながら、海水浴やウィンドサーフィンを楽しむ人たちを眺めながら、FMヨコハマを聞いてのんびり食事をする場所を探しました。

そういえば、週末は薫ちゃんと杉さんのSTBでのライブでしたね。
セットリストを聞いてビックリ。
うわぁ~って曲が盛りだくさんでしたね~。
盛り上がっただろうなぁ。

そんな杉さんがライブをやったことがある、観音崎京急ホテルで食事をしようか迷ったけど今回は通過して、その先にあった磯料理の「やまに」に決定。
お寿司も天婦羅もおいしかったです(^^)
すぐ近くには走水があるので、赤レンガの近代化遺産もちらっと見ることができます。
食事の後は、すでにオフシーズンとなった横須賀菖蒲園を散策したり、衣笠あたりをうろうろしたりして、久々に横須賀を満喫してきました。

「もう残っていないかも・・・」と思っていた建物がまだ残っていたりもして、感慨深かったです☆
来週は1週間雨の予報の横浜ですが、またひびしょうじんでがんばりましょう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.15

たん右衛門

世間は3連休。
一応、私も3連休です・・・仕事はね^^;;
でも、毎日目の前のことをこなすので精一杯で、金曜日まで3連休なことを忘れていました^^;;
1日24時間では足りないよぉと思う今日この頃です。

今日は横須賀方面(たぶん)で花火大会があるらしく、横浜駅には浴衣の若者が目立ちました。
そういえば、今年はまともに花火大会に行っていないなぁ・・・。
うちのバルコニーから見える、八景島の花火をチラッと見たくらいです^^;;;

そんな3連休初日の夜、伊勢佐木町にある「たん右衛門」へ行きました。
雰囲気のいいお店で、お料理もおいしいですがお値段は少々高めです。
夜だとひとり7000円くらいは軽くかかります。
店内はおしゃれだし、お鍋も焼き物もおいしいです。
牛タンや黒豚がオススメです。

私は今日は暑さのせいもあってあまり体調が良くなかったので、アルコールは梅酒のソーダ割りとおとなしめにしておきました^^;;;;
芋焼酎の種類が豊富なので、次回行ったら芋焼酎にトライしたいと思います(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.14

全通研討論集会 報告集

今年の2月に山口県で開催された全通研討論集会の報告集が昨日、届きました。
早速、自分が参加した分科会の内容を復習・・・。
ああ・・こんな話があったなぁと思い出しながら読みました。

みんなで交代で書いた議事録ですが、私が発言した部分・・・微妙に内容が違ったりして、発言内容を要約して記録することの難しさを感じつつ、私の発言の仕方が良くなかったのかなぁと反省したりしました。

市内のサークル数を調査したのはろう協じゃないんだけどなぁ・・・。
ろう協の協力を得て、手サ連が調査したんだけどなぁ・・・。
ぶつぶつ。
たくさんある分科会の報告のうちのほんの些細な1行に目をとめるヒトは殆どいないんだろうけれど、私が嘘の報告をしたようでちょっぴり気にしております^^;;;
ま、いいや。
きっと他の方の発言内容や、他の分科会の報告内容も議事録の方法によって些細な受け取り方の違いなどあるのでしょうから・・・。

山口での討論集会、楽しかったなぁ。
来年は京都でしたよね。
また、全国各地のみなさまと会って色々な地域情報を聞けるのが楽しみです☆
その前に、まずは神通研集会と関東通研集会があります。
神通研集会はもちろん参加します☆
関東通研集会は2日間はムリだけど日曜日は参加したいと思っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.07.13

詩子ちゃんのライブ

Photo

ここをご覧の杉真理さんファンのみなさまは「神様のプレゼント」をご存知でしょう(^^)
アロハブラザースの名曲です。

「神様のプレゼント」を歌っていた詩子ちゃん。
数年前にはlargoのメインボーカルとして活躍していました。
今でもlargoの曲は、時折TV番組で流れていて「詩子ちゃんだぁ」と思うことがあります。

そんな詩子ちゃんがボーカリスト「木田詩子」として7月22日(土)午後6時半から、四ツ谷の「bobbys」ライブを行います。
入場料はドリンク付で3000円です。

・・・宣伝しておいてなんですが、私はこの日は行けませんが^^;;
でも、すんごぉくいいこと間違いなし!ですよぉ。

写真はライブのポスターです。
ライブの詳細はこちらでどうぞ。
ライブの予約、お問い合わせは(株)STINGTONE TEL/03-3798-8710へどうぞ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ジダンとマテラッツィのコト。

2日間のココログメンテナンスが終了しました。
無事終わって一安心。
不具合はないようですが、他のココログユーザーのみなさんはいかがでしょうか。

日本は決勝トーナメントに進めませんでしたが、盛り上がったサッカーのワールドカップドイツ大会。
決勝戦は、イタリア対フランス。
ワールドカップ前に、八百長問題が起こって大騒ぎだったイタリアのプロサッカーと今大会で現役引退を表明しているジダンが率いるフランスチーム。

4年に一度の世界的なサッカーの祭典はどちらが勝っても、華々しく終わるはずでした。
ところが、ジダンがイタリアのマテラッツィに頭突きをして退場になりました。

結局、イタリアがPKで勝ってMVPはジダンになったもののなんとも後味の悪い結末で、今も波紋を広げています。
真実はわかりません。
マテラッツィがジダンの家族を侮辱したということが、一部の読唇術者の解析で発表され、今日フランスで行われた会見でもジダンは「母と姉を侮辱され、3回目の言葉にガマンできず頭突きした」と言っています。
ジダンの会見は世界中のサッカーファンの子供達へのお詫びの言葉に始まりましたが、自分がしたことは後悔していないと言っていました。
「後悔したら、強い言葉で挑発した人間を正当化してしまうことになり、それは絶対許せない」だから後悔しないのだと言っています。
当然、マテラッツィに対しての謝罪もありません。

基本的には、手(頭?)を出したジダンが悪いのだと思います。
いかにマテラッツィが口汚く家族を罵っても、その戦略に乗ってはいけないのだと思います。
ですが、たぶん日本人には判らないさまざまな人種差別問題が大きく絡んでいるのだと思います。
真実はわかりません。
マテラッツィがジダンの母親が入院していることや人種差別問題になることなど知らずに挑発したのかもしれないし、そうじゃないのかもしれないし。
マテラッツィは「母親を侮辱するような発言はしていない」というようなことを言っているようですが・・・。

FIFAも調査に乗り出すというし、場合によってはジダンのMVPを剥奪するという発表もありましたね。

ジダンにとって特別な現役最後の試合(しかもワールドカップの決勝!)。
そんな舞台でもガマンできないような屈辱を受けたのか、それともジダンの気が短かったのか・・・。(過去にも暴力などで退場になっているし^^;)

サッカーというスポーツでは暴言を吐いたり審判の見えないところで相手選手をつかんだりするのは日常茶飯事のスポーツだということは、踏まえたうえで、それでもなお、あの大舞台で頭突きしたジダンとなんらかの挑発行為をしたマテラッツィ。
悪いのはどっちなんでしょうね。
日本人選手が、同じコトを言われても腹が立たないかもしれません。
そこには文化や人種の問題も絡んでくることだから・・・。

さて。
FIFAはどんな結論をだすのでしょう?
これをご覧のあなたは、ジダン派?反ジダン派?どちらですか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.10

「らっきょう」と「らっきょ」

先日、誰かが指文字で「らっきょ」と表したら、ろう者から「指文字は途中でやめないで最後まで表すように」という指導がありました。
ところが、本を見ると「らっきょ」と「らっきょう」両方の記載があって「らっきょ」と小さな「よ」で指文字をとめたヒトは本を見て確認した上だったことが判りました。

さて。
どっちが正しいのかなぁ・・・?
ということで広辞苑を調べてみると「らっきょう」が正しいようでした。
しかも、漢字表記がとても難しくてためしにPCで変換してみましたが出てきませんでした^^;;;
あえて漢字表記すると、2種類あって「薤」又は「辣韭」と書くそうです。
一文字でも二文字でも「らっきょう」です。

ちなみに「らっきょ」と発音する「落居」という言葉があって意味は、『事の決まること。落ち着くこと。』とありました。
う~ん・・・こんな言葉も日頃使いません^^;
本当に、日本語は奥深いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.09

ココログのメンテナンス

ココログからのお知らせに「ココログメンテナンス実施について(7/11 14:00-7/13 14:00)」という記事が掲載されています。
7/11 14:00-7/13 14:00!!!2日間のメンテナンス。
長いです。

この間、ココログを見ることはできますが新しい記事を掲載したりコメントやトラックバックができなくなるそうです。
丸2日もメンテナンスなんて・・・なにするんでしょうね^^;;;
ココログはブログとしては先駆的ですが、サービス面では色々とトラブルがありユーザーの不満が多いブログではないかと思います。

昔のダイヤルアップを思わせるほど、管理画面が重たかったり(苦笑)、今回のようにメンテナンスが長時間だったり・・・。
無料サービスではなく、@Niftyのプロバイダと契約しているヒトがメールアドレスやHPサーバースペースなどと一緒に自由に使えるサービスのひとつとして付随しているにもかかわらず、使いにくいという話も耳にします。

@niftyといえば、インターネットの以前のパソコン通信時代から信頼ある会社だと思うのですが、一体なにが起こっているんでしょうね^^;

メンテナンスに2日必要なら仕方がありませんが、メンテナンス後にまた新しいトラブルが起きる・・・な~んてことになりませんように。
私の希望としては、Macユーザーも設定を変えることなくコメントしたり閲覧したりできるようにして欲しいなぁと思います。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.08

毛髪ミネラル検査

職場の福利厚生の一環で、「毛髪ミネラル検査」というのを受けることになりました。
この検査を行っているのが、ら・べるびぃ予防医学研究所です。
個人で受けたらいくらぐらいなのかなぁと思って、HPを見てみると、料金は10500円となっていました。
やっぱり高いものなのですね^^;;

検査はカンタンです。
自分の髪の毛の頭皮に近い部分を分析して体内のミネラルを検査するというものです。

そんなわけで、2週間前くらいに自分の髪の毛をざくざくっと切って頭皮に近いところ5センチくらいを検体として提出しました。
思ったより多い髪の毛が必要でした^^;;;

で、その結果が届いたのです。

どうやら、私の体内には有害ミネラルの「砒素、水銀、アルミニウム」がやや多めのようです(>_<)
もちろん、標準の範囲内ではあるのですが標準値の中でもやや高めということで注意を受けました。

逆に、私にもっと必要なミネラルは「カリウム、マンガン、マグネシウム、カルシウム、鉄、銅、亜鉛、セレニウム、ヨウ素」だそうで・・・。
ご丁寧に、これらのミネラルを摂取しやすい献立アドバイスもついていました。

「砒素、水銀、アルミニウム」を排出できるようにバランスのいいミネラル摂取が必要のようです。
水銀なんて、どこで摂取したんだろう・・・と思うけれど、お魚などから体内に入ってくるものなんですねぇ。

有害ミネラルの排泄を促すミネラルやビタミンは「マグネシウム、カルシウム、コバルト、ビタミンD、ビタミンA、銅、亜鉛、セレニウム、ビオチン、ビタミンCなどなど・・・」だそうです。
いやーん、私に不足しているものがいっぱいではないですか(汗)
12月ごろ、再検査を促されてしまいました^^;;;

私の結果を見て、夫が「やってみたい」と言っていました。
夫の職場の福利厚生では導入されていないので、やるとしたら自費でやることになりますが、どうするのかな~?
殆ど同じものを食べているので、結果を比較してみたい気もします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.07

ノートテイク(要約筆記)ボランティア募集!

突然ですが、8月初旬の日中にとある講義のノートテイクをしてくださる方を大募集しています。
詳細はここにはかけませんので、興味のある方ご連絡ください。
場所は横浜市内です。

今は色々な大学でボランティア学講座やノートテイク養成をやっていると思いますので、興味のある大学生でも結構です。
ボランティアの募集ということで、交通費実費支給で受けていただける方を募集しています。

日程は複数ありますので、8月初旬~中旬にかけての平日の昼間に時間のある方よろしくお願いしますm(__)m
問い合わせは、docile@lovely-place.comまでどうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.06

あこがれのヒト。

みなさんはあこがれのヒト、いますか?
異性じゃなくて同性のあこがれのヒト。
「ステキ~」って思うヒト。

向上心を刺激するためにには、「モデリング」といってちょっと手を伸ばせば追い付けそうなヒトを目標に持つと良いと言われています。
「がんばれは、私もああなれるかも・・・」。
この「かも」というのが学習意欲を増進させるということだと思います。
かけ離れた目標だと、「私にはムリ」と思ってあきらめの心理が働くそうです。

私にも漠然としたあこがれがある、手話通訳者がいます。
横浜市の通訳者ではないのですが、私よりちょっと年上で、とても勉強熱心でアクティブに活動していて、私は彼女から多くを学びました。
今も、私より何歩も先を歩いていることにはかわりません。
通訳活動、サークル活動、災害支援活動、通研活動などを通し生き生きとした笑顔で、取り組む姿勢は今も私の目標でもあります。

彼女は手話活動全般を通した目標ですが、「手話通訳者」として私があこがれるヒトがいます。
そのヒトと関わった聞こえるヒトの反応は賛否両論に分かれるのかもしれません。

超ベテラン通訳士の女性で、技術と厳しさと愛情をあわせ持っているAさん。
ご家族にろう者がいるので、手話が日常言語でもあるそうです。
5年、10年で彼女のようになれるわけがない!という思いもありますが、いつかAさんに認めてもらえるような通訳ができるようになりたいな・・・と思います。
100万年くらいかかりそうだけれど^^;;;;
自分にも他人にも厳しいので、怖がるヒトも多いけれどただ怖いだけではなく、その裏に後輩を教育しようという気持ちが隠れている愛情ある厳しいことばのように思えます。
私もまだまだ、勉強が足りなくてざっくり切られますが(苦笑)感謝しています。
本当に、目標とかではなく「あこがれのヒト」です。
ああなりたい・・というより認めてもらえるようになれたらいいなと、素直に思います。

・・・さて、そんなあこがれのヒトから言われた自分のウィークポイントにどう取り組んで克服するか今後の課題です(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.05

平和がいい。

Independence day・・・。
今日、アメリカでは独立記念日で休日でした。
仕事で連絡をとっているアメリカの州立大学もお休みで質問事項へのレスポンスがありませんでした。

そんな今日、北朝鮮がミサイルを発射しましたね。
早朝からTVもラジオもその話題で持ちきりでした。
今回、3発とも6発とも言われているミサイル発射。
テポドン2号も発射されたようですが、幸いにもすべて陸地には届かなかったようです。
とはいえ、日本の領域が侵されていることには変わりがないですし、北朝鮮を支援(?)してきた中国やロシアなど今後どう対応するのかや日本政府やアメリアの対応、更には南北統一を目指している韓国の動向などが気になります。

同じ日に、韓国船が竹島で調査を始めたとか拉致被害者の横田めぐみさんの元夫とされている金英男さんが日本メディアに対して会見を開く予定だとか、朝のニュースでは色々なことが取りざたされていました。

日本では約1ヵ月後には、長崎・広島の原爆投下の日と終戦の日がやってきます。
そんな中、なんだか世界情勢が安心できる状態ではないことがとても残念です。

平和を望まないヒトは誰なんでしょう。
兵器を作っているヒト?
戦争によって私腹を肥やすヒトはどこにいるんでしょう。
この地球上の大多数のヒトは、安全で安心して暮らしたいとささやかな幸せを願っているはずなのに・・・。
国同士の利権や資源争いなど、国の立場によって譲れないものがあるのかもしれません。
でも、どうか平和が続きますように・・・。
歴史は繰り返すと言いますが、大戦の歴史だけは繰り返されませんように・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.04

電話リレーサービスのコト。

アメリカや北欧、イギリスなどでは当たり前になっている電話リレーサービス。
「電話リレーサービス」ってなんぞや?という方にわかりやすく説明すると、耳が聞こえないヒトや聞こえにくいヒトがリアルタイムで電話ができるシステムのことなんです。

例えば、夜に歯医者の予約をしていました。
でも、仕事の都合で予約時間に間に合わない時がありますよね。
聞こえるヒトは自分で電話をして予約変更をします。

では聞こえないヒトは?
歯医者にFAXする?メールする?手話通訳を依頼する?周囲のヒトにお願いして代わりに電話をしてもらう?
FAXやメールは双方向のコミュニケーションではないので、ちゃんと届いたかどうか判りませんよね。
また、一方的な意思表示はできるけれど予約の変更などにはとても不便です。

手話通訳を情報提供施設へ依頼するのも、突然の場合ムリですね。
周囲の方にお願いして電話通訳をしてもらうこと、けっこうあるのではないかと思います。
でも、職場などではお願いしにくかったり遠慮があったりしますよね。

聞こえないヒトも聞こえるヒトと同じように電話できるのがリレーサービスです。
方法は、聞こえないヒトが手話や文字で意思をオペレーターに伝えます。オペレーターは声で聞こえるヒトと電話で話します。
聞こえるヒトが話した内容をオペレーターが手話や文字にして、聞こえないヒトへ伝えます。
これで、リアルタイムで電話ができるのです。
最近はカメラがあるので手話でもOKみたいですが、基本的なのは文字でオペレーターと話す(チャットみたいな感じ?)方が主流みたいです。

そんな電話リレーサービスですが、日本では残念ながらあまり普及していないようです。
株式会社アステムで行っていた、電話リレーサービスが今年の6月末で終了してしまいました。
理由は明記されていませんが、登録者があまり増えなかったのかなぁと勝手に想像しています。
真相はどうなんでしょうか。

NECの「まごころコミュニケーション」では今も電話リレーサービスを続けているのでしょうか?
食文化や音楽・芸能など西洋化する日本ですが、福祉についてはなかなか西洋化しませんね・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.03

「国境なき楽団」のコト。

セプテンバーコンサートについては、昨年もこのブログで紹介しました。
(記事はこちら。)
昨年、セプコンを紹介するこの記事を書くに当たり、内容について発起人の庄野真代さん等に確認していただき、許可を得て掲載しました。

セプコンは昨年、大成功を収め、今年は2日間に渡ってパワーアップして行われます。
今年は、9月10日と11日です。
今年も出演者やサテライト会場を大募集しています。

そして、昨年と大きく変わったのがセプコンJPの主催が「主催:国境なき楽団・セプテンバーコンサートJP」となっていること。
この1年の間に、庄野真代さんはNPO法人国境なき楽団を立ち上げました。
先日、あちこちのブログで話題になっていた「100万人のキャンドルナイト」の呼びかけ人の一人でもある庄野さん。

「国境なき楽団」のサイトには、

音楽には心を癒す不思議な力があります。
音楽は人と人の違いを越えて浸透していきます。
音楽を通じて人の心と心を結びつける役目を担うのが、特定非営利活動法人 国境なき楽団です。
(以下略)
と、書かれています。

セプコンのような、音楽を通じて世界平和を願うイベントの他みんなの家に眠っている不要楽器を世界の貧しい国で暮らす子供達へ届ける活動なども行っています。
まさに、音楽で心を繋ぐ活動団体だと思います。
アメリカで始まったセプテンバーコンサートを日本でも!と立ち上がったり、音楽を通じたボランティア活動を行い、NPO法人を立ち上げたり、庄野さんは本当にパワフルで活動的で、ステキだなぁと思います。

私は音楽を聴くばかりで、演奏してヒトを楽しませることはできないけれど音楽に勇気付けてもらってきたひとりとして、協力していきたいと思っています。

あなたの家に、眠っている楽器はありませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.02

怪談!?

去年の8月、わが家の長作くんの耳はこんな痛々しい状態でした^^;
やぶ蚊アレルギーの長作は、初夏になるとあちこち刺されて、それが治らず掻き毟って血まみれになります^^;;
病院へ連れて行っても、薬くらいしか処置のしようがないのです(>_<)
虫除けスプレーをすると、いじわるされていると思うみたいで悲しい顔をします(苦笑)

そんな長ちゃん。
今年も耳もブツブツしてきましたが、今までにない症状がっ!
右目の上(ヒトでいうとまぶた?)を刺されたらしく、掻き毟って毛が抜けました^^;

Vfsh0114

ちょっと早いけどお岩さんのようです(>_<)
目の上は、耳と違って本人はそんなに痒がってないみたいでかさぶたになってきました。
それを私がはがそうとするとイヤがりますが・・・^^;;;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.07.01

術後3ヶ月検診

職場でも忘れられがちですが、私は病み上がり(?)だったりします^^;;
病み上がり・・・というのは適切ではないけれど、とにかく3ヶ月前に手術をました。
先日、術後3ヵ月後検診ということで、病院へ行きました。

いつも混み合っている大きな病院ですが、この日はなんだか患者さんが少ないように見えました。

今回は、術後の経過をコルボでチェックして、その後また細胞診。
細胞診の結果は1ヵ月後になります。
この3ヶ月検診をクリアすると、あとは6ヶ月に1回、その後は1年に1回の検診になるらしいです。

そんなわけで、私自身も周囲のヒトたちも私が入院していたことを忘れるくらい元気です☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »