« 「らっきょう」と「らっきょ」 | トップページ | 詩子ちゃんのライブ »

2006.07.13

ジダンとマテラッツィのコト。

2日間のココログメンテナンスが終了しました。
無事終わって一安心。
不具合はないようですが、他のココログユーザーのみなさんはいかがでしょうか。

日本は決勝トーナメントに進めませんでしたが、盛り上がったサッカーのワールドカップドイツ大会。
決勝戦は、イタリア対フランス。
ワールドカップ前に、八百長問題が起こって大騒ぎだったイタリアのプロサッカーと今大会で現役引退を表明しているジダンが率いるフランスチーム。

4年に一度の世界的なサッカーの祭典はどちらが勝っても、華々しく終わるはずでした。
ところが、ジダンがイタリアのマテラッツィに頭突きをして退場になりました。

結局、イタリアがPKで勝ってMVPはジダンになったもののなんとも後味の悪い結末で、今も波紋を広げています。
真実はわかりません。
マテラッツィがジダンの家族を侮辱したということが、一部の読唇術者の解析で発表され、今日フランスで行われた会見でもジダンは「母と姉を侮辱され、3回目の言葉にガマンできず頭突きした」と言っています。
ジダンの会見は世界中のサッカーファンの子供達へのお詫びの言葉に始まりましたが、自分がしたことは後悔していないと言っていました。
「後悔したら、強い言葉で挑発した人間を正当化してしまうことになり、それは絶対許せない」だから後悔しないのだと言っています。
当然、マテラッツィに対しての謝罪もありません。

基本的には、手(頭?)を出したジダンが悪いのだと思います。
いかにマテラッツィが口汚く家族を罵っても、その戦略に乗ってはいけないのだと思います。
ですが、たぶん日本人には判らないさまざまな人種差別問題が大きく絡んでいるのだと思います。
真実はわかりません。
マテラッツィがジダンの母親が入院していることや人種差別問題になることなど知らずに挑発したのかもしれないし、そうじゃないのかもしれないし。
マテラッツィは「母親を侮辱するような発言はしていない」というようなことを言っているようですが・・・。

FIFAも調査に乗り出すというし、場合によってはジダンのMVPを剥奪するという発表もありましたね。

ジダンにとって特別な現役最後の試合(しかもワールドカップの決勝!)。
そんな舞台でもガマンできないような屈辱を受けたのか、それともジダンの気が短かったのか・・・。(過去にも暴力などで退場になっているし^^;)

サッカーというスポーツでは暴言を吐いたり審判の見えないところで相手選手をつかんだりするのは日常茶飯事のスポーツだということは、踏まえたうえで、それでもなお、あの大舞台で頭突きしたジダンとなんらかの挑発行為をしたマテラッツィ。
悪いのはどっちなんでしょうね。
日本人選手が、同じコトを言われても腹が立たないかもしれません。
そこには文化や人種の問題も絡んでくることだから・・・。

さて。
FIFAはどんな結論をだすのでしょう?
これをご覧のあなたは、ジダン派?反ジダン派?どちらですか?

|

« 「らっきょう」と「らっきょ」 | トップページ | 詩子ちゃんのライブ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

どちらが悪いか、判断はFIFA等に任せるとして…。
(まだジダンの会見しかないので、きちんと代理人等をたてた調査を望みます)。

私は3位を決めたドイツの試合の日本人・上川主審の活躍にくぎづけでした(リアルタイムでは見てないのですが)。
カッコイイ~(*´∀`)
ファールを取ろうと「演技した」選手に対しての毅然とした態度とか、早い段階でのイエローカードによる基準の定め方とか、ゲームのコントロールぷりに感動しました。

投稿: 妃な香 | 2006.07.13 22:32

★ 妃な香さん
FIFAの審判は定年が45歳なんだそうですね~。
上川さんも最後の大舞台でしたね。
ああいう国際試合の基準をJリーグの審判にも伝授することで、日本の審判の水準もあがるし、審判の水準が上がると選手も国際ルールになれていいですよね。
FIFAランク下がっちゃったけど、まだまだがんばれ日本~!ですね。

投稿: ドシル | 2006.07.13 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/10909046

この記事へのトラックバック一覧です: ジダンとマテラッツィのコト。:

« 「らっきょう」と「らっきょ」 | トップページ | 詩子ちゃんのライブ »