« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月の投稿

2006.09.30

ドキッとしたコト。

久々にホームページの更新をしようと、PCの前に腰を据えました。
ひとつは五島良子さんのサイト「ゴシちゃんランド」。
先日行われた「AKI CHALLENGEⅡ」の時の写真を何枚かいただいたので、TOPページに掲載しようと思いました。

せっかくなので、TOPページに使わなかった写真を何枚かご紹介・・・。
写真撮影はTOPSさんです*^^*

Photo_6

このイベントは、ミュージシャンの音楽を聴いてAKIくんがインスピレーションで舞台上で絵を描いていくというコラボレーションで、下北沢で2日間行われました。
湯川トーベンさんや中野督夫さんも出演しました。

Photo_5


余談ですが、AKIくんの新作絵本「ふしぎな星」が発売になっています。
推薦文はカールスモーキー石井さんが書いています。

もう一個余談ですが、AKIくんデザインのTシャツは、杉真理さんや村田和人さん、上田雅利さんも着てくださっているそうです。

それから、建物のサイト「建築散歩」。
こちらも、TOPを更新する必要があってふたつのサイトをまとめて更新作業してしまおうとデータを開いてあらビックリ!!!

先日、PCの不調で初期化されてしまいなんとか昔のデータを復旧したお話を書きましたが復旧できたデータはなんと!最新のものではなかったみたいなんです(>_<)
ホームページのデータを開くと、1年くらい前のデータしか残っていなくてそれ以降に更新されたものはありませんでした^^;;;
まぁね、今アップデートしているホームページのデータを取り込めば最新データになるわけですからいいのですが・・・。
でも、一瞬かなりドキッとしましたよ~。

とりあえず、両方とも作業終了しました。
ついでに、「建築散歩」の方はタイトル画像をフランク・ロイド・ライト風(?)なフォントに変更しました(笑)。
そういえば、2年位前にこんなバナーを作ったままだったのを、今回のデータ探しの際に見つけたのです^^;;
瓢箪から駒というかなんというか・・・そんなわけでプチリニューアルいたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.29

黒糖梅酒はポピュラー?

今日は仕事の後、残業もせずほぼ定時に職場を後にしました。
その後、夕飯を兼ねてよく行く焼き鳥屋さんへGO!

よく行く焼き鳥店はいくつかありますが、私は焼き鳥がダイスキなので焼き鳥がおいしいお店じゃないと気に入りません^^;;
友人の中には「いいお店だよ」っていう基準に、料理の味よりもお酒の種類が多いとかお酒がおいしいお店が優先されるヒトもいるのですが、私はお酒より料理を優先しちゃいます♪

・・・と、いうことで焼き鳥屋さんはとにかく焼き鳥がおいしいところじゃないとダメなのです^^;;
お気に入りの焼き鳥屋さんの中には、塩がおいしいとかタレがおいしいとか味噌焼きがおいしいとか色々あるわけです(笑)

今日は金曜ということもあり、お店は超満員。
でも、比較的早い時間に行ったので待つことも無くおなかいっぱいになるまで食べました(^^)
で、焼き鳥といえばビールなのですが、今日はビール以外に黒糖梅酒を飲みました。
初めて飲んだのですがおいしかったです。

梅酒の甘さと黒糖のまろやかさがいい感じでした。
「黒糖梅酒なんておいしいの~?」という周囲の声に屈せず(?)注文してよかったです。

「黒糖梅酒」をネットで調べると意外なことにチョーヤから発売されているのですね~。
実は私の周りが知らないだけで、世間的には有名なのかしら???

今度チョーヤの「黒糖梅酒」を買ってみようかな(^^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.09.28

松尾清憲さんのソロライブ☆

今日、松尾さんのファンクラブBridesからソロライブのお知らせがきましたね~。
今年はソロライブ、無いのかなぁと思っていたのですがあって良かったです☆
今回のライブもVelvet Tea Sets(小室和幸さん、朝倉真司さん、西池崇さん、西村純さん&小泉信彦さん)と一緒です~。

日 時 12月2日(土) 午後18時開場/午後19時開演
会 場 Shibuya eggman
料 金 前売 4500円/当日 5000円
一般発売 10/21(土)

松尾さんの公式サイトはこちらです☆

11/5の『「ようこそ夢街名曲堂へ!」スペシャル公開録音2006』もいいですねぇ。
こいちゃんも出るし、センチメンタルシティロマンスも出るし・・・。
針葉樹コンビ+こいちゃん+センチ!豪華です。
しかし長丁場・・・・(汗)。
行けたら行きたいなぁと思っています☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.27

金木犀

すっかり蝉の鳴き声も聴こえなくなり、気がつくと赤とんぼを見かけるようになりました。
鈴虫の鳴き声もちらほら・・・。

最近は、通勤のときに金木犀の香りがするようになってきました。
本当に秋ですねぇ。

金木犀は中国原産の常緑小高木樹。
でも、その香りは日本でもポピュラーですよね。
芳香剤に使われたりもしています。
芳香剤の香りは人工の香りなので、ちょっとやだなぁと思えるものも中にはありますが、ホンモノの金木犀から香る匂いは仄かで心地よく、秋を感じさせます。

Kinmokusei


私の通勤経路は比較的木々が多くあります。
ちょっとした銀杏並木も近くにあるので、もう少しすると銀杏のニオイがします。
銀杏は食べると美味しいけど、くさいですよね^^;;;

慌しい日々ではありますが、都心でも通勤途中に小さな秋を見つけることができるとなんだかココロが和みます。
・・・さむ~い冬は苦手だけど^^;;;

さてさて・・・。
秋の夜長、どんな音楽を聴きましょう?
とりあえず、9/20に発売になった菅井えりさんの新譜「STELLA MIRUS 2」を買ったのでゆっくり聴こうと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006.09.26

北海道の常識?

最近、各地で「ご当地検定」が行われひそかなブームになっていますね。
最初に始まったのは「京都検定」でしょうか?

神奈川県でも来年から「かながわ検定」というのが始まるそうです。
なにやら「神奈川ライセンス」と「横浜ライセンス」に別れて受験するそうです。
これとは別にで「鎌倉検定」というのもあるそうです。

自分の住んでいる地域や生まれた地域のことをどれくらい知っているのか、ちょっとやってみても面白いかもしれませんねぇ。
直接、仕事などにつながる検定ではありませんが老若男女が楽しめるということで各地でブームなのかもしれません。

私が生まれ育ったのは北海道。
北海道のご当地検定は「道産子検定」と言うそうです。
道産子検定の詳細を掲載している「北海道雑学百貨 ぷっちがいど」というサイトを見ていたら、北海道弁を紹介するコーナーがありました。

ここを見ながら、そうそう!よく使う~。
えっ?いまさらだけどそれって標準語じゃないの~~~っ!!などと驚嘆しながらサイトを見ていました。
「お米をうるかす」って標準語かと思っていました^^;;;
まぁ「ばくる」はなんとなーく方言かなと思っていたけど^^;;;

ああ・・。
そんなことより下のほうにある「固有名詞」という欄を見て更に驚愕!!
北海道の小中学校ならたぶんどこでもやっている「炊事遠足」。これって、北海道では定番だけど、それ以外の地域ではやらないことなの!?
http://pucchi.net/hokkaido/knowledge/suijiensoku.php
私はよく、炊事遠足でジンギスカンを作りました。
班の中で誰かが家からジンギスカン鍋を持ってきて、カセットコンロを使ってやりましたよぉ。

えーーーっ!
「下の句カルタ」も北海道だけの習慣!?
http://pucchi.net/hokkaido/knowledge/shimonoku.php
しかも、百人一首が木製なのも北海道ならではだなんて・・・。
びっくりの連続です(>_<)
子供のころ、木製のカルタが手に当たって痛かったのになぁ・・・。
全国的には紙製なのですか?本当に?

18歳で上京してきて10数年。
今更知った衝撃にPCの前でオロオロしてしまいました^^;;;

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006.09.25

骨盤矯正

久しぶりに骨盤矯正に行ってきました。
また、左足の方が3ミリほど短くなっているといわれました^^;
頚椎もずれているそうな・・・。
前回は6ミリと言われた気がするので、多少は進歩かしら?
(前回と今回、行ったお店はまったく違うけれど言われたことは殆ど同じでした^^;)

長い間、姿勢や習慣でついてしまった骨盤のゆがみは矯正してもすぐ戻るので、ちょこちょこ通うのがいいらしいのですが、なかなか時間が取れません^^;;

でも、まぁ・・・。
とりあえず足を組むのを辞めます(>_<)
私は無意識に、右足を上にして組んでしまうクセがあるので、偏ってはいけない!・・と、時々左を上に組んでみたりしていましたがそんなことをしても意味がないんですって^^;

とにかく足を組むことで、骨盤に負担がかかってゆがみ、それに伴って背骨や頚椎まで圧迫されたり負担がかかったりしてしまうそうです。
頚椎のズレは、交通事故など突発でズレた場合はポンと治せばすぐ元に戻るらしいのですが、長い間培われてズレたものはやっぱり簡単には治らないそう。
一時的に正常な位置に収まるけど、体のクセにあわせてまた動いてしまうらしいです。

とにかく、時々骨盤矯正に行こうと思います。
矯正後はちょっとカラダがだるくなってしまうけれど、肩こりなどもスッキリしてしばらくは調子がいいですよ(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.09.24

北海道の物産と観光展

先週木曜日から横浜そごうではじまった、「北海道の物産と観光展」。
今年は初めて、札幌の煉瓦屋の「ふたくちーず」が販売されるということだったので金曜日に行って来ました。

平日なら空いているかと思ったのですが、ものすご~く混んでいてしかも、「ふたくちーず」はとっくに完売になっていました^^;;;
残念!つい先週、溝の口の丸井で北海道物産展があったときは夕方でも残っていたのになぁ・・・やはり横浜という場所柄なんでしょうかね^^;;

札幌ろまん亭の「チョコモンブラン」も飛ぶように売れていました☆

でも一番の大行列はプルマンベーカリーのカレーパン!
ものすごい人気でした。
本当に大大大行列!!!
そんなこんなで、松尾ジンギスカンのラム肉と小樽のダイト食品のめんたいこと小樽のルタオの「ドゥーブル フロマージュ」を買ってきました☆
でも、ルタオが大行列じゃなかったのは不思議でした。

「ドゥーブル フロマージュ」は本当においしい!
うちの夫は初めて食べたらしく「うまい!」を連呼していました。

最近はどこの商品も通信販売で購入できるので、売り切れていたらお取りよせをすればいいのですが^^;;
地元に来たら買って見たいと思うのは、みんな同じなんでしょうかね^^;;;
今日は天気のいい日曜なので、きっと更に大混雑でものすごいことになっていることでしょう。

10/1までやっているそうなので、もう一度平日に行ってみようかなぁ~。
今度こそ、ふたくちーずを買ってこよう(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あらたを洗う☆

昨日の夜、久々にわが家の末っ子あたらくん(通称ちぃちゃん)をジャブジャブ洗いました。
お風呂場へ連れて行ってシャワーをかけるといつも、おしっこやうんちをチビってしまうあらた(苦笑)。
今日は、お漏らししないようにだましだましシャワーをかけて猫用リンスインシャンプーで全身洗いました。

お風呂で大騒ぎしていましたが、なんとか終了。
ゴシゴシタオルで拭いた後、ドライヤーをかけました。
ドライヤーはまんざらでもないらしく(笑)自分で向きを変えたりしながら、ぬれている体を風に当てていました^^;;
でも、顔に風が当たるのはイヤみたいで顔だけビショビショのまましばらく室内をウロウロしていました。

猫用とはいえ、さすがリンスインシャンプー!
すっかりさらさらの毛並みになりました☆

Vfsh0105_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.09.23

久々の美容院^^;;

今日は山手で横浜洋館探偵団主催の、三沢浩さんの講演というか講義がある日でした。
参加するつもりだったのに、すっかり寝坊してしまい出席できませんでした(>_<)
東京女子大学のA・レーモンド設計の寮が解体されるそうなので、そのあたりのお話も聴けるかなぁと思っていたのですが、残念。

時間ができたので、久々に美容院へ行きました^^;
ここ1ヶ月くらい行きたかったのですが、なかなか時間が作れなくて伸び伸びになっていたのです。
いつも行く美容院は特に週末は混んでいて、なかなか当日電話しても予約が取れないし^^;;;;

たまたまもらった地元のタウン情報誌に載っていた、新しい(?)美容院があったので、電話をしたら当日でもOKだったので、行ってみました^^;;;
せま~い店内なんだけど、技術者の人数が多くて活気があるお店でした。

洋館探偵団の講座を受けられなかったのは残念だけど、久々に髪を切りに行く時間ができたからヨシとしますか*^^*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.22

手話関係のブログ

ブログが普及する前は、殆ど見られなかった手話関係のブログですが今では、手話サークルのブログも珍しくないし、手話学習者、手話通訳者、ろう者、難聴者、手話指導者などなど多岐にわたる手話関係ブログを目にしますね。

ウメさんを筆頭に動画での手話ブログも増えているし、動画ではないけれど写真で手話表現を掲載しているブログもちらほら見かけます。
私が残念だなぁと思うのは、本当に手の動きだけの写真しか載せていない場合があること。

もちろんプライバシーなどの問題があって顔を出したくないなどの理由があるのだと思います。
でも、「手話」って表情も含めて「手話」という言語だから手だけの映像では誤解を招いちゃうのになぁと思ったりします。

写真でもイラストでも動画でも掲載するなら、表情や眉の動きもわかる形で掲載して欲しいし、それが難しくて手だけの画像にするなら注意書きみたいなのがあると、手話=手の動きだけという誤解を招かなくなるのかなぁなんて思うこともあります。

個人が自由に情報発信をできるから、誤解を招いてしまう場合もあることを私も含めて注意しなくてはいけないなぁと思っています。

色んな手話関係のブログがあって、私とは意見が合わないかなぁとかそうそう!とか思いながら色々見ています。
同じように、いろんな方がこのブログを見てそれぞれ共感したり反感を持ったりしているんだろうなぁ・・・。
地域によって考え方が違ったり、ろう者との関わり方が違ったり色々あってたくさん気づくこともあります。

色んな考え、色んな人がいるけれど基本的に手話のブログを書いているヒトの思いは「手話を広めたい、手話やろう者を理解して欲しい」というところに結びつくんだろうなぁと思っています。

私達日本人が話す日本語が、どこの地域や年齢、性別に関わらず「日本語」であるように、日本で手話を主言語としている人たちが表現する手話はすべて正しい「日本手話」だと、私は思っています。
だから、「それは正しい手話じゃないよ」とろう者に言ってしまうような手話学習者が、いたらその行為は間違いだよ、と言いたいのです。
色々な表現があるから、手話は魅力的なんだもの。

だけど、ろう者に「手話、間違っている」と言ってしまう聴者も、手話が好きなヒトであるというのもまた事実。なんとも複雑な気持ちがします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.09.20

クルマも故障^^;;

連休が明けて、問い合わせをしていた建物のHPを置いているプロバイダーからFTPのパスワードなどの連絡が来たので、なんとかHPの更新もできるようになりました☆
あ~よかった^^;

色々考えるとPCもそろそろ買い替え時なのかも・・・と、思います。
思い起こせばこのPCもそろそろ4年。
我が家はヘビーユーザーなので充分活用していると思いますが、PCの買い替えで面倒なのはデータの移行です(>_<)
あのめんどくささを思い出すと、もうちょっとがんばって使おうと思ってしまいます。

家電の故障は続くといいますが、家電ではないけれどうちのクルマが故障しました^^;;
クラッチがだめになったらしいです。

わが家の愛車は、英国生まれなので部品もちょっと変わっているらしく修理にも時間がかかるみたい。
箱根の山道が原因かしら!?
箱根に行く前に故障しなくて良かったです^^;;;

クルマもかれこれ7年か8年乗っているので、買い替え時なのかも・・・。
日本車と違って色々なトラブルがありましたが、とってもお気に入りのクルマだし今はもう製造されていないし、想い出もいっぱいあるしで、なかなか手放す気になれないでいます。
・・・夫のクルマなんだけど。

もし買い替えるならどんなクルマがいいのかなぁ。
乗り心地を考えるなら日本車ですよね^^;;;
荷物がいっぱい積めるのがいいなぁ・・・。
でも、できることならあと2~3年は今の車に乗っていたいなぁと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.09.18

あっという間の3連休。

下北沢では五島良子さん出演のイベント、桜木町では古いデフムービーの上映会がありましたが結局どちらにもいけませんでした(>_<)

今日は神通研集会終了後初めての研究班の定例会。
反省会&来年の集会のこと、その他地域の情報交換や11月にある関東通研集会のお話など盛りだくさんの内容で充実した時間を過ごしました。

本当にいろんな情報が集まって勉強になります。
11月の関東通研集会、楽しみです。
2日間とも参加するのは無理ですが、申し込みをしました。
楽しみだなぁ・・・。

それから、12月恒例の杉さんと薫ちゃんのクリスマスライブのファンクラブ先行のお知らせが先週届きました。
申し込みに行かなくては!

「ほぼ日手帳」の購入申し込みをして、クリスマスライブのチケットを買って・・・本当にあっという間に2007年がやってきます(>_<)
この3連休、家のことと手話関係のことであっという間に終了!
1日は本当に24時間あったのかしら^^;;;;
もっと時間を有効に使えるようにならないとねぇと思う今日この頃です。
明日からまた、仕事もがんばろ~っ。

PCデータは復活しました。
でも、メーラーのデータは無くなったままなのでアドレス帳に入っていたメアドでわからなくなってしまったものもあります(>_<)
昔のメールもなくなっちゃったけど、大きな支障はないかな・・・?と思っています^^;

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.09.17

PCが突然・・・。

昨日の朝、朝食後PCを立ち上げて自分の画面を開いたらなんと!!初期化されていました。
ものすごぉーーーーくびっくりして、あわてて夫の画面にしてみたらこちらは大丈夫。

え~んっ(泣)。
メールもHPの画像もその他のデータもないよぉおおおおおおおおと焦りました。

その前日の夜、夫がPCを使っていたときになにやら今まで経験がないような固まり方をして、PCをシャットダウンしたのですが、それが直接の原因かどうかわかりません。
夫もびっくりしていたけど、まずは自分のデータの心配と確認をしていました(笑)。

とりあえず、夫の画面からネットで検索してNEC(うちのPCはNECなもので^^;;)のユーザーサポートを探して電話をしました。
でも、まだ午前9時前で電話がつながらず・・・。
9時になるのを待ってから、改めて電話をかけました。

オペレーターの方に状況を説明すると、「時々見られる現象です。」とのこと・・・。
原因を尋ねましたが、原因はわからないといわれました。
初期化されてしまったものはしょうがないっ。
とりあえずデータの復元ーーーっということで、オペレーターの方と電話でやりとりしながらなんとか復活しました。
良かったです~~~。

でもまだ、メーラの設定やFTPの設定などいろんなことが終わっていなくてめんどくさいー。
ボチボチがんばります~。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006.09.16

女性専用車輌のコト

電車の女性専用車輌がはじめてできたのは、京王線だったでしょうか?
何年前のことかなぁ?

まだ私が若かった(笑)頃、JR東海道線にはよくチカンが出没しました。
それも、常習犯が多かったような気がします。
チカンの手首を掴んで捕まえたこともありました。
今考えると勇ましい^^;;;
東海道線は本当に本当に超満員でチカンの温床だと思います。

今では、そんな超満員電車に乗り合わせることも少なくなりチカンに合うこともチカンを目撃することもなくなりました。
いいことです。

超込み合っている電車に乗ることも殆どないので、女性専用車輌というのに殆ど乗ったことがありません。
以前、1度乗って気分が悪くなったことがありました^^;;;

朝でも、一般の車輌より空いているので利用する駅の階段に近ければ便利だとは思うのですが、女性特有のニオイに参ってしまいました(>_<)
香水や化粧品のニオイ・・・。
集団で色々なニオイが混ざると本当にめげます。

男性がいる車輌でも、平気でお化粧をする若い女性(最近は若くないヒトも多い^^;;)がいますが、女性専用車輌だと更にそういう方が目立ちます。
まぁ、器用にマスカラやアイライナーをつけたりして本当にびっくりしますが、人前でお化粧することが恥ずかしくないという文化はいつから芽生えたのかなぁ・・・。
最近は、電車の中で立ちながらお化粧しているヒトも見かけます^^;;
いや~、本当に器用です。
香水やコロンを車内でつけるヒトもいて、そのニオイで気分が悪くなってしまう私です・・・。

どこかの超人気があるモデルさん(例えば、エビちゃんとか)が「人前でお化粧するのはみっともないよ~」と言ってくれないかしら・・と、時々思います^^;

そんなわけで、私は女性専用車輌はやや苦手なのですが、世の働く女性のみなさまはいかがですか?
女性専用車輌を利用する派?利用しない派?

男性にも賛否両論あるみたいですよね。
チカンに間違われないためにも、女性専用車輌を歓迎するヒト。
女性だけ専用車輌があるのは差別だというヒト。

もし、男性専用車輌があったとしたらそれはそれで独特のニオイがありそうですコワイかも・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.09.15

戸塚温泉ラジャの湯

先日、戸塚温泉ラジャの湯に行ってきました。
なんとなく、勢いで行くことになりそんなに期待して行ったわけではないのですが、とっても良かったです☆
私としては、みなとみらいの万葉倶楽部より好きです~。

万葉倶楽部ももちろん充実した施設で楽しいのですが、ラジャの湯くらいの規模の方が私にはあっている気がしました☆
お値段もリーズナブルで、私達は2時間以内の「クイックスパ」にしたのですがコレだと1100円です。
施設内には、リフレクソロジーやあかすり、岩盤浴、エステなど一通りそろっていました(別料金)。

温泉の種類は多くはないのですが、洞窟風呂や露天風呂などもあります。
ラジャの湯は横浜の天然温泉で、色は薄茶褐色です。
なかなか気持ちがいいですよ(^^)

9月27日に舞浜にオープンする「舞浜ユーラシア」と同じ会社が経営しています。
舞浜ユーラシアの方が、ちょっと高級なイメージですね^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.09.14

「銀河館」-J.H.コンドルの息吹-

2005年神奈川県湯河原に「銀河館」というレストランがオープンしました。
オーナーは洋菓子研究家として有名な今田美奈子さんです。
今田美奈子さんは皇太子のお子様愛子さまご誕生のケーキを手がけたことでも有名らしいです。
そんな今田美奈子さんが子供の頃に住んでいたことがある建物を生かしたレストランが「銀河館」です。

湯河原に建てられたのは今から80年ほど前。
今田さんのお父様が建てられたわけではなく、その前のオーナーさんから買い取った建物だそうです。
80年前の洋館というだけでも、興味深いのですが面白いのはその建材。

日本の近代建築の父と呼ばれるJ.H.コンドルが設計した上野にあった東京帝室博物館。
この建物は関東大震災で倒壊しました。
その建材が売りに出されたらしいのですが、それを生かして建てられた住宅が銀河館です。
昭和元年の建築です。

Imgp0499

現在はお店の目の前が道路になっていますが、今田さんが子供の頃ははだしで吉浜海岸へ遊びにいけるほどのどかだったそうです。

建物は3階建てで、現在は1階がレストラン。
2階がサロン、そして3階は和室の大広間になっています。
つい最近は、2階のサロンで假屋崎省吾さんのサロンが開かれたそうです☆

Imgp0504

こちらは3階和室の大広間です。
和室なのですが、入り口の扉は大きな、まさに博物館の扉のようになっていました。

Imgp0500

和室の床の間には、着物を再利用した手作りの飾りがありました。
襖紙も、オーナーのお父様のお着物を加工したものが使われていました。

Imgp0501

3階のサンルーム(・・と、言っていいのかな?)です。
窓から海が見えて本当に気持ちがいいです。

Imgp0506

Imgp0509

こちらの2枚は2階のサロンスペースです。
お菓子教室やフラワーアレンジメント教室、その他同窓会の会場などにも使われているそうです。
旧いピアノなどもあって、ミニ演奏会などにもオススメです。

Imgp0505

こちらは廊下にある納戸の扉です^^;;
内側にも同じ飾りが施されているそうです。
博物館で展示室と展示室の間の扉として使われていたのでしょうかね・・・・。

Imgp0517

Imgp0519

コンドルが設計した階段の親柱だと思うと、なんとなぁく感慨深くなってしまいました^^;;;

一通り見学させていただいた後、いよいよお食事です♪
お食事は1階のレストランでいただきます。
レストランは、住宅時代和室だったお部屋を改装してテープル席を置いているお部屋と、以前はリビングだったお部屋の2部屋ありました。
それぞれ5席程度ありました。

Imgp0513

Imgp0510

キレイに手入れされ、調律された90年前のピアノが置いてあってビックリしました^^;;;

リビングに備え付けで作られた棚も、博物館で使われていたものなので大きなものでした。

Imgp0514

棚の中には銀河館オリジナルグッズ他、色々と納められていました。

Imgp0521

Imgp0523

お料理はフレンチのコース料理。
でもなぜか、私はスープとデザートしか写真を撮っていませんでした^^;;;
このカリフラワーの冷たいスープ、本当においしかったです~。

通りに面している割に、館内はとても静かで本当にゆったりとくつろげます。
近代建築ファンはもちろん、それ以外の方もぜひどうぞ☆

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006.09.13

箱根のにゃんこ。

箱根で建物探訪をしていたとき、かわいい猫ちゃんと遭遇したのでがんばって撮影してきました♪

Hakone_neko1_1

このミケ猫は、宮ノ下駅前(?)の坂の途中にいました。
下の写真の猫たちと兄弟なのかな・・・?

Hakone_neko2

近くにキジトラの母猫もいました。

Imgp0443

白い子猫とキジトラの子猫は兄弟らしく、ずっとじゃれて遊んでいてちょっと距離を置いた場所から母猫が心配そうに見守っている姿が本当にかわいらしかったです。
うちのワンパク猫たちの母親・なっちゃんを思い出しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

飲酒運転

福岡での事故以来、飲酒運転がTVや新聞をにぎわせています。
今、問題になっているのが飲酒運転は危険運転致死傷罪が適用されると最高で懲役20年が求刑できるのに対し、「飲酒運転」を隠蔽するためにひき逃げをして、酔いがさめてから出頭すると最高で7年ちょっとしか求刑できないという点です。

すぐに救急車を呼べば助かるかもしれない被害者を見捨てて逃げて、刑が軽くなるなんておかしいですよね。
ひき逃げも最高で懲役20年を求刑できるようにしてもいいんじゃないのかなぁと思います。

懲役刑が重くなっても、飲酒運転が減らないというのは日本に限ったことではないようで、米国の一部の州では飲酒運転で行政処分を受けたドライバーの車のナンバープレートに、それとわかる文字や色にして社会的に飲酒運転の前科があることを判る形で抑止効果を狙っているようです。

また、2年間は飲酒運転したことが判るようなステッカーを貼ることを義務付けているところもあるようです。
日本ではどんな対策を講じるのでしょうね・・・。

飲酒運転をしたヒトは2度と車の運転免許を取得できない・・となったら、どうでしょう?
自重するでしょうか。
それでもなくならないのが、飲酒運転なのかな。

車のハンドルにセンサーがついていて、ドライバーからアルコールが検知されると車が動かないと、いうような車を開発してくれないかな。

甲子園に仙台育英高校が出場したとき、アルプススタンドに遺影があったのをご存知ですか?
生きていれば、3年生。
みんなと一緒に甲子園に来ていたことでしょう。
2年前、仙台育英高校の生徒達の列に、飲酒運転の車がつっこみ3名が死亡した事故は記憶に新しいところです。
この時の運転手には、懲役20年が確定したらしいです。

飲酒運転防止のページはこちらです。
ぜひ、ご覧ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.09.12

強羅花壇

先日、箱根にある強羅花壇へ食事に行ってきました。
強羅花壇の中の古い洋館の方が「懐石 花壇」というお店になっています。
奥にある新しい斬新な建築が、宿泊施設と温泉になっていて普通に泊まってもひとり1泊6万~7万という高級旅館です。

Imgp0405

懐石花壇で食事をして、岩盤浴60分で1万円ちょっと・・なんてこともできるので、のんびりしたいヒトにはいいかもしれません。
・・・箱根まで行って岩盤浴の必要もないかしら?
女性のみなさま、エステプランなんてのもあります☆

懐石花壇の洋館は、昭和5年に建てられたものです。
ハーフティンバーのかわいらしい建物です。

Imgp0404

以前は、岩崎家所有の土地だったのですが、旧閑院宮別邸にと岩崎家が土地を提供したとか・・・。
大きな洋館ではありませんが、落ち着いた雰囲気の心地よい建物でした。

ランチは3,500円からあります。
とても繊細で見た目も味も楽しめる、手の込んだお料理でした。
デザートもとても美味しかったです。

懐石花壇で食事をすると、強羅花壇内のカフェで利用できる割引券をいただきました。
おなかがいっぱいなので、お茶などできないのですが一通り強羅花壇内も散歩させていただきました。

緑に囲まれたすばらしい場所に客室やお風呂があって、そりゃあ宿泊料も高いでしょう・・といった感じです。
新しい建物なので、写真は撮らなかったのですがとても凝った作りでしたよ~。
建築界では有名な建物らしいです。

建物の詳細については、東大の藤森照信先生の紹介文がありますのでこちらをご覧ください。

入り口のステンドグラスもキレイでした。
中から撮影すればよかったです^^;

Imgp0406

2階は個室の為、拝見することができませんでした。
1階には2つのお部屋があり、それぞれ5席程度のテーブルが設けられていました。

Imgp0398

室内に飾ってある絵もとてもステキでした。
本当は、お料理も写真を撮ったのですがなぜかどれもピントが合っていませんでした(>_<)

建物の豪華さは、小笠原伯爵邸の方が上かなぁと思いましたが、お料理の内容とお値段を比較すると安いと思いました!
ランチは比較的お手ごろなので、おすすめです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.09.11

9.11とセプコン

今日は9月11日。
5年前の今日、N.Yで同時多発テロが起こりました。

私はN.Yに行ったことがないので、シンボルだった大きなビルがなくなりグラウンド・ゼロになった今、「そこにあるはずのものがない」という喪失感はありません。
たくさんの犠牲者を出したテロ事件ですが、私の身近なところの被害者はいませんでしたが、当事者にとってこの5年間は、想像を絶する時間だったのではないかと思います。
N.Yを知らない私でも、形容しがたい衝撃を受けた飛行機追突の瞬間とビル倒壊の瞬間。

今では遺族や生存者の被害者感情に配慮をして、飛行機がビルに衝突する映像はTVでは放映されなくなったと聞きました。
被害者じゃなくたって見たくない映像なんだもの、直接このテロで人生が変わってしまった方にとって、精神的に良いわけがないと思います。
本当はビルが倒壊する映像だって見たくないのではないかと思います。

こんな9.11をきっかけに世界の平和を音楽を通して呼びかけようというのが、セプテンバーコンサートです。
最初はN.Yで始まりました。
日本では、昨年庄野真代さんの呼びかけにより大々的に行なわれました。

今年は9/10、11の2daysで行なわれます。
昨日は「蚕糸の森公園滝の広場」で浜田山~ズがご出演。
暑い中たくさんの人で賑わったようです。

誰でも参加できるので、プロもアマチュアも色々な会場で音楽を楽しんでいます。
友人の某Sちゃんもパーカッションの師匠のいる会場で、ステージに立った模様です☆

今日はdaikanyama「晴れたら空に豆まいて」にて鈴木雄大さんや西本明さん、丸山圭子さん等ご出演の予定です。
他にも日本橋三越本店 本館1階中央ホールでも、セプコンが行なわれます。

ひとりひとりの力は小さいけれど、集まれば大きな力になるのではないかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.09.10

大杉 豊さんの講演会

今日は厚木市のろう協とサークルの主催で、大杉豊さんの講演会がありました。

大杉さんは、アメリカのロチェスター大学で学び、大学院を修了しそのまま、大学で教鞭をとっていた方です。
大杉さんが研究してきた内容を以前テレビで拝見して、是非生でお話を伺いたいなぁと思っていました。

予想通り、難しいながらも大変参考になる講演でした。
厚木まで行って良かったです。
大杉さんは今後は、筑波技術大学で教鞭をとるそうです。

大杉さんの著者「聾に生きる」を購入して来たので、早速読みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.09

ジョン・レノンが泊まったホテル

箱根と湯河原へ行ってきました。
なんだか、スゴイ!!の一言です^^;;;

湯元の近代建築・土木遺産探訪と強羅、仙石原周辺の近代建築探訪後、強羅花壇で昼食をとって、宮ノ下周辺近代建築散策、そして富士屋ホテル泊。
翌日は、銀河館でランチ後、湯河原近代建築探訪・・・といった感じです^^;;;

どこから書きましょう?^^;
感激した富士屋ホテルのことから・・・。
写真はクリックすると、大きくなります☆

Imgp0412_2

富士屋ホテルには、本館をはじめいくつかの戦前の建物が現役の宿泊施設として利用されています。
この写真は、「花御殿」と呼ばれお部屋に全部お花の名前がついている宿泊棟。
昭和11年竣工です。
ここにはジョン・レノン夫妻や三島由紀夫夫妻が泊まったそうです。

また、他の建物もチャップリンやヘレン・ケラーが宿泊したり近代建築ファン好み(?)のところでは、原爆ドームの設計者、ヤン・レツルや帝国ホテルを設計したフランクロイド・ライトも宿泊したと、富士屋ホテル資料館内に記録がありました☆

Imgp0410_1

こちらは、明治39年に建てられた「西洋館」と呼ばれる建物。
ここのスーペリアツインに宿泊しました。
とってもとっても良かったですよぉ。

Imgp0430

こちらが室内。
天井は高いし、ベットはゆったりしているしTVは大きいし(笑)
アメニティはロクシタンでした。
見晴らしがいいお部屋だったので朝は山の様子もよく見えてよかったです。
富士屋ホテルでは、浴場もホテル内にありますがすべてのお部屋についているバスも温泉がひかれていて、バスルームには、温泉の成分表が掲示されていました。
西洋館荷宿泊して嬉しかったことのひとつに、「猫足のバスタブ」があります☆
初めて、猫足のバスタブを利用しました(^^)

富士屋ホテルで毎日午後4時から行っている館内見学ツアーの時、花御殿のスイートルームを見せていただきました。
花御殿のバスルームは檜でした(^^)

Imgp0449

下の写真は、西洋館の館内の写真です。
窓の向こうには、お庭が広がっていて水車小屋もあり15分ほどで散策できるようになっていました。

Imgp0433

続いて本館。
こちらは明治24年に建てられた、富士屋ホテルでイチバン旧い建物です。
唐破風の玄関が特徴的で、竣工当時はホテルのメインの入り口だったのかなぁと思います。

Imgp0413

中に入ると、落ち着いた雰囲気のロビーがあります。

Imgp0487_2

Imgp0483_3

こちらはマジックルーム。
なぜ、マジックルームなのかしら・・・?
・・・と思ったら、昔マジシャンがこのお部屋でマジックをお客さまに見せていたことにに由来して、今でも「マジックルーム」と言うそうです。

Imgp0492


現在のフロントの前方に、何やら立派な飾りを施したカウンターのようなものがありました。
こちらは、創建当時にフロントとして使われていたそうです。
柱にも細やかな細工が施されています。

Imgp0488

上の大きなカウンターの端に守り神のように、尾がなが~いニワトリが・・・。

Imgp0486

本館には主食堂とカスケードルームがありますが、そのどちらもとても手が込んでいます。
これらは、日光金谷ホテルの次男だった富士屋ホテルの2代目(1代目の娘の婿養子となった)によるものだそうです。
なんとなく、雰囲気が金谷ホテルに似ているのはそのせいかもしれませんね。

Imgp0455

こちらは、カスケードルームのステンドグラスです。
全部で5枚ありました。

Imgp0417

Imgp0474

こちらが主食堂の外観と内部です。
夕食はこの主食堂でいただきました☆

とっても楽しかったです~。
富士屋ホテルでは、レディースプランなどもあるので、女性同士なら断然お得ですよ~。
ただ、宿泊する建物は指定できないそうです。
私がもし、また宿泊するなら今度は本館に泊まりたいなぁと思います。

強羅花壇や、銀河館の写真も近日中にアップしますね~。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006.09.06

ファッションのコト。

私の職場には制服はありません。
私服勤務な上に、特別な規制は皆無です。
だからスーツじゃなくてもOKだし、ジーンズだってOKです。
外部からお客様がおみえになるときなどは、自分の判断で失礼の無い服装で出勤しますけど^^;;;

私はとてもめんどくさがりなので、洋服はまとめ買いをしてしまいます^^;
マメに洋服を見て歩くとか、ファッション雑誌で研究するということに興味がないというか時間がないというか、とにかく無縁だったりします。

だから美容院でファッション誌を山積みされると、見るところがなくて困ってしまいます^^;;;
読み物系の雑誌の方が時間がつぶせるのになぁと思ったりして(笑)

かといって、お洋服に興味がないかというとそうでもないのでややこしいんですけど^^;
マメに見て歩かない分、季節の変わり目に(だいたい年2回)ふらっと良く行くお店に顔をだして、4~5着まとめて購入して終了・・というのが私のパターン。
手持ちのものとの組合せを考えながら買うときもあるし、ほとんどお店の人のおすすめひと揃えみたいになるときもあります^^;;;

だけど、洋服のコーディネートを考えるのもメンドウなのでついついワンピースが増えてしまいます(>_<)

ああ・・・。
こんなんでいいのでしょうか^^;
でも、メンドーなものはしょうがないですよね^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.09.05

天才の思考回路

私は凡人なので、時々天才肌の方の思考回路が理解できずに悩まされます^^;
頭の回転が速すぎて、どこを見ているのか判らなくなるときがあるのです(>_<)
凡人にもわかるテンポで話を進めて欲しいなぁなんて思ったりして^^;

天才は99%の努力と1%のひらめきとは、エジソンの名言ですが、天才の素養のひとつには、あることにわき目もひらず熱中する集中力というのが必要なのかもしれません。
色々目移りしているようじゃ、いつまでたっても天才の足元にも及ばないのかも^^;;

このブログの左側の本の紹介の中に数学に関する書籍が1冊だけあります。
私は数学の楽しさなんてわかりませんが、世の中のいろいろなことに数学が関わっているということに、最近気づかされました。
「博士の愛した数学」は読んでもいないし映画も見てもいないのですが、時々「数学者」と呼ばれる方と仕事でお話する機会があり、世の中には答えの出ていない数学がたくさんあることを知らされます。
紐などの「結び目」について数学的な研究をしているヒトがいたり、地震や津波、血液の流れを数式で計算(?)している研究者もいて、ああ・・・世の中のすべてのものに数学は関わっているんだなぁなんて感心します。

杉真理さんは大学で数学を専攻していたんですよね~。
あの頭の回転の速さと、コントの切れと記憶力は数学と関係があるのかなぁ・・・?

数学のノーベル賞といわれるフィールズ賞というのがあります。
初めて聞いたときは、なんのこっちゃと思いましたが、数学界のノーベル賞との説明にちょっと納得。

そんな権威あるフィールズ賞を受賞したのに、辞退したロシア人数学者グレゴリー・ペレルマン氏の記事が2週間ほど前の新聞に掲載されていました。
「自分の証明が正しければ賞は必要ない」というのが辞退の理由なんだそうです。
私には良くわかりませんが、ものすごく難しい数式を世界ではじめて証明した方らしいです。
「自分の証明が正しければ賞は必要ない」って、なんだか職人気質なコメントですよね。

真の天才、真の研究者は私利私欲のために研究するのではなくただ、自分の好きなことに向かってナゾの解明をしているだけなのかもしれませんね。

せっかくのフィールズ賞、もったいないなぁと凡人の私は思います。
きっと、フィーズル賞を受賞したかどうかで今後の講演の謝礼など変わってくるだと思うのですが・・・そう考えるのは、凡人の浅はかさでしょうか^^;

天才の思考回路は、本当に複雑です^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.04

ほぼ日手帳2007☆

早いもので、もう9月。
1年あっという間ですね^^;;;

私が愛用している「ほぼ日」手帳
本日、2007年用手帳の全貌が明らかになりました♪
発売受付は9月7日(木)11時からだそうです。

今年はほぼ日ストアでの発売に先行して全国のロフトで発売になったので、おかしいなぁと思っていたら、ほぼ日ストア限定で千鳥格子やストライプなどのプリントカバーが発売になるそうです☆
私は今年はプリントカバーにしようかなぁと思っています。

今年はナイロンカバーのサーモンピンクに、カバーオンカバーをつけて使っているのですが、カバーオンカバーがそろそろボロボロになってきたので、外してナイロンカバーのまま、残り半年使おうと思っています。
まだ、手帳の表面がキレイなのでちょっと嬉しかったりして*^^*

来年用の手帳は7日発売だけど、ゆっくり考えて締め切りまでには申し込もうと思います(^^)
ほぼ日手帳2007のラインナップはこちらをご覧ください*^^*

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006.09.03

「手話で詐欺」のコト。

ここ数日、巧みな手話と筆談で東京、山梨、埼玉など9都県の聴覚障害者に「高い利息をつけるから」と言い、お金を集めそのまま元金も返金せずに行方不明となっている、福祉関連会社の女性社長のことが一般の新聞やTVニュースでも取り上げられています。

被害総額が6億円以上!!
一部報道によると、被害者宅へ「お金は必ず返す」という社長からの手紙が届いたとか・・・。

最初から詐欺をするつもりだったのか、本当に集めた資金を運用して利息をつけて返すつもりだったのかわかりませんが、出資法に違反しているのは事実です。

英語や韓国語ができても「良いヒト」だと思われないのに、「手話」ができるとつい、良いヒトだと思ってしまうのは、ろう者だけではないような気がします。
事実、「手話をやっています」というと10人中9人のヒトは「エライわね~」と言います。
どうして手話に関わる聴者はエライの?
ちっともエラくなんかないのに・・・。

だれだって、「その気」になれば始められるし気がつかないだけでみんなの周りにも、ろう者や難聴者はいるはずなのにね・・・。

今回の事件で被害にあわれた方は、本当に大変だと思います。
一生懸命貯めたお金を信用して預けたのに、利息どころか元金も返ってくるかどうか判らないのですから。
早く、行方不明の社長が見つかって元金だけでも全額戻ってくるといいなと思います。

そして、聴者だって良いヒトも悪いヒトもいるようにろう者にだって良いヒトも悪いヒトもいます。
同じように、手話ができるヒトにも良いヒトだけではないことを、みんなが頭の隅においておかなくてはいけないのかもしれませんね。

随分前の話ですが西日本のある地域では、ろう者が手話を覚えたい聴者から少額ですがお金を借り歩いて、トラブルになったと聞いたことがあります。
はじめて会ったろう者が、こんなヒトだったら手話を学ぶのがイヤになったり、ろう者の印象が悪くなったりします。

今回、行方不明になっている女性社長のお兄さんがろう者だったので、女性社長も手話が上手かったようです。
ろう者の家族で手話が上手かったら、やっぱり信用してしまうかもしれません・・・。

日本中、みんなが手話ができるようになって手話ができることが特別なことじゃなくなればいいのにな・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.09.02

青いタオルの行方

数日前、夫が何かのお返しでイブサンローランの青いミニタオルをもらってきました。
ちゃんと箱に入っていたのですが、どんなハンカチorタオルかなぁと開けたら青いミニタオル。

甲子園で話題になった「ハンカチ王子」にあやかった訳ではないのでしょうが、今の時期青いハンカチやタオルを持っていると「ハンカチ王子」のことが話題になります^^;;;;
私も夫もスポーツ観戦は好きですが、スポーツ選手が本筋とは違うことに注目されていることには興味がないので、「青いミニタオルは当分使うまい」とそのまま大切に閉まっておくことにしました^^;
頂き物を全部下ろしてしまうこともないので、他のいくつかのハンカチやタオルや靴下などと一緒にクローゼットの中へ。
ほとぼりが醒めたら使わせていただきます^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.01

防災の日

今日は防災の日。
大正12年の今日、未曾有の被害をもたらした関東大震災が起こりました。
昨日の夕方、関東では地震が発生しましたね。
私は歩いていたので、まったく気がつかなかったのですが・・・・。

大きな地震が来るといわれて久しい首都圏。
大きな被害が予想されていると同時に、平日の日中起こった場合は「帰宅難民」が大勢出ることも懸念されています。

私もご多分に漏れず、帰宅難民予備軍です。
職場から自宅までいくつも川があるし、けっこうな距離があるので歩いて帰る自信がありません。
昨年だったかかな?職場で、災害時用のカンパンの缶詰が支給されました。
・・・賞味期限、いつだろう???

今日は防災の日だけど、確認しませんでした(>_<)
「なにかしておいたほうがいいのでは・・・」という気持ちはあるけれど、実はなにも備えていない自分がおそろしいです^^;;

とりあえず今日は、買ってそのままビニールがかかったままの防災グッズの箱を開けてみようと思います。
・・・でも、防災グッズってどこにおいておけばいいのかな?
玄関においてある懐中電灯も電池が切れたままだわ(汗)。

私の職場では、9月1日に防災訓練を行なったりしませんがみなさまの周辺はいかがですか~?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

9月入学ですか・・・!?

8月31日付けの東京新聞朝刊に、安倍晋三自民党官房長官が30日に表明した意向として、「安倍政権」下の公約に掲げる教育再生の一環として、国公立大学の入学時期を、現在の4月から9月に変更する意向を明らかにしたという記事がありました。

え~っ!?
高校を3月に卒業して、9月まではどうするの?という疑問がわきますよね^^;
安倍さんのお考えとしては、高校卒業してから大学入学までの半年間でボランティア活動を義務付けるつもりなんだそうです。

若者の社会貢献促進と、帰国子女がスムーズに日本の学校に進学しやすくするために9月入学を考えたようですが、みなさまどう思います?

私は「ボランティアの義務化」には気乗りがしません。
自主的にやらないで、「義務だからやる」のではボランティアではないと思うし、やる気や責任感がないのに参加されても迷惑だと思うのです。
しかも、半年も!!

福祉とは関係のないボランティアもたくさんあります。
例えば、観光協会などでの案内ボランティアや町の清掃ボランティア、災害ボランティアなどなどありますが、「義務」として参加させるのではなくどうしたら、そういう活動に興味をもてるかを考えて、工夫して引き込んでいくのが大人の仕事じゃないのかな・・・?

単位をもらえるからボランティアをする、とか大学へ進学するためにはボランティア活動が必要・・・では、ちーーっとも社会貢献の促進にならないと思うのだけれど・・・。
そりゃあ、中にはシブシブ参加したことで気づきがあり考え方が変化することもあるでしょうが、「義務化」には反対だなぁというのが私の考えです。

国公立大学の9月入学については、実現させるためには5年~10年のスパンで考えないと無理じゃないのかなぁと思います^^;;
「安倍政権」での実現できるのかなぁ?

私立大学との関わりもあるし、何より日本の「年度」は4月スタート。
今でも一部「秋入学」を受付けしている大学はあるけれど学校全体がそうなるためには、システムの変更やさまざまな大きな問題があるような気がします・・・。
例えば就職活動の時期や就職の時期にも影響があるわけで・・・。
一般企業や公務員などの新入社員、新入職員の受入時期も変更になるのですから国民全体の理解が必要ですよね^^;;;

高卒や専門学校、私立大学の卒業生は4月入社で国公立大学卒業生は9月入社・・・となると、企業側の負担が大きくなるしねぇ。
日本の「年度」自体が変更になるならいいと思うけど、どちらにしても一朝一夕に変更は難しいのではないかと思います。
なにか、特別なアイディアでもあるのかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »