« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月の投稿

2006.10.31

術後8ヶ月検診

今日は術後フォロー検診の2回目。
3月に手術をしたから、ほぼ術後8ヶ月後の検診になります。
細胞診とエコーをやりました。

エコーの結果は異常なし。
細胞診の結果は1ヵ月後になります。

ケセラセラ・・・。
なるようになれです。
異常なしだと思うけど、再発したらまた治療すればいいだけのこと。
早期発見、早期治療ってことで(^^)

今回異常なしだったら、次は半年後かな?
術後フォローアップはまだまだ続きます。
女性のみなさま、定期的に婦人科検診受けましょうね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.10.30

さよなら、ソコニーハウス

アントニン・レーモンド設計のソコニーハウスが解体されて久しいですが、「旧本牧スタンダード石油社宅とその景観を救う会」の主催により、報告会&お別れ会が開催されます。
お誘いあわせのうえ、ご参加ください。

日時:11月12日(日) 18時~20時
場所:横浜市開港記念会館1号室
対談:吉田鋼市氏(横浜国大教授)
    水沼淑子氏(関東学院大教授)

☆「旧本牧スタンダード石油社宅とは何だったのか」

解体に先立ち、横浜市教育委員会によって社宅の調査が行われましたが、調査に参加された横浜市文化財保護審議会委員の両氏に、調査の実際や建物の価値について語り合って頂きます。

詳細は下記でどうぞ。
http://www.honmoku-socony.net/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衝動買い(>_<)

先日、ロンシャンのバッグ(クロコダイル調牛革カーフスキン型押し のロゾサティーネ)をつい衝動買いしてしまいました。
約4万円也。

A4がギリギリ入るくらいの、フォーマルにもカジュアルにも使いやすいデザインのバッグです。
確かに使いやすい・・・。
でも、本当は不必要なものだよなぁ・・とやや反省気味。

洋服と靴とバッグ・・・つい欲しくて買ってしまうけれど本当はなくてもいいものも随分あるなぁと思っています。
でもせっかく買ったので大切に使いたいと思います。
ロンシャンのバッグはクラシックなスタイルで使い勝手はいいのですが唯一難点が・・・^^;;
バッグの内ポケット側に携帯入れがついていないので、すぐ携帯が行くえ不明になってしまうんです^^;;
クラシックスタイルが故の悩みといったところでしょうか・・・。
表面の革は長く使うと味が出てきっといい色になると思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.10.29

ランチデート☆

この週末はドタバタと色んなことがありました^^;
今日はこのブログにも時々コメントをくれる姫ちゃまとのランチデートをしました。
久々の再会です。

相変わらずの笑顔で「Hello!」と登場。
時間制限のないランチバイキングのお店で色々お話をしました。
楽しかったです☆

マジメな話、笑い話、大変な話、お互いの近況などなど楽しかったです。
今度会うのは京都かなぁ?
・・・とかいいながらもっと早くに会えるかもね♪

姫ちゃんがアメリカでGetしてきてくれたASLと英語字幕のビデオ「See what I Mean」というビデオをこれから見ようと思います。
ASLはまったく判らないので、必死に字幕を追いたいと思います^^;;;;
第2弾ももうじき発売の予定らしいですよ。
ろう文化と聴者文化を比較している内容のようです。
また改めて感想を書きたいと思います☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.10.27

『手話でご案内』観光ボランティア養成講座」

朝日新聞の岡山県版(10/26付け)に面白い記事が掲載されていました。
日本の代表的な庭園のひとつ、岡山県の後楽園で手話の基礎を学んだ方を対象に、『手話でご案内』観光ボランティア養成講座」と題して後楽園内や岡山城の案内を手話で行なう観光案内の講座を備前県民局主催ではじめたそうです。

この講座を修了すると、来年4月から観光ボランティアとして手話で観光案内をすることになるそうです。
こういった試み、全国に広がるといいですね。

私の老後の夢(?)は、飛鳥のような豪華客船で3ヶ月くらいかけてゆっくりクルーズすることと(あまり現実的な夢じゃないけど^^;;)、横浜シティガイド協会に入って、横浜の歴史や近代建築などの案内ボランティアができるようになる・・・っていうのがあります。
後者は比較的現実的でしょう?^^;

シティガイド協会に入るには、けっこうしっかりしたカリキュラムでシティガイドの勉強をする必要があります。
今活躍中の方たちも多くは、私の親くらいの世代なので、私もそのくらいの年になったら、三渓園や山手や馬車道などなどボランティアガイドできたら老後は楽しいだろうなぁなんて思っています。
横浜でも手話で観光ガイドができるヒトが増えるといいのにな・・と思っていたのですが、実は結構いるらしいです☆

シティガイド協会では外国人向けの英語やその他の言語での観光案内もしてくれるし、シティガイド協会のメンバーの中には手話ができる方もいるのでお願いすると手話で山手案内などしてくれるそうです。

どんな風に案内するのかなぁ?
外交官の家やベーリックホール、エリスマン邸などどんな手話で紹介するのか見てみたいなぁなんて思います。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

番号ポータビリティ

10月24日から始まった携帯電話のMNP(番号ポータビリティ)サービス。
各社盛んにコマーシャルしている中、ソフトバンクモバイルだけはなんだか予想外な路線で広告をだしていますよね^^;

10月23日にはソフトバンクが同社の携帯電話同士ならメールも通話も無料というウィルコムのような新料金を発表して話題になりましたが、以前からのユーザーにはなんだかどんどん複雑化していて、すでに私には理解不能(>_<)
まぁ、価格競争をして消費者にとって使いやすくなってくれるのは嬉しいことです*^^*

さてさて・・・。
みなさまの周囲では番号ポータビリティはどんな感じですか?
おととい、早速友人から番号ポータビリティに伴うメアド変更のお知らせメールが届きました(笑)

新制度開始から2日目!
スゴイなぁ・・・・。
携帯に登録してあるメアドに一斉に同文が送信されるそうです。

自分が携帯会社を変更したわけではないのですが、ちょっと感動^^;;
ちなみに友人の場合は、ドコモからauへの変更でした。
せっかく(?)なので、新携帯にメールをしてみました(笑)

ドコモからauへ・・・。
友人の場合は、速水もこみちさんの効果かも!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.26

旧露亜銀行横浜支店・市指定文化財へ

昨日の神奈川新聞によると横浜市中区山下町にある旧露亜銀行横浜支店が横浜市指定文化財に指定されたそうです。

他には金沢区にある野島公園の「旧伊藤博文金沢別邸」も指定文化財に指定されました。こちらは和風建築ですけれど。

旧露亜銀行横浜支店の建物は1921年頃竣工の鉄筋コンクリート3階の建物です。
設計はイギリス人のB.M.ウォード。
関東大震災のあと、周囲の建物は倒壊したけれどこの建物だけが残っていたそうです。
その様子は、当時を知っている方にはかなり印象的だったそうです。

そもそもあまり耳慣れない「露亜銀行」ってなんなのかと調べたところ、1910年頃にロシア資本の露清銀行フランス資本の北方銀行が合併してできた外資の銀行だそうです。
昨今日本でも銀行の合併がありますが、当時でも銀行の合併ってあったのですね^^;

関東大震災に耐え、横浜大空襲をも乗り越えたこの建物は露亜銀行が移転した後、ドイツ領事館、横浜入国管理事務所、警友病院別館として使われていました。
しかし、警友病院がみなとみらいへ移転した後は空き家となっていて外壁も随分と傷み、解体されてしまうのでは・・と懸念がありました。
だって、傷みが激しくて幽霊屋敷のような雰囲気をかもし出していたんですもの(>_<)
何ヶ月か前に近くを通ったときに工事をしていたので、解体か!?修復か!?とドキドキしましたが、所有者も神奈川県からいつの間には横浜市に移ったのですね。

今回、市指定文化財に指定されたということでホッとしました。
震災も戦火も免れた建物ですから、大切に見守りたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.25

体内怪人

もうずいぶん前から話題になっているのでやったことがある人もいるかもしれません。
ファイブミニのサイトで簡単な質問に答えると、自分の体内に住みついている(?)怪人を見つけられるというものです(^^;

http://out-put.jp/index.htmlでセルフチェックしてみてください(笑)
ちなみに私は「ダルダル怪人」。
怪人の種類は全部で7種類!
ファイブミニを飲んだら、この怪人をやっつけられるのかなぁ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.10.24

『ソラ色の空』

先日、某プロデューサーさんから新人ボーカリストのデビュー曲を聞かせていただいたコトを書きましたが、デモを聴かせていただいた3曲が含まれたマキシシングルが12月13日にユニバーサルミュージックから発売になります。

デビュー曲のタイトルは「ソラ色の空」

歌っているのはSOUKIくんという男性アーティストです。
明治乳業のCMソングにも起用されているので、みなさまぜひ聞いてみてください。

ちなみに私は偶然、昨日の午後10時前の日本テレビのスポットCMでこの歌を耳にしました。

ライブ情報☆としてはR2レコーズ 恒例忘年会ライブ!に出演の予定です。
12/3(日)恵比寿天窓スイッチ
R2Records Presents〜Year-end Party 2006〜
OPEN 18:00 START 18:30
前売りのみ4000円

他に12/23に新宿ルイードでのライブを計画中なので、詳細がわかりましたらま
たお知らせします(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.23

あひる1号さんの「手話する時間」

手話する時間』というブログがあります。
手話関係のブログは交流の有無に関わらず、時々拝見して勉強させていただいています。
あひる1号さんが書かれているこのブログもそのひとつ。

手話サークルに関する悩みは全国各地であることで、運営方法とか学習方法とか会員数のこととかあると思いますが、興味深かったので「優先順位」という記事をご紹介します。
http://ameblo.jp/ahiru-1go/entry-10018352942.html

私が興味深く思ったのは、ろう者が「役員」なこと。
それから「読取通訳担当」と仕事を優先したことでサークルに対して罪悪感を感じているあひる1号さんの気持ち。

私は基本的に仕事優先で、いいと考えています。
サークルが生活の負担になるなら、サークルも手話も続けることが苦痛になってしまうから・・・。
だから、あひる1号さんは罪悪感を感じたり負い目を感じる必要はないと思うのですが、それぞれのサークルの雰囲気もあるのでなかなか難しいですよね。

私が知っている都内、神奈川県内の手話サークルでろう者が役員のところはなかったと思います。
何故なら、ろう者団体はろう協でろう協と協力しあう聴者の団体が手話サークルだということになっているから・・・。

だからサークルは聴者が運営し、ろう者は助ける立場という考え方で、逆にサークルの人たちはろう協の活動や行事を助ける立場という考え方だからです。
ろう者の意見や助言は参考にするけれど、サークルの役員をろう者がやることはなかったりします。
手話の指導や講師をろう者にお願いすることはあるけれど・・・。

以前から、地域によってはろう者が手話サークルの役員をやっているところがあると聞いたことはありましたが、本当にあるんだなぁと思いました。

それから、読取通訳の担当。
どんな内容の読取なのかわからないのですが、事前に決めて準備をする必要があるってことなんでしょうね・・・。

私の知っているサークルの場合、通常の活動の時はサークルに参加しているひとが交代で読取を担当するので、事前に読取担当は決めていません。
特別な講演会などのときにドタキャンされたらちょっとキツイかもしれませんが、仕事や体調不良など色々ありますから、そのときはそのときで仕方がないのかなぁとか思ったりして^^;;

手話サークルも地域ごと、サークルごと色々ありますね・・・。
ろう者が来なくて悩んでいるところもあれば、役員の担い手がいなくて困っているところもあります。
手話サークルの今後の役割はなんなんでしょうねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.21

デビュー曲。

デビュー曲・・・。
もちろん、私のではありません(笑)

杉真理さん繋がりのお友達の言葉がきっかけでできた五島良子さん公認サイトの「ゴシちゃんランド」。
このサイトがご縁で、色々な音楽業界の方との出逢いがありました。
そのひとつに、ゴシちゃんのプロデュースをしたことがある方で昔、杉さんともお仕事をしたことがある方がプローデュースする、某ミュージシャンの公式サイトを私が作成することになり、レコーディングを見学させていただいたりアルバムのクレジットに名前を入れていただいたりという、ちょっと貴重な体験をさせていただくことができました。
もう、ずいぶん前のことになります^^;;;

そのプロデューサーさんが今度、男性ボーカリストのプロデュースをするのだそうです。
先日、たまたまそのデビュー予定の曲のデモを聴かせていただきました。
なかなか、かっこいいですよぉ~。

スタ☆レビの要ちゃんほどぬける声じゃないけれど特徴的で、耳に心地いい感じの歌声です。
平井堅さん風(ちょっと違うけど)な印象にもなります。
さらにそこに、韓国スターのパク・ヨンハさんのイメージが広がる歌声なんです。(想像できます?)
ご本人にお会いしていないので、顔は分かりません(^^;
曲は3曲聴かせていただきました☆
年内にデビューするのかな~?
きっと何かとタイアップして売り出すのだと思います。
楽しみです♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2月の京都

京都で行なわれる全通研討論集会の案内が届きました。
まだ10月なのにもう、2月の話です・・・。
今年の2月の集会は山口でした。
集会も楽しかったけど、夜みんなでワイワイお食事したりして盛り上がったのもいい思い出です*^^*

京都は行きやすいし、京都にも行きたいので今年も全国集会に参加する予定です。
会場となる大谷大学にはレンガ造りの校舎が残っているんですよね~。
校舎を見られるのも楽しみのひとつだったりします*^^*

嵐山にある全国手話研修センターに泊まることもできるんですよね。
行った事がないので、行ってみたい気もします^^;;;

まだまだ先のことなのでどんなレポート発表があるか等、判りませんが久しぶりの京都、それから各地のみなさんにお会いできるのを楽しみにしています。
2月の京都・・寒そうだけどね^^;;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.10.20

修学旅行のコト。

学校や地域によって時期も違うと思いますが、修学旅行生をちらほら見かけますような気がします。

最近の中学校あたりでは、ただの観光ではなく修学旅行で職業体験をさせる学校もあるそうです。
フリーター・ニート対策の一環なのか、「13歳のハローワーク」の影響なのかなかなかユニークな取り組みですよね。

私の場合高校まで北海道だったので、修学旅行先も首都圏の方と比べるとちょっと面白いと思います^^;

・小学校~洞爺湖(1泊2日)
・中学校~函館と青森(2泊3日)
・高校~東京と京都&奈良&大阪(4泊5日)

・・・というのが私の修学旅行です。
北海道では比較的一般的だと思います。
(道内のどこに住んでいたかにもよるけど)

例えば稚内などの小学校では、修学旅行で札幌に行ったという話しも聞いたことがありますが、私が住んでいた道南あたりでは洞爺湖が一般的でした。
洞爺湖へ行って、昭和新山を見て・・他にどこへ行ったかなぁ?
夜、ホテルで枕投げをして先生に怒られた記憶があります^^;;

中学時代は函館観光をして函館に1泊。
2日目は青森へ行って体験学習でねぷた金魚をつくりました。
持って帰ってくるのが大変でした。
私達の1年先輩は十和田湖へ行ったそうですが、私達は行きませんでした。
残念。

そして、みんなが驚く高校の修学旅行。
これも、私の世代では比較的一般的コースでした。
私は私学だったのですが、公立高校でも概ね似たようなコースです。
ただ、公立の場合往復青函トンネル利用とかだったので大阪には行かなかったようです。

私の高校は帰りは飛行機だったので、大阪へ行って大阪城を見てから大阪空港から千歳空港へ帰ってきました。
今思えば、けっこう斬新なコースです(笑)

東京では班ごとの自由行動だったので、男の子は秋葉原へ行ったり女の子は原宿や渋谷へ行ったりしている班が多かったかな・・・。
横浜へ足を伸ばす班もありました。

私は上野と渋谷、原宿と明治神宮へ行きました。
宿泊先が横浜の鶴見だったので、先生に「青い電車(京浜東北線)に乗ってきなさい」といわれたのを覚えています。
でも、実際に乗ったのはシルバーに青のラインの電車で青い車輌ではありませんでした^^;;;;

横浜に1泊した後、新横浜から新幹線で京都へ向かい京都駅からバスにのりました。
京都市内に宿泊しながら京都と奈良を団体行動と班行動とで見て周りました。
薬師寺や平安神宮、二条城はよく覚えています。
それから、友人達と班行動で行った太秦の映画村(笑)。
映画村に行ったのは後にも先にもそれ一度きりです^^;;;

奈良公園で鹿に襲われる(?)クラスメイトがいたり、大阪城にはエレベーターがついていてとてもショックだったり、ばたばたとした修学旅行でしたがなかなか面白かったです。
久しぶりに、当時の写真でも見てみようかなぁ~?

ちなみに、うちの夫@横浜出身は高校の修学旅行で長崎に行ったそうです。
ただし、3つくらいコースがある中から選んだらしいですよ。
長崎以外は北海道と韓国って言ってたかな・・・?
都会の学校は違いますねぇ~^^;;

さて。
みなさんの母校はどうでしたか?
良かったら教えてください(^^)

| | コメント (15) | トラックバック (1)

2006.10.18

Imagine Peace Tower

「Imagine」といえばジョン・レノンの名曲。
今も「Happy Christmas (War is Over)」同様平和を願う歌としても歌い継がれています。

ビートルズ時代の曲はそれぞれに良さがあって、どれが一番好きかと聞かれてても悩むところですが解散後にリリースしたジョンやポールの曲の中では、これが好き、あれはあまり好きじゃない・・と明言できる曲も少なくありません。
「Imagine」は歌詞の深い深い意味が判らなくても何か心に響く曲だなぁと思っています。
PVを見たことがある人ならなおさらで、私にとっては「Imagine」のPVはとても印象深く、曲を聴くたびPVのジョンの顔が浮かんできます。

今年のジョンの誕生日(10/9)にオノ・ヨーコさんはアイスランドのレイキャビクで世界平和を願うイベントを開催し、来年のジョンの誕生日にあたる10/9に完成予定の平和の塔「Imagine Peace Tower」の設置場所の開所式も行なわれました。
街中ではなく、小さな島に設置されるそうです。

「Imagine Peace Tower」ができたら見に行って見たいけれど、アイスランドまで行くことはないだろうなぁ・・・なんて思ったりしています。

「Imagine Peace Tower」が完成したら、その塔の下には世界中の人々から集められた「願い」や「夢」が永遠に保管されることになっているそうです。
オノ・ヨーコさんが各地で行なっていた「Wish Tree」に届いた願いや夢の他、「Imagine Peace Tower」に保管される"Wish"を「Dream Power」でも募集しています。
http://www.dreampower-jp.com/peace/

北朝鮮の核実験の問題や未だ安定しないイラク情勢。
アメリカやイギリス等で懸念が絶えないテロへの恐怖などなど・・・日本も世界も今後どう変わっていくのか不安が否めない時代ではありますが、人類だけじゃなく地球全体のためにも、平和で誰もが安心して暮らせる環境が整いますように・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006.10.17

困ったチャコちゃん

わが家には5匹の猫がいます。
そのうち4匹はうちで生まれたきょうだいニャンコです。

生まれてこの方、食事に不自由したことがない4匹は食べ物に対して不安を持ったことがありません。
にゃ〜といえば、エサが出てくるしお水もでてくる生活しか知らないからです。

ところが、おととしまで野良猫だったチャコちゃんはエサ場にエサがなくなるとものすごぉ〜く不安になるらしく、食べたばかりでも必ずエサをくれぇ〜と訴えてきます。
きっと野良猫時代に苦労したんだろうなぁとは思うものの、これに付き合うのがなかなか大変^^;;

チャコちゃんはいつもこんな調子なので、毎日朝まで大丈夫なように夜寝る前は山盛りのキャットフードをエサ場に用意しておきます。
ところがたまたま、夜中に食べきってしまうとさあ大変(>_<)
夜中にみゃ〜みゃ〜大騒ぎ(苦笑)。
先日なんて、どこで覚えたのか寝室のドアを自分であけてエサくれ〜〜〜といわんばかりにヒトの耳元でみゃ〜みゃ〜と鳴きはじめました。
うるさ〜〜〜い。
ごはんちゃんとあげてるのにどうして、そうなの〜〜〜〜っ・・と、しかりたくなります。

うちに来て、もう2年になるけれど不安はなくならないんでしょうね。
他の4匹の猫たちの母猫だったなつはやっぱり野良猫だった子なので、人間の足をひどく嫌がる猫でした。
他の子達が甘えてくるとき、両手が塞がっていたら足をつかって撫でてあげても喜ぶけれど、なつだけは足はダイキライでした。
撫でなくても、足が近くに来るのをひどく嫌がる子だったので野良猫時代に、蹴られた経験でもあるのかなぁと思っていました。

5匹もいると、それぞれの性格や好みがよく判って面白いですよ。
・・・ま、オススメはしませんけれど^^;;;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.10.16

ブログのカスタマイズ

ココログにも慣れてきたので、ちょっと独自のカスタマイズをしてみました。
(プログラムの問題なので、見た目は変わらないはずです^^;;)
イマイチ知識が足りないので試行錯誤状態。

みなさまお使いのブラウザによってはちゃんと表示されないかもしれませんm(__)m
不都合が生じた場合はお手数ですがご一報ください。

もし、異常がなかった場合のコメントも歓迎です(*^^*)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006.10.15

中央フリーウェイ

お天気もまぁまぁいいので、ドライブにでも行こうかということになり出かけました。
特別な目的はなく、運良くたどり着けたら川崎市立日本民家園にでも行こうかと、地図も見ないで出発。
案の定というかまんまとというか、ぜんぜん違う方向へ向かってしまいました^^;;

毎週日曜の午後1時からFM東京で、ユーミンの番組が放送されています。
今日の1曲目は「中央フリーウェイ」でした。
曲が終わってまもなく、一般道からではありますが左手にサントリーのビール工場が・・・・。
そして、頭上には中央高速が・・・。

はい。
府中まで行きました。
府中の森で毎年杉さんがビートルズの曲を歌うなぁなんて思いつつ、しばらく中央高速と平行している一般道を走って、町田へ抜けて帰ってきました。
帰り道は私は熟睡で記憶にないんだけどね^^;;;;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

リンゴみたいなホッペ。

嘘のようなホントの話です(笑)。
ある時、日本語ができるフランス人と話していたときのこと、日本とフランスの文化の違いが話題になりました。

文化の違いは色々あるものの、おもしろいなぁと思ったのは「リンゴ」のイメージです。

日本人の場合、「リンゴ」と聞くとぱっと浮かぶのは赤いリンゴですよね。
だから、『リンゴみたいなホッペ』って言われると真っ赤なホッペのことを形容していることになります。
統計を取ったことはありませんが、日本生まれで日本育ちの日本人100人に聞いたら100人が「リンゴみたいなホッペ」=「赤いホッペ」をイメージすると思います。

ところが、フランス人からすると「リンゴは赤だけじゃない。緑(青リンゴのこと)や白もあるのに、どうして日本人は赤だと思うの?」というわけです。
なるほど。
だけど、日本だと「リンゴ」は赤いイメージだから緑のリンゴにはわざわざ「青」をつけるのかなぁと思います。
赤いリンゴが主流で青リンゴは亜流とでもいいますか・・・^^;;
白いリンゴって私はイマイチわからなかったのですが、あるらしいです^^;;;

でね、聞いたんです。
「フランスにはリンゴみたいなホッペに似た言い回しはないの?」って。
そうしたら、同じようにポッペの状態を形容する言葉があるそうです。
フランス語でなんていうかは忘れちゃったけど(>_<)

フランス語で「リンゴみたいなホッペ」というとふてくされてホッペを膨らませていることなんですって。
リンゴ丸ごとの形のイメージかな?

ホッペにリンゴが入っているみたいってことかしら???

だから、フランス人の赤いホッペの子に「リンゴみたいなホッペだね」って言っても「???」なんだそうです。
なるほど。

面白いですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.10.14

湘南邸園文化祭2006

もうすでに始まっていますが、10月から12月にかけて藤沢市の旧モーガン邸を守る会や葉山の葉山環境文化デザイン集団等、様々な団体の協力の下、湘南邸園文化祭2006が開催されます。

会場となるのは旧近藤邸やグリーンハウス等。
旧近藤邸の暖炉に火がともされたり、グリーハウスで演奏会があったり葉山の別荘建築を特別に見学できたり、鎌倉で伝統的な和楽器の演奏を楽しんだり・・・もぉ色んなことができる文化祭です(^^)
芸術の秋ですから(^^)
湘南邸園文化祭2006は東京の文化財ウィークに負けないくらい盛りだくさんですので、ぜひぜひどうぞ。

私はどれに行こうかなぁ~。
大磯でお月見もいいなぁ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.13

早瀬久美さんの講演会

今週はサークルで交流会をやりました。
ろう者もサークル会員も見学者もいてすごく楽しい交流会でした(^^)
いいなぁ~。
もう、サークルでの学習はやめて毎週ああいう和やかな雰囲気で和気藹々と冗談言ったりからかったりしながらワイワイとお話したいなぁ。

それから、「こころの耳」の著者である早瀬久美さんの講演会がありサークル仲間と行ってきました。
新しい手話での「ジェネリック医薬品」の表現など見られてへぇ~と感心しきりでした。
初めてお会いしたときは、あまりにも華奢で驚きましたがさすがに今回は、その細さにも目が慣れたようです。
本当に憲太郎さんと久美さん、お似合いのご夫婦だなぁと思います(^^)

ぜんぜん関係ありませんが、明治薬科大学を卒業して大正製薬に入社し、(現在は退職されましたが)確か今年は昭和大学でファイザー製薬主催か後援かの医療関係の講演会にも参加されていたと思います。
明治、大正、昭和と全部制覇!あとは平成なのかな・・などと思ってしまいました^^;;;

「こころの耳」を読んだときも思いましたが、早瀬さんのお母さんは本当にすばらしいですね。
早瀬さんご自身も「自慢の母です」とおっしゃっていました。

またまた関係ないけど、クリスマスライブで毎年行くSTBは早瀬さんご夫妻が結婚披露宴を行ったお店です☆
野口五郎さんご夫妻もSTBでしたよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.12

“Forever Christmas”のチケット

なんとなく、書きそびれていましたが先週だったかな・・・?
先行予約した12月のChristmas Concert “Forever Christmas”のチケットが届きました。
(Sちゃん、連絡しなくてごめんね~^^;;)
整理番号20番台前半となかなかいい感じでした。

薫ちゃんたちのクリスマスライブはすっかり恒例行事。
開演まで、みんなでワイワイ盛り上がってアーティストにちなんだカクテルをオーダーできるのも楽しみのひとつだったりします。

何かと忙しい12月。
忘年会とぶつかるかも・・・とか、他のライブと重なるかも・・・と何かと悩みも尽きませんが、チケットが完売して当日券が出ないのは毎年のこと。
迷っている方はお早めにご購入ください(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

千葉県の障害者差別禁止条例案のコト。

本日付の日経新聞、読売新聞等で千葉県で来年7月1日から施行されることが決まった日本初の障害者への差別を禁止する条例案のことが記事になっています。
県議会で成立したのは昨日のこと。
千葉在住の友人が、この法案を成立させたいとがんばっていたのは承知していましたが、こんなに早く成立するとは思っていませんでした。

この条例案の正式名称は「障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例案」というそうです。
具体的には、教育や雇用または不動産の取引(家を買うとか借りるなど)8つの分野で障害を理由にしたサービス提供の拒否は差別行為であるというように具体例を明記したそうです。

第三者機関として調査委員会が設けられ、当事者間の仲介や助言などにあたるということで、県知事には是正の勧告権限が与えられることが決まりました。
でも、罰則規定はありません。

罰則まではどうかなぁと個人的には思いますが(甘い?)勧告に従わない企業名を公表するという案は企業イメージを考えると充分罰則に値するかも?と思いましたが、日経新聞によると自民党が企業名公表に関しては難色を示したため継続審議となったとあります。
そのため、今回可決した案では企業名の公表規定は削除された修正案となったそうです。

施行後どう変わっていくのか、ちょっと楽しみです。

参考Web site
千葉県健康福祉部障害福祉課
障害者差別をなくすための取組みについて

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.10

携帯電話を買い換えました。

最近、我が家の電化製品のご機嫌がナナメだったりするのですがここ数日、私の携帯電話のモニターが突然真っ暗になるという現象が起こりだしました。
たとえば、メールを打っている途中でモニターが切れてしまうのです(>_<)

携帯が壊れたら大変!!
ということで、今日買い換えて来ました^^;;

今まではアナログのTVが見られる機種を使っていたのでアクオスケータイのワンセグに興味津々でしたが、今回は軽量なものにしました。
しかも、持っているケータイが壊れそうなのですぐに持ち帰れるものじゃないと!

本当はいいなぁと思うのがあったのですが、人気の機種で入荷待ちだったのであきらめて違う機種にしました。
しかも、軽量なのでおサイフケータイもモバイルSuikaにも対応していません。
それでも、今まで私が使っていた機種よりはいろいろな機能がついていました。

今まで赤外線も使えなかった私^^;;
今度はTVコールもできるし、ムービー写メールもできますよぉ。
着うたフルってスゴイですねぇ~。
ああ・・明らかに携帯業界の浦島太郎状態です(>_<)

使っている携帯にトラブルがあるまで使い倒すタイプなので、機種変更のとき有効なポイントがたくさん貯まっていて、新しい機種だけれど0円で購入できました^^;;
しかも、よくわからないけど2Gのi-podがついてきました^^;;;
i-podは夫にあげる予定です☆

まだ携帯を使いこなせていませんが、徐々になれたいと思います☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.10.09

横浜大さん橋国際客船ターミナル

朝、仕事へ行くより少し遅めに起きてブランチをしに出かけました。
夫の気の向くまま車を走らせ、なんとなく横浜大さん橋国際客船ターミナルへ。
大さん橋内にあるカフェで景色をみながらちょっと遅めの朝食をとりました。

大さん橋の屋上フロアは私のお気に入りの場所です。
海にせり出ているちょっと小高くなった大さん橋からは周りの風景が一望できます。
赤レンガ倉庫やみなとみらいはもちろん、キングの塔やクイーンの塔も見えます。
ビルの合間かからは富士山も見えるんですよ(^^)

ちょっとした公園のようになっていて一部は芝生にもなっているので、そこでお弁当を食べているヒトや犬の散歩をしているヒトもいます。

私は飛鳥が大好きだったので、飛鳥が横浜に寄港したときは時々大さん橋へ足を運びました。
以前の大桟橋では寄港できなかったサファイア・プリンセスのような大きな大きな客船も今は寄港できるので客船を見る楽しみが増えました。
飛鳥が引退して、新しく飛鳥Ⅱが航行しているのでいつか乗りたいなぁと思っています☆

横浜へお越しの際はぜひぜひ、大さん橋の屋上フロアへ行ってみてください。
船に乗らなくても船上にいる気分になります。

ちなみに、今日は大きな客船は来ていなくてロイヤル・ウィングが停泊しているだけでした。
カフェで食事をしてお話しながらロイヤル・ウィングの出港を見ていました。
船がいなくなると視界が開けて、ベイブリッジが見えました。

また大きな客船がきたら見に行きたいなぁと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.07

銀座の画廊にて。

数年前、一緒にお仕事をしていた方のご主人が銀座のみゆき通りにある画廊で1週間ほど個展を開いているというので、久しぶりに銀座へ行ってきました。
ご主人は某新聞社勤務なのですが、私が生まれる前からずっと絵を描いていて時々銀座で仲間と一緒に個展を開いています。

とりあえず、絵を見に・・というのは口実(^^;
久々に一緒にお仕事をしていたKさんとお会いできるのが楽しみでした。
彼女はすでに選択退職制度を利用して早期退職をして、悠々自適な生活をしています。
私より20歳以上も年上ですが、北海道出身という共通点もあり公私共にお付き合いが続いています。

本当にアクティブで綺麗で生き生きと人生を楽しんでいる感じがします。
仕事をしていたときは真摯な態度で斬新なアイディアを出して周りを仰天させることもあるけれど、頭の切れる仕事のできる方でした。

そんなKさんが、仕事を辞めてできた自由な時間を利用して地元の手話講習会に通っていると聞いて私はびっくりしました。
去年から入門に通い、今年は初級に通っているそうです。
最近手話サークルの見学へもいったそう・・・。

いやいや・・・。
びっくりしました。
画廊でご主人も交えてお話して、その後ランチをしながら手話のお話や都内の講習会の様子など教えていただきました。
来月から要約筆記の講習会にも通うそうです。

本当にアクティブだなぁ・・・^^;;
私も仕事をやめたら同じようになるかもしれないなぁ・・なんて思います^^;;
せっかく始めた手話なので長く続けて欲しいなと思いました。
また、お会いしたときどんなお話が飛び出すか楽しみです。
私も負けないように、ひびしょうじん・・・がんばります!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.06

手話で表す、気になるニュース

久しぶりに手話サークルネタです。
今週は「今週のニュース」で気になったことをあれこれみんなに出してもらいました。
それぞれ着眼点が違って面白かったです☆

例えば、クルマが好きなろう者はスーパーカーの話題のこと。
例えば、モデルのエビちゃんの人気の影響でピンクのデジカメの売り上げが伸びていること。
・・・「エビちゃん」を知らないというろう者にどんなヒトかみんなで説明したりもしました。

他にも北朝鮮の問題や安倍首相誕生など正統派なニュースをあげたヒトもいれば若者による傷害事件のことや飲酒運転のことも出てきました。

みんなのお話を見ていて、面白いなぁと思いました。
本当に色々なニュースがあるもんですねぇ。
私が一番気になったのはなにかな・・・。
北海道滝川市で昨年9月に教室で自殺した女の子の「遺書」をめぐる市教育委員会の対応や市教委に対する文科省の動きかな。

教室で自殺したんだもん。
遺書だって学校や家族など9通も書いていたんだものよほどの無念さと訴えたいことがあったんだと思います。
学校や教育委員会は何を守ろうとしたんだろう。
イジメタとするクラスメート?体面?判りません。
市教委ばかり攻められているけれど学校はどういう対応をしたのかな・・とかいろいろ思いました。

クラスメート達はもう小学校を卒業して中学生になっているはず。
どんな子供だって、自分達の教室で誰かが亡くなったらショックを受けるはずです。
今は、どんな気持ちで報道を見ているのかな・・・。
後悔している子もいるのかな。どうなんだろう。
色々、難しいですね。

サークルの話に戻りますが、ニュースの他には「どうぶつの森」について手話で説明してもらおう!というのをやりました*^^*
そう。任天堂DSの人気のソフト「どうぶつの森」のことです。
DSを持ってきた女の子がみんなに囲まれてスゴイことになっていました(笑)。
ああいう、自然な会話がサークルの楽しいところだなぁと思います。

手話サークルの中の共通語はいつでも「手話」。
音声だけで話すことがないように、かならずどんな初心者も単語レベルでもいいから手を動かしながら話す空間。
そんなサークル続くといいなぁと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.05

祝賀会 IN 日本工業倶楽部会館

建築写真家として有名な増田彰久さんが今年度の日本建築学会文化賞を受賞されたということで、東京大学の藤森先生や文化庁の堀さん他「建築探偵」として著名なみなさまが発起人となって、増田さんの受賞祝賀会が昨日、行なわれました。
場所は東京駅の近くの日本工業倶楽部会館。

Vfsh0148


Vfsh0153

近代建築が好きなみなさまは周知の通り、なかなか中に入れない建物です。
私も今回、初めて中に入りました。
想像以上にステキでした☆

Vfsh0157

祝賀会に集まった方は本当に大勢で、北は北海道から駆けつけた方もいらっしゃるそうです。
「建築探偵」にはよく登場する南伸坊さんや東洋英和女子高校ご出身で、東洋英和のヴォーリズ設計の校舎取り壊し反対運動の際「建築探偵」のみなさんと交流をもったというエッセイストの阿川佐和子さんもいらして祝辞を話されていました。

Vfsh0150

本当にお集まりのみなさんはさまざまな顔ぶれで、横浜洋館探偵団の方や各地の保存活動に取り組まれている方、赤レンガ関係の方などなどそうそうたるメンバーでした。

それにしても、日本工業倶楽部会館はステキですね~。
私の写真が下手なもので魅力がうまく伝わらず残念です。

Vfsh0152

こちらは、3階大ホールの壁の様子です。
下は階段の大きなステンドグラス。
その階ごとにステンドグラスのデザインが違いました。

Vfsh0147_1

Vfsh0159

他にも2階のホールの入り口やBarなど見所がいっぱいでしたが、あまりたくさん写真を撮る事はできませんでした^^;;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.10.04

PCが立ち上がらないよ~。

・・・タイトルのままなのですが^^;;

先日、私の画面だけデータが飛びましたが今度はPC自体が立ち上がらずOSが起動しないという現象が起きました。

電源を入れてPCを起動すると、セーフモードなどを選ぶ画面が出てきます。
メッセージとしては「前にインストールしたデータが途中です」みたいな感じのコメントが書かれていて、Winを立ち上げるといような選択肢もあるのだけれどどれを選んでも立ち上がりません(>_<)

え~ん(泣)。
セーフモードでも立ち上がらなくて、上記のような画面のまま30秒のカウントダウンがあって自動的にOSを起動しようとするので、NECのロゴ画面にはたどり着くのだけれど、また同じ画面に戻ってしまいます。

その繰り返しで、PCの電源を入れるとエンドレスにその状態(>_<)
週末まで待って、サポートセンターへ電話しようかなぁ・・・。

ああ・・・。
うちには猫が5匹もいるので日中サポートセンターへ電話してPCを直してくれればいいのになぁとアホなコトを思っています^^;;

昔と比べて便利な世の中なので、メールチェックもブログ更新などもモバイルでできるので大きな支障はありませんが、HPの更新はできません。(殆どしていないんだけどね^^;;)。
あと一番心配なのは、PC内の画像やファイル等のデーター!
この前復旧したので高をくくってやっぱりバックアップしていない私なのでした・・・。
今のPC購入してから4年目です。
そろそろ買い替え時なんでしょうか・・・(泣)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.10.03

FIVE ISLAND RESORT

ここ数日、朝は谷村有美さんの『Docile』を聴いて通勤電車で五島良子さんの『FIVE ISLAND RESORT』を聴いています。
仕事からの帰りは、BOXの『BOX POPS』かChemistryの『Hot Chemistry』で、夜は菅井えりさんの『Stella Mirus Ⅱ』を聴きながらアイロンをかけたり本を読んだりしています。

以前も書いたことがありますが、若い頃『Docile』は私にとってココロの栄養剤のようなものでした。
今聴いても、「1日がんばろう~」と思わせてくれます。

『BOX POPS』は青春?な感じかな。
聴いているだけでライブのイメージがわぁ~っと広がります。
BOX再結成しないかな・・・(まだ言っている^^;;)。

『Hot Chemistry』はChemistryの限定アルバムで、五島良子さん作曲の「ココロノドア」が入っているので買いました。
でも、思った以上に全体的にいいアルバムだなぁと思って時々聞いています。
佐野元春さんや尾崎豊さんのカヴァーも収録されています。

えりさんの『Stella Mirus Ⅱ』は9/20に発売になったばかり。
えりさんが「東洋のエンヤ」と言われるのも納得~~~。
本当に本当にキレイな声なんです!
かといって「ボーカリスト」が全面に出ていなくてなんとも心地いい天使の声(?)といえばいいのかな。
秋の夜長にぴったりのしっとりとした音楽が収録されています。

で、ゴシちゃんの『FIVE ISLAND RESORT』。
1994年の夏のセレクションアルバムです。
私がゴシちゃんのファンになったきっかけの曲「白い色は恋人の色」も収録されています。
当時のゴシちゃん、本当にキュートな歌声です。
「パパはワンダーマン」を久しぶりに聞きながら、けっこうコワイ歌詞だなぁなんて思ったりして^^;;
時間が経つと歌詞や曲を聴いて感じることもちょっと変化してきますね^^;;;

この頃のゴシちゃんが大好きで、ポリスターに移籍したときは驚いたけれど今、聴き比べると、今のゴシちゃんの方がやっぱりいいなぁと思います。
私も年を取ったからね^^;;;
当時のゴシちゃんのキュートな歌を今、目の前で歌われても当時のような感動はないかもしれません。

今のゴシちゃんが当時の歌を歌うと、また違った味わいがあってステキだなぁと思うのだけれど・・・。

今のゴシちゃん、歌唱力には更に磨きがかかりなんだか艶っぽくて本当に魅力的に歌います。
またライブに行きたいな(^^)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.10.02

電話通訳

不定期だけど、わりと定期的に電話通訳の依頼があります。
ろう者の代わりに電話をかけて、電話に出ている聴者の話すことを手話にして当事者のろう者に伝えて、ろう者が表す手話を電話の相手に日本語で伝る・・・。
やっていることはたったそれだけのこと。
電話で話している時間は、ほんの3~5分程度。

あっという間・・のはずなんだけどね^^;;

手話を読み取るのも、受話器の向こうから聞こえてきたことを手話にするのも特別難しい会話ではないので、できるんだけど・・・。
どうしても気になるのは、私が電話のこちら側でろう者に手話で伝えている間、電話としては「無言」が続くことになるのです。
それがねぇ、気になるんですよ(>_<)
時々、先方に「もしもーし」とか言われることもあります(苦笑)。
一応、「少々お待ちください」とか言うけれど電話の向こうの聴者にとっては待っている時間が、長いと感じちゃうんだろうなぁと思うと申し訳ない気持ちになります。

顔が見えないから電話通訳は苦手です。
でも、電話通訳を初めて依頼された頃に比べれば少しはマシになっていると思っています。(自己評価だけど)
でも、何回やっても「カンペキ!」と自己満足できるような内容にはなりません。

なんかいい方法はないのかなぁ?
こちらが手話で説明している内容を、声に出して相手にもわかるようにするのがいいのかな?
でも、日本語を発声しながら手話をつけると、どちらもめちゃくちゃになってしまうのです(>_<)
修行が足りない!?
ひびしょうじん・・・しないといけませんねぇ(^^;

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.10.01

いよいよ・・・

10月です!!
今日から10月ですね。
気候もすっかり秋になりました。
1ヵ月後には年賀はがきが発売になり、あとは坂道を転がるように今年も終了・・・^^;;;

あと3ヶ月間の2006年。
悔いの残らない1年にしたいと思います。

・・・なぜか毎年10/1に自分に気合を入れる私です(苦笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »