« 体内怪人 | トップページ | 番号ポータビリティ »

2006.10.26

旧露亜銀行横浜支店・市指定文化財へ

昨日の神奈川新聞によると横浜市中区山下町にある旧露亜銀行横浜支店が横浜市指定文化財に指定されたそうです。

他には金沢区にある野島公園の「旧伊藤博文金沢別邸」も指定文化財に指定されました。こちらは和風建築ですけれど。

旧露亜銀行横浜支店の建物は1921年頃竣工の鉄筋コンクリート3階の建物です。
設計はイギリス人のB.M.ウォード。
関東大震災のあと、周囲の建物は倒壊したけれどこの建物だけが残っていたそうです。
その様子は、当時を知っている方にはかなり印象的だったそうです。

そもそもあまり耳慣れない「露亜銀行」ってなんなのかと調べたところ、1910年頃にロシア資本の露清銀行フランス資本の北方銀行が合併してできた外資の銀行だそうです。
昨今日本でも銀行の合併がありますが、当時でも銀行の合併ってあったのですね^^;

関東大震災に耐え、横浜大空襲をも乗り越えたこの建物は露亜銀行が移転した後、ドイツ領事館、横浜入国管理事務所、警友病院別館として使われていました。
しかし、警友病院がみなとみらいへ移転した後は空き家となっていて外壁も随分と傷み、解体されてしまうのでは・・と懸念がありました。
だって、傷みが激しくて幽霊屋敷のような雰囲気をかもし出していたんですもの(>_<)
何ヶ月か前に近くを通ったときに工事をしていたので、解体か!?修復か!?とドキドキしましたが、所有者も神奈川県からいつの間には横浜市に移ったのですね。

今回、市指定文化財に指定されたということでホッとしました。
震災も戦火も免れた建物ですから、大切に見守りたいですね。

|

« 体内怪人 | トップページ | 番号ポータビリティ »

建築散歩・街歩き・お散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/12433732

この記事へのトラックバック一覧です: 旧露亜銀行横浜支店・市指定文化財へ:

« 体内怪人 | トップページ | 番号ポータビリティ »