« 「精神保健福祉と聴覚障害者」 | トップページ | 秋晴れ☆ »

2006.11.22

訃報

3~4年ほど前、横浜・山手の西洋館をこよなく愛するひとりの女性と出会いました。
山手を愛し西洋館を愛し、そして彼女が一番大好きだった洋館には大きなヒマラヤスギがありました。

彼女には山手の洋館の色々な情報をいただきました。
今も人が住んでいる洋館を見学させていただいたこともあります。

そんな彼女から1年半ほど前に、子宮体ガンのため入院すると連絡がありました。
入院期間は長くなりそうなのでしばらく、山手散策はできないということでした。

手術が終わって1週間ほどたった頃、お見舞いに行きました。
彼女のガンは子宮体部だけではなく、リンパにまで転移していたので子宮の摘出、リンパの除去など広範囲に渡る大手術だったそうです。
私が病室を覗くと、彼女は嬉しそうな笑顔で迎えてくれました。

ひとしきりお話し、入院が長くなるから病室にパソコンを持ち込んだことや、私のブログを見ていることなど話してくれました。
そして、「同じ病気で悩んでいる人もいるだろうから、私の病気のことをブログに書いていいわよ」とも言っていました。
彼女は大手術をしたばかりなのに、悲観することなく弱音を吐くことなく笑顔で語っていました。

今年の春に私が手術することになったとき、私も前向きな気持ちでがんばれたのはそんな彼女の様子を見ていたことがとても影響しています。
たくさんの勇気をもらいました。

その後、退院しましたが以前のように散策できるほどにはなりませんでした。
今年の年賀状でも、回復しているような様子だったのでちょっと安心しながらも気になっていたのですが・・・。

昨日、ご主人から彼女が永眠したという連絡をいただきました。
本当に、驚いたとともにとても悔しく思いました。
色々お世話になったけれど、何も恩返しができなかったなぁ・・・。

結局、病院へお見舞へ行ったのが最後になりました。
だから、私の中の彼女の想い出は笑顔だけです。

いつも、このブログを見ていてくれていたから彼女のことを、建築散歩のカテゴリーに書きとめておきたいと思います。

彼女の愛した山手の洋館は今年も、クリスマスの装飾で彩られることでしょう。
ご冥福をお祈りします。

|

« 「精神保健福祉と聴覚障害者」 | トップページ | 秋晴れ☆ »

建築散歩・街歩き・お散歩」カテゴリの記事

コメント

私の友達も癌の疑いがあって心配していたんだけど、問題なかった事が分かり安心しました。その間とても不安な毎日だったかと思うけれど。
ドシルちゃんのお友達もきっと不安だっただろうけれど、このブログを見て随分元気と勇気をもらっていたのではないかと思うよ。ドシルちゃんはとても強くて優しいから。強くないと人に優しさはあげられないんだなぁと思ったよ。
以前読んだ「天国の4人」という小説では、天国はその人が一番愛する場所へ行くと書かれてたけれど、きっと彼女は山手の洋館の様な美しい場所へ行ったのではないかな。ドシルちゃんも元気だしてね。

投稿: モリンちゃん | 2006.11.24 02:18

★ モリンちゃん
温かいコメント、ありがと。
20代の頃って、ヒトの死と直面するってなかなかあることじゃなかったけど、30代になると子供の頃活躍していた芸能人とか親とか友達とか...「死」が身近に感じるようになってしまいました。
気持ちばかり子供のままのつもりでいるけれど、十二分に大人なんだよねぇ・・・私たち。

モリンちゃんのお友達、大きな病気じゃなくて良かったね。

投稿: ドシル | 2006.11.24 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/12778646

この記事へのトラックバック一覧です: 訃報:

« 「精神保健福祉と聴覚障害者」 | トップページ | 秋晴れ☆ »