« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の投稿

2007.01.30

ドラえもんがやってきた☆彡

ドラえもんがやってきた☆彡

私の勤務先のあるお部屋に、淋しげに(?)佇んでいたドラえもんを譲り受けました(笑)
このドラえもん、アート引越センターを利用した時に貰ったらしく、正体は冷温庫です。
500mlのペットボトルが4本入ります。
夏は冷たく、冬は温かくできるスグレモノ。
車の中でも使えます。

さて。
どこで活用しましょう^^;
譲り受けたのはいいけれど、結構大きくて持って帰るのは難しいので、まだ職場の私のOfficeで保護しています^^;
宅急便で送ろうかしら(^^;
大きいので、机の上に置いておくわけにもいきません^^;
写真を撮るために、デスクに置いてみたけれど大きさの比較対象になるものを横に置いておけば良かったかなぁ^^;;;

アート引越しセンターでは、今はドラミちゃん冷温庫を抽選でプレゼントしているそうですよぉ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

大学の掲示板

「掲示板」と聞いてみなさんは何を思い出しますか?
ここ年ほどの間で、私の「掲示板」のイメージは大きく変化しました。
今は「掲示板」と聞くと、悲しいかなインターネットのBBSを想像します。

学生時代、「掲示板」は命綱のようなものでした。
休講のお知らせや学事などからの呼び出し。
レポートの提出期限など、とにかく自己責任で掲示板から情報を得なくてはいけませんでしたよね^^;;

がんばって早起きして行った1限なのに行ったら休講だった・・・なんて経験、ありません?
前日、掲示板を見忘れてせっかくゆっくりできる朝のひと時だったのに、行ってしまい、出席にもならないなんてことありますよね^^;
今思えば、懐かしいですが当時はがっかりしたものです。
部室や学内のカフェや図書館で暇をつぶしたりしました。

休んだつもりが、運良く休講だったなんてこともありました。
そんな時はラッキーでした(笑)

私が学生の頃は、今のように携帯電話やメールがないので基本的には自力で掲示板を見て情報収集するのと、仲のいい友達とは電話で「あの掲示、見た?」なんてやっていましたが、メールなら友人に一斉に送信できるけど電話はそうは行きません。
しかも、携帯ではなく家の電話だったりするので場合によってはかけにくかったり(苦笑)
だから、個々の情報収集力は必然的に養われた気がします^^;;

今は、大学によっては事前に登録された学生の携帯メールあてに休講情報が流されたり、インターネット上に学生向け休講掲示板があって家からでも携帯からでも、休講情報を見ることができるようです。
・・・ますます学校へ行かなくなって他の学生たちとコミュニケーションを取らなくなるような気がします^^;;
時間を有効に活用できて、便利な面もあるのですが。

私は学校に比較的近かったので、お休みのときでも買い物のついでに掲示板をのぞいたり、アルバイトの帰りに掲示板を見たりしました。
友達と会って、自分の見落としていた情報をもらったりとかね。

今と昔、どちらが良いかは一長一短な気がします。
・・・微妙。
今、自分が学生なら電子掲示板で家でも休講情報が見られる方がいいけれど、もしも自分が学生だった時からそうなっていたら、今のような交友関係はなかったかもしれません。
学生時代に共有した時間、休講を知らないで無駄に話していた時間も含めて友情や信頼関係を育むのには大切な時間だった気がしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.29

家電の反乱

タイトルの「反乱」は、言いすぎかも^^;
PCが故障したり、エアコンが故障したり(だましだまし使っていますが^^;;)なんだか順番に色んな家電が故障します(>_<)
炊飯器の調子もいまひとつで、新しいのを買おうかなぁそれともガスで炊こうかなぁなんて思っていた今日この頃ですが、なんと!TVが壊れました。

最初の兆候は2~3日前。
突然、音声は聞こえるけれど画像は真っ暗になりました。
「猫がどこかのラインを抜いたのかなぁ~?」と思いながら、確認しましたが異常なし・・・。でも、画像は映りません。
チャンネルをかえても、電源を切っても映らないっ(泣)。
ついに故障かぁ・・・と思ったら、復活したではありませんか^^;;

それで週末にでもTVを買えばいいものをそのまま使うわが家なもので・・・^^;;;
今日、再び真っ暗画面状態になり朝のニュースが見られませんでした。
思えば、このTV8年か9年使っているのです。
寿命がきてもおかしくありませんよね。
世間は、ワンセグだ地上デジタルだと言っているのにわが家のTVは2台ともアナログです^^;
リビングの大きなTVが故障したので、わが家にもついに液晶かプラズマがやってくるようです。
液晶がいいのかプラズマがいいのか・・・その辺りは夫任せ^^;;;
でも、TVを買いに行けるのは週末だと思うのでそれまでは音声だけのTVを見るか、寝室の小型TVをリビングに持ってくるかになりそうです。

1週間、TVのない生活もいいかもしれません^^;;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.01.28

仲間っていいなっ☆

この週末はバタバタと忙しく移動ばかりでした^^;
今日は、昔一緒に仕事をしていた方の絵画展が横浜駅の近くであり行ってきました。
ベルギーの風景・・・。
購入希望者は1点20万円以上の値段がついていました^^;;;
びっくり。
ステキな絵ですけどね*^^*

この週末は、以前からお世話になっているろう者のお誘いでちょっとした飲み会に参加してきました。
ろう者も通訳者もサークル会員もいろんな形で手話にかかわっている方が参加していました。

お酒の勢いもあって、みんなで色々愚痴る愚痴る(笑)
愚痴る相手がいると、スッキリしますよね~。
・・・これって女性だけ???
男性だって、結構愚痴っていると思います^^;;;
みんなでわいわい愚痴って、笑って、ストレス発散できました♪
仲間って本当にありがたいなぁと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.27

医療用語の手話

今日は横浜市外のとある会場で行われた、医療関係の講演会の手話通訳を行いました。
通訳は私ともう一人で、もう一人の方はベテランの通訳さん。
手話表現などなど色々勉強させていただきました。

医療にかかわる手話は単語もあまり日常生活で使わないものも多く、とても難しかったです。
講演者のインタビューなどいくつかに目を通して、手話で必見!医療のすべて 外来編を参考に医療手話の単語をどう表現するか考えていましたが、やっぱり新しい手話はまだ普及していないようで、今日は殆ど新しい表現は使いませんでした。

パワーポイントを使いながらの講演だったので、ろう者は通訳を見て、パワーポイントを見て、資料を見て、メモを取って・・・と大忙し。
大変だったと思います。
手話通訳の神様が舞い降りて、私の手話も日本語力も向上させてくれるといいのにな・・・。
そうはいかないので、ひびしょうじん。
がんばります・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.26

飼い犬に手を噛まれる

『飼い犬に手を噛まれる』という言葉がありますが、改めて広辞苑で意味を調べると、「恩顧を与えた者から思いがけず害を受ける。」とありました。
この一文からすると、「裏切り」というより「不慮の事故」のようなニュアンスでしょうか???

こんなに聞く言葉も、掘り下げると奥が深いです・・・。
わが家には犬はいませんが猫が5匹いるわけですが、5匹いると性格の違いが本当に面白いです。
人懐っこい子、臆病な子、警戒心が強い子、甘えん坊、食いしん坊などなど(笑)

先日、甘えベタで臆病なクロちゃん(最近、クロちゃんネタが多いですね^^;)が、突然「だっこして~~~~」状態になったので私は読書の手を休めて、膝に乗るように促しました。
クロちゃんはさっそく、私の膝にのっかり「撫でてくれぇ~~~」とにゃーにゃーなきます。
わさわさ一通り、撫でてあげたあと膝から抱き上げて下に下ろそうと思って抱き上げたら、たまたまクロちゃんの右前足が私のほっぺたにスーッと・・・。
出血はしませんでしたが、私の左ほっぺたに2本引掻き傷ができました。
しかも、ちょっとじゃなくて10センチ近いもの!!

夫に「犬は飼ってないけど、飼い犬に手をかまれたぁ~」と言うと夫は、「ファンデーションで隠れるでしょう^^;」と気のない(?)お返事。
まぁ、そうなんですけど・・・。
でも、初日は顔を洗ってもしみたのであまりお化粧をしなかったら傷はけっこう目立ったみたい^^;
職場の人たちに「猫に引掻かれたの~?」と言われました。
それ以降は、1本の比較的薄い方はお化粧でカヴァーできたけどもう1本はムリでした・・・。
ま。髪の毛で隠れるといえば隠れるのですが・・・。

クロちゃんには「悪気はなかったといえ、30過ぎて傷がそのままシミになりやすいのに顔に傷つけたわねぇ~~~っ」と言い聞かせてみましたが知らん顔です(笑)

色々ありますが、猫のいる生活は楽しいですよ☆

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.01.23

かめさんの新書

手話でいこう―ろう者の言い分 聴者のホンネ」でおなじみの「かめさん」こと亀井伸孝さんが、新しい本を出しました。

アフリカのろう者と手話の歴史―A・J・フォスターの「王国」を訪ねて」というタイトルで、前作のような日常のお話と違いかめさんの研究成果をまとめた本になっています。

私はアフリカへ行った事がないので、かめさんとねこさんの講演会やアフリカへ行っことがある友人のお話からしかその詳細を掴んでいません。
アフリカには、ろう者が作ったろう学校が多くあり、かめさんはろう者の教会に寝泊りしながらアフリカのろう者や手話の歴史など研究をしたそうです。
今回1冊にまとめられたのは、何度もアフリカへ行きご自身もアフリカ手話を使ってアフリカのろう者と交流する中で、現在のアフリカのろう者社会の礎を築いたA・J・フォスターにスポットを当てたものです。
A・J・フォスターはアフリカ系アメリカ人で、11歳で失聴したそうです。
黒人として初めて、ギャローデット大学を卒業したことでも有名です。
ろう者として、黒人として2重の差別を受けた方です。

その後西アフリカへ渡り、ろう学校を各地に設立し、ろう教育に力を注ぎました。
彼がアメリカ手話を使ったので、アフリカはフランス語圏ですがアメリカ手話をベースに発展したのが、現在のアフリカ手話だそうです。
非常に興味深い内容満載ですので、ぜひみなさんもご一読ください(^^)

アフリカのろう者と手話の歴史―A・J・フォスターの「王国」を訪ねて
亀井伸孝著
東京: 明石書店
A5判/縦組/上製/カバー/256ページ
定価 2,800円+税
ISBN978-4-7503-2470-8

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007.01.21

神通研定例学習会

今日は神通研の定例学習会がありました。
めずらしく、サークルの交流会等で使えるゲームを試してみる学習会でした。
最終的に何名の参加だったんでしょう???
3つのグループに分かれて地域の情報交換を兼ねて、みんなでやってみるゲームのアイディアを出し合って発表しました。

2時間の学習時間の間に、いくつのゲームをやったかな???
・名前覚えゲーム
・椅子とりゲーム
・口話読み取り伝言ゲーム
・昔話当てゲーム
・風船持ってジャンケンポン....。

↑は私が勝手に命名したのですが(汗)
どれも盛り上がり、楽しかったです。

講演会なども良い勉強になりますが、サークルで使えるアイディアの学習会もいいですね(^^)
とても楽しく参加できました☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.20

うちのスタイル

色んなヒトの話を総合すると、わが家は不思議らしい・・・(笑)
猫が5匹いることもそうですが、私がバタバタ忙しそうに見えるらしく「家事、やってるの?」と言われることも良くあります^^;;;

やってますよ・・・。
一応^^;;;
猫が5匹いるので毛も抜けるし、掃除機とクイックルワイパーは毎朝の必須アイテム。
食事も私と夫のどちらかが、外食(飲み会とか、付き合いなど)しない限りは私が朝・晩作ります。
ごくごく普通の生活・・・だと思います。

夫を知っているみなさまはご存知の通り、仕事とは別に母校でテニス指導をしています。
熱血!鬼監督のようです。
夫が高校生だった頃、まだ若かった先生が校長になったりしていますから生徒にとっては、大先輩だものね^^;
そんな感じで忙しいヒトなので、私が手話だライブだと出かけることに理解があります。

結婚した当初、私は都内勤務で忙しい部署にいたので夫より帰りが遅くなることが殆どでした。
仕事内容も通勤も結構大変でした。

私は北海道で生まれ育って進学のとき上京してそのまま就職したので、北海道以外で一番長いのは都内での生活でした。
結婚して神奈川に来た時、夫が心配してくれたのは私の環境の変化とか、近くに友人がいなくなることのようです。

今、私が通っている手話サークルは夫が詳細を調べてきてくれて、見学に行ったのが最初です。
横浜暮らしが始まったといっても、仕事は都内なので横浜に地の利がなく、サークルの活動場所も、どこだかさっぱりわからなかったのですが、夫が会場まで足を運んで受付で色々と聞いてきてくれました。

手話に興味はないけれど、色んな活動に理解してくれる夫にとても感謝しています。
夫のテニス生活もいつまで続くか判りませんが^^;;;
もう、若くないので(現役時代の怪我など古傷もあるし)生徒と一緒に打ち合いをするのは、そろそろ辞めて欲しいなとは思います^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.19

龍の子学園・教育特区へ

龍の子学園が手話で授業ができる学校として「特区」申請されるようです。
東京都が来週中にも政府へ申請することがニュースになっています。
NHKのHPによると、

「聴覚に障害のある子どもに対して、「手話」を教科として教えることが学校教育法で認められていないため、東京都は手話を正規の教科とし、授業も手話で行う学校を設置できるよう全国でも初めての構造改革特区の計画を申請することになりました。」

と、あります。
「構造改革特区」ってなんなの~って方は首相官邸のサイトに詳細が掲載されれいますので、こちらをご覧ください。

教育特区で記憶に新しいのは群馬県太田市にできて話題を呼んだ、小学校から高校まで一部の科目を除き、授業は基本的に英語で行なうという「外国語教育特区」だと思います。
もし、龍の子学園が手話教育特区に認可されたら日本で初めての画期的なことですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.18

調子が悪いのかなぁ?

ここ1週間ほど、クロちゃんが毎日食べたものを戻します。
殆どは、クロちゃんが大好きなストーブでぬくぬくした後のような気がして、ここ数日はクロちゃんはストーブに近づいてはいけません!・・ということにしています。

何が原因なのかなぁ?
たいていは、カリカリを大量に固形のまま戻すのです・・・。

食欲はあるので大丈夫だとは思うのですが、毎日毎日嘔吐物の掃除をするのもめげます(>_<)
1度だけ嘔吐するときもあれば、何度も続けて嘔吐することもあります。
戻した後は、猫なりに気まずいらしくダッシュで逃げます^^;;
怒らないのにぃーーーーっ。
心配しているんだゾ。

昨日は1度も吐かなかったので、ちょっと安心していたのですが今日、私が仕事から帰ったら窓辺に嘔吐物がありました(泣)
明日、病院へ連れて行こうかな・・・。

Kurochan

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.17

防災の日

「防災の日」といえば、9月1日。
この日は、大正12年9月1日の関東大震災の教訓を忘れない為、昭和35年に制定されました。
震災の他、秋に多い台風に備えることも合せているそうです。
「防災の日」が制定される前年の昭和34年には伊勢湾台風による大きな被害が出たことも大きく影響しているようです。

「防災の日」には各地で防災訓練が行なわれたり、賞味期限が迫っている非常食を食したりすると思います。

9月1日の防災の日もとても大切な日だと思います。
でも、私は関東大震災も伊勢湾台風も本で読んだり写真で見たりした程度で、なんとなく歴史上の出来事としてしかとらえられずにいます。
もちろん、防災の日には人並みに防災について考えたり、地域のハザードマップを玄関に張りなおしたりしてはみるのですが・・・。

でも、どちらかというと私の中の防災の日は今日、1月17日です。
12年前に阪神・淡路大震災が起った日。
未曾有の大地震。
関東にに住む人は長いこと、「いつか大地震が来る」と言われていましたが、関西の方たちにとっては天変地異の出来事だったと思います。

私はこの震災を体験したわけではありません。
ただ、朝起きてTVに映る信じられない光景に仰天し、神戸の友人の安否を心配し・・でも何もできずにいました。
12年前は今ほど携帯も普及していませんでしたし、普及していても繋がらなかったことでしょう。

夜になっても消えない炎。
瓦礫の山。
崩れ落ちる高速道路。
現代都市のもろさが、ほぼリアルタイムでTVに映されました。
あの光景を忘れることはできません。
なんとか友人の無事が確認できたのは、震災から5日経ってからのことでした。

あの震災をきっかけに「目で聴くテレビ」でおなじみのCS放送が始まりました。
震災から3年後、全日本ろうあ連盟、 全日本難聴者中途失聴者団体連合会などが中心となりはじめた、手話と字幕の放送です。

震災を体験したろう者にお話を聞くと、音が聞こえないので何が起こったのか判らなかったこと、避難場所の情報がなかなか得られないこと、外部に連絡したくても臨時で設けられるのは電話ばかりで臨時FAXを設けてくれるところがなかったことなど、生死に関わるような情報不足があげられます。

震災から5年後、私は神戸へ行きました。
ちょうど、震災のあった1月17日をまたいで行ってきました。
朝早くから、慰霊祭などが行なわれていました。
震災から5年経った神戸は、大きな通りは復興していて、何事もなかったかのようでしたが、細い路地に入ると煙突が折れた家があったり瓦礫が積まれ廃墟と化した家があったりと、まだまだ震災の傷跡が生々しく残っていました。

震災から12年。
震災を経験していない私の中では、あの恐怖が薄れつつあります。
でも、忘れないようにしなければいけないと肝に銘じています。
天災は、忘れた頃にやってくる・・・今度被災するのは、自分自身かもしれないと思いながら、犠牲者のご冥福を改めてお祈りいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.01.16

夕張市から学ぶコト。

日本で初めて財政破綻した自治体、北海道夕張市。
夕張メロンや国際映画祭などで名前を知っていた方もいらっしゃるかと思いますが、財政破綻のニュースにより一躍全国区の知名度となってしまいました。

財政破綻したため、成人式の予算が全額カットされ予算は繰越金の1万円のみという中、夕張の新成人ががんばって全国からの寄附により200万円以上の募金があつまり、手作りの温かい成人式が行なわれたことは記憶に新しいところです。
今年使ったお金は約30万円。
募金の残額は来年以降の成人式に使ってもらうために繰り越すそうです。

ここ数年、各地で新成人のマナー違反など取りざたされて成人式の必要性が問われる中、夕張で行なわれた新成人によるささやかで温かみのある成人祭の映像に私はあたたかい気持ちになりました。
高齢者が多く、若い人たちが住みよい町ではないと思いますががんばって欲しいと思います。

夕張市は私にとってまったく縁のない土地ではありません。
私の母の実家は夕張市にありました。
その関係で、私が生まれたのは夕張市です。

私が生まれた後間もなく、母の両親は仕事の関係で東京都へ引越しています。
ですから、私には夕張市の記憶は殆どありません。
私の記憶の中では、祖父母は都内にいた記憶しかありません。

それでも、母の友人などがいた関係で小学生の頃に夕張で遊んだ記憶があります。
炭鉱のずり山で遊んだり、お祭りへ行ったり、私の記憶の中の夕張は商店街も町も華やかでにぎやかな印象しかありません。
レースイ国際スキー場にも行ったことがあったかな。
あと、ふうち公園も夕張市でしょうか。

小学生の時以来、私は夕張を訪れたことがありません。
私の中では、車以外の交通手段が判らないのです。
私の印象では、鉄道もバスもなかなかなく、札幌からも行くのが不便な山の中・・・という感じです。

その分、緑豊かで自然も多く残っています。
湖や森林、それに北海道の歴史を語る上で欠かせない炭鉱遺産の数々。
そんな夕張の風景に魅せられて東京から移住したカメラマンの風間健介さんはどうされているのだろうと、思って検索したところ、2006年に北海道を離れ今は都内に住んでいるようです。
20年近く夕張で生活されたそうですが、夕張を離れるのは当然かと思います。

夕張には、炭鉱で栄えた時代の支配人住宅などいくつかの戦前の住宅が残っていますが、市が破綻した現在文化遺産の保護などできないだろうと思います。
写真でしか見たことがありませんが、とても立派な住宅でした。
その行く末も心配です。

そして、夕張市の破綻から私達が学ぶものはなんでしょう。
大昔、炭鉱で栄えた北海道の山奥の町の破綻は都会で暮らしているとあまりリアリティがなく、自分とは関係がないことのように思えます。
北海道出身の私でさえも、あまり身近に感じませんし、夕張市が破綻することは妙に納得してしまう面があります。

しかし、財政赤字という意味では日本という国は夕張同様大きな負債を抱え火の車の状態だということを、忘れてはいけないと思います。
今の夕張市の状況は30年後の日本の様子と同じだとも言われています。
少子高齢化・・・。
高齢者比率が多い夕張ですが、30年後は日本全体で現在の夕張市の比率になるようです。
日本はどうなるんでしょうね。
先進国初の国の財政破綻!・・なんてならないようにしたいものです。

夕張市にある「石炭の歴史村」は3セクだったので現在は閉鎖していますが、炭鉱遺構の保存グループの支援等もありNPO法人として継続する意向のようです。

神奈川県も財政難です。
横浜市や川崎市は人口も多く、税収もあると思いますが神奈川県の山間部はやはり過疎化と高齢化が進んでいます。
とはいうものの、一体私に何ができるのかなぁと考えます。
30年後、生きていれば私は60代。
どんな未来なんでしょうね。

財政が破綻した夕張市ですが、市内の大夕張には大規模なダムが作られ町がダムの下に沈むことになっています。
数年前から、大夕張の方たちが「ふるさと大夕張」というサイトを運営して、昔の街並みを今に伝えています。

夕張市の負債は約500億円ですが、このダム工事にかかる費用は約1600億円。
当然、市の事業ではなく北海道なり国土交通省なりの予算で行なわれる工事です。
道内でもっとも大きなダムで全国的に見ても5本の指に入る規模だそうです。
本当にそんなに大きなダムが必要なのかどうか、私にはわかりません。
真相はどなたがご存知なんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.15

メンテナンスのお知らせ

時々私がお知らせし忘れてご迷惑をおかけしているココログメンテナンス^^;;
1/16午後3時から1/17午後3時までの24時間メンテナンスを行うそうです☆

この間、新しい記事のアップはもちろん、コメントもつけられなくなりますので、みなさまよろしくお願いしますm(__)m
TBの受付もできません。

詳細はこちらに掲載されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.14

第19回 新年の集い 

今日は市聴覚障害者協会主催の新年の集いがありました。
会場は緑区の緑公会堂。
午前10時から午後4時近くまで色々な催しがありました。
私が楽しみにしていたのは、午後一番の大橋弘枝さんの講演です。

大橋さんはとっても魅力的な方でしたよ~。
講演は単独講演ではなく、新年の集いの実行委員長がインタビューする形式で行われました。
対話式というのが、大橋さんのキャラクターを引き出すのにとても良かったように思います。
講演の最後のほうで、The Platters の「Only you」をASLのサインボーカルで歌ってくれました。
本当に聴こえないの!?というくらい、音楽にピッタリあったサインボーカルでした。
本当に素晴らしかったです。

また、大橋さんが音楽を好きになったきっかけがジョン・レノンの「イマジン」だと聞いてびっくりしました。
聴力がなくても、「イマジン」は何か伝わるものがあるんですね。
印象的だったのは『「イマジン」の歌詞を読むと、その中に自分の悩みの答えがあった』というお話です。
ジョンは時代を超え、国境を越え様々な人にエネルギーを与えていますね。

新年の集いでは、大橋さんの講演以外にも地元で活動されている方による伝統芸能などのアトラクションもありました。
久しぶりに学習仲間や他の地域の友人たちに会えて楽しかったです。

で、以下私信です^^;
姫ちゃま☆
1日、お疲れさまでした。
また来月一緒に楽しみましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.12

サークルはじめ

鏡開きも終わり、あわただしい日常が徐々に戻ってきました。
今週からサークルも始まり、2007年サークル始めということでお菓子を食べながら交流会風に年末年始のコトや、今年の目標など話しました。

色んなところへ行っていったヒト、仕事だったヒトなど色々です。
目標もまちまちで、手話講習会に通ってがんばるというヒトや手話の技術をもっと向上させたいヒトなどなど色んな話題が飛び出しました。
・・・年末年始で手話を使わないので手が動かなくなったヒトもちらほら^^;;
使わないと忘れますよね^^;;
私もヒトのことは言えないかなぁ(汗)

ここを見ているサークルメンバーや地元ろう者も多いと思います☆
今年もみんなで楽しくがんばりましょう~。
また、いちご狩りにも行きたいなぁ*^^*
誰か企画しませんか~?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.11

子供のイタズラ(笑)

今日、私の携帯電話の着信がなりました。
電話を出すのに時間がかかり、出られなかったので着信を見たら学生時代の友人でした。
(マイミクでもあるのですが・笑)

結婚して北関東方面に引越したので、なかなか会えなくなりましたが、お互いの誕生日なども含めて何かとメールで連絡を取り合っている友人です。
メールではなく携帯に電話をしてくるなんて珍しい・・・。
さて、なんだろうと思って私から電話をかけました。
そうしたら(笑)、1歳の携帯電話が大好きな長男くんが携帯で遊んでいてメモリーから私の名前を選んで「えいっ!」とかけたそうなのです(笑)

子供はどうしてホンモノの携帯が好きなんでしょうね~(笑)
ま、そのおかげで久々に友人と話ができて楽しかったです♪
今年は会いに行くから待っててね~*^^*

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007.01.09

2007年賀詞交歓会

2007年が本格的にスタートしました。
今日は賀詞交換会第一弾がありました。
各方面で新年会もあり、どこまで参加できるかわかりませんができる限り出席したいと思います。

賀詞交換会では、おエライさん(?)のご挨拶のあとは立食形式でのパーティと化するので、私はデザートバイキング状態となりました^^;;
新年早々ケーキばかり食べています(汗)

今年最初の新年会(のようなもの)は、焼肉屋さんだったのですがいつもよりお肉の量が多くて、デザートにたどり着く前にノックアウトされてしまいました(>_<)
七草が過ぎていますが、もう少し胃をいたわる必要があるかもです^^;

とはいうものの、明後日は鏡開き。
みなさんは鏡餅をどのように調理しますか?

お雑煮は飽きたし、(しかも鏡餅以外のお餅もまだ残っているのです!)かといってきな粉やあずきなどで甘くして食べるのもなぁ・・・と思っています。
大根とおしょうゆでさっぱり!というのも良いかなぁと思っています。

ちなみに職場の鏡餅は11日にお汁粉になってしまいます。

年末年始、遊びすぎたきらいがあるので気を引き締めて勉強したいと思いますが、なかなか難しいです(>_<)
とりあえず、読みかけの本を片付けることからはじめようかな^^;
昨日、横濱まちづくり倶楽部の「濱通養成講座」の講演をまとめた本を買ってきたので、それも読みたいなと思います。
できることから、コツコツがんばります*^^*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セレーネ「月に願いを!」

今朝、朝刊を読んでいたら興味深い記事が載っていました。
宇宙航空研究開発機構が、今年の夏に、種子島宇宙センターからH-IIAロケットで月周回衛星「セレーネ」の打上げを予定していて、セレーネに乗せるメッセージを募集しているという内容の記事でした。

セレーネは1ヶ月ほどで月に到着するそうです。
約1年ほど月周辺の探査を行った後、月の引力で落下するとか・・・。
みんなのメッセージと名前を乗せて落下するのかぁと思うと複雑だったりもしますが^^;;;

子供の頃は、20年後くらいには月にも行けるかも~と思っていましたが現実はそう簡単でははいようで・・・。
私が生きている間に、宇宙旅行が一般的にはなりそうもないのでメッセージだけでも送ろうかなぁと思い、さっそくセレーネに乗せてもらうメッセージを送りました。
締切りは1月31日だそうで、メッセージは日本語でも英語でもOKです。
ぜひ、みなさんもいかがですか~?
HPから簡単に送ることができます。

メッセージはこちら↓で受付していますよ~。
セレーネ「月に願いを!」キャンペーン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.08

浜志゛まんの紅茶ロール

今日は伊勢佐木モールへ行ってきました。
成人式なこともありとても賑やかで、時折新成人らしい振袖姿の女性も見かけました。
伊勢佐木町にある、「横濱カレーミュージアム」は3月で閉店するそうですね~。
一度しか行った事がないのですが、辛いものが苦手な私はあまりカレーを外で食べることがありません^^;;
湘南の「珊瑚礁」や大さん橋近くの「サンアロハ」はまぁ好きなカレー専門店ではあるのですが・・・。
そんなわけで、今日もカレーミュージアム前は通過しました。

アントニン・レーモンド設計の不二家へ行こうかと思ったら満席だったので、大正2年創業の老舗「浜志゛まん」へ行きました*^^*
「浜志゛まん」と書いて「はまじまん」と読みます。
ボストンで生まれた「ボストンクリームパイ」は浜志゛まん名物です。
今年で50年になるそうです。
濃厚なカスタードクリームが特徴です。

私が注文したのは、紅茶ロール。
紅茶のクリームのロールケーキで、真ん中に砂糖漬けのリンゴが入っていて美味しかったです*^^*

上にのっている、桜のつぼみをあしらったチョコレートもキュートです*^^*
ボストンクリームパイもいいけど、紅茶ロールもぜひぜひご賞味ください(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.01.07

新年のお買い物

今日は1月7日松の内も今日までということで、(関西は今でも15日までが松の内かしら?)玄関飾りをはずしたり鏡餅を片付けたりしています。
天気が良いけどやや強風・・・。
今日はこれから、温泉にでも行こうかなぁ・・・。

このお正月、元旦早々わが家の長作くんは「お年賀」と言わんばかりにムクドリを咥えて帰ってきました^^;;;
元旦の朝のことでした(汗)
まったくもぉ~。
家に入れなかったのは言うまでもありません。
でもまぁ、良いお正月でした(笑)
いろんな人に会えたり、出かけたし・・・。
ブログはやや放置気味でしたけど^^;;

夫がPC机用椅子の代用目的でバランスボールを買いました(笑)
今、バランスボールに座ってこの記事を書いています。
なかなか、快適ですよ~。
猫に割られないことを祈ります(笑)
明後日から、本格的に社会復帰!
みなさん、がんばりましょう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.05

のはらしんのすけ~

クレヨンしんちゃんのお膝元、埼玉県春日部市へ行ってきました。
いや、別にしんちゃんを探しに行ったわけではありません。

春日部には伯父と伯母の家があるのですがお正月ということで従姉妹も来るということで、せっかくなので私も行こうかな・・ということで、母の御供も兼ねて行ってきました。
久々の春日部は昔より都会になっていました!

噂には聞いていましたが、半蔵門線が押上まで伸びていて都営浅草線と相互乗り入れしていてかなり感動しました。
押上駅もずいぶんキレイになりましたね~。
子供の頃は、春日部や幸手などで遊んだものです^^;;;
いやいや懐かしいなぁ。

北千住くらいまでなら行くこともありますが、その先の越谷や春日部にはなかなか足を運びません^^;;
私の祖父母のお墓は多摩の方にあるので、従姉妹とともに今度行こうねと話しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.04

中華街散歩

今日から仕事はじめの方も多いと思います。
あっというまのお正月休みですね・・・。
私は運よく(?)8日まで年末年始休暇があるため、まだまだ正月ボケしております。

今日は天気が良かったので、母と一緒に中華街へ行ってきました。
まともに初詣に行っていないので、関帝廟が初詣になってしまいました^^;;
関帝廟は三国志の関羽を商売の神として祀っています。
商売をしているわけではまりませんが、まぁお正月だし・・っていうことでこれもありかな^^;;

まだ冬休み中ということもあり、中華街には子供連れのお客さんも多くいてお昼ごろには長蛇の列ができるお店もちらほら見受けられました。

重慶飯店でお土産の月餅やマンゴープリンなど買って、中国食材を扱う八百屋さんを覗いたりして楽しく散策してきました。
帰りは、横浜駅で下車して新春バーゲンを見てまわり母の靴やコートなど買い、母もかなりご満悦。

散々歩き倒したので、横浜ベイシェラトンホテル&タワーズへ行ってNew Yearカレーブッフェを食べて帰ってきました。
たまには親子で散策もいいものです*^^*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.02

12年前の亥年は・・・?

今日は親戚が集まって新年の集いを行いました。
お餅をついて、ちびっ子たちにお年玉をあげて、賑やかで楽しく、おなかがいっぱいのひとときでした。

昨日、今日と年賀状で離れた友人たちの近況などを見て懐かしく思いました。
子供の写真の年賀状を嫌がる人もいるようですが、私はめったに会わない、遠くで暮らす友人の子供を年に1度年賀状で見て「大きくなったなぁ~」と感嘆するのが、結構好きだったりします。

大学を卒業して随分経ちますが、12年前の亥年(1995年)に一体私は何をしていたかなぁと思い出してみました。
まだ携帯電話が一般には普及していなくて、マンボー型のポケベルを愛用しておりました・・・懐かしい。
漢字に変換できなくて、カタカナだけでメッセージを読んでいた時代です(汗)

12年前、私はちょっとした人生の岐路に立っていました。
確か、岡本真夜さんの「Tomorrow」が流行ったのはこの年だと思います。
お正月に、友人たちと「亥年って大きな災害が起こることが多いらしいから、気をつけようね~」なんて話していたら、1/17には阪神・淡路大震災が、3月には地下鉄サリン事件が起こりました。
遡ると、関東大震災も伊勢湾台風も亥年に起こっています。

まぁ・・・自然災害は毎年それなりに起こっているので、たまたま亥年が多いというだけなのか、それともなにか科学では証明できない自然の力があるのかどうかわかりませんが、イノシシが悪いわけでもなく・・・。
今年は、大きな災害がなければいいなと思います。
大地震が来るといわれて久しい関東周辺ですので、防災には注意したいなぁと思います。
注意してもどうにもできないこともありますけれど^^;;;

今年は手話サークルでも、防災についてなにかできたらいいなぁ・・なんて思います。
さて。
みなさま、12年前は何をしていましたか?
・・・mixiでも聞いてみようかな。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007.01.01

A Happy New Year 2007

New Year

2007年になりました。
ミレニアムだと大騒ぎしてから7年・・・。
ミレニアムイヤーがついこの間のように思えますがあれから7年・・・月日の経つのは早いものです^^;

今年も親族そろって都内にある菩提寺に除夜の鐘をつきに行きました。
大晦日11時50分過ぎに鐘をつきはじめ、お寺で新年を迎えて、みんなで新年のお墓参りをして帰ってくる・・これがわが家の年末年始の恒例行事です。

今年はあまり寒くなかったですが、何年か前には雪が降って寒いときもありました。
毎年、鐘の前でお坊さんにご挨拶して鐘をつくのですが力加減がわからなくて困ります。
本当はどのくらいの力でつくものなのかなぁ・・・。

何はともあれいつもと同じ、穏やかなお正月です。
どんな1年になるかわかりませんが、ひびしょうじんでがんばりたいと思います☆

2007年もどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »