« 酵素風呂、初体験☆ | トップページ | 新記録☆ »

2007.02.22

戦後のヴォーリズ建築 IN 京都

全通研討論集会で京都へ行ったとき、会場の大谷大学のすぐ近くにヴォーリズ設計の教会があると知り、討論集会の2日目の午前中に行ってみました。
まだ、おひさまがあまりさしていなくて写真は撮りにくかったのですが・・・^^;;
この教会は「日本福音ルーテル賀茂川教会」です。
昭和29年にヴォーリズの設計により建てられたそうです。

昭和29年というと、戦後9年目。
まだまだ日本は戦後の混乱の時代だったと思います。
この会堂はノアの箱舟をイメージした設計だそうです。
そういえば、ヴォーリズの教会建築にはいくつか似たような形の建物がありますね・・・。

Kamogawa01

真正面からだと、上の写真のような感じになります。
すぐ隣に幼稚園が併設されていました。

Kamogawa02

信号の渡って全景を撮ろうとしましたが・・・広角カメラじゃないのでダメでした(>_<)
でも、なんとなく「ノアの箱舟」のイメージがあるかな???どうでしょう。

Kamogawa03

Kamogawa05

ディテールを見ていくと、かわいらしいデザインが扉の上にも施されていました。

Kamogawa04

後ろの建物と隣接している、裏側の切妻屋根の下には大きな十字架が・・・。

私は戦前のヴォーリズ作品が大好きなのですが、昭和20年代の作品というのもなかなか貴重な作品だなぁと思います。
ぜひ建替えたりしないで、このまま大切に使われるといいな・・・☆


|

« 酵素風呂、初体験☆ | トップページ | 新記録☆ »

建築散歩・街歩き・お散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/13974603

この記事へのトラックバック一覧です: 戦後のヴォーリズ建築 IN 京都:

« 酵素風呂、初体験☆ | トップページ | 新記録☆ »