« 新記録☆ | トップページ | 聴覚障害外来スタート »

2007.02.24

『金田一先生の日本語レッスン』

今更ですが、最近ニンテンドーDSにはまっています^^;;
・・・と、言っても普通のゲームはやらないので、もっぱら右脳を鍛えるとか、やわらか頭をつくるとかそういった類のものを楽しんでいます。

今日会った友人にも紹介したのですが、今がんばっているのが学研DS 大人の学習 金田一先生の日本語レッスンです。

なかなか面白いんです。
ゲームの主人公(?)が、東海道五十三次を日本橋から京都まで旅をするのですが、それぞれの宿場で日本語についての様々なクイズがあるのです。
たとえば、金田一先生が出すことわざ問題だったり、四字熟語を完成させるスロットだったり、意味をヒントにカタカナ言葉を完成させたり、漢字の読み仮名を答える問題だったりと、日本語の特性を概ね網羅しているかも!?という、ゲームなのです☆
敬語の使い方問題も当然のように出題されます。
他には、類語や対語を選ぶものも・・・。
これが、とっても楽しいのです*^^*

一番のお気に入りは、日本語独特のものの単位・・というか数え方の問題。
1面、1本、1枚、1棹、1局、1匹、1頭、1棟、1門・・・などなど日本語はものによって数え方が違いますよねぇ。
ついつい、何でも簡単に済ませてしまいがちなのですが日本には昔から使っているそういった言葉もあるなぁと、再認識したり知らない数え方が出てきたりします^^;;

私はまだまだ、遠江国・見附(二十八番目)の宿場までしか行っていませんが、あと1週間で京都までたどり着けるといいなぁと思っています*^^*
この週末でどこまでいけるかしら(笑)

楽しく日本語を学べるという意味では、日本語上級者の外国人にもお薦めのゲームだと思います。

|

« 新記録☆ | トップページ | 聴覚障害外来スタート »

音楽・観劇・映画・読書」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。めたぼんです。

私もニンテンドーDSやってますよ~。タイトルは忘れましたが常識力を問うゲームです。私のレベルは「普通に生活するには問題ない」レベルで苦手な分野は「教養」だそうで(^^;)ちょっと恥ずかしいですね。
ドシルさんと同じく私も普通のゲームはほとんどやらないのですが、この種のゲームは好奇心が湧いてくるというか、負けん気が出てくるというか、何かひきつけられてしまいます。

投稿: めたぼん | 2007.02.25 01:37

お、そのゲーム面白そうだね~(^^)
日本語勉強中なので(笑)
やってみたいなぁ。
金田一さんは「日本語なるほど塾」にも出ていたし、
こんど買わせよう(笑)
という感じで、
右脳系ゲームだけは増えているんだけど、
東京にあるからできないや(^^;)

投稿: ろくま | 2007.02.25 10:51

★ めたぼんさん
そうなんですよね^^;
なんだか、まんまとニンテンドーの販売戦略に乗せられている気はするのですが(笑)
大人が楽しめる、この手のゲームは面白いですよね。
勉強した気になれる自己満足もあるし^^;;;

★ ろくまちゃん
東京に置きっぱなしなのですね~。(あたりまえ?)
自分用にもう1台買っちゃえ~っ(笑)
「日本語なるほど塾」も楽しかったですねぇ。
あの容貌が、キャラクターになってゲームに登場します*^^*
近所だったら貸してあげるんだけどなぁ・・・^^;;;

投稿: ドシル | 2007.02.25 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/14033155

この記事へのトラックバック一覧です: 『金田一先生の日本語レッスン』:

« 新記録☆ | トップページ | 聴覚障害外来スタート »