« 地震EXPO | トップページ | 体重計 »

2007.04.03

手話と書記日本語によるバイリンガルろう教育特区

特区申請していた品川区の龍の子学園について、東京都は3月29日報道発表資料で3月30日付けで特区計画が認定されたと発表しました。(東京都報道発表資料より)

たった2行の報道発表資料ですが、とってもとっても重みのある2行。
「手話と書記日本語によるバイリンガルろう教育特区」として新しい学校法人ができるんですね。
どんな教育が行われ、どんな成果が出るのか楽しみです。

3月31日付け朝日新聞夕刊にも、このことは大きく報道されています。
開校は来年4月の予定ですが、今年7月までに4500万円の資金が必要なんだそうです。
詳細は「龍の子学園」のサイトををご覧ください。

|

« 地震EXPO | トップページ | 体重計 »

手話言語・ろう文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/14500347

この記事へのトラックバック一覧です: 手話と書記日本語によるバイリンガルろう教育特区:

« 地震EXPO | トップページ | 体重計 »