« 砂を噛むような思い・・・。 | トップページ | 猫談義 »

2007.05.17

イリノイ大学と関西学院大学

最近、仕事で毎日イリノイ大学のなかにある某研究所とメールのやり取りをしています。
時差があるので、朝仕事へ行ってメールチェックをすると必ず連絡事項やトラブル発生の報告が・・・。
この状態が、3月末から続いています^^;;;

毎日、電子辞書片手にえんやこら。
英語ってストレートなので、時々やり取りのなかでザクザク刺さる言葉もあったりして・・・。
文化の違いってなかなか難しい・・・。
いや、私の読解力にも問題があるのだけれど・・・。

メールのやりとりはするものの、一度もイリノイ大学へ行ったことがないのでどんなところかなぁと想像さえもしていませんでした。
イリノイ大学のホームページを見ても、イマイチキャンパスの様子もわからないし(汗)

そうこうしていたら、先日、偶然にも関西学院大学図書館が発行している機関誌の特集がイリノイ大学の図書館ではありませんか!
関西学院大学は、キャンパス設計を私が大好きな建築家W.M.ヴォーリズが担当した大学だというご縁で、以前図書館の企画展へ行って以来、毎号機関誌を自宅に送っていただいているのです*^^*

思いがけず、ヴォ-リズがつないでくれた偶然の糸!・・と、ちょっと感動しながらイリノイ大学のキャンパスの写真を見ました。
このキャンパスのどこかに、時々毒舌を吐く私のメールの相手がいるのねぇ・・・(汗)
なんとなく、イリノイ大学が身近に感じました(笑)

・・・私って単純だわね(苦笑)

|

« 砂を噛むような思い・・・。 | トップページ | 猫談義 »

日々の徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/15109945

この記事へのトラックバック一覧です: イリノイ大学と関西学院大学:

« 砂を噛むような思い・・・。 | トップページ | 猫談義 »