« 山手の西洋館☆ | トップページ | 砂を噛むような思い・・・。 »

2007.05.15

社会のバリア。

世の中には、日頃は気にしない意外な落とし穴的なバリアがあります。
以前もちょっと書きましたが、駅で切符を買う自動券売機が最近はタッチパネルだけれど、タッチパネルは目が見えない人にとっては不便・・というように、私たちにとっては、特別便利でも不便でもないような変化があるヒトにとってはとても不便になってしまうこと、意外にあるような気がします。

先日、ある私鉄改札で私と夫は改札の外にいて、電車に乗ってくるろう者の友人を待っていました。
友人の姿が見えて、彼女は自動改札に切符を入れていますが、どうやら精算が必要らしくストッパーが出てきて改札を出られないでいました。

こんなときも手話は便利。
改札のこっち側から友人に「精算が必要なんじゃない?」と言うと、「途中で精算したから大丈夫」といいます。
じゃあ、駅員さんがいる改札から出るか、駅員さんに自動改札が閉まってしまうことを伝えればいいと思いますよね?

ところが、その駅。
なぜか、インフォメーションは無人でインターホンがあるのみ。
しかも、改札の内側から押せる場所だけで、こちら側からインターホンを押すことができません(>_<)
近くにも駅員さんはいませんでした。

ろう者である友人に、インターホンを押すことはできても会話は無理でしょう?
仕方がないので、私は自動改札を強行突破して改札の中に入り、インターホンを押しました。
そうしたら、駅員室にいた駅員さんが「どうしましたか~?」と。
「聴覚障害者の方が、自動改札を出られないでいるので来てください」と言って呼び出しました。

そうしたら、駅員室はすぐそばにあって私が自動改札を切符も入れずに強行突破してインターホンを押しているのを、お部屋のモニターから見ていたというんです。
見ていたなら、すぐに出てきてよ!!と言いたいのをグッとガマンして、友人の言い分を駅員さんに伝え、駅員さんの説明を友人に伝えました。
要するに、私鉄を何社も乗り継いできたので途中で精算したもののまだ足りなかったというのが原因で、自動改札を出られなかたのですが、公共交通サービスとしてどうなんでしょう?
サービス悪くないですか?

改札の外で、そんな様子を見ていた夫は駅員が怠慢だと怒っておりました^^^;;
鉄道も、経費削減で人を減らされて大変なのだとは思いますが、その駅を利用するのは地元のヒトだけではないのです。
せめてひとりくらい、改札の付近に配置して欲しいものです。
もしそれが不可能なら、インターホンは改札の内側と外側両方に設置するとか、TV電話にするとか、駅員室でモニターを見ているなら異変があったらすぐに出てくるとか、そういった対応をして欲しいなぁなんて思います。

まぁ・・・。
私たちもいつも使う駅ではないので、たまたま運悪くそのときだけサービスが悪かったのかもしれませんけど^^;;;;

|

« 山手の西洋館☆ | トップページ | 砂を噛むような思い・・・。 »

手話言語・ろう文化」カテゴリの記事

コメント

地元の駅で最近よーうやくエレベーターとエスカレーターが設置されました。毎朝通勤ですれ違う車椅子の方が数人。いつも階段では駅員さんに介助してもらっている様。が、ある日のこと。人身事故で電車が不通となり改札・ホームは人でごったがえし。電車が動いていないせいかホームに駅員さんの姿は少なく、いても大勢の人にかこまれていて。そんな中、自動販売機の陰にそっと車椅子の方がいました。こんな状況では駅員さんに声かけたとしてもすぐには対応してもらえないでしょう。会社には携帯で遅刻の連絡をしたとして、あわよくば会社の人が迎えに来るかもしれませんが、こんな時どうしたらいいのか迷いました。結局はよけいなお世話かと思い声をかけなかったのですが。ふだんなかなか見えない視点って確かにありますよね。

投稿: トム | 2007.05.16 23:15

★ トムさん
今日も人身事故があって、あちこち大混雑だったけど・・・。
きっと車椅子の方も、エレベーターとか設備が整っていれば自力でできることも、まだまだ日本では遅れていることで、外出の障害になったりもするのでしょうね・・・・。
事故などあったときは、みんな殺気立ってるし声をかけられない雰囲気なんだろうな・・・。

投稿: ドシル | 2007.05.17 23:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/15080913

この記事へのトラックバック一覧です: 社会のバリア。:

« 山手の西洋館☆ | トップページ | 砂を噛むような思い・・・。 »