« 第1回 医学英語検定試験 | トップページ | おたふく・・じゃないよ。 »

2007.10.31

チェルノブイリ原発事故のコト。

ハロウィンの日の明け方、こんなことを思い出しました。
お時間のある方、お付き合いください。
なんだか以前もブログに書いたことがあるような気がしていますが、書いてしまおう^^;

米ソ冷戦真っ只中の1986年4月26日未明にチェルノブイリの原発事故がありました。

NPO法人チェルノブイリ医療支援ネットワークのサイトによると、
『爆発により一瞬のうちに原子炉が破壊され、火災が発生しました。火災を消火するために、ヘリコプターから原子炉の炉心(ろしん)めがけて総計5,000トンにおよぶ砂や鉛などが投下されました。火災は爆発から10日後の5月6日にようやく収まりました。』とのことです。

私は、この10日間のことをよく覚えています。
北海道では騒然としていました。
私が住んでいたのは北海道の内陸ですので、ソ連(チェルノブイリはウクライナ共和国)に近いという感覚はありませんでした。
でも、原発のあときのこ雲があがったとか、風にながれて放射能が日本にもくるとか黒い雨が降るからぬれてはいけないとか、いろんな噂が飛んでいました。

私は、井伏鱒二の『黒い雨』が頭をよぎったりして、スゴイ妄想が広がったような気がしています^^;;;

部活の練習のときも、「黒い雨」が降るかもしれないとか「雨にぬれないように」とか・・・きっと顧問の指導はなかったと思うのですがまことしやかに「雨に注意」は部活の中でささやかれていました・・・。

私はあのときの、ささいな恐怖(今にして思えば)を思い出すたび、平和な国であってほしいと願います。
チェルノブイリの事故から21年。
今なお、後遺症などに苦しむ人がいます。
長崎・広島に原爆が投下されて60年以上たっても、後遺症に苦しむ方がいらっしゃるのですがら、不思議なことではありませんが・・・。

何もできない非力な1市民ですが、ただただ平和と武力行使のない国際社会を願ってやみません。

ハロウィンの朝のひとりごとです。
明日から霜月ですね^^;;;

|

« 第1回 医学英語検定試験 | トップページ | おたふく・・じゃないよ。 »

想い出あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/16920454

この記事へのトラックバック一覧です: チェルノブイリ原発事故のコト。:

« 第1回 医学英語検定試験 | トップページ | おたふく・・じゃないよ。 »