« イルミネーションハウス | トップページ | 頭痛と戦う。 »

2007.12.19

無知の知

少し前にある落語家さんが、「気が散る」といって手話通訳者に退場を促した・・・というのがあちこちで話題になりました。

当事者団体が抗議をするのは当然として、手話に関わりつつもそんな話題を見ながら、「落語家といえどもただのヒト。手話やろう者と縁がないヒトの感覚はまだまだそんなものか。」と妙に遠巻きにこのニュースを読んでしまいました。

悪気はない。ただ無知故の心無い発言。
日常生活の中で、そんなことはよくあったりします。

何年か前、私が手話をすることを知っているある職場の方とばったり電車で遭遇しました。
翌日、「ねぇ、手話で人前で話して恥ずかしくない?」と言われたことがあります。
悪気はないんでしょうね^^;;
でも、そんな無知からくるココロ無い言葉に目くじらを立ててもしかたがありません。
私は、ごく当たり前に「恥ずかしくないですよ~。どうして恥ずかしいんですか?」と切り替えしました。
そうしたら、彼女は何も言いませんでした。

日本人だけの電車の社内で、外国人が母国語でなにやら話している・・・という光景に時々出くわします。
別に、何語を話していようが彼らは恥ずかしいと思っていないはずですし、その言葉をしらない私たちも「知らない言葉を話して変な人たちだ」とは思いません。

手話も同じ。
手話で話す人たちが当たり前に手話を使うだけのことです。
手話が判らない人たちには理解できないかもしれませんが、そこにはジョークありシリアスな話題ありと時がたつのも忘れるくらい楽しい会話が存在します。

理解したいヒトはぜひ、手話をマスターしてください*^^*
英語圏の方に囲まれると、英語が話せないことに劣等感を感じる方もいると思います。
同じように、手話ができないことに劣等感を感じて欲しいと思います。
手話学習者じゃなくて、一般のヒトたちにね^^;;;

|

« イルミネーションハウス | トップページ | 頭痛と戦う。 »

手話言語・ろう文化」カテゴリの記事

コメント

こんにちは^^
・・・こうこんばんは、かな?
拝読しました。
何気ない一言が人を傷つけたり、寂しい思いをさせたりする事にもうちょっと思いを致して欲しい、と私、いつも思います。
今回、職場のかたにこのような対応をされた事に敬意を表します。
私は「なぜそんな事を言うの?!」とこれまでは目くじら立てていたかも。
でも結局はこういう人たちの何気ない一言や無神経な一言は、ご本人たちの心の寂しさに跳ね返ってくるのかもしれませんね。

今度からはこういう対応をしてみます。
どうもありがとうございました^^*

私は手話はした事がないのですが、機会があればちょっと勉強してみたいです。

投稿: misacchi | 2007.12.20 17:08

★ misacchiさん
コメントありがとうございます~。
おばあさまは手話で話さない方だったのかな?
お時間があったらぜひぜひ*^^*
手話は、奥が深くて楽しい言葉ですよ~。

何気ない一言が誰かを傷つけるのは、時に自分も加害者(?)になるんですよね・・・。
私も気をつけないと^^;;;

投稿: ドシル | 2007.12.20 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/17418491

この記事へのトラックバック一覧です: 無知の知:

« イルミネーションハウス | トップページ | 頭痛と戦う。 »