« 陣ヶ下渓谷公園のコト。 | トップページ | キットカットとちおとめ »

2008.01.04

「雑草魂」-高知の白バイ事故から

雑草魂」というブログがあります。
ある、冤罪を疑われる事件の被告人が書いているブログです。
このブログを書いているのは、片岡晴彦さん。
現在、2年ほど前に起こった交通事故の被告人となっていますが、警察による証拠の捏造等を訴え戦っています。

2年前高知でおこったスクールバスと白バイの交通事故で、白バイを運転していた警察官が死亡しています。
裁判の争点はスクールバスが止まっていたか動いていたか。
(事件の詳細はこちらサイトで経過などご覧いただけます。)

バスに乗っていた生徒や教員等は「バスは動いていない」と言い、第三者の目撃証言もあったものの採用されず、突撃現場を見ていない他の白バイ警察官の証言のみ採用されたといわれるいわくつきの裁判。
バスのブレーキ痕が、警察による捏造ではないかと言われている裁判。
日ごろから、白バイが100キロほど出してスピード違反をしていることが多かったという近所の方の証言が多い場所での白バイの事故。
警察は、日常的に起こっていた警察官によるスピード違反を隠蔽するため、止まっていたバスに激突した白バイ事故を、バスを運転していた片岡さんに罪をかぶせているのではないかと疑惑がもたれている事件。

上記のような疑問が浮上しながら、控訴した高裁では即日却下となり裁判官も疑惑解明に消極的だと疑問視しれているこの事件。

真実はどこにあるのでしょうね。
警察による圧力がマスコミにもあり、マスコミ各社がこの事件について取り上げないとか、取り上げられた場合も地元高知では放送されないなどとも言われていましたが、1/24には高知県内で講演会が開かれる音が決まったようです。
被告人がご自分でブログを立ち上げていますし、応援する会もありますし何より。インターネットで検索すると色んな情報が出てくるので(信憑性はまちまちですが^^;)注目度は高まっているような気がします。

日本では交通事故は死亡事故も含めて多いですし、警察も何かと忙しいのできちんと捜査してくれないという話も一般的によく耳にすることです。
交通事故の被疑者というのは、本当に誰もが予期せずなりうることなので、事故当時の目撃情報や事故前の様子を含めて、きちんと検証して欲しいです。
相手が警察かどうかに限らず、証言や証拠を精査しないで冤罪になりうるのは誰しも可能性がある、とても怖いことだと思います。

日本は三審制があるわけですから、被告人が意義を唱えて控訴したからといって「反省が見えない」と処分が重くなった・・・というのが本当なら、そんな裁判はおかしいと思います。
きちんと、検察の言い分で本当にタイヤの痕がつくのか、白バイの日常的なスピード違反はなかったのかどうか、中立的に審議して誰が見てもやむ終えないと思える結審を望みます。
日本は司法国家ですから・・・。

裁判官が控訴を即日退け、数々の疑惑について調べる必要がないという結論を高裁が出した際、その結果を聞いて「高知は日本か。四国は日本か。」と書いていたブログがありました。
最近では、「鹿児島選挙違反冤罪事件」などでの「でっちあげ捜査」も記憶に新しいところです。

警察だって人間ですもんね。
「警察官」だという理由だけで、他の第三者の証言より信憑性があると判断されるのはおかしいと思うのは自然なことです。
捏造どうこう以前に、裁判官には目撃証言を精査して欲しい気がします。

大きな物議をかもし出している「タイヤ痕」について捏造ではないが、バスは止まっていたのでは・・・という仮説を説く、興味深いサイトがありましたのでご紹介します。
高知県で発生した白バイとスクールバスの事故の真実は
今回の事故や裁判とまったく関係のない方が、議論を通じ仮説を導きだしているサイトです。

最高裁で逆転する可能性もあるこの裁判。
ちょっと注目したいと思っています。

|

« 陣ヶ下渓谷公園のコト。 | トップページ | キットカットとちおとめ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

こんにちは^^
官憲は(←ちょっと表現が古いですが)公正明大であってほしいですね。
私も私の母も、それぞれ一度ずつ事故に巻き込まれた事があります。その時相手がゴネて、嘘を並べて困りました。母の時は私が立ち会って相手と交渉したのですが、私の時は一人で、ともすれば加害者の方に押し切られそうでしたが、立ち会った婦警さんがきちんとした方で救われました。
「雑草魂」後で私も覗いてきます。
理不尽な思いをされて、今すごくお辛いと思いますが、真実が明らかになるよう願ってやみません。

投稿: misacchi | 2008.01.04 16:50

★ misacchiさん
私は経験がありませんが、交通事故のそういったトラブルは時々聞きますね。
misacchiさんも大変な経験をされているんですね。

本当に、当事者になると大変な大きな壁に立ち向かわなくてはいけませんよね...。

投稿: ドシル | 2008.01.05 00:33

ドシルさん、おはようございます^^
・・・そうですね、仰る通り、こういう事故や事件の当事者になると、大きな壁に突き当たった気になりますね。
でも、私の場合はそれほど大事ではなかったので大丈夫でしたよ^^;
でも、だからこそ、理不尽な思いをされているかたのために、何かできればいいな、と思うようになりました。

投稿: misacchi | 2008.01.05 06:36

★ misacchiさん
大事にいたらなくてなによりでした^^
misacchiさんの「想い」素敵です(^^)

投稿: ドシル | 2008.01.05 23:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/17572332

この記事へのトラックバック一覧です: 「雑草魂」-高知の白バイ事故から:

« 陣ヶ下渓谷公園のコト。 | トップページ | キットカットとちおとめ »